・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
1

夏の残り香




まだ疲れがとれない・・・。


明日は忠臣ぐらっちぇ!の仲間が集まってBBQをやります。

お疲れ会ですね。

もう一盛りアガリしようって事ですが。

結局飲む事だけは出来ちゃうんだから不思議なものです。





さて。

今月最後のブログ、やっぱし舞台の写真を出していこうかな、と。

メタジラ


昭和のヒーローもしばらく見ないうちにこんなになっちゃうんだねー・・・的な図。

渋いのとわんわんと。

意味不明。



大女将


馳せさんじさんの奥様、長谷妙子お母様と川﨑裕子さん。

若いのがお世話になり、芝居の上でも楽屋でもプライベートでも、本当にお母さん、お姉さんのポジションでした。

しんどかったと思いますが、よくぞしっかりとやり遂げていただきました。

大感謝!

町娘たち



左から友澤千紗くわだまい

三人娘が頑張りましたわ。

迅なんて大出世して、わらしべ長者のように役が大きくなっていき。

最終的にはメインの役どころ。

ちゃんとこなしちゃったのだから、まあ人間何処で何が起こるか分からない・・・ってなもんですわ。


千紗は去年一緒に舞台に立って、そこからの仲良し。

今回も付き合ってもらったのだけど、彼女とは長い付き合いになりそうな気がしてます。

ま、これからんまだまだ伸びる女優さん。

期待大!


くわだまいちゃんはおぼこい感じの女の子ですが、芯が異常にしっかりしてて。

大人しいのに秘めたるガッツが凄いの。

最初、とっても不安だったのですが途中からは彼女の頑張りに尊敬の念を抱き初めまして。

これからもお付き合いいただきたい女優さんです。

がんばれ、まい!

犬、落語家

神戸から上京して、私の家に寝泊まり。

そんなことまでして出演を快諾してくれ得た古くからの友人、石本伎市朗さん。

やっつけ仕事をやっつける風味を見せずにやっつけてくれました。


いやいやいや、本当にね、彼の芝居無くしては今回の芝居は語れませんもの。

予想通り、予想以上に助けてもらえました。



有難うね、やっつけてくれて!



大入り袋


んでもって、いつも最後は大人袋、大入り袋で締めくくるのですが、皆この時に一様に胸が詰まるわけです。

もう二度とこの座組、この人たちで芝居は出来ない。

一生モノを味わって、そして刹那を悲しんで・・・記憶に留める。



でもね、また縁があったら一緒にやりましょうよ。




めちゃくちゃ暑くて、そして最高にホットな夏を有難う。

キャスト、スタッフ、何よりもご覧いただきましたお客様に御礼申し上げます。




また熱くて暑いモノを作り上げます!


あざっした!


6

終演!


ああ。

この夏もやり切りました。



めちゃめちゃしんどかったけど・・・





皆様、本当に有難うございました!



心の底の更にその奥から感謝しております。




文字なんて書いて良いのか分からないんですが、真心と気持ちと優しさと・・・そういったものが一気に降りかかってきております。


有り難いって言う気持ちを毎年感じる事が出来て幸せです。

遠いところを遙々やってきて下さった方、気持ちを伝えてきてくれた方・・・。


rosyさん花


今年はね、マジで身体が裏かえる程キツい事が多かったので・・・感無量なんです。

みなさまの暖かさが嬉しくて嬉しくて。


セイタロ花



さ、

どんどん写真をアップしていきますね。



Kいち


今回の主役、Kいち君。

ご覧いただかれた方h分かると思いますが、めちゃくちゃ公演してくれました。

関係各所からも高評価をいただいております。

切なくて、強くて弱くて・・・。

最後には腹をかっさばくのですが、そこにじいいいんと来る何かをぶち込むのが今年の芝居の大切な肝でした。

見事に演じてくれました。

彼とはまた一緒にやりたいと心底思っています。


有難うね!




gorugo.jpg


男子力1万点、女子力1万点。

何でも出来る。

一人で家を建てれるし、国も作れる。

ものすげえ役者です。

北海道出身、田中しげ美君。

小道具作って大道具作って、殺陣やってアクションして芝居するの。

頼りになるわよー!


よっちゃん


アリなのか、キリギリスなのか聞けずじまいだったのですが、石塚よっちゃん

芝居をトントコ運んでくれる役割。

難しい役どころをこなしてもらいました。

お笑いの方ですが、ちょっとした休憩時間の色魔にも一人でブツブツと、ブツブツと・・・本当に時間を無駄にせずに特訓しておりました。

若手がそれを見てどんだけ刺激を受けた事か。

あんだけやってる人も、こんなに必死に稽古するのか・・・!


まさにお手本。

その真摯な姿に、私は本当に感動しました。



筒井軍団



軍団。

柳沢吉保・・・筒井巧さんの軍団。

若いのがね、みんな筒井さんにナツいちゃって。

ずーっと一緒に笑い転げておりました。

現場の空気を暖かくしてくれて、皆を笑わせて。

本当にお付き合い頂いて有難うございました!

大好き、筒井さん。


左端はグッチョこと濱口陽平

うまくなったなあ・・・。



そのとなり中村祐志君。

顎の中に青春の思い出がたくさんつまっているの。

筒井さんに、台詞(アドリブ)で


「顎が伸びておるっ!」


って叱られてましたが、この人もまあずいぶんと成長しましたさ。

怠らなければ間違いなく素敵な役者になるでしょう。




右端が松本翔太郎君。

彼の事はいろいろ書かなきゃならない事がありまして・・・。

ずいぶんと個人的にもお世話になりました。

狂言とかもやっていてね、自分を高める事をずーっと続けている、本当の好青年です。

私、今回二回目のお芝居ですがこれからもいろんな芝居でご一緒させて頂くつもりです。




関西娘



左から星野史帆由利尚子友澤千紗

もう一人京都の女子がいますが、ここはどこなのでしょうか。



星野史帆さんは昔からの役者仲間。

もう20年以上になるかしら。

彼女にも助けられました。

イヤな、面倒な役割を自分から買って出てくれ、縦横無尽に走り回って。

彼女の異質(個性的な)な芝居が大好きなのです。

すぺしゃるさんくす!





由利ちゃんはね、メトロノーム的な役割。

周りが踊ろうと走ろうと泣こうと喚こうと・・・芝居が成立するテンポをずーっとキープしてくれるの。

ものすごい技術力です。

その軸に会わせて私たちはわっしょいわっしょい進めていきます。

まあ、いわゆるめちゃめちゃ芝居の上手な女優さん、ってコトです。

キャラはさっぱり、かわいらしいし。


また、必ず宜しくお願いしますね!





友澤千紗。

ちさ。

毎日マッサージしてくれました。

打ち上げの時もしてもらって、眠ってしまいました。


芝居は丁度悩んでいるところ。

藻掻いているところ、ね。

打ち破ろうとする必死な姿に、皆が手を差し伸べてくれて・・・つっても元々力のある女優です。

ちゃんと仕上げてきましたわ。

うん、やっぱね、私が一緒に芝居したい!って思った感覚に間違いはアリアmせんでしたぞ。

またいっしょに藻掻きましょう!




全員






ぐらっちぇ!



有難うございます・・・って意味ですとも!!


2

ブログを書くパワーが残っていない


ごめんなさい・・・本番始まったんだけど。


いろんなことをやらなきゃならなくて。


写真とかいっぱい撮っているのですが・・・もうすぐアップします。

待ってて下さい。

忠臣ぐらっちぇ 1



とてもイイ感じの芝居になっています。

お客様に喜んでいただけるだけで幸せで、そのまま毎夜、撃沈しているわけでございます。





どうぞ、可愛がってやって下さいませ。


忠臣ぐらっちぇ!


本当に面白いモノが出来ましたよ!







妹尾青洸

4

本番間近の出血




オールメンバーが揃いまして。

さあ、稽古も大詰めを迎えております。

気合いが入っている人も迷っている人も、心拍数が上がってきておりまして。



私も何だかよく分からないもの(変な腫瘍みたいなの)が耳の後ろに出来てしまって。

恐いからほおっておいたのですが、調子こきやがってドンドン大きくなってきました。

親指の先くらいに膨らんで、何をしていても痛い。

潰しちゃ駄目な場所らしくて。

本当ならばシャーペン的なものでプスッとやって中から悪いモノを出してしまいたいのですが、絶対にやっちゃいけない場所だよって言われていたもので、じーっと我慢してました。



稽古終わりで終電までああでもねえこうでもねえって言いながら飲んでいたこの夜。

まあいつも通りですが。

赤星・高田


私の隣にはチャボがいて。

何かの話しのはずみで


「勘弁してよー!」


的にチャボにしなだれかかっていきましたら、耳のところがドン!とぶつかりまして。





「ぷつん!」




って頭蓋骨に音が響いたと思ったら、右頬を血がだらーーーーって。

酒が入っているから景気よく溢れてきます。

一緒に飲んでいた、(見学に来ていた)笹嶋くんが絆創膏を買ってきてくれたり、隣の由利ちゃんがティッシュを用意してくれたり。

なんで出血しながら飲んでいるのか分かりませんが、えらい盛り上がりを見せましたわ。



これはこれで良い思い出だし楽しかったです。

医者に行かなきゃならんのでしょうかね、まだしこりみたいになって残っていますし、夜中中少しずつ血が出ていたみたいです。

枕が血で一杯濡れてましたし。




ま。

あほな話は置いといて。



今回、小道具やセットでお世話になっている緑山スタジオ(TBS)内の業者さんに会いに行きました。

ついでに食堂で飯を食うていこうじゃないかと。



今回、神戸からわざわざ座組に参加してくれた石本っちゃん。

石本伎市朗さんです。



古くからの友人です。

楽しみましょうよ、一緒に!って事になりましたのね。

お互いお祭り好きなので話しも盛り上がります。

芝居に対する造形はかなり深いモノがありまして、いろいろ勉強になります。




神戸方面の方、大丈夫ですよー!

石本っちゃん、元気にやってますよー!





ホントにね、難しい役をお願いしちゃったのですが・・・安心感満載。

助かりますわ。



ビバ、友達。








さあ、今から稽古に行きます。

何が出てくるのか・・・とにもかくにもやるっきゃない。

魂を込めます。




皆様、どうぞ宜しくお願いいたします!



ぐらっちぇ!


4

酒とタクシーの因果関係




うわー。

毎日稽古して毎日飲んでいたら、毎日電車の中で熟睡するようになってしまいました。

疲れもピーク、肝臓もピーク、そろそろエネルギーを補充しなきゃならんでしょう・・・って食べても食べても痩せていくのですが…何故?





さ。

作品作りも華僑を迎えて参りました。

めちゃ満足いく物が仕上がってきております。

自然、稽古にも熱が入ります。




今の段階では、研ぎ澄まし作業ですかね。

出来ている・・って感じているところも、もう一度精査して分解する。

全体の繋がりをなめらかにする。

お客さんの気持ちが入ってきやすい空気を作る。

小道具、大道具、消えモノ等の処理。





うん、楽しみです。

是非劇場でお会いしましょう。

良い夏のプレゼントになるかと思います!

皆さんからのコメント、私の心に染み入るように元気玉になっております。

感謝、感謝!






稽古








でね、そんな稽古も終わり、とっととうちに帰りゃあいいんですが。

夜の10時も過ぎて稽古場を出るのに。

飲みに行くったってそんな1時間ほどしか飲めないのに。

みんな言うんです。



「そろそろヤバいよね。今日はちゃんと帰ろうね。もうガソリンが切れたよ。本番前に倒れたらシャレにならんからね。」



アホでも分かる普通の話し。

なのに、5分後にはこうなる。



全員が口に出して言う言葉があって。





「・・・・じゃ、一杯だけね、本当に一杯だけ!」




守った人を見たことがないですが。

ルールは破る為にある……的な面白い事を毎日繰り返しております。


ほっぴー



何が面白いんだか。

面白いと言いましても、飲んでいるときもオール芝居の話し。

そんなに話すことがあるのかしら?ってくらい、もう毎日毎日、それを何年も何十年も続けています。

役者稼業の一番不思議なところですわ。




口角泡を飛ばす…という言葉がありますが、短い時間を必死になって話し込んで、そして俺に負けないくらい飲んでおりますと、やがてこうなります。


乗り過ごし



ドナドナ。

知らない街で降ろされて。

ここは何処?私は誰?

浦島太郎状態を毎晩楽しんでおります・・・あああ。



先日はお金がスッカラカンで、かき集めても数千円しかなくて。

家まで帰る電車がないし、改札の外は田んぼでマンガ喫茶もない。

どうしよう…って、タクシーのウンちゃんに直談判。





「すいません、普通に○○(私の家のある住所)まで行ったらどのくらいかかります?」



「そうねー、大体1万円くらいかな。」


「ほほう・・・しかしアレですね、世の中不況でやってられませんねー。」


「は?・・ええ、まあ。何ですか?」


「いやいやいやいや、実はですね、私●千円(その半額以下)しか持っていないんですが、ザックリそれでいってもらうわけにはいかないですかね? 終電終わってるでしょ? 運転手さんもこんな所でじーっとしてても他にお客さんは来なさそうだし・・・あ、缶コーヒーも付けますよ、小銭はあるから。」


「無理。」






ってな会話をですね、しばらく続けていましたら今夜は突いていて3代目の運転手さんが、



「・・・いいよ、じゃあ乗りなよ。」


って言ってくれて。




わーいわーい、で帰って来れたぞ、と。

もうね、しんどいわ。




とほほ。




ビーム






今回出演している中でも特に心のキレイな、美しい波動を持っているのが松本翔太郎君です。

あkれと空を眺めて、良い気をもらおうと思っていましたら逆にドクのビームを出してしまいました。



風が心地よい・・・・あれ? もう夏おしまいですか?







1

私の海の日




最後の休日。

今日ばっかりは何も考えないで思い切り遊ぼうと。


本来ならば疲れをとる為に寝ているのが一番なのですが、<夏>大好物の私としましてはじっとりていられない。

ってか、このまま夏を終わらせて堪るものか!と、一大決心。

<海に行く! 何が何でも!>とフェースブックに意気込みを書きましたらば・・。

それを見ていた私の後輩<泥舟船長>が、



「妹尾さん、クルーザーで遊ぼうよ。」



って。

断る理由はイスカンダルまで探しても見つかるはずが無く。






元々、正太も一緒に行く予定でしたので、彼は何だか知らないうちにめちゃラッキーな状況にホクホク顔。

ま、横濱のアリーナを出発しまして。

★000万円以上!っていう豪華なクルーザーで海上の散歩に出かけました。





言いわすれましたが、私も小型船舶2級の免許を持っております。

当然運行させる事が出来ます。

ただ、内容を全て忘れているだけですので、今回は泥舟船長に任せました。

ときどき航行を変わってもらいましたが、だんだんと思い出してきまして。

1級がとりたいなーって思うようにってしまいました。

ヤバい、また欲しいモノが増えて・・・。






さ。

目的地は千葉県の富浦。

当然きれいな海を選べますので、海の底の砂が見えるような所に碇を打ちまして。




遊ぶ遊ぶ。

子供のように遊ぶ。

ばしゃばしゃばしゃばしゃ!

寝る寝る寝る。

波の音を聞きながらただ、漂っているだけでめちゃ気持ちいい。



クルージング1


正太絶好調。



天気も最高だし、もう芝居の事も何もかも忘れて海をやろうじゃないかと。

ただ、面白いもので・・・ビールを持参したのですが、こくこくこく…と3口ほど飲んだだけでぶわーっと身体が熱くなってきまして。

すぐ気持ちよくなる。

きゃー、疲れが凄いのねーって、で、海の中にポトンと落ちて、プカプカ浮かぶの。

海の底の砂、刻一刻と変化している幾何学模様をじーっと見ていると、現実から乖離するっていうか、頭が真っ白になっていく。

しんどい事を忘れて。

で、ビールで温まった身体を海水がほどよく冷ましてくれて。





ああ、海に抱かれているううう! って気がします。

ま、正太なんか遠くの方までアホみたいに泳いでいって、ぜーぜーいいながら帰って来たかと思ったら、


クルージング2


この有様。

ま、休息やね。



クルージング



2012.海を満喫したと思ったら夏休みが終わってしまった・・・というお話しでした。


さ。

気分を入れ換えてまた燃えるぞ!




3

妹尾、非情作戦発動。





モノを作るという事は・・・。

いつも思うのですが大変な事ですね。



ああ、もうこの辺でいいや!って考えると、そこで作業が停まってしまう。

○○までやればオッケーというラインが無い為に余計に妥協しやすくなってしまいます。



が、お客様というのもいろんな方がいらっしゃって。

それこそ私ら作り手なんかよりももっと素敵な想像力をお持ちの方がたくさん。

そんな方にも喜んでいただく為には際限なく輝かせねばなりません。




で、本番前の2週間。

このくらいからは研ぎ澄まし期間に入っていくのですね。

研ぎ澄ますという事は作品の完成度を上げるという事なのですが、=<情>を捨てるってことにも繋がります。

出来ない役者のパートをびっしびしぶった切る。

泣こうがわめこうがぶった切る。

出来ない物を待ってあげて、何とか本番までにガンバレ! はお遊戯ですから。

学校やってる訳じゃないんで仕方がない。




私らはモノ作りのおっちゃんですもの。




ストレスと負荷が身体をむしばむ作業です。

はあああ、だから言ったでしょ、皆さんちゃんと頭を使えよって。






まあね、そんなこんなをくり返しながら刻一刻近づいてくる本番に向けてたーくさんのオトナがウンウン唸っているんですね。







なんか。

栄養を補給したい。

お肉食べたい。

太っても構わないから。





本当に皆様、たくさんのチケットご予約を有難うございます!

本番が近づきましたら売り切れる事もありそうです。

出来るだけ早めにご予約をお願い致します!



info@gekijuku.com → 私のアドレスです。

直接ご予約できます。








赤星さんゲスト


これは先日文化放送で<忠臣ぐらっちぇ!>の宣伝に行った時のモノ。

赤星昇一郎さんが大竹誠さんの番組に出演していろいろとトークしてくれました。



収録中



大竹さんが<シティボーイズ>、赤星さんが<怪物ランド>、同じお笑い3人組のユニットを組まれていた事もあり、エロネタから当時の暴露路線まで盛りだくさんのトークになりました。

もしかしたら作品には一切触れられないのかもしれないな…と思っていましたがちゃんと宣伝していただけて。

ああ、面白かった!


これはラジオCMね→youtube

オンエア






*******************************************************


ま、とにかく極限まで追い込んでいきます。

そのうち要領も分かってくるでしょうよ、きっと。


私はアホですから時間がかかります。

でも、その分きっちりと素敵なお芝居に仕上げますので、皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。




がんばります。




0

ああ・・・ううう・・


すんません、書けなくて・・・。

エネルギーが空っぽなんすわ。

仙豆が欲しいです。



とにかく、時間ができたらちゃんと報告致しますから。

ゴメンなさいの心。






とりあえず、四十七士にお参りに行きましたのでその時の写真を。

心の波風が静かに収まったような気がしました。



全力前進、あるのみ!


泉岳寺



該当の記事は見つかりませんでした。