・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

ラジオ聴いてね! & 白い携帯 の巻




左手がね、痛くてね、こんなこと書いてる場合じゃないだろう!って感じなんですが、今日はいろんな事がいっぱいあったので書いちゃいます。


自分の文章、一切見直さないのでいつも通り誤字脱字だらけだと思いますがお許しを!

特に左手の指がまだまだアホなので・・・すんまそん。




**************************


「ゲキ塾。」のね、一番からだが大きくて一番赤ちゃんに近い精神年齢の子が、松川佳子ちゃん。

声楽をお勉強中の子です。

「ゲキ塾。」での通り名は<ウタ>。

違う名前を付けたんだけど本人が気に入らないって言うからまんまのベタで。



ウタが、某オーディションに合格しまして見事に人生二度目の舞台を踏む事になりました。

しかも今回はお外、外部のお仕事です。

きちんとやりきれれば凄い自信に繋がると思います。

わが子を送り出す心境。

ドキドキドキドキ・・・・ガンバレよ、ウタ



正太とね、ユウヤも合格して「ゲキ塾。」3人衆がそろい踏み!


良い事が続きますわ。



***********************************



と、思えば寂しい事も。

私の骨を拾ってくれると言ってくれていた若娘達がごそっと辞めていきました。

なんかね、終わり方とかが無機質で・・・私からの連絡だったり、終わりがメールだったりするのね・・。

そういうんじゃなくて、きちんと言葉で門出を祝い合ってケジメを付けていこうね! なんてよく話し合ったりしていたので…ちょいと寂しいですが。

熱い言葉と絆で繋がっていたと信じていたバカな私は健在です。


が。


ま、ここは一つ、もう私から吸い取れるモノが無くなったんだ、ということで盛大に送り出してあげようと思います。

めっちゃ格好付けて、ガンバレよーと・・・ホホ。





去る者は追わず、来る者は拒まず。


<未練>や<執着>の類は自分の精気を濁らせます。

目指せサムライ、頑張れ、俺!




************************************



これから数回に渡って宣伝させていただこうと思っているのですが、去年舞台で共演したワジー君とは今でも仲良しで。

輪島貴史君、好青年。

めっちゃくちゃ身体が切れて、頭も切れて。

役者でしょ、MCでしょ、先生でしょ、プロデューサーでしょ、演技指導もなんでもやる。

めちゃくちゃ才能の固まりな人。(独身)

「ゲキ塾。」の子達もアクションを教えてもらう仲になりまして、正太なんか者の一ヶ月くらいでバク転ができるようになって。

んで、俺も頭に来ておりゃああって練習に参加したら左手がぐりぐりりん!って訳なのね、実わ。



ま。

このワジー君、自分のラジオ番組を持っています。

で、



「妹尾さん、ウチの番組に出てよ!」



「全く持って問題なしよ!」



「じゃ、収録しちゃおうよ、●●時に▲▲へ来て!」



「はい。ノープランで行きますぞ。」




っちゅーことで行ってきました。


30分番組だったんだけどね、5分くらいに感じるほどあっという間に終わっちゃった。

めっさ楽しかったです。


皆さん、お時間ありましたら聴いてみたりしてみたりしてみてくんなまし。


◆番組名
【わじの恩返し】 FM-N1 FM76.3MHz
案内人 輪島貴史

◆放送時間
毎週月曜日24:00~24:30
※日曜日の深夜ではなく、月曜日の深夜ですので正確な日付は火曜日0:00~0:30となります。

◆周波数以外の視聴方法
インターネット(スマートフォンからでも視聴できます)
http://fmn1.jp/netradio/

◆出演の放送日
2012年4月2日(月)24:00~24:30




わじぃー! 有難うねー!

また飲もうねー!

また番組に呼んでねー!




****************************************************



はい。

そして、今日のしんどかった事。

ってかムカついた事。

確かつい先日、イライラ怒っちゃダメですよねー…なんて書いた覚えがあるんですがね。








私、つい先日携帯を新しくしたと、ここでも報告しました。

実は続きがありまして。


購入した日、ド○モショップのお姉ちゃん、私の目の前に防水の携帯を3種類ほど出してきて、


「どれがいいですか?」


って聞いてきました…と、書きました。

これは全くの事実です。



が、書かなかった事が一つありまして。

それは、この機種を出してくる前に機能の要望をたずねられましたので、防水とは全然言わないで・・





「はい、車の中で、ハンズフリーで電話を使いたいので<Bluetooth>という機能が付いてるのが条件です。これは仕事上とても必要なモノなので外せないです。」





だけ。

そうしたら、ちょっと待ってて下さいねと言われて3つほど持ってきてくれたのね。

大丈夫だよね?と確認もしましたし、安心して購入しました。

んでもって家に帰ってから車に乗り込み、説明書を見ながら設定しようとしたけど・・むむぅ、一向に分からない。


??????


わからん、けど遅いのでまた次の日でいいかって。



翌日。

全然分からん。

更に翌日・・・分からん。

携帯を片手に持って、ド○モのホームページの取説 PDFを睨みつけてやっているけど分からない。



「今日の夜はこの機能が必要なのよ! 車で移動しながら打ち合わせがたくさんあるの。お願いだから動いて! クララが立つんだから<Bluetooth>だって起動できるはずよ!」



・・・・・カチ

・・・・ピキ

・・・イラッ




もうね、ラチが空かん。

夜中の4時くらいにド○モに電話した。

故障係しか繋がらないというのでそこに。

長い時間待たされてやっと繋がった。




「もしもし、かなりムカついてるんで、言葉が荒れたら申し訳ありません。あの、使い方がさっぱりちんぷんかんぷんなんですけど。めちゃめちゃ困ってるんですけど。」


「はい、すぐにお調べしますね。」


「ありがとうねええええ。(力んでる)」


「●のスイッチを押して、■のスイッチがって・・・見当たらないって言うか、元から敵がどこにあるのかわっぱり分からないんですよおおおおう。(力んでいる、押さえている)」


「はあ・・・あの・・・妹尾さん、もしもし妹尾さん・・・。」


「・・・はい、確かに私が妹尾ですがっ!(押さえている)」


「大変申し上げにくいことなんですが・・・」


「いえす、あいはば ぶっく?(押さえている)」


「妹尾様がご購入されたそちらの機種には<Bluetooth>はついておりません・・・すみません。」


わっつ はぷん?(押さえようとしている)」


「ですから、その機種では設定ができないんですね、無いんだから。」


「えいどりあん、あいらぶ まねー。(壊れかけている)」




まあ、その男の子には何の罪もないので唸りませんでしたが、腹が立って腹が立って。

朝まで悶々としておりました。

午前中一番の用事を済ませ、ド○モショップに。

この中にいられるのは長くても1時間ちょい。

その間に決着を付けなければなりません。



作戦は…ノープラン。

出たとこ勝負。

が、正義は我にあり。

天気晴朗なれど波高し。

勝つまでで戻るな、トラトラトラ。




胸を張って乗り込みました。

ものすごい人。

時間待ちの機械のところに行きますと、<ただいま、お呼びするまで60分待ち>とか、<45分待ち>とか表示されています。

その機械を右手で(左手痛い)ポンポンと叩きながら、ちょいとでっかめの声で言いました。



「10秒しか待ちません。私、めちゃめちゃ怒ってここに来ています。権限のある人を今すぐここに呼んで下さい。

・・・もう一度言います。私、とーっても怒っています。クレームを付けに来ました! 話の分かる上の人を今すぐ呼んで下さい。」



周りにいたお客さん達がどばっと振り返る。

見ればいいじゃん、俺、何も悪くないもん的な。


そしたらすぐに支店長さんが名刺を持ってきてくれました。




「時間がないです。四の五の言わずにさっさとお互い納得の行く事をやりましょう。まず、アナタ、私の説明を聞いて下さい。そこからの話しです。」



「もちろんです、伺います、あ、お茶飲まれますか?」


「コーヒーで。」



で、私、3日前に購入した携帯と充電器を持って、●●さんという女の子の説明でかくかくしかじか…云々と話しました。

そうしましたら支店長、とても理解してくれて、


「それは大変申し訳ありませんでした。全てコチラのミスですので是非、<Bluetooth>のついた機種と交換させて下さい。」


「アナタが話の分かる人で助かりました。では早速……ちゃっちゃとやっちゃいましょう、時間がないので。」



「ハイ、それでしたと手もよいのがありますので持ってきます。見てみて下さい。」


「御意。」



てくてくてく、手に新しい機種を持って説明に来た。


「これ派ですね、ちゃんと妹尾さんの要望通りのモノがついております。ただ、一点しかなく、お色が選べません、申し訳ないのですが…。」




と、恐縮しきり。


色なんてまあ我慢できるし、ちょっと悪いので、




「イヤ、もう、じゃあそれで十分です。そんなに謝らないで下さい、早く解決しそうで助かりました。」


「ではコチラの新しい機種の購入手続に移りりますね。」


「はいよ、SDカードを抜くから、メモリーを移動させて下さいな。」


「はい、了解しました。えーっと、これで放っておけばよし、と。」


「有難うね!」

良いコンビネーション。

カバンをまとめて帰りの支度。

すると、



「妹尾さん、追い金がですね、●万●千円ですね!」


・・・



「・・・は?・・・」


「いえ、ですから●万●千円払って下さらないと・・。」





一気に変身直前。


「うん、ちょっと待ってね、えーっと。・・・・あ、やべ、俺来た時よりムカついてきてるわ。」


「へ?」


「あーのね、こういうの下さい!って言ったら違うモノを掴まされた。知らずにたくさん時間を割いた。やっと欲しいものじゃないと気付いて、交換して欲しいってわざわざ持ってきた。そしたらその何倍もする金を払ったら換えてやるって言われてる俺。次に口を開いたらどんなことを言いそうかアナタ分かるよね、俺の目を見たら分かるよね。(押さえている)」



「は、はい、すいません・・ですが。どうしてもこのお値段のモノしかなくて。しかもわざわざ持ってきたっておっしゃいますけど、充電器と携帯だけじゃないですか。箱とか説明書とか注意書きとかないですよね?」



「・・・敢えてこういう言い方をさせてもらうけど、ダマされて掴まされた品物を返品に来て、更にその上にぼったくられるようなモノを売りつけられようとしているのね。説明書とシールも持ってこいって言うなら持ってきてやる。今すぐにタクシー乗って取ってきてやる。その間の仕事に穴を空ける迷惑料とタクシーの領収書を目の前ですぐに精算しろよ、絶対!(半分くらいは押さえている)」



「いえ、それは・・・やはり結構です。」



「あのな、ガキのケンカじゃないんだからアホみたいなこと言うなよ。アナタは自分の使っている携帯の空き箱を持っているの?何年取っとけばいいの?」



「いえ、それはやはり破棄される方の方が多く・・。」



「当たり前じゃ。(押さえている)とにかく、多少の金額ならコチラが悪いのでお支払いすることなく機種変更をさせて頂きます…的な話しを持ってきなさい!!」



「しばしお時間を…。」



と言って、カードキーをピってやって奥の部屋に入っていった。

何だよ、もっと上の権限を持った人がいるンじゃん。

2~3分待たされて。



「すいません、このお値段で如何でしょうか?」



って電卓を見せてきた。

さっきより●万円安くなってる。


あれ、論点ずれてきてる。



「・・・ってかね、私はっきり言っておきますけど、その機種が特に欲しいとか値切ろうとしてるんじゃなくて、使えるモノに交換してもらいに来てるの。分かる?そんな相手の足元見ながら値切り交渉みたいなコトするなよ、腹立つんじゃ。(押さえている)」



「すいません、すいません、本当に申し訳ないですがこれしかなくて……他のはもっと高くて・・。」




「な、俺にそのピってやるカード貸せ。奥でふんぞり返ってるヤツと直談判するわ。それが無理だっちゅーならここに呼べよ、逆の立場ならどう対応するのか聞いてみたいから(押さえようとしている)。」




「勘弁して下さいよ、本当に。」



大声で言いました。

隣のカウンターのお客さんとか、いっぱいこっち見てる。


「くそみたいな言葉は要らんわ。何の解決もしないゴメン的な言葉を繰り返すんだったら、俺も同じ回数だけ許さない許さないって言い続けるぞ!人を乞食扱いするな!(押さえれてない)」





なんか、八百屋で白菜を値切ってるみたいで気分が悪い。




「アナタには大層ご迷惑をかけたのでコチラの機種と交換させて頂きます、もちろんお代は結構です、いくらかはコチラの方が良い品物ですが収めて下さい、ご面倒をお掛けした分ですから。」



で簡単な話だと思うんだけど。

規則になとか何たら感たら一切通じない。



そんなセコい事言わなくても、こんなにアホみたいに大きな会社なんだからそのくらいの商売をせえよ、と。

だからキャリアを換えたがる人間が増えまくっとんじゃい。ちーっと人の心を勉強せえよ、と。





時間もなくなってきて疲れてきて。

でも意地があって。

ま、最終的にはお互いの泣き所で落としたんですがね。



最後に見送りに来た支店長に言いました。



「数字で割り切れない部分が乗っかってきたら、それはそれで昭和的かもしれんけど良いと思うぞ。画一的だから高効率なのかもしれんけど、人にはそれぞれ事情や気持ちがある。ファジーに、個別案件として対応できるといいのにね。それって昔の日本的すぎるのかも、だけど。」



「…すいません、妹尾さん。分かるんですけど、それをやるとクビになってしまう会社が多いんですよ、本当に。




これ、マジトークよ。

欧米かっ!!(古)





そんなこんなで生まれて初めての白い携帯・・・。

記憶に残る携帯電話・・・。



白くてピカピカしてて…お姉ちゃんみたいだぞ!








本日、最後はお医者さんにも行って。




疲れたぞ、と!












5

お礼のコーナー、左手負傷。



「ゲキ塾。」の子らのオーデジション結果が分かって。

落ちたり受かったり悲喜こもごも。

勝負の世界だから仕方がないわよね。



そうこうしている間に私の方も過激な競争が行われております。

負けてたまるか!ってことですね・・・ま、一番の敵は弱くて弱くて笑っちゃう自分なんですが。





先日、仲良しのアクションの先生のクラスに「ゲキ塾。」の奴らと一緒に出席しました。

マット運動で、跳んだり跳ねたりおりゃおりゃやってましたら、左でがグリングリンって。

テープ蒔いてシップ貼ってサポーターで固定して。

携帯が持ち上がらん。

右手と左手の中指一本でこのキーボードを叩いています。

今年中にバク転できるようになってやろうと思って頑張りすぎました。

ちょっとずつ進まないとね。

すぐに答えを出したがる悪い癖………身体がついて行かなくなってきてます


い・・・痛いよう・・・。




*****************************

超久々のお返事、行ってみよー!(失礼すぎ)

鍵付きの方、もういませんよねー、見れてませんからねー!

最近いただいている方にちょこちょこっとお礼を・・!






へから夫人、いつも有難う。

もうね、開き直っているのよ。

携帯電話って言うのは、持ち運べる電話なのね!

それ以上を求めるからややこしいだけで。

それでも30年前に比べたらこの上なく便利だし。

ところで、新潟のお姉様は元気でいらっしゃるのかしら?

最近ご無沙汰してるので…。






イダちゃーん、とーにーかーくー頑張ってね!

人生ってさ、いろんな事が起こるよね、生きてるだけなのに。

それにしても壮絶ね…アナタ。

ガンバレー!しか言いようがない、ごめんねでありんす。

応援してるぞ!






難波さん、お久しぶりです。

そうか、そういえば死んでなかったんだわ、俺。

演じている時に、まあそれに近い感覚だったってことで…すんません。

本人が一番分かってなかったりするもの…?特に俺わ…残念男。






くみちゃん。

ええ? 観てた世代?

いちいちそういう事にびっくりするわ。

まだバイク乗ってるの?

すげー乗りたいけど今は125のスクーターで我慢してるのよ、俺。

大きいの見るとムラムラする今日この頃。






いがきち様・・・そうです。

あのスフィンクスみたいな(まんま)ヤツです。

私ね、あれ大好きだったのよ。

言う事を何でも聞いてくれるロボット。

憧れていたのよ。

最終回、俺もオンエアが終わってからファンの人にもらったビデオで初めて見たのよ。

残念賞でしょ。






ブルキッド君、スピルバンって、渡さんのだよね。

面白かったですか?

今でも仲良くて、たまにあって飲みますよ、渡さんと。

明るくて楽しい先輩です。

いくつになってもアクションバリバリだし。





全温度チアーさん、流石ね…ロボってちょこっと書いただけでものすごい造詣の深さ。

語ればもっともっと出てくるんでしょうね。

私も含め、若いのも・・本当にお世話になります!

プラトンね、残念がっていたと伝えたら泣きそうになってましたよ。





seitaroさん、最終回トークもいいんだけど、気になっている事が…上司の胸ぐら掴みそうになったってやつ。

大丈夫ですか?

私はそういうの遠慮なくやって、ジャンジャン人生を遠回りしたタイプですので気を付けて下さい。

正義が自分にある!と思ったら行っちゃうんですよねー、でも正義と常識は必ずしも同一線上になくて・・。

困ったものです。

今年は警察の宿にはお世話にならないようにしようと決めてますぞ。






Pikminさん、8月の妹尾プロジェクト楽しみにしていて下さいよ!

ボッチが来てくれる日をこっそりお教えしましょうか!

計画的な偶然。

今度こそちゃんとご挨拶させてくださいませ!





リョーイケさん、初めまして!

読んで下さってるそうで有難うございます。

思いつきだけの、めちゃめちゃなブログなので流し読みでさらっとやっちゃって下さい!

メタルダーが好きっていうのはとても嬉しいです。

懐かしくも、温かく、また辛い思い出です。

お世話になった人、仲良しの人、亡くなった人、全てこの世界での第一歩が詰まってます。

役者としての私の原点です。

いろんな意見、聞けると嬉しいです。

ヨロシクね!







**************************************************************





IYYB1987さんやブルキッドさん、他の方からもたくさん意見をもらいましたので書きます。


ロフトベッド(シルバーカークス)…大分慣れてきたんですがね。

頭をぶつけるんですよ、ずーっと。

階段の部分が邪魔だからって動かせば動かした方にぶつかるし。

戻せば戻した方にぶつかる。


もうね、諦めた。

でも、ちょっと良い事もある。

大事な紙(ファックスやファイルなんかの)めちゃよく無くす方なんですが、セロテープでちょんちょんって貼り付けるところがいっぱいあるの。

フレームだとか何だとか。

上から紙がいっぱいぶら下がっている状態です。

お祭りみたい。



ベッド下



で。

一番の問題。

ロフトベッドの。





夜中にオシッコに行く時、階段を下りなきゃならないので漏れそうになる。

そして、戻ってきてまた階段を上るので目が覚めきる、完璧に。




あのね・・・酒をジャンジャン飲んで帰ってくると、夜中に何度もトイレに行きたくなるからさ。

これは地獄だわ。





要するに、俺向きじゃないのよ、この基地みたいなベッドは。

飲まなくなったらいいのかもしれないんですがね…。




買ったばっかしだし。

もったいないからどうにかなるまで使おうとは思うけど・・・頑丈そうなのよね、この人・・。




変なブログ・・。






1

ガラパゴス携帯でしょ。

ケータイ買った・・・。

ううう。

さっぱり分からん。





電池の持ちが悪くなったのでドコモショップに行きましたさ。

で、



「お姉さん、電池がね、半日くらいで無くなっちゃうのよ。また去年みたいにバッテリーを新しくしてちょんまげ!」




「あららら、それはお困りでしょうね。ちょっと待って下さい、ではバッテリーがどのくらい弱っているかチェックしてみますね!」




「うん、ありらろー!」





今使っている携帯は2008年に買ったらしいです。

なのにまだ使い方が分からない機能がいっぱい。

バッテリーだけ新しくなればまだまだジャンジャン使えますとも。




しばらくしてお姉さんが戻ってきて、




「残念なお知らせです。バッテリー、そんなに弱ってません。本体に問題があると・・・。」



「ええ? つまり買い換えなさい的な事?」



「ぶっちゃけ。」






ってことでですね、今はやりのスマホの説明なんかを聞いていたのですが、お値段がビシバシ上がるばっかりで私には全く不必要なものだという事が分かりました。




「スマホは要らぬ。 ガラで。」




「そーですねえ、妹尾さんの使い方ですと・・・これとこれなんかが良いんじゃないでしょうか?」




って出されたのが3機種ほど。




「何でこれがお薦め?」



「全部防水ですから。」



「は? 何それ・・イメージ?」



「さて・・・。」



細かい機能の説明はなく、防水ですよ!と防塵もついてますよ!だけ。

えーっと・・・。





「じゃ、これで。」



で、なーんにも分からんまま買いましたさ。

自宅に戻り、いつも通り格闘。

そして諦め・・からのムカツキ!



はああ、こいつと何年付き合うんだろう?

とにかく少しずつで良いので機能を使いこなせるようにしていこうと思います。





*****************************


さて、企画書の問題もクリアしそうで、ドンドン話が進んでいきます。

8月の妹尾プロジェクト、去年に負けず劣らずの大成功を治めたいと考えています。

大成功=お客様が大喜び!!

ウチらの幸せってこれに尽きますもの!





早速、お願いしたい俳優さんに台本を送らせて頂きました。

気に入ってもらえると良いんだけどなあ・・・と、乙女のようなドキドキ。




よし、次にこれやってあれやって・・・・って考えていましたら、先輩女優さんから連絡がありました。

滅多にメールとかしてこられない方なので驚いて読んでみますと、悲しいお知らせが。



○○さんのお父様が亡くなられた、と。

超仲良し女優です。

今回も・・・一緒にやりたいなーって思っていた人。

少しの時間をおいて連絡してみました。

ああ、やっぱりね、この人は気丈なんです。




「妹尾さんにも言おうかなーって迷っていたんだけど、やっぱ分かっちゃいました?

初めてね、家族と別れてこれはかなりきっついです。でもね、元気よ、私。

辛いからね、今日から仕事か始めたし!」


抱きしめたいほどいとおしい。

こんな強さを私も望んでいます。

昨年、愛する夫を亡くして見送る妻の役をやってもらった彼女、その役名を出してきて、



「私ね、今まさに○○役と同じ。そのままだわ!」




って。

絶対、アナタを元気にしてやるキャンペーンを開催しますとも。



ご冥福を祈るばかり・・・。


合掌。







7

勝率5割…今のとこね



いやいや・・・立て続けに打ち合わせが入り、ありがたくも大変な一日が終わりました。



今日の時点での勝敗は、言うなれば一勝一敗。


その内の一勝分にしても、これからまた企画書を提出したり、難しいところへのお伺いを立てたりしなきゃならない。

それが実を言いますと8月の妹尾プロジェクトなんですがね、まあ何とか道筋が見えてきたので突き進んでいくぞ、と。






もう一つ、12月の演劇祭。

これはどうしたものでしょうか・・昨年暮れに優勝させて頂いている演劇祭ですので、相当なプレッシャーを感じています。

ですから、厳しい目に晒される上での挑戦です。

それなりの覚悟がいります。


周到な準備と用意をして臨まなければならない・・・なのに、その配置につける人間がいないという・・。


あああああ、どうしよう・・・否、これもまた楽しみながら解決していく事柄と割り切り、あえて茨に飛び込んでみます。


なあに、男一匹もがき抜いてのたうち回れば何か光が差してくるものです・・きっと。

やってみせるさ!









さて。

某放送局のお偉方を納得させる、難しい文字をたくさん使った文章を作ろうっと!

あー、楽しそう・・・とほほ。














今。

あまりの懐かしさにレンタルしてきた<ジャイアントロボ>を観てます。

すんごい!

嬉しい!

弟と二人で夏休みの午前、汗をだらだら流しながら毎日観ていたのを思い出します。

飲み物は<V8>か<カルピス>。

ジャイアントロボは最後、世界の平和を守るために一人で悪者を抱きかかえて宇宙に飛んで聞きます。

戻ってこい!という命令にも逆らい、自らの意志で。

空に光るロボの最後。


泣いた泣いた!


この最終回を観て、私がメタルダ君をやったときに、




「ああ、俺も最終回で死ねたらいいなあ・・強い思い出になって残れるのになあ・・。」



夢が叶ったわけですがね!










今日はこのくらいにしておきます。

難しいことやらなきゃならないし。






<追伸>

皆さん、くれぐれもコメントを書いたときに<secret>ボタンを押さないでくださいね。

<非公開コメント>すなわち鍵付きのコメントは全く読めませんので!

FC2からの回答待ち。



つっても結構しつこく書いたので大丈夫だとは思いますが・・・。



ま、大らかにオープンでいきましょうとも!






6

発信する自分でいようぢゃないか

桜が遅い!

って嘆いてしまうほど寒い日が残っていてイヤになってましたが。

やっと温かい日差しがチラホラと。

早く来い、夏!








そうですか・・・。

このブログを書き始めてもうすぐ6年ですか。




当初、「ゲキ塾。」の塾生さん達のために、芝居のダメ出し専用ってことで始めたのですがね。


6年。

いろんな事がこのブログを通してありましたよ。

ブログでこんだけドラマがあるんだから、実社会生活ではありまくるわな、そりゃ。





私はここには自分の意志で思いつく事を書いています。

誰に批判されようともあくまで自分としての意見を発信していくぞ!ってそれだけは決めて書き続けました。

それをオモシロがって下さる方とは、一緒に飲んだり食べたり・・中には家に泊めてもらった事もありました。

すごいことです。

元々、否、今でもパソコンになんか全然詳しくないので、記事に質問を書いていろんな知識を教えてもらった事もありましたわ。


でも、コレは書けんよなー的なことももちろんありまして。

書いても皆さんに哀しさや辛さしか残せないと判断する事、友人の病気、死、家族の悲哀・・・。



それが楽しい話しでしたらお会いした時のサプライズ!ってことでお話ししたりしましたがね!(ほぼエロトークですが。関西方面の方、またヨロシクです。)




これからも、単に発信者としての立場を守り、私らしく書き続けていきますわ。

受け手ではなく送り側。

決して、多くの人に読んでいただこうという感覚はありませんので、妹尾いぢりを楽しめる方、高所大所からいぢり倒して下さい!

媚びないで何歳になっても頑張りますぞ!!!



うおおおおおっ!





<不思議なお知らせ。>

今月の頭くらいからですが、ここのブログにログインしてもいろんな事が管理できない状態になっています。

FC2に連絡して調べてもらったりしていますが、今のところ解決がついていません。

アメーバとかに変えた方がいいのかしら?

でも使い方がまた分からなくなるのが面倒くさいし。

もしかしたら鍵付きのコメントを下さっている方が多数いらっしゃるかもしれませんが、全く読めていません。

ゴメンなさい!

普通のコメント欄への記入をお願いしますね、私、さっぱりお手上げですもんで!






****************************


へび



ヤバい。

連日飲み過ぎ。

ここんとこ、アホみたいに飲んでる。


先日の飲みは楽しかったですわ。

こないだの舞台(新撰組)の役者さん数人と。




「兄さん、飲みましょうよ!」




って連絡をもらっていたので、そんな奇特な方たちを一堂に集めまして。

焼酎のボトルが何本空いたかしら?

いくら何でも飲み過ぎだろ、ってほど。

女の子もいたんですがね、きゃっきゃ盛り上がりまして。

とにかくもっともっとたくさん芝居をしたいねーって。

また一緒にできたらいっぱい絡んで刺激し合いたいねーって。

うんうん、皆さん、若いのにいろんな思いが詰まってる。

すごい良い空気を感じる事ができました。





**************************************




今度の8月の妹尾プロジェクトも今そういう事を話している最中です。

私、芝居とかテレビとかブログとか、何かに付け発信する事でテーマやメッセージを持たせないように意識しています。

そんなの個人が持っている限られた世界観の押しつけ…にしかならないと思うから。

人間のやる事なんて、100人中100人に納得してもらう事なんてあり得ないです。

無理だもの。

イデオロギーや操作、プロパガンダの話しになっていっちゃう。



自由に感じる人たちが自由に選んで、自由に考えればいいと。

そのきっかけになれれば十分だ、と。

だから発信をし続ける・・・それが私の役割だと考えているから。







「ゲキ塾。」の稽古でも演出でも、絶対に個人の感覚の押しつけがましい芝居は避けるようにしています。

例えば・・・ちょっと芝居クサイ話しで申し訳ありませんが、よく使う例えで言えば、リンゴ。



*私に向かってリンゴを投げてもらいます。

 私はとても空腹です。

 見ているだけで涙が出てくるほど美味しそう!

 投げてくれた人を見ると、こくりと頷き優しい目で見つめています。

 ああ、食べてもいいんだ、嬉しい!

 思い切りかぶりつきます。


この芝居を台詞で説明しながらやりますと、


*ああ、私はとても空腹で、ここ数日何も食べていません。

 アナタは私にこのリンゴを下さるのですね!

 真っ赤に熟して・・・なんとも言えず美味しそうな香り!

 今にも蜜がしたたってきそうではないか。

 有難う、頂くことにします!




どっちが美味しそうなんだろ?

涙がにじむほど強く思って、にこっと笑って大切にかぶりつけばいいじゃん、その後の味は観ているお客様が想像して判断してくれる!

言葉にすればそれ以上でも以下でもない、個人の範疇を押しつける事になる!

お客様が演じたものよりも豊かな感性を持っていたら、



「なんじゃ、それ?」



って。








昨今よく耳にする事で、


「欧米の芝居はきちんと台詞で説明するが、日本の芝居には<間>というものがあり、心で喋って聞かせようとする。

意味が分からないんだよ! ちゃんと喋れ!」





**************************




次回の妹尾プロジェクト、どうしても意識をしてしまいます。


死ぬ事と生きる事のハザマ。


頭の中からね、消えないんですよ、3.11。

去年の妹尾プロジェクトでも実際にあった話を脚本の中に入れさせてもらったのですが、今東北で闘っている人たちを考えると、おろそかな事はしたくない。



決してメッセージにしないよう細心の注意を払いながら根底に妹尾イズムは練り込んでいきたいな、と。

毎日、絶賛模索中なんですがね・・・・。






*****************************



昨日。

撮影がありました。

映画の中で使われる写真の撮影。

ゴルフ場での撮影に続き、居酒屋さんでの撮影。

目の前にたくさん料理を並べて、ビールも山ほど用意して。


やべえ、昨日の焼酎が残っているので今日は飲むのを止めようと思っていたんだけど、何かめちゃめちゃ飲みてえ!

ま、撮影なので仕方なくノンアルコールビールを飲みましたとさ。





早くね、この映画の宣伝したいのですが、

制作の方から



「映画のホームページが完成したら伝えます。そこを宣伝の解禁にしますのでそれまでは決して口外しないように!

ちゃんと時期とかを計算しておりますので。」



ハイ、了解ってことでまだ発表できません。

9月にクランクインなのですが、今一生懸命難しい台本を睨みつけているところです。

しばしお待ちを!










さ、気分転換でタンス作ろうっと!



1

旅心




我が家に新しい車が仲間入りしました。


スバルの●●君。

スバルに乗るのは何とこの車が初めて。

四駆です。

ちょっとね、冬場に頑張ってもらおうと思いまして物色していたのですが、とっても調子の良い子が見つかりまして。

これで、日産の▲▲と合わせて2台です。

つい先日、■■君とお別れしたばかりなので、駐車場も寂しそうでしたがコレでまたにぎやかな感じになってきました。




本当はね、バイクが欲しいのですが・・・趣味性が強く、実用に書けるという点でどうしても<次の機会>になってしまいます。

ま、ね、趣味ですから………グスン。

車を引き取りに小田原まで行ってきましたよ。

日が沈みかける時間…雨も降ってきて、小田原城やういろう売りのお店なんかを覗くヒマもなくそそくさと帰宅。

●●君がとってもにこやかだったのがせめてもの救いです。






*******************


今度の8月の妹尾プロジェクト、この芝居の企画を打ち合わせしておりました。

作家(兼・俳優、兼・講師)の方です。

男気満載の九州男児。

お互いに胸を開いて語り合っておりました。



むむ・・・良いモノを作ろうと思うと、なかなか難しい。

あちらを立てればコチラがたたず、コチラを立てればそちらが立たない。


本当に難しい。

凄く一緒にやりたいことを我慢したり、想像も付かないものを受け入れたりしなきゃならない。

ちょっと恐いのですが…。

イズムを貫くっていうのは、時には泣きを伴うね…って。



めちゃめちゃ仲良しの女優さんに、まあいろんな条件が複雑に絡み合ったのですが…、



「今回の芝居は一緒にできない。」



と頭を下げなきゃならなくなりました。

必ず一緒にやろうねって言い続けていた、私にとって宝石のような存在の女優さんなんですが。


笑いながら、



「全然オッケーですよ! 兄さんも頑張って!」



・・・。

言葉がね、見つからんのですが、まあこんなことを体験しながら大きくなっていくのでしょうか。

もっともっと素晴らしい作品で一緒にやろうぜ…って。



正直、辛かったです。





*********************************


で、まあその九州男児の作家さんといろんな打ち合わせをした翌日。

私はちょっとナレーションのお仕事がありまして。

味の●さんのラジオCM。



やっべえ、まえのひにちょっと打ち合わせとは言いながら飲み過ぎちゃったかしら?と、自分の周りの芋焼酎臭さに感心しながらスタジオに入りました。

そこの控え室。

眠い目をこすりながら




「おあよーございあーす・・・。」




って入っていったら、皆さんが挨拶してくれまして。

その中に一人、きょとん?と目をまん丸に見開いている男がいます。


ありゃりゃりゃりゃりゃ?


九州男児。

間違いない。

同じ芋焼酎の匂いが満載。




「こりゃまたずいぶんご無沙汰してます!」



「いや、本当に・・・なにこれ?」



「会うべくして…神様が俺らを近づけているんですねー、こんな偶然ってそうそうないでしょ。」





狭い世界ではありますが、まあちょっとびっくり。

相手役だったりもしましたから。

面白い縁に、また飲もうねと約束して別れました。








さ。

明日からまた気合いを入れて。

いろいろとやる事が多くて時間の区切り方が尋常じゃないですが、体力の限り進みますぞ!







おーい、日曜日ー! 全然疲れがとれませんぞー!



やべえ・・またしても旅心が出てきてる・・。

行きたいなー、お魚食べに。


3

<盗人>と<時をかける少女>

今、必死に格闘中。

明日が〆切なんだって、確定申告・・・。

こーゆーの、本当に苦手だわ。







そんな中、稽古後に飲みに行きました。

塾生さん達と。

いろんな仕事を睨みつつ、将来に向けて気合いを入れていこうじゃないかって、楽しい飲み!

うん、稽古で身体中に汗をかいて、やんややんやと語らいながら飲む酒は本当に美味い。

この子らの未来に幸多からんことを…心より祈ります。

そしてそのためにできる最大限の努力をしようと、私も気が引き締まります。





飲んでましたらいきなりで懐かしいヤツから電話が。

懐かしいと言っても去年の暮れまで「ゲキ塾。」で一緒に稽古していた男。

古堅哲>クンことプラトン。



年末の演劇祭では初舞台・初主役で、演劇祭優勝の立役者の1人です。

私や、先輩俳優さん達も彼の将来をとても楽しみにしていた、ちょっと貴重な存在でした。

大好きな男でしたし、煙草を吸うヤツだったので。


「これあげるわ。大事にな!」


って、自分が20年間使っていた年季入りまくりのジッポをプレゼントしたくらいですもの。

プラ3



彼はまあハートフルって言うか憎めないって言うか、他人に頼まれるとイヤとは言わないタイプ。



「妹尾さんさぁ、あのねぇ、ちょっと先輩に頭を下げられてさぁ、福岡でさぁ、先輩のお仕事をさぁ、お手伝いする事になったんですよぉ。4月くらいまでだと思うんですけどぉ、それまでお休みしますさぁ。」



って、真似のしにくい沖縄弁でニコニコ話していたのがお正月明けです。



「なんくるないさぁ。さあだあんだぎいさぁ!」


って、快く送り出していたのですが、その飲み会での電話の内容は…このまま福岡に移住して、今手伝っている仕事をやっていこうかと思う・・って内容でした。



うんうん、まあね、大の男が考えに考えて出した結論ならばそれでよかでしょう。



「おい、プラトン、暗い声出すな! よかばってん、身体に気ぃつけてガンバらっしゃい! ここはお前の第二の故郷みたいなもんやさかい、なーんも遠慮せんと帰って来! ちくと待ってつかあさい、今皆に代わるけん。」



って、その時飲みに来ていた塾生さん達に一人一人電話を廻しまして。



「妹尾さんのジッポ泥棒!」


「主役泥棒!」


何やかんや言ってましたが、一周して私に電話が戻ってきた時、プラトンはすっかり涙声で…。




「嬉しいですよー! みんながわいわい送り出してくれましたさぁ。本当にめちゃめちゃ嬉しいですさぁ。東京に行く時は必ず会いに行きますから、皆さん身体に気を付けて頑張って下さいさぁ。・・・グスンぐすん・・・。」




「湿っぽいの無し! 俺らも福岡に行く時は泊まりに行くから掃除して待っとけよ、あ、いいや、福岡は正太の実家があるからそっち泊まる。とにかく人生を楽しめよ、じゃあな! いつでも帰って来いよ…。」



って。


・・・。



寂しっ!



なんかめちゃ寂しっ!



でもまぁ、大きな決断をした大好きだった男が、もう一段高く飛び立とうとしているんだろうなーと。


私、いつも必死に言い聞かせてますもん



来るものは拒まず…去る者は追わず。



そういう永い見守り方が大切なんでしょうね。

俳優を目指して沖縄から上京し、いきなり舞台で主役を射止めて演劇祭で優勝し、さっさと止めていく・・。

美味しいとこ持っていきすぎ!




私たちの心まで盗んで行ってしまいましたしね(カリオストロ風)。



離れているのに一緒…ステキな時間、ステキな空間でした。






「プラトン、わじゃもホーミーもいっぺぇしちゅんさぁ。イチまやてぃんチバリヨー!」






**********************


ここでは何度も書いていますが、私はバイクオタク。

超。

昔、東京都杉並区の某所に住んでいた頃。

引っ越してきたばかりの私がテクテク近所を散歩しておりましたら、きれいなウィンドウガラスを巡らせた大きなお店が。

ロケーション的には大きな街道沿いで、おしゃれ洋服屋さんがありそうな場所じゃない。

ちらと覗きましたら、店から溢れんばかりに陳列しているバイクが!

おお、つなぎを来たスタッフさん達も忙しそうにわらわら動いています。





私、洋服やとか10秒で窒息しそうになりますが、バイク屋や車屋、パーツ屋さんなんんかは一日いても飽きない。

じーっと、黒人の子供のようにのぞき込んでいました。




そのころ乗っていたバイクは、確かヤマハの1.000ccでした。

ちょっと違うのに乗りたいなーなんて考えている時で、カワサキの1.100か、新しく出たホンダの1.000のどっちがいいかなーって。




その覗いていたお店はホンダの専門店。



「近くにこういうお店があるって言うのも何かの縁だわなー・・。ホンダにしようかな、でもなあ、ホンダは●●だしなー、ぶつぶつ・・。」


なんて考えながらも、バイクという日本が誇る工業技術の結晶、まあその機能的な美しいフォルムに見とれていたわけですよ。

じーっとじーっと、ひたすら。


アホ丸出しでしょうね。


そうしましたら。



「妹尾さん!?」


てな声が。


「は?」


よっぽどアホ面だったのかヨダレでも垂れ流していたのか、私を呼び止める声が。



女の子。


・・・?

あれ? 見たことある。

ものすご記憶にある。

バイク屋さんのつなぎ来て、ちょっと油脂系の汚れが付いてて、本格的な感じ。



あ!



その昔、プールでアルバイトしている時にめちゃ仲良くなった女の子!




「お久しぶりです、●●です!」



なになになになに? 

ここお前んち? じゃないよな、じゃあなに、働いてるの?

マジ?

バイク好きだったの? 

え、なに? 

何でここにいるの?






めちゃ嬉しい偶然がどんどんどん!って重なってきて、キャッキャ言ってはしゃいでおりました。

当然…ってか何かしらの流れを感じて私はホンダを買いましたさ。

その次のバイクもそこで買って、その次もそこで買って。

友達のバイクもそこで3台ほどお買いあげいただいて。


お店の社長とも仲良くなっちゃったし、専属の耐久レーサーもウチに泊まりに来たりして。

乗る、飲む、乗る、飲む、みたいな。

わーいわーいと、杉並の楽しいバイク生活を送っていたのですが、私は数年後に引っ越してしまいました。

それからはぶっつり音信不通で。

結婚したよって言う情報は知ってましたが。



その女の子からいきなり連絡が来まして。



「覚えてますか?」


だって。



めちゃめちゃ覚えてるよ!

元気か?





このブログの<妹尾にメールしてみる>ってので私書箱に届くから詳細教えて!

いやー、ネットで見つけてきてくれたらしいのですが、またしてもこれは20年という時を跨いだお話しになるんですね。

いやはやびっくり!

嬉しい驚きでしたわ。




正に、時をかける少女(古。昭和。)






1

か、身体が・・・

酒が身体中を駆けめぐっている状態で。

目をこすりながら身体をたたき起こします。

むむう・・。


行かなければ。

稽古に。


打ち上げが終わった翌日なのに、また稽古。







「ゲキ塾。」行きましたら・・・


翌日にオーディションを控えた奴らが4人。

3日後に大人的な司会(MC)の仕事を控えたヤツが一人。

直接仕事を依頼された奴が1人。



まとめて話を聞いていると、訳が分からなくなってくるので、ここは一つ酔っぱらった感じで稽古していきましょう。

じゃんじゃんかかってきなさい状態。

ですが、むももももももっとした感じでなかなかお目々がパッチリしてこない。





でもね、みんな一生懸命だから私も一生懸命で返さなきゃならない。



しかしまあ・・・

よくもまぁちゃんとみんな仕事がこなせるようになってきたものだわ。

そりゃオファーが来るわな。

芝居もできるようになってきてるし。


うん、安心!







で。



「お芝居面白かっですね、だから妹尾さん、飲もうよ!!」




のお誘い連絡がビシバシ来ます。

先日終えたばかりの芝居で絡んだ役者(男子)ばっかりだけど。

会い(飲み)ましょう、会い(飲み)ましょうとも!


ううう、か、身体が・・・肝臓が・・・





8月の芝居に出てもらおうと思っている女優さん(藤倉みのり)ちゃんから電話が。



「こらぼけ。 早く台本決めろや。 ぐずぐずしてるからもう一本オファーが来てる芝居の返事ができねえじゃねえか。ええ加減にせえよ!」



って。


ううう、か、身体が・・・



12月にやる演劇祭の劇場さんから電話が。



「こらぼけ。 早く日程やら打ち合わせやら決めて来んかい。 ぐずぐずしてるから先に進まねえじゃねえか。 ええ加減にせえよ!」



ううう、か、身体が・・・



ナレーションの仕事を振ってくれるマネージャーさんから電話が。

「こらぼけ。 こないだ空けておけって言った日程はどうなっとんじゃい。 仕事入れるのか入れねえのかはっきりしろや。 ええ加減にせえよ!」


ううう、か、身体が・・・




(普段は)とても優しい私の知り合いの演出家から電話が。



「こら、ぼけ兄さん、若い子らにオーディションを受けさせるんやったら宣材資料をファイルで早いとこ送れって言うたやろ、こっちにも準備っちゅーもんがあんねん。 進まへんやろが。 ええ加減にせえよ。」


ううう、か、身体が・・・









シカトしてゴミの山を片付けていたら・・・出てきました。

税務所さんから年に一度送られてくる、世にも忌々しいくそ書類が。



あ、忘れてた。



確定申告・・・




か、身体が・・・




1

大感謝




光陰矢の如し・・・。








いやいやいやいや、お疲れ様でした!

本番、見事に終了しました。

毎回アホみたいに思いますが、終わってみるととても早く感じます。

こんな一瞬のためにあんなにしんどい稽古を・・・ねぇ。





打ち上げはやはり朝まで飲み倒して。


その前日本版をやっているから、酔いも激しいですわ。

一人、また一人と途中でどんどん撃沈していって・・・。

ほうほうの体で帰宅しまして、昼を大きく過ぎて目を覚ましました。

まともにパソコンに触っていなかった(できなかった)ので、一気に皆様からいただいたコメントやらメールやらを読ませていただきました。

裏の鍵付きコメントとかはまだ読めていませんが、とにかくたくさんの元気玉を有難うございました。

なんとも有り難い!











(右)近藤勇役の中洲和秀さん。



(左)土方俊三役の武智健二さん。




新撰組3




めちゃ仲良しになりました。

武智さんは現JAE所属、アクションの天才です。

芝居もね、存在感の固まり。

圧倒的なパワーです。

お茶目で●●な素敵なお兄様。

中洲さんはハリウッドでも活躍する、これまた凄い迫力の俳優さんです。

恐い顔してるんだけど、実は●●で、めちゃチワワっぽいところがあったりして。

きゃー、かわゆい!的な俳優さん。

味の固まり。

味の素。



新撰組4


(seitaro様、わざわざお花を送っていただいて・・・!

本当に有難うございました。

私があんなに可愛らしいのを楽屋に置いていたので気持ち悪がられましたよ!)




新撰組2






この座組で、この時間にやったことをまた・・・っていうのがないんですね、舞台って。

刹那。

だからこそ面白い。

消えてなくなる泡のようなものに命を賭ける。


寂しいのですがね。



お客様の喜んでいただける声とかを聞いていたら・・・。

また頑張るぞ、って。

やり続けるぞって思えるんです。






たくさんたくさん、本当にたくさんの方に来ていただいて、妹尾は幸せでした。






3.11。

一周年を迎え、楽屋の中で黙祷を捧げ。

信徒引き締まった空気の中に緊張感を覚えながら、生きている喜びに感謝をしよう、悲しい思いを吹き飛ばすパワーをひねり出そうって。

役者同士で思いを一つにして舞台に駆け上がっていきました。



多くの元気玉、舞台上に渦巻いていました。

有難うございました!



大感謝!


7

かもん!シルバーカークス



まだまだ芝居が終わらないのに…有り難いことに次から次へとお仕事のお話しをいただきます。

嬉しいですが、そんなに器用な方ではないので一つ一つ固めていく作業が大変で。

受けて、自分で準備しなくてできる仕事はいいのですが…。




まずやらなきゃならないのが次の8月のお芝居。

妹尾プロデュースの第2弾。

時間があるようで、もうほとんど無いと言っても良い。



去年、立ち見のお客様がたくさん出てしまったほど好評を博しましたが、それに続く新作を。

今、一生懸命地盤固めをしているのですが、なんだか協力して下さる方が多く出て来られまして、自分で思っている事よりもめちゃめちゃでっかい企画人ってしまいそうで・・・。


ちょっと恐い感じ。

自分の知らない分野がビシバシ出てきちゃって。

どうなるんだろ?

まあ、何をやるにせよ最初は皆が赤ん坊みたいなもんだしね、ビビってても仕方がない。

それに、いつも訳が分からなくなってきたら言い聞かせている事がある。


「人生一回こっきり。 何でもやっとけ、俺!」


そ。

生きている事に後悔しないためにね!










**************************



今やっているお芝居なんですが、コレは劇団<夜想会>って所が作っています。

ここ、今回お邪魔させていただいているのですが、主催者は<野伏翔>さん。




実を言いますと…もうかれこれ26~7年前になりますが、私が最初に演劇を習った師匠なんです。

ここで勉強している時に受けたオーディションがメタルダ君。

ですからメタルダ君が終わってから数年間、ずーっと夜想会で芝居をしておりました。

たくさん大きな役をやらせていただき、なんやかんやと勉強させてもらいました。



めちゃめちゃ恐い先生だったし、私も単なるバカでしたので毎日のように怒られて。

普通じゃないくらいの怒られ方です。

そういう役回りなんですがね、昔から。






それがこの度15年ぶりくらいに再会をしまして。

相変わらずのパワー溢れる演出に感心しきりです。


その野伏先生の、ちょっとお人柄といいますか雰囲気が伝えられればなーと…探しておりましたら、ありました。

使っているVTR等は古いものですが、最近オンエアされたCS番組でお話しされています。

私の仲良し先生、そして今回のこの<新撰組>の演出家、お時間ありましたら是非観てみて下さい!
(ちょっと誤解を生むといけませんので補足しておきますが、決してタカ派だとか国粋主義者ってわけではありませんからね!リアリストです。)


http://www.youtube.com/watch?v=LONFSY3-utM&feature=youtube_gdata

(コピペで!)



************************************




私の部屋が手狭になりました。

ものすごく。

どうしても紙をいっぱい使う仕事ですので、何やかんや盛り上がってきてしまいまして。

本と紙(台本系)で。

本棚やボックス系のもので埋まりまくり。




ちょっとネットで調べてみて・・・

新兵器発見!



ロフトベッド。


おお、何という素晴らしいアイテム!

二段ベッドの下がないヤツ。

つまり、私の机(横幅が180cm、大きいの)をベッドの下に入れることができる。

その分空間が産まれ、本棚等々が設置できるぞ、と。



さっそく買いました。

そうね、3時間くらいかけて一人でせっせと作りましたよ。




出来上がり。




・・・・・・・・・。



・・・・・。


・・。



下に机を入れた瞬間に思ったね、


「こりゃ失敗か?」



なんかね、これはもう基地です。

子供の頃一生懸命空き地で作っていた基地。


しかもベッドの寝る部分が天井ですからあんまり高い位置にない。

イスをね、一番低い状態にセットしてても私の身体はちょっとLLサイズなので頭をガシガシぶつけます。

分かりやすく図で説明しましょう。

ベッド2

アホらしいのでやめます。


本当にね、何かおもちゃの基地みたいな感じになりました。

変わった乗り物が飛び出してきそう。


まあ、これでも慣れてきて仕事がはかどれば何も問題ないのですが。



しかし、もう一つエマージェンシー的な事を発見。

机の上がちょいと低いのにプラス・・・!



寝る部分の天井も低い。



ここまで愚かだと自分を笑うしかないのでどーでもいいのですが。

天井が低いって言うか、座高が高いって言うか、いやいやいやいや、こりゃ子供でもぶつけるでしょうよ。

高いところで寝ててね、目が覚めた時、つまり防衛本能とかが一切オフになっているときですわ。

普通に起きあがりますわな。

うん、そりゃそうよ起床くらい誰でも普通にするわ。

でね、ちょいと


「くぁああああっ!」


なんて伸びたりしたら頭がゴンゴンって。

わかりにくいので図を使って説明しましょう。


ベッド1


アホらしいのでやめます。






下でもゴンゴン、上でもゴンゴンって。

とっても悲しいお買い物だったのかしら・・。



いや、何でも良い方向に捉えて楽しみましょう。

朝起きた瞬間から敵がいることを想定させるマシン…

地震が来た時に一瞬で目覚めて動くための養成マシン…

これは、動物としての本能を鍛えるため………もういいや…



わーいわーい、基地だ基地だー!

楽しいぞー!

人生一回だもの、コレは楽しいに決まってるぢゃないかっ!










ようこそ我が部屋へ、ロフトベッド。

君は今日からシルバーカークスだ(分かる人のみで結構です)・・・






<個人的追伸>

へから夫人さん、有難う!
本当に再起動したらメールのへんてこりんなのが治ったよ。
ZZRとマジェと旦那によろしく!

四組さまー、有難うね!また渋谷でパーティーやりましょう!

ブル君、試験ガンバレ!俺も舞台ガンバル!

seitaro様、ネットカフェ、倒れ込むように辿り着いたのさ…8月来て!


2

いっぱいの拍手、有難うございます!



おお、何か凄かった!


初日の舞台を終えられましたが、カーテンコールで指笛やらブラボーやら、クラシックコンサートさながらの大声援をいただきました。

嬉しくて有り難くて、涙が溢れてきます。

しんどい稽古が報われる瞬間です。


ああ、届けられた! 喜んでもらえた!って。



 

自分の知り合いもねたくさん来ていただき、めちゃめちゃ嬉しかったです。

お花やお菓子やジュースに囲まれて・・・。

私の化粧前、子供部屋みたいになりましたぞ!



新撰組1




メタルダ君をやっている時の助監督で、今や立派な監督さんや、当時お世話になったメークさん、そして殺陣師の方までいらして下さいました。

もう20数年たつのですが、当時のままの空気感がすぐに戻ってきて。





先日、ファンの集いで集まった時の男性四人、有難うございました。

ちゃんとお礼を言いたいのでコレを見ましたらミクシーでもいいのでメッセージ下さい!

今後のご案内も出させていただきますよ。





この業界?(特撮)で有名な…いつもお世話になっている田中さん、いっぱいおみやげを持って静岡から来て下さいまして有難うございました!

一緒にみえられた、観劇が初めて!ってご友人にも喜んでいただけたでしょうか!

また今度ゆっくり飲みましょう!




「ゲキ塾。」の子や昔の共演者、先輩達に囲まれてとにかくステキな初日が明けられました。








ただ・・。

私、この芝居でいい歳こいて側転したり軽いアクションしたりしてるのですが、前の日の芋焼酎が本番中にげぽげぽ上がってきまして。

こらこらこらこら!

しかも太ももの肉離れ部分がまだみしみし言ってるし。

やっぱアレですよ。

睡眠不足はダメってことね!

インターネットカフェじゃまともに寝られんからさ。


くどいよう、否、くどくど言うけど。



身体を思うならちゃんと布団で寝ろって話しなのよ。

お金もったいないから安く済ませて・・でもしんどい。

安物買いの銭失い。


恨み骨髄…。


ま、186cmのおっさんが150cmの陣地で寝られるわけないんだけどね。




バカの一つ覚えでまた頭がおかしくなるほど飲んで。

キャッキャ言いながら帰宅しました。



おお、足を延ばして眠る事ができる…ひさびさの感触!

うんうん、昔の人はよく言いました。



「ああ、我が家が一番!」



本当ですね。





最近、忙しすぎてパソコンをまともに開けてませんでした。

ブログ更新も必死に携帯からやってましたから。






1.146。



えと。

この4日ほどで未読のメール数。

なんじゃこれ?





私、うざいのが嫌いなのでスパム系はめっちゃ弾いてます。

広告的なモノは振り分けてあり、それはまた別で。

友人とか仕事関係とか、何かのリアクションを返さなきゃならないものばかりです。

本番前なのでね、応援のメールとかいただくんですがこりゃ大変!

変なところに寝てる場合じゃないんですよ、実際(クドすぎ)。





ちょっと見てみますと・・先輩やらお世話になっている方やら・・・あれれ?

なんか多すぎると思ったら…一件につき2通ずつ受信してる。


は? なんで?

意味不明。

してないのもあるし、してるのもあるし。


ま、とにかくザックリ半分としてそれにしても500通。

嬉しいですからね、ちゃんと一つずつ返信していきますとも。







さて。

しばらく本番終わるまで酒量も増えるでしょうし、テンションも上がりっぱなしでしょう。

終わってから倒れないように…気を付けます!



皆さん、元気玉、有難うでござりまする!!


4

初日前の初体験…





夕べ劇場にて最終調整。

(場当たり)っていうものをやりまして。

さ、後は本番ね、じゃあ景気付けに一杯やろうと。

あーあ、やっぱりいっぱいになっちゃって。

あーだこーだと飲んでいましたら電車とかすっかりなくなっちゃった。

いー歳して何をやっとるのかと後悔しつつ見せを出たのは3時くらい。


劇場の近くで飲んでたので、家は遥か彼方。


かくして六本木の街を徘徊することに。




ここを夜中にうろつくのは何年振りだろう…。

不良外人がたくさん溢れてて、しかもこれ以上飲めないくらい酔ってる。

やばいやばい、本番前に怪我したり問題を起こしたくない。



一念発起。

正太に電話して聞きました。



「六本木で安く泊まれるとこ知らない? タクシー代めちゃかかるし明日は午前入りだし。」



「ホテルは高いっす。でも、●●ビルにインターネットカフェがあって、そこなら安く寝られますよ!」



てくてく行きました。

生まれて初めての体験。

飲み物がフリーで用意されてて、本もたくさん。

こりゃ快適かなー…。




えと。

結論。

快適なんてほど遠い。

狭い。

寝返りがうてないし隣のいびきがうるさいし。

車の助手席で縮こまって寝たのと同じ疲れが。




朝、店を出て液キャベ飲んで楽屋入り。

なんか疲れすぎて始まる前からへとへとよ。





でもね、集中して意識を高めて。

お客様に良いものを、最上のものお見せしますとも。

ホントに面白い芝居ですよ!






教訓

インターネットカフェで寝ると疲れが倍増すると知れ。


らじゃー!

5

さ、本番!




本日、本番さながらの実践的な稽古が終了しました。

ちょっとめまいがするほどの緊張感。

これで、後はイザ鎌倉!



思い残す事がないようにやり切るだけです。

と・・・思っていたのに・・・あることで思い切りNGが出てしまいました。

衣装。



あららららら!

もっと派手な感じにして!ってことなんです。



まあね、一緒に出ている人たちが白っぽかったら、違うキャラは黒とか茶色にしろよってことは当たり前なんですがね。

ここだけクリアすればオッケーみたいですので、あとは芝居に対する集中力を持っていくだけです。

雑念、雑音、感じる余裕すらありませんが、ただひたすらやってきた稽古を信じて繰り広げるのみです。



*********************************




稽古帰りに「ゲキ塾。」でお世話になっているガイアクルーのお芝居を観に行きました。

うちの田中優也が主演させていただいてますし。





そらね、もうドキドキです。

自分の子供が初めて羽ばたくみたいな・・。



しっかり見届けました。

良いも悪いも全て含めて、立派な座長芝居!

目頭が熱くなってきましたさ。



なんかね、特別上手だったり、技術があったりする訳じゃないんですが、見ていて感動してしまったんですよ、晴れ姿に。

話の内容が分からないほど目頭が熱くなってきまして。




「お前・・・本当に頑張ったな・・・よかったな、花束イッパイいただいて・・・。」





もう歳なのかしら。



******************************






先日、あまりにも自己中で困ってるっ・・・て書いた子にまた会いました。

ってか、仕事上、どうしても会わなくちゃならなくて。


その子ね、まだ20才くらい。

撮ってもかわいい女の子なんですよ、見た目が。

横にはマネージャーがちゃんと付いてて、基本的な教育もしてるはず・・な子。




でもね、もう面白いとしか言いようがないんですが、約48才の(年齢は忘れる事にしてるから)私を呼ぶ時に、



「セノオちゃーん、ねーねー聞いてくれる? こないださあ・・・」



とか、



「セノオくんてさあ、結構役者長くやってんだってね・・・」


なんて。



こっちで監督と打ち合わせって言うか、芝居作りの話しをしてて・・




「●●に話しかけるこの台詞、自分の気持ちはこういう風に持っていけばいいんですかね、それとも、もっと大人な立場でこういう感じで裁いていく方向ですかね?」



なんて言ってると・・・(●●って言うのはその子の役名)





「ええ? なになに、また私の話してるの、セノオクン! ちょっとぉ、マジあたしも入れてよねぇ! え?もしかして違うの? 噂? 悪口言ってたりするの? ないよねー、それはないよねー、セノオちゃん!」



とかって。

何度も言いますが、お呼び申し上げてませんよ、自意識過剰すぎますよ!


はらひれほれはれ・・。

もうね、具の根も出ません。



そんなときの私、決まって同じ対応を取ります。

完璧に、徹底して下に回る。

敬語使い倒してお相手つかまつる。




「へええ、そうなんですか、それはびっくりですね! で、●●さんはどうされたんですか? はあ、そりゃ大変でしたね、あ、すいません、私そろそろ行かなくちゃ。 ゴメンなさいね。」



って。



自分の中で思い切りあほなんですが、まあそれを周りで見ている人に判断してもらえればいいな、と。

正直、しんどいですがね。

平成っ子っていうのかしら、そういう人、本当に多いですよ。

そこに普通に突っ込ンでいけるのが今の人たちなのかもしれませんが、私は思いきり昭和人間。

きついっすわ。



あと数ヶ月顔を合わさなきゃならないのですが、慣れるのかね、私も・・・。







****************************************




季節の変わり目。

私の知人にでお亡くなりになる方が急激に増えています。

めちゃ仲良しのお父様も入院されました。




書くか迷っていましたが、実は私の父親も一ヶ月ほど前に入院しまして。

そろそろいろんな、考えたくない事を進めなきゃならないのかなって気持ちの整理をしておりました。

が。

この度お陰様をもちまして退院してきました。


しかし、やはり前のようにはいかない部分が多くありまして。




「もう無茶をするなよ…。」


「お前と同じじゃ。」


「はい…。」




血ですね。

私も結構無茶だといわれますが、父親は無茶細胞でできている人でしたから。

わやくそ男です。


嫌いじゃないけど。

頭をかち割られたり、とにかくしょっちゅう血だらけにされていました。

今なら思い切り<虐待>の範疇です。



あのころの<教育>もしくはオトンの<憂さ晴らし>で、毎日殺意を持って接していました。

ま、今ではそんな父親が大好きですがね。


産んでくれたんだもの。







************************************



万物に、全ての現象に感謝しながら本番に臨みます。

このブログを読んで下さっている方、応援して下さっている方、本当に有難うございます。


北朝鮮に拉致された家族の方、横田めぐみさんのご家族や、拉致問題に関わっている多くの方が観に来て下さいます。

プロパガンダ、啓蒙ではありませんが、素晴らしい意味を持った石を投げ込めるお芝居だと自負しております。

よろしくお願いします。

足りないところ、どんどんご指摘頂きたいと思っております。





*********************************




命を削る覚悟で役者道に邁進しております。

芝居をし、語り部となり…それが更に生業になるとは幸せに尽きる…!





近い将来、いろんな地方に芝居の力を持って行けるように一生懸命働きかけておりますので、どうかどうか、皆様の元気玉、頂戴したいと存じます。






ショコラBBたくさん飲んでも口内炎が治らない妹尾でした。

い、痛い・・。


2

電車内ボヤキ

毎日ね、赤羽という所に稽古で通っています。

しかも駅から徒歩20分ほど。

私の家からは遠くて、たどり着くまでに疲れてしまいます。

稽古場の近くにはコンビニや食べ物屋さんもなくて静かでいいのですが、お腹は空きますので皆さんおにぎりやパンを用意していきます。

午前中に晩飯を買っておくの。


ですから毎日がちょっとした遠足。


るるルララ。


遠足は時々の方が楽しいですわ。


アクションも少しだけあるので、先日離れた太もものお肉もひっつきません。

いい歳して無理な動きには十分注意しなければ。


******************

このお芝居も何やかんやで席が予約で埋まってきまして。

有り難い限りです。

皆様には頭が上がりませぬ。

観ていただく方があっての我々なんだな、と。




「ゲキ塾。」のユウヤも本番を立派にこなしてます


でもって有り難いことに、ロク(小川ゆかり)も6月の芝居にオファーがかかりまして。

本人も快諾し、出演が決まりました。

んでもってさらに
もう一人、まだ発表できませんがとあるCMに出演が決まりました。

「ゲキ塾。」に来てから一番新しい男の子ですが、新鮮な空気とやる気の塊が評価されまして。

ホントに嬉しいことです。
バイトをいくつも掛け持ちして生活をしながら、役者を進める…当たり前過ぎで、同情心は全くありませんが、でもやりたい仕事が出来るのは嬉しいことです。
求められているのですから。

皆がバイトじゃなくて本職で生活出来るようになればいいなーと。

ま、難しいんですがね。





****************

実は腹の立つ人と会いました。

いや、会ってみたら腹がたったんですが。

あのね、最近の流行っていうか世相なんでしょうがね、全部自分中心。

基準が。

自分の物差しで全てを考える。

そんな狭い所の話しなんてしてないよ!って言っても通じない。

何を話しても自分が出てくる。

いやいやいやいや、あなたの事なんて1ミクロンも言ってませんよって。

全員が悲劇のヒロインであり、ヒーロー。

もう閉口して何も言えません。

ぶん殴りゃいいのだろうけど、バカらしくて力が沸いて来ない。



んで、そーゆーのに限って面と向かっては言ってこなくて、陰でコソコソ。

で、徒党を組むし。



女子中学生のノリなのかしら?



「君子危うきに近寄らず…」



に限るなと思った昨今です。




身びいきじゃないですがね、いい歳してしんどい役者稼業やってる奴らが何十人も集まりますとね、そら面白いのが次から次へとおるんですよ。

「ゲキ塾。」なんかも全く同じですが、

(精神が健やかであればそれが最上の慶び!)

みたいなのがワンサカ。

で、あーでもないこーでもないって侃々諤々やるんです。


ああ、こーゆー仲間に出会えるから続けられるなーって。

心底この人を信じてみよう! と思える人間にたくさん会えます。

お互いが同じ感覚で心の間口を開いているから、入れ食いです。

もちろん長いスパンでみれば上手くいかない出会いもありますが、まずは乾杯です。

こちとら人間が好き!で人間やってるんですから。




変な関係は、それを修復させる力を持て!っちゅう天の声。

大きくなるための試金石。
ウジウジ他人のせいにしたり、便利なトラウマを持ち出したりしてはいけません。

真正面からドンと来い!

受け止めて堪えるからこそのパワーです。

そこに集う人、一生ものの仲間ですわ。



あ、やっぱそう。

この感覚と思考で人間やっていこっと!




***************


帰りの電車の中で苦手な携帯からブログ更新してみました!


皆さん、ホントに面白い芝居が出来てきました。

売り切れた日もありますが弱冠残っています。

是非、観にいらして下さい…(と宣伝もしてみる。)


最寄り駅に着きそうなのでボヤキ終了。

3

雪はもうお腹いっぱい…



早いもので、もう2月もお終い。

バッタバタしているウチに終わっちゃいました。

そして、3月。

11日は忌まわしい記憶を刻み込まれた日です。


忘れず、決して忘れず・・。

立ち戻って、同胞と痛みを分かち合わなければ。






**************************


さ。

本日ウチのユウヤ(田中優也)が小屋入りをしました。

2日から本番です。



去年の暮れ、「ゲキ塾。」公演で<TONOGEKI演劇祭>優勝した時の主力メンバーの一人。

めきめきと実力を付けてきている期待の男です。

さっそくお世話になっている加東岳史さんから白羽の矢を立てられ、座長、主役として舞台に立ちます。


自分の事のようにドキドキします。

おかげで?私の芝居も稽古が佳境を迎えているのですが、心が半分ずつ。


とにもかくにも成功を祈るばかりです。

皆様、どうぞ足をお運び下さい。

日常からかけ離れた素敵な時間を楽しめますよ!

ライブ、生の迫力と異空間をお楽しみ下さい。



「グッドモーニング・マイ・ヴィーナス」

■ 出演 : 田中優也(ゲキ塾。)、関谷彩花、土性正照(劇団赤鬼) 他

■ 日程 : 2012年3月2日(金) ~ 6日(火)

■ 会場 : 池袋 シアターグリーン BASE THEATER

■ 脚本/演出 : 加東岳史

■ 料金 : 前売り2800円、当日3000円、高校生以下2000円(要学生証提示)

■ チケット 

info@gekijuku.com  にご連絡下さい。

個人情報は守られますのでご安心下さい!


優也1



***********************************


<カムイ外伝>のときにお世話になった助監督さんの一人に、藤澤浩和さんという方がいらっしゃいます。

撮影後もお花見したり、飲んだりしていた仲間です。

これからの映画界をしょって立つであろう、非常に優秀な人物です。


藤澤さんの作品が、文化庁の<若手映画作家育成プロジェクト2011>という企画の最終段階まで残りまして。

ついに映画館で試験的に上映する事となりました。

これは登竜門です。

ここで優秀な作品を作った監督はどんどんメジャーデビューしていきます。




わっしょいわっしょい!

仲間からこういう素晴らしいことをやってのける人が出るのは、ものすごく嬉しい事です。

知り合いのプロデューサーさん2人と、あと正太と一緒に観に行ってきました。


うんうん、舞台挨拶もされていて、なんと晴れやかな姿でしょう!

嬉しい嬉しい!!


作品も、めちゃめちゃ面白かったですし。


誤解の内容に書きますと…。


こういうのはね・・・やっぱ創造する、クリエィティブな世界って言うのはキツイですから、友達目線とかひいき目…そんなもんが混じってくるとね、お互いにのたれ死にになります。

抱き合って死ぬ、みたいな。

だから決してヌルイ感覚で接してはいけません。


だから余計に断言できるのですが、本当にめちゃめちゃ面白かった。

よく練られているし、構成もしっかりしてる。



皆さん、彼の名前を覚えておいて下さい!




作品名 <虚々実実



***********************************

めちゃめちゃちょっとだけいい事がありました。

忙しすぎてギスギスしそうな毎日だけに、ほっこりさせてくれましたさ。


何か覚えてもないのですが、首都高速道路のアンケートに答えたんですって、私が。

そしたらね、1000円のクオカードが送付されてきました。

私、この手のカードって使えなくて(もったいない気がして)どんどん溜まっていってしまうので意味はないのですがね。

ぷぷぷぷ・・。

首都高


幸せみっけ!





***********************************


東京はものすごい事になりました。

雪で。

本格的なところに済んでいる人が見たらちゃんちゃらおかしいだろうけどね。




電車が停まったり、動くものが動かなかったり。

時間の規則性が大きく崩れます。


それを大都市ではパニック状態と呼ぶようです。




<東京は災害に弱い>


という言葉を耳にし過ぎてしまい、どうやら多くの人がパニックを感じなくなってきています。

ものすご冷静な対応。

こういうものなんだという自覚症状と、心の落ち着かせ方をわきまえてきたような。




かく言う私も靴下をびしょびしょにしながら稽古場に向かいました。


「なんじゃあこりゃあ、八甲田山かっ!」


皆、行進します。

雪道を。

空からはビシバシ雪がふってくるし、時折電線などから固まりの雪が頭にドスンと落ちてきます。

稽古前からくたくたになりましたが、そこは一発根性を入れてしっかりと稽古に励みました。



通し稽古と言われるモノを本日初めてやったのですが・・・出演している私が言うのも何なんですがね。




この芝居面白い!



いや、マジで。

今の時点でかなりの完成度です。

派手です。

歌や踊り…って、まあミュージカル仕立てですが95%は芝居。

よくある、無意味なダンスや歌での表現って言うのはありません。


私が歌う部分も、カラオケで酔っぱらってがなり立てているってシーンですし。(オンチなので助かる)



じゃんじゃん受け付けますので、どうか皆様、観にいらして下さい!


info@gekijuku.com


にご連絡下さい。

良い席がどんどん無くなってきていますのでお早めに!

そして、いらして下さった方は必ず声をかけて下さい!!

終演後、ロビー付近に出て行きますので後頭部をパシンと張って頂ければ、それが暗黙の合図です。

深々とお礼を申し上げますので。


どうぞよろしくお願いします。

後一踏ん張り、もっともっと良いモノを目指して邁進しますからっ!!




ミュージカル『誠』 ~飛び出せ新撰組~

■ 日程:2012年3月7日(水)~11日(日)

■ 会場:俳優座劇場 東京都港区六本木4-9-2

  ◎交通案内
   ・都営地下鉄…大江戸線六本木駅 6番出口よりすぐ
   ・東京メトロ…日比谷線六本木駅 4a出口 徒歩1分
   ・渋谷駅から都バスにて…都01(新橋駅行)または渋88(新橋駅行)にご乗車の上、
   「六本木駅前」停留所 下車、徒歩3分
    ※都01 折り返し(六本木ヒルズ行き)は「六本木駅前」には止まりません。


■ 公演スケジュール

※ダブルキャスト制。(一部シングル)
妹尾は星組(★印)に出演します。

3月
7日(水) 19:00~ ★星組
8日(木) 19:00~ 月組
9日(金) 19:00~ 月組
10日(土) ★12:00~ 星組/ 15:30~ 月組/ ★19:00~ 星組
11日(日) ★12:00~ 星組/ 15:30~月組

※3月10日(土)および11日(日)の月組公演は
都合により15時開演予定から15時半開演に変更いたしました。
ご了承のほどよろしくお願いいたします。

■ チケット

※全席指定

一般…5500円
学生…4000円



夜チラシ裏

該当の記事は見つかりませんでした。