FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
5

てぇへんだ、てぇへんだ! しゃれにならん。




ううう・・・。




殺陣師の山田一善さんから連絡がありました。

大急ぎとの事。



なにかしら・・・?



大けが。

大けがをされて、手術になっちゃうそうです。

骨的なモノらしく。

未だ詳しい話しは聞いていませんが、山田さんから直接留守電に入っていたので、命に別状があるとかそんなのでは無さそうですが・・・。



あんなにおっそろしい人ででもそんなミスをされるのか、と。

明日詳しい話しを聞いて速攻でお見舞いに行ってきます。

当然次の土曜日のイベントにも出席できないでしょう…。

否、私はちょっと足を引きずった感じででも来そうな気がすると思っていたのですが、詳しい話しを聞いた筒井さんのお話ではそれは絶対に無理だと。



何を隠そう、今度のトークイベント、山田さんはめちゃめちゃ張り切っておられました。

私も主催の<I&Iファクトリー>の方も、何だか嬉しくて本当に大盛りあがりしていこうとしていた矢先なのに・・・。




詳しい事が分かりましたらまたここで発表しますね。






******************************



そ、その胃おベントで使う、撮影当時の懐かしい写真を探しておりました。

ここのブログを読んで下さっている方にも喜んで頂けそうなのが出てきましたので、少しずつ発表してみますね。

神の写真をっすキャンしているので画質は悪いです。

ごめんなさい。

メタ有川さん


つい先日お亡くなりになった有川さんが写っています。




「妹尾ちゃん、今度一緒に舞台やろうよ。舞台はね、面白いぞー!」



って優しくお話しをして下さった大先輩。

よくもまあ私の拙い芝居に付き合ってくれて、いろいろと根負けせずに教えて下さいました。


改めてご冥福をお祈りします。


合掌。



ここは、確か物語の最初の方だった気がしますが、誰かのお墓の前…っていう設定だったような。

メタ5人







そうそう、これはメタルダーキャストと、当時戦隊モノを隣のテレビプロでやっていた光戦隊マスクマンのブルー、広田君で一緒にディズニーランドに行った時のモノです。

こんなゆったりした時間あったのですねー…って無理矢理言ってるに決まってますが。

何せあの当時はずーっと忙しくて、夜中に無理して遊ぶ(飲む・打つ)か、昼なら雨が降って少しでも早く終わった撮影の後に遊ぶか、しかなかったように覚えています。

ですから、このディズニーランドもほぼ夕方くらいからだったような気が。

広田君、ジェットコースターに乗ってめちゃめちゃ興奮していたのを覚えています。





メタ秘書と



この写真もその時のですね。

なんかいい雰囲気ですね、美人秘書役の三津井祐子さんと。

写真の中の秘書、<書>っていう文字が抜けてますね、バカですね、私。

(ペイントの、マウスで文字を書くやつ…あれも少しどうにかならんかな? めっちゃ難しいンすけど。)


三津井さんたち今何をされているんでしょうか・・会ってお話しがしたいモノです。



当時は私なんかよりもずっと芸能人で、お姉さんっぽかったです。

シャキシャキしてて、すごあっさりした感じの方。



「妹尾君、○○でしょ、ハイ、こっち! 」



「は、はい。」



ガキと先生みたいでしたわ。



メタヒロタ



ドクタースランプアラレちゃんの眼鏡や、ボンタン系のジーンズ・・・変な意味の分からない帽子にセカンドバッグ。

悲しいほど残念賞です。

ここまで来ると笑えますが、わたし達は一体どこに向かっていたのでしょうか。

おにゃんこの真似?

ま、私だけじゃなくて広田君も同じような残念賞なのがせめてもの救い。




こんな時代だっけっか?

いやいや、特に頭が悪かっただけじゃなかろうか、俺たち。


メタ投手


河原や海へはよく行きましたが、好きに泳げる訳じゃない。

たまにあるのは泳ぐシーン。

シーンで泳ぐというのは撮影、お仕事だから熱いの寒いの言ってられない。

泳げと言われて泳ぐだけ。

でもね、ほとんどそんなのないからじーっと恨めしく見ているだけです。

海的なところを。



そうしましたらね、投げたくなるんですよ、自然と。

石ころを。

遠くにドンドンね。




私、多分めちゃめちゃ投げてました。

休憩時間とか、本当に投げ込むんです。

2試合分くらい。


ですから当時はめちゃ肩が強かったです・・・ってそんなどうでもいい事を思い出しました。









写真張り出して明るく行ってみよう! って思ったのですが、山田さんが心配です。

どうしても。





ま、いろんな意味で続きはまた今度!



ばいなら。


該当の記事は見つかりませんでした。