・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

初!金色。





いやいや、生まれて初めて手にしたものがあります。

あるあるとは聞いていたのですが、目にしたのは初めて。

そして、それは何だか自分にとっても似つかわしくなく、照れくさいようなそんな気分。

着た事のない高級スーツに初めて袖を通したような・・・。




免許。

きんいろ。

ここ数年間、運が良かったというかポリさんにお世話にならんかったんですねえ。

違う意味で警察署にお世話になったりしていたのですっかり驚いてしまいました。

道交法には本当にツキがないと思ってましたから。

やったね!!








****************************



芝居を観に行ってきました。

今月、コレで何本目だろう。

多分ものすごくいっぱい。



GENKI Produce vol.5『スイートメモリーズ』


面白かったです。

出演中で、草野球仲間の<かわのをとや>さんが出演されています。

同じく野球仲間で<煙が目にしみる>にも出演して頂いた高田裕司さんと一緒に観劇。

かわのさんは素人の人でも知っている、某、超有名事務所でお笑いの人たちのレッスン講師や台本を書いたりしている人です。

そして優秀な演出家でもあります。

脚本についてのお話を伺いたかったのでとても良い打ち合わせ(酒席)になりました。



私の知らない感覚や、初めての空気をたくさん味わえましたし、お互いに丁々発止やり合えましたよ。

笑いとうなずきが止まらない、本当に素敵な飲み会でした。




昔からこういう建設的な飲み会ばっかりできていたら、きっと私ももう少しまともな大人になれていたと思います。

残念。


とにもかくにも、燃えている男と飲むのは本当に愉快ですね。

楽しいです。

すんげえ刺激にもなりましたし、お勉強になりました!
うん、出会い、素晴らしい。





*******************************


さて。

<こうかくキドウタイ>

知ってる?

高田さんが、



「あ、俺そのアニメの宣伝やったよ。」



声優さんでは超有名人ですからね。




「へぇ・・。どんな内容なの?」


「いや、知らない。見た事無いもん。」



まあね、私らの年齢でアニメを熱心に見る事も少ないのですが(ファンは除きますよ、ええ。)ね。



「なんで?」


あのね、何でかっていいますとですね、今度の秋から撮影が始まる映画の、役についての打ち合わせをしている時に、




「<コーカクキドータイ>っていう押井守さんの作品を見ておいて! そこに出てくる●●っていう役がイメージなのよ。」



って。

だからね、とにかく借りてきましたよ、レンタルビデオやさんで。



でね、お勉強お勉強!って見た。

見たのよ。



・・・むぅぅぅぅ。

最近のアニメって言うのはアレなんですかね・・なんて言うんだろう・・ちょっと私には難しい。

昔のマンガは、いーもんと悪もんが出てきて、うー、やー、たーってやっつけて、ハイおしまい…だったのですがね。



何か、まとめた感じのを借りちゃったからダメだったのかしら。

1話から順番に借りてきて見ますわ!



*******************************


ああ、時間がない。

もう一人自分が欲しい。

せのマン2号~5号くらい。

やらなきゃいけない事、決めなきゃ行けない事、動かなきゃいけない事、その他諸々。

私は大元だから偉いので、休憩するせのマンにします。

サウナ行ったり、お姉ぃちゃんとお酒飲んだり。

絶対に休まないぞ!の誓いもそろそろ解禁させようかしら・・。




**********************



ブルキッド様

有り難いお言葉、感謝します。

あんまり(ほとんど)お返事とか書かない男ですが、これからもよろしくお願いします。

いろいろと思った事を書きなぐって頂ければ有り難いです。

参考にさせて頂きますね。


・・・そうか・・今でもメタルダ君、受け入れられるんですね…嬉しっ!





**********************


さ、本番まで後一踏ん張り。

今回も、静岡や福岡、富山、福島…遠方の方からご予約をいただきまして、本当に有難うございます。

今の自分にできる最高のパフォーマンスをお見せすると約束します。

一番しんどい時ではありますが、バシッと気合いを入れ直します。


まだ、もう少しお席が用意できるそうですので、是非観にいらして下さいませ!


有難うございます。

感謝。

5

お肉離れて痛い痛い

やべえ。

久々の…超久々の筋肉痛。

全身。

しかも太ももはお肉とお肉が離れてしまって、いわゆる肉離れ。


本当に久しぶりです。

運動している時に<ブチン>って音が聞こえたの。





実はね、前から誘って頂いていたのですが、去年やったお芝居で知り合った輪島貴史さんから声をかけて頂いていて。

わじーさん。

わじのブログ


アクションのお稽古。

この方、めちゃきれいな身体裁きをする方で、アクションのプロ。

俳優としても活躍しておりますし、MCやらCM制作までなんでもこなします。




ま、先日はアクションの先生としてお会いしたのですが、やっぱすげえ。

プロってスゲえ!

ふわふわってしてて、羽根みたいに跳んだりはねたりしてる。

「ゲキ塾。」の皆も一緒に教えてもらったのですが、うっとり…。



全員、


「よっしゃ、俺らもバク転できるようになる!!」


って、頭の悪い決意を。

なぜこの歳になって?

そこにロマンがあるからさ?…はあ?

あほう万歳!



しばらくは痛くて動けませんが、また生活の中に新しい刺激を採り入れる事ができました。


うん、出会いって最高です、やっぱり!

ありがとう、<わじー>!


おうりゃああああ!

バク転





****************************************



こないだの記事にも書いたのですが。

皆さんからのコメントもたくさんいただきまして、感謝感謝です。



実験的に自分にも新しい考え方を試してみようと思いまして。

自分から人の縁を切ったりしない

という決めをぶっ壊して、

自分から人の縁を切る事も必要じゃい

と、新基準をやってみましたさ。




揉めるのいやだし、傷つけるのもいやなので特に行動とか言動に移したわけではないのですが、私の心の中である友人との決別をしました。

かれこれずいぶんと長い付き合いだったのですが、ま、それはそれとしまして。


<今までどうも有難うね、これからはお互い別の道を行こう。俺はそんなに便利な存在じゃないのよ。君は君で頑張ってね!>

的な。

気持ちが楽ちんになりますわね、確かに。

そういう風に考える事で自分がどんな感じになるのかちょっと不安なところもありましたけど。

しばらくはこれで様子を見てみます。



もしかすると今までちょっと自分を縛りすぎていたのかもしれません。




******************************************


超小さい業務連絡。


<づぅ>さん。
コメントを有難うございます。
そして、アナタは一体どちら様でしょうか・・・?
めちゃ知りたいのでお名前をご連絡下さい。

******************************************


さて、稽古も佳境を迎えてきました。


ミュージカル <誠~とびだせ新撰組~

夜チラシ表



お陰様でだんだん予約のお席が埋まってきました。

どうか皆様、多数ご覧下さいますよう・・・よろしくお願いいたします。



info@gekijuku.com


に日程とお時間、枚数をご連絡下さい!

席をご用意します。


今、皆様に喜んで頂けるよう必死に稽古しています。

とっても面白い喜劇に仕上がってきました。





■ 日程:2012年3月7日(水)~11日(日)

■ 会場:俳優座劇場 東京都港区六本木4-9-2

  ◎交通案内
   ・都営地下鉄…大江戸線六本木駅 6番出口よりすぐ
   ・東京メトロ…日比谷線六本木駅 4a出口 徒歩1分
   ・渋谷駅から都バスにて…都01(新橋駅行)または渋88(新橋駅行)にご乗車の上、
   「六本木駅前」停留所 下車、徒歩3分
    ※都01 折り返し(六本木ヒルズ行き)は「六本木駅前」には止まりません。


■ 公演スケジュール

※ダブルキャスト制。(一部シングル)
妹尾は星組(★印)に出演します。

3月
7日(水) 19:00~ ★星組
8日(木) 19:00~ 月組
9日(金) 19:00~ 月組
10日(土) ★12:00~ 星組/ 15:30~ 月組/ ★19:00~ 星組
11日(日) ★12:00~ 星組/ 15:30~月組

※3月10日(土)および11日(日)の月組公演は
都合により15時開演予定から15時半開演に変更いたしました。
ご了承のほどよろしくお願いいたします。

■ チケット

※全席指定

一般…5500円
学生…4000円



5

人の繋がりって天津飯。



いろんな事がありました!

嫌な事も嬉しい事もたくさん・・・。







*********************************

先週末、キカイダーの伴大介さんに連れられて、某おもしろ飲み屋さんに行ってきました。

さすが、伴さんのファンの方は毎回感心するほどお行儀が良くて。

私もその仲間にくわえて頂き、ファンの方との交流を楽しむ事ができましたさ。

伴さん集まり2




もうとっくに過ぎているのに、わざわざケーキを用意してくれて誕生日を祝ってくれて。


伴さん集まり1


色紙にはメッセージもいっぱい書いて下さり、プレゼントもたくさん!!

とても心温まる時間を過ごす事ができました…やっぱり有り難くて嬉しいものです。

ってか、自分が飲んじゃって楽しんだだけ、みたいな感じだったのですが。

芝居の宣伝もさせて頂き、もしも劇場でお会いできれば、そらもう本当に嬉しい限りです。



**********************************



「ゲキ塾。」の。

さーさんこと湯川智子が、大学(演劇系)の卒業公演を行いました。


卒業湯川


有り難い事にね、「ゲキ塾。」の仲間や過去の共演者の方が観に来て下さって。

私も、なんか保護者気分が出てきて、



「この度は有難うございます!」



みたいな挨拶を繰り返して。

さーさんのご両親(かなり面白い人たち)も和歌山からみえていて。

コレで無事に卒業できるし、本当におめでとうございます、と。

よかったよかった!!


さ、ここからプロの道に突き進んでいくさーさんを、面白おかしく見守ろうではないですかっ!


大学の事ではいろいろ考えてた時もあったようですからね…。

・・・うん、しみじみ・・・めでたいです。








******************************************



その足で。

8月に私が作るお芝居の、台本についてのお話しをざくざくざくっとやりまして。

返す刀で、今度はこの秋に取り始める映画の打ち合わせ。

これが、もうすぐ情報が解禁オッケーということで。

もうチョコチョコっとはいいらしいのですが、サイトがまだできあがっていないのでそちらに会わせて宣伝を開始しようじゃないかというところで落ち着きました。

もう少し待っていて下さい!


顔合わせ…的なね、そういう意味も含めたキャストの集まりと、この映画の在り方なんぞをお話し下さって。

監督、プロデューサーと侃々諤々。




ううう、とにかく難しい映画なのでよーく噛みしめて臨みたいな、と思います。



*******************************************





最近思うんです。

人間って、やっぱアレなんですかね?

自己チューなんですかね。





私も他人の事をぐちゃぐちゃ言えた義理じゃないのはよーく分かっているんですが…。

なんて言うんだろう。

人間を信じようとするし、多分思い切り好きだし、基本的に信じるし。

1円にもならん事を一生懸命やれる格好良さ・・・とかをとても追求してきたりしました。

そうしましたら、本当にその時は1円にもならんのだけど、ちゃんとね、神様的な働きかけがあるのか、その後で数億円にも値するものが帰ってくるんですよ。

生きてて良かった!って思えるほどのありがたみ。

信頼やら友情やら。

そして、そんな中からちゃんと生きていくのに必要なお金がいただけるシステムができあがっていく・・・んです。

コレは私の実体験なので間違いありません。

自分の都合だけを優先させて生きていく方法はそれはそれでいいのかもしれませんがね、私はしんどい。

そこにいる事がしんどい。

ちんけな人間の仲間入りしてるみたいですごく嫌悪感を感じます。




でもね、実際には多いですね、そういう人。

どんな人でも家族のように愛していこう、大好きで始まろう・・・ってずーっとやってきましたが、なんかそこを逆手に取られるような事が多くて。

まっすぐぶつかっているだけに、そうなるとかなり心が痛みます。

もう、そういうの止めようかなーって思えてきたりして。



絶対に自分から人の縁を切らない



っていう、30才くらいの時に立てた誓い、卒業するかもしれません。


目の前に見えているモノだけを追って・・・。

そうすることで他人の意志や気持ちがどんな風になっていても考えない・・。


「恋人にフラれてむしゃくしゃするから、街に出てあったヤツを片っ端からぶん殴ろう!」


ってのと大差ありません。

それが例え家族や仲間であってもぶん殴る。



何もしていない・・・っていうのがセーフってことは絶対になくて。

何もしない罪ってのがあってね。



<●●してもらったのにシカト>

<●●しちゃったのにシカト>


何もしなくてオッケーじゃなくて、お礼の気持ちやお詫びの気持ち見せなきゃならない。

でも、そんな基準は人によって違うわけで、



「なんでお礼の気持ちとかいちいち持たなきゃならないの?」



って言われたら、


「ああそうですね。」


って答えなきゃしょうがない。

ケンカになっちゃうもの。

価値観を押しつけるほどバカくはないし。

じゃあどうぞ、そういう人でお集まり下さいってね。




自分の中に持っている、信じる方向性っていうのが間違ってたら・・・。

100%友達や他人に支えられている…今の自分はなかったろうしね。

もちろん全然足りない…からもっと力を出していくし。

だからお礼の気持ちで他人のために身体を張っていこうと思えるし。

感謝できるし。

そんなことを繰り返して、大きな男になっていきたいな、と思うのね。














こんなことを書いている妹尾、よっぽど何かあったんだろうなーと考える方がいるかもしれません。

が、実はそんな事は何もなくてね。

ただ、気持ちよさだけを追求していても無駄な時間になっちゃうのかなーって考え初めたのさ。

落とすものは落として、切るものは切り落として。



自分を研ぎ澄ますってこういうことなのかしらって。

さっぱり分からないんですが、一度試してみるつもり。

何歳になっても(年齢関係ないけど)人間力を磨く方向で生きたいのよ。





気持ちはね! とっても明るいです。

それどころかこれから起こる事の楽しみでウキウキしてます!

ルルルララ…!!っす。


今思いついたんだけど、今日は月曜日だけど「ゲキ塾。」の稽古がない日。

ようし、月曜日…げつようび…お月様…黄色で丸くて…



あ、そうだ!



天津飯つくろうっと!







4

自分詐欺事件





超久しぶりに通帳を眺めていましたら。

13●●円とか、なんかそのくらいの微妙な訳の分からない金額がごそごそ引き落とされています。



「なんじゃこりゃ?」


真綿で首を絞める、そんな新手の詐欺かしら。

気付かない金額でも数が多ければそこそこのものになるし。

ちょっとずつ怪しまれないように引き落とされていく地獄・・・かとも思ったのですが、毎月ではない。

不定期じゃなくて…過去にさかのぼってよーく見てみると1年に一度。

そんな悠長な詐欺もなさそうだし・・・。



さっぱり分からん。

なんやかんやローンは組んでるけど、1年に一回引き落とされるものなんて聞いた事もないし組んだ覚えもない。

これはちょいと調べてみる価値がありますぞ!ってんで徹底追跡してみました。




そうしたらばっ!



かあど。

くれじっとかあどの年会費。

全く使ってないねえヤツ。

ってか、カード自体がどこにあるのか分からないヤツ。

ずいぶん昔に作ったモノから、あーだこーだで結構な枚数が。



あほらしい!




これは正にドブに捨てているってことでないのか。


バチが当たる、こらえらいこっちゃ!

で、片っ端から解約の手続きさ。


あーあ、今までどんだけ払っちゃったんだろう。

美味しい焼き肉が何回も食えたんだろうなーと考えていたらドンドン腹が立って、ついでにお腹も空いてきた。


神様が怒ってる。



金神




しかしあれですなあ・・・今の世の中、クレジットカードがこんなにも必要になるとは想像しませんでしたね。

よく、


「俺はキャッシュ主義。カードは持たない。」


って言う人がいますが、実際は持ってますもんね、家に。

ヤフオクとか、カードを持っていないとできないこといっぱいありますもの。



クレジットカードの意味は<社会的に信用される人間の最低限の条件>・・・って言われた事があります。



でもこれは仕方のない現実かもしれませんね。

国民、総背番号制度が法案を通過しました。

ここにも書き込まれていくんでしょうか…個人情報の一つとして。






とにかく。

すっかりカードダイエットしまして、実際に使っている数枚を残すのみとなりました。

めでたしめでたし。






******************************





カイコが注目!

ですって。


遺伝子操作で、発光色の出る生糸を吐き出させたり、薬に使うタンパク源にしたりしてえらいもてはやされているそうです。

最近は<遺伝子操作>っちゅー言葉も耳に馴染んできていますが、最初はおどろおどろしい名前でしたよ。

野菜やら果物やら何でもかんでも都合のいいようにやっちゃってますけど、私、実を言いますとクローン技術と同じで、ものすごビビった感触を持っています。


だって、自然の流れをぶった切ってあーでもないこーでもないって人間の都合によい方にねじ曲げるのって違う気がするんですわ。

もちろん、医学の事を言っていたら相反する意見かもしれないし、原子力だってそうだろうし。

でもさ。

進歩する方向ってのがあって、なんだか私なんざが言うのもおかしな話しだけど、触れちゃいけない領域のような気がしてならないんです。



なんかね、薄ら寒いのよ。

金神b






*******************************


もうすぐ始まるわ。



小川ゆかり・濱口陽平・森川拓也の3人!!


戸野広浩司外伝 『トノ、何がしたいんだ?』



稽古を見学させてもらいました。

白熱した稽古が続いています。

何せ、劇場の名前の由来となった方の、本当にあった話が元です。

戸野廣浩司少し大きい文字さん。



怪傑ライオン丸


に出演されていた方です。

私ももちろん小さい頃観ていました。

そして、今となっては東映ヒーロー番組の大先輩でもあります。

身を引き締めて…刮目して見させていただこうと思っています。



皆、ガンバレ!


お時間のある方、是非よろしくお願いします。

「ゲキ塾。」の若手3人衆の芝居、観てやって下さいませ!




◆日時

2月
17日(金)19:00~
18日(土)14:00~ 19:00~
19日(日)13:00~ 18:00~
※会場は開演30分前となります。

◆脚本・演出 平山 陽 (戸野廣浩司記念劇場代表)

◆出演 
錠介:柿本 光太郎(㈱アンフィニー)
キク:中川 知子
テツ:田中 孝征
オッチャン:森川 拓也(ゲキ塾。)
綾子:小川 ゆかり(ゲキ塾。)
ナベ:濱口 陽平(ゲキ塾。)
マナミ:高橋 春菜
田崎:氏家 五月
篠崎:西谷 尚久(脱線劇団PAGE・ONE 座長)
鷺村:たかぎ ひろみち(舞台屋あい)
なつみ:斎藤 啓子(I&Iファクトリー)
花本:福田 治
母:愛 望美(若姫劇団座長)
父:狭間 鉄

◆会場:
戸野廣浩司記念劇場 東京都台東区谷中3-19-5結城ビルB1F TEL/FAX 03-3823-1481
JR・東京メトロ・日暮里舎人ライナー「西日暮里」駅 徒歩5分
http://iandifactory.com/iandi/tonohiro/tonohiro.htm

◆チケット
前売り2000円
当日券2500円

御予約は

1) info@gekijuku.com にご連絡下さい
(塾頭・妹尾の個人ボックスに送信されますので、個人情報は守られます)






7

新しい朝が来た、希望の朝が・・・?




ちょいと難しめの編集作業をしていましたら朝方になってしまいました。


写真とかも整理していたのですが、本当に5~6年なんて一っ飛びですね。

早いのなんのって。



今、この目の前にある事に真剣に向き合わないとコレはヤバい事になりますわ。

あっれれれれー? って考えているうちにお爺ちゃんになってしまう。

浦島太郎って、結構普通の人だったのかもしれないっすね。

ヤバいヤバい。





****************


今、溜まっている本を読破中って書きましたが、更に加速度的に増やしているので全然追いつかない。

マジで速読法、やってみようかしら。

あれって、本当に斜めに目を動かしながら1ページあたり10秒もかからないで読んじゃうんでしょ?

ウソよねー? って思ったんだけど、読書感想みたいなことを聞いたら当たってるからどうやら本当に読んでいるらしいのよ。



で、あの動体視力の使い方はものすごく参考になるとかで、プロ野球チームも採り入れているって。



じゃあそのレッスン本を大量に買ってみたりしたら・・・堂々巡りなのかしら、それとも読みながらドンドンマスターしていけるのかしら?



ちょっと興味津々・・。






*****************



ネットのCM、ほんの少ししか出ていませんが、時間がたーくさん余っていたら是非観てみてください!って書きましたら、なんとも有り難い事にいっぱいご意見下さいまして。


本当に、どうもすいません! 有難うございます!


私みたいなモノのために貴重なお時間いただきまして・・・。

なんかね、つい先日聞いたんですけどね、あのCM,宣伝っていうよりももっと別なところの目的があるんですって!

カンヌのね、CMのコンテストに出品するんですと。

そっちの賞を狙いにいくってことらしいです。



そういえばものすごい手間暇かけていましたし、丁寧に撮影していましたもの・・。

CMってか、短編ドラマみたいな感じでしたから、そのお話を聞いて妙に納得しましたわ。

いやはや、賞が取れたら凄いですよね!





*************************



そういえば。

もうそろそろ触りの部分だけでも書いちゃおうかなーって・・。




先日、この歳になってめちゃめちゃ緊張する場面に遭遇したと報告致しましたが・・・どうやらそちらのお話しが上手くいきまして。

私、この秋クランクインの、とある映画に出演できる運びとなりました!

わーい、パチパチパチパチ。

しかもね、メインキャスト。



ちょっと詳しい事はまだ書けませんし、私自身どのくらいの大きさの映画なのかも知りません。

ただ、映画。

どんな形にせよ後世に残るものです。

思い切り魂と身体をぶっ込んでいこうと思ってます。

書けるようになったらすぐに報告しますね!

是非、皆さんの元気玉を下さいませ!

宜しくお願い致します。





*****************************



ちょっと超久しぶりにコメントを下さった方にお返事を!

いつもながらのノーリアクション、不躾ですいません・・・。



大手町28 さま

お久しぶりです!

お元気ですか?

いつも有難うございます。

おっさんになってもやり切ります! 

飽きないで見てて下さいね。






pikmin さま

へへへへ、ボッチはめちゃめちゃ元気ですよ!

今度一緒に飲みましょう・・・つっても私も最近は合う回数が減って来ちゃいましたけど。

忙しくしているみたいですが、とにかくめっちゃ元気ですわ。

8月に、また温かい芝居作る予定ですので是非いらして下さいね!





全温度チアーあら さま

いつも有難うございます。

「ゲキ塾。」の若い子たちが、

「参考になるし、何よりも励みになります!」

って本格的なコメントを喜んでおります。

私も、まさか<俺たちの旅>にあそこまで言葉がいただけるとは思いませんでした!

本当に有難うございます。

ウチの子らの芝居、また観に行って下さるそうで重ねてお礼を申し上げます!

あざす!






へから夫人 さま

ZZRの元気具合ってちょっと異常じゃない?

凄すぎ!

なんかね、小さいスクーター乗ってたらいらいらしてでっかいの欲しいなーって思うんだけど、この季節になるとその欲求もちょっと落ち着いてしまうのね。

寒すぎて。

凍るよ、マジで。

でも桜が咲く頃になると・・なのよねー、ああ無情!

必ず買いますとも!

そして行くわよ、京都!





TOMMY さま

なんかすっかり良い方向に動き出したみたいで良かったですね。

きっと、この難題をクリアしたご褒美が待っているはずです。

めちゃめちゃ飲めるようになる、とか。

その時は是非連絡下さい!

ってか、関西に行く時はコチラからも連絡しますし。

繋がらない、不毛に思える事に精力をつぎ込める男って、人物だと思う。

頑張りましょう、お互い!





seitaro さま


おお、お忙しいのに好奇心に負けてネットのCM・・観て頂けた、と!

神様のような方です!

本当に感謝します!

今年も芝居作りますので、遠いところ申し訳ありませんが・・・来て下さい!

で、今度は必ず声をかけて下さいっ!!

いいもん作りますからっ!!!

よろしくっす、あざっす!!!!

ご指導ご鞭撻を・・・





も●やん さま

いつも有難うございます!

いろんな情報も書いて下さって、とっても参考になります!

なんか、ちょっと前の<誤解>的なコメントだけ、意味が分からなかったのですが?

私、何か勘違いしてますでしょうか・・・多分私、理解してません。

特に何も考えないで楽しく読ませて頂いていたのですが、何か失礼があったら言って下さいね!


それにしても<ロック>・・・同じ名前のワンころを飼っていたとは・・。

私は何歳になっても犬には泣かされてばかりです。

もしよければ、<麻呂>の話も読んでみて下さい!







井● さま

おお、拍手の欄にコメント・・・なかなか気付かなくすいません。

初めまして!

これからもどうぞよろしくお願いします!

「ゲキ塾。」、全然いいですよ、いつでも遊びに来て下さい。

見学の人、しょっちゅう来ますから。

なーんにも問題ないっすよ!








難波鷹史 さま


ご無沙汰です!

お元気ですか?

今度の週末、伴さんとイベントをカマしてきます。

内容は・・・まだ全然知りません。

が、面白そうな感じになりそうですので報告しますね!

ぴりっと引き締まる含蓄のあるコメント、いつもありがうございます!







IYYB1987 さま

そうなんですよ・・。

負けたと思うまで人間は負けないんですって!

私も死ぬまでギブしませんから、絶対に。

がんがん突き進みましょうよ!

一度しかない人生ですしね。







らりるれろ さま

ご無沙汰してます!

ありがたいですよ、こんなに永くお付き合いしてもらって。

うん、本当に感謝します。

何がどうってことじゃなく・・・お互い、身体に気を付けて遮二無二進みましょう。

これからも、影からで結構ですのでよろしくお願いします。







いがきち さま

今後、一生歳をとらない(と決めた)妹尾です。

優しいコメント、恐れ入ります。

いつか都合が良い時がありましたら是非観にいらして下さいませ!

めっちゃオモロー(古)なものを作りますけん!

発信してナンボ、でsづ・・・私ら。

やり倒しますよー!








ライカ犬 さま

節目節目にいつも優しいコメントを有難うございます!

懲りずにお付き合い頂き、めちゃめちゃ感謝しております。

じゃんじゃん出していきますので、是非興味を持って見守って頂ければと思います。

食指が動きましたら是非!観にいらして下さい。

くれぐれもお身体ご自愛下さいますよう・・。







********************************


他の方にも書かなきゃならないのですが、朝の5時を過ぎて、チト眠くなってきました。

でもって、後90分したら起きなきゃならない。

今日は夜中までコースが鉄板。



ああ・・・えらいことしてしもうた・・・。

もっと早く寝る予定だったのに・・・・。





After festival・・・後の祭りなのね。



サンバ!!













3

ロックのこと

あああ、ひもじい・・・。

菱田さん家の子供達 031

(本分とは何の関係もありません。単にかわいいから載せてみただけ。)

**********************



車。

ずーっと長く乗っていなかった車、エンジンかからない。

そらそうやね、バッテリーも上がるわね。


ということできっぱり売っちゃうことにしました!

2台あってもどっちかに偏ってしまってもったいないもの。

エコじゃないし。


でも、こんなオンボロ車売れるのかしら・・・?






*****************************

さて。

本日は年初に<サスライド>でお世話になりました小川 輝晃さんのお芝居を観に行きます。

小川さんは、狼煙工房(のろしこうぼう)の代表者としてずーっと東北を支援し続けている方。

頭が下がる・・・本当に男意気のある人です。

私の大好物。

彼でご飯をいっぱいお代わりできます。





本日の芝居は、寺山修司さん原作の<田園に死す>。

田園に死す


脚色・構成・演出<天野天街>、音楽 J・A・シーザー、芸術監督<流山児祥>っちゅうものすごい豪華な舞台です。

紀伊国屋演劇賞もとっていますしね~!


すんごい楽しみです。

さすがにこのお芝居の名は知れていまして、「ゲキ塾。」の子達も誘ってみましたらほとんどの人が行きたいと。

うんうん、とても良いお勉強になるでしょうよ。



小川さん、楽しんでけろ!!







********************


で、それが終わったらチョイと遅い時間なのですが打ち合わせ。

今日は本当に打ち合わせ。

飲むけど。

初めてお目にかかるプロデューサーさんがいらっしゃるのでチョイと緊張していこうと思ってます。

きっとまた新しい展開が始まりそうなのでね!

人と人が出会って、化学反応的なことが起こって、そうしたら次から次へといろんな展開ができあがっていくのが楽しくてたまりません。


今日は何が起こるのでしょうか!
(でもねほんとうはねおねいちゃんといろんなはぷにんぐとかかがくはんのうとかおこしたいとおもうきょうこのごろなの。)

明るい未来に繋げていきたいと思います!




*********************

DSC02229.jpg

大好きな江頭2:50の真似をしてみても・・・

ひもじい。




*********************




私がこの世に生まれ落ちてきた日っていうのはですね・・。

実はもう一つの思い出の日なんですよ、コレが。

ちょっと小さな奇跡を思い出す日でもあるんですわ。



今年も思い出していたのでちょいと書いてみますね!






愛犬ロック



私が小学校の時に飼っていた犬。

男の子。





1年生の時、どういう経緯でかは分かりませんが父親がもらって?来ました。

今ではあり得ないことですが、多分産まれてすぐの頃。

私は腫れ物に触るように、その生まれたての生き物を両手のひらに抱きかかえました。



椅子に座り、手のひらに抱いたままじっとしていました。

目はまだ開いておらず、じーっと静かに眠り続けておりました。

まんじりともせず・・・私もじーっと・・・。



灰色の折りたたみイス、倉庫の中、夕方、外は橙色の空・・・その時の風景を今でもはっきり記憶しています。




これまたどういう経緯で名付けたかは覚えていませんが、私はその生き物に<ロック>と名前を付けました。

それからは二人(犬)三脚。

ご飯食べさせて散歩して・・。

そういえば(後々上京してから空腹時に私が食べることになるのですが)、当時はまだビタワンというドッグフードしかなかった(はず)んです。

ごつごつ丸くて、固くて、大きなずた袋みたいなのに入ってて。

初めてあげた時にあまりにも美味しそうに食べるもんだから、ついつい私もご相伴にあずかりまして。




・・・吐くわ、あんなもん。



当時の犬は一部のブルジョアを除き、家の中で飼うようなことはなくて番犬としての役目をきちんと課していたものです。

ま、とにかく犬が好きになもんですから私は嬉しくて仕方ない。

写真とかがあれば・・・なのですが、実家にあると思いますので今度用意しておきます。

とにかく血統書とは縁のない柴犬の強く入った雑種です。



まあね、可愛くて可愛くて。

本当にマブダチでしたもの。

普通に会話してたし、泣きながらグチったこともあったし、あとは絵に描いたり絵を描いたり(顔に)。

田んぼの中をかけずり回っていましたね。






小学4年生の時。

散歩してたら、ロックが車にひかれました。

むにゅむにゅむにゅって、タイヤが腹の上を乗り上げて、そして降りて。




「きゃいんキャインきゃいん!」




って大声で泣いて転げ回り、近くの川に落ちました。

ぽちゃん!って落ちたらもう動かない。

車は小学校の方に走って行くし。

運転していた人が、




「なに? 大丈夫?」



とか言いながら小学校の方へ走り去ってきました。

その人知ってる。

思い切り知ってる。

だって学校の先生だから。




私、声が出せないでパニックになり、猛ダッシュで家に帰って叫びました。



「ロックが轢かれた! 川に落ちて動かんっ!」




私の家は一階が仕事場だったので父親がいます。

父親、ひと言、



「どっちじゃ!」



と、私の指さす方向に走っていきました。

私も後を追います。

川の中を見ながら走っていた親父、発見したのでしょう。

減速することなくそのまま川の中に飛び込んでいきました。

で、ずぼずぼっとロックを引きずり出し、道路の端っこに寝かせました。



全然動かないロック。




「こりゃあもう、おえん(ダメだ)なぁ・・・。ちっとも動かんわ。」




遅れて駆けつけた母親が、




「可哀相になぁ・・ちゃんとお墓作ってあげんとなぁ・・・。」




私はぎゃんぎゃん泣くしかありませんでした。


その時です。

耳の下あたりの筋肉がピクピクと痙攣したかのように見えたかと思うと、スッと立ち上がったんです。

で、4~5歩、よろよろっと歩いてまた倒れました。




「おとん、おとん! ロック生きとる!」


「うるさい、黙っとけ!」



と私をどかし、ロックの口に顔を近づけました。



「あ!」



人工呼吸。




すごいすごい、どうかどうか神様!!



しばらくすると、ロックは口の中からどばどばっと水を吐き出し、また立ち上がりました。

で、驚きまくっている私の膝元に来てお座り。



オカンが、


「まだ死んでへんでーて言うてたんやわぁ。偉いもんやなぁ・・、獣医さんとこ電話してくる。」



って。






で、まあ元気を取り戻したのですがね。

ロックを轢いた学校の先生は、その後時々私の家に天ぷら(薩摩揚げ)の詰め合わせを持ってロックに会いに来ていたから、大人同士のうまい解決に至っていたんだろうな、と。


私は単に死ななきゃ良かっただけですから何も問題なく。









ま、一筋縄でいかない妹尾家の家訓を犬でさえ守りながら過ごしておりましたが。



月日が流れて私が中学三年生の時。

11月こと。

ロックといつものように散歩してても、途中ですぐに止まってしまうようになり。



「歳をとったのかな? 走る時にお尻がぴょこぴょこ跳ね上がらなくなってきたし・・。」



とか思っていたのですが、時々は大喜びで始めた散歩なのに30mも走らないで止まってしまうようになりまして。

お座りして、ものすごい勢いではぁはぁ呼吸をしております。




・・・明らかにおかしい。

獣医さんに連れて行きました。



病名、フィラリア。

今では完治できるそうですが当時は絶望的な病気でした。



蚊のバカタレが幼虫を犬の心臓内に育ててしまう。

レントゲンで、もう絶対に無理だと分かったそうです。

10cmオーバーの幼虫がうじゃうじゃいるそうで。




お腹に水が貯まり、苦しそうにしています。

家の、フォークリフトにベニア板を敷いてロックを乗せ、少し持ち上げます。

獣医さんがお腹から注射で水を抜いてあげます。

気持ちよいのでしょうか、目をしょぼしょぼさせながら落ち着いていきます。



水抜き、何度か繰り返していましたら、水の中に血が混ざるようになってきました。

獣医さんが、




「妹尾さん、安楽死ってのもありますよ。 いずれにせよこのままでは今月いっぱい持たんでしょう。」



11月。



阿呆の私は必ず奇跡が起こると信じて、安楽死を拒みました。



(考えてみれば・・・このブログにも2008.9~私の愛したわんころの死について<麻呂日記>で書きましたが、無駄なあがきはこの時に既に始まっていたのですね。)




でも、少しだけね、ほんの少しだけ奇跡はおきたんですよ。

11月いっぱい持つかどうか分からないと余命を言われたロック、12月も生きました。

一歩も動けなかったけど。

毎日大好きな牛乳やチーズをあげました。

が、ちょっとしか食べられなくて。



身体中が痙攣してました。

ロックの前で泣いたら可哀相だと思って必死に我慢しましたもの。

私が近寄ると、ほとんど目も見えていないのにしっぽを振るんです。

ゆっくりゆっくり、ぱさっ、ぱさって。

健気で、可哀相で・・・心が裂けそう。




大晦日、除夜の鐘が鳴る頃ネコ車(一輪車)に毛布をひいてその上にロックを乗せて・・・てくてく氏神様に参りました。

家族で。

あんな沈痛な初詣は初めてです。

私も弟も泣くのをこらえながら。

川に飛び込んだオトンも、口にも顔にも出しませんが辛かったと思います。

めちゃ動物好きでしたから。




こんな状態でいつまで生きるんだろう・・・。

もしかしたらこのまま元気になってくれるのかもしれない・・・。



年が明けて1月25日。

私の落ちてきた日です。




朝、登校前にロックのところに行きました。

しっぽを振らなくていいよと抱き起こし、ほおずりをして出かけました。

家を出て。


何か気になる。

虫の知らせ。

・・・。



引き返しました。

本当に何故だか分からないけど。

もう一度ロックのところに行き、再度抱きかかえて、何か忘れましたが話しました。

そして、キスをしました。

いつものロックの匂いがしました。

何度も何度もほおずりをし、愛を伝えました。




で、


「ロック、行ってくるな!」


と声にして出かけました。

はっきりと、はっきりと覚えています。

私は自転車に乗り、ロックの前から右に旋回して向かい合った状態でまた右手を振り、挨拶をしたのです。



そのとき、頭の中に声が響きました。



お兄ちゃん、バイバイ!



って。

明るい感じの声。

男の声。






はあ?


なんか、もう・・・。






学校の放課後になる直前だったか、放送で職員室に呼び出されました。

職員室っていうのは、大体何か悪さがバレてぶん殴られる部屋だったので、すごい憂鬱な気持ちで行きました。

そしたら先生達、別に怒っている様子もなく、



「妹尾、お母さんから電話が来とるぞ。」



って。









あ・・全部繋がってる・・自分の中で。

これ知ってる・・・分かってた・・・はずなんだ。









受話器の向こうでオカンが、俺に遺体を見せたくないから火葬したことや、ちょっと目を離したすきに息が止まっていたことや、そんな風なことが音声として流れていました。


一瞬で涙が蒸発したのでしょうか。

家に着くまで泣きませんでした。




あるべき所にあるべきモノが無く、いるべきモノがいないことを認識してからゆっくりと涙が溢れてきました。

何時間も・・ひょっとしたら何日も泣きました。

いや、確かに何日も。







「ああ、そうか!

 もうダメって言われてもロックは毎年自分のことを思い出してもらいたいから・・・頑張って生きて、そして俺の誕生日を選んで逝ったんだね。」










小さな奇跡を有難うね、ロック。

また遊ぼうな!



菱田さん家の子供達 014


(クドいようですが写真は関係なし!)









4

ダンスの極意見たのか…の巻。




さ・・・寒い!

立春を過ぎたというのに全く温かくなりません。

夏大好物男としては本当に辛い限りです。


そしてデブ解消のためのやりとりで、ひもじい。

お腹が空いて仕方がありませんが、まあシンプルにいくなら食わないのがいいのでしょうから。




<このひもじさは自分のお腹ではない>攻撃。






***********************************


現在リハビリ中の、昔からの仲良しから時々電話があります。

脳梗塞を患い、かなりしんどい手術をした男ですが、もともと化け物のような体力がある奴なので。

恐ろしいほどの回復をしているようです。



電話で話していることも、語気も、音量も発声も全てがドンドン良くなっているように伝わってきます。

本当に凄い男ですわ。




いやいやいや、嬉しい嬉しいと思いながらも、それとは別に身体の調子を崩す人が増えています。



「●●さんが亡くなった・・・。」


「○○さんが入院した・・・。」


等々。

季節の変わり目という奴でしょうか。


急に温かくなったり寒くなったりすると、こういう聞きたくない話が多く耳に入ってきて困りものです。



が、まぁ明日は我が身・・動けるウチに思い切り動いておこうじゃないかと。

私に非常に近い人も身体の具合が悪くなりまして閉口しております。









****************************




「FLORAL 4 SEASONS 香水(Suisen)」


ここにね、ほんの少しですが出ております。

チラ見程度ですが・・・ヒマすぎて死にそうな方は是非。










今、毎日のようにアマゾンやら楽天やらで古本探しをしております。

目的を持っての本探し、世界観の共有はとても難しいものがあります。


そりゃね、たまたま私と同じ感覚、嗅覚を持った人が作家じゃなきゃいけないってんだから難しいでしょうよ。

だったら自分で書いちゃえばいいじゃん・・ってことなんでしょうがそんな才能がないことは自分が一番よく分かってる。




はああああ・・・出る出るため息。












先日。

ダンスの稽古がありました。

みゅーじかるの。




ダンスの、180CMくらいある先生が、



「きょほほほほ、今日は楽しみ! 妹尾さん、踊れるようになったかしら?」



・・・。

いやいやいやいやいや、特に何のレッスンもしてないし、ダンサーになる予定も今のところ(未来永劫)無いし、無理でしょうよ、それ。

どんなハードルの上げ方してくれるんでしょう。





で、


「じゃ、先ずはゆっくり見たいから私向きに踊ってみて下さいね! きゃほほ!」



って、とってもお茶目な先生。





私の踊る場面は、私ともう一人の男性がメインです。

他にもたくさんの女の子達が取り巻いて盛り上げてくれています。

ってか、盛り上げてくれているアンサンブルの方達の方が当然ながらお上手。

踊りは、劇中でカラオケパブで遊んでいるシーンに被せています。

つまり酔っぱらってカラオケを歌っているシーンをダンスにしていると。





で。

最初の稽古の時に私が断言したのですが、



「盆踊りより早いの無理。裏打ちのリズムは取れない。ダンスっていうのは私のDNAに書き込まれていない部類のこと。」



を、とてもよく理解して下さって。



「妹尾さんはね、もう・・・自由! 踊るんじゃなくてお芝居だと思って! でも、ちょっとだけ…ホンのちょっとだけ決め事を作らせてもらえる?」



タラちゃんを扱うかのような優しいお言葉。

ってか、半ば諦められていて、専制的にも開き直った感が満載なのですが・・・。

で、私はとっても気が楽になりまして、もうダンスって言うのを忘れさせて頂きまして、何かパントマイムみたいな自由なことをやらせて頂きました。

毎回変わる感じの。

ってか同じこと二度と出来ない的な。


そうしましたら先生が、




「わお!!妹尾さんとってもいいわ!! 明日のダンス稽古はもう来なくても結構ですよ、出来てるから!」




って。



<残念賞、災い転じて福と成す!>



と思っているのは自分だけで、本当は心の底から諦められちゃったのかもしれません。

ここは難しく考えないで喜んでいるのが一番でしょう。

あほう万歳!


わーいわーい・・・よく分かりませんが、とにかくやり切りますとも!






**********************************





そろそろ「ゲキ塾。」の田中優也主演のお芝居と、森川拓也・濱口陽平・小川ゆかりが客演で参加するお芝居の稽古が佳境を迎えて来つつあります。

本番さながらの熱のこもった空気になっていることでしょう。


 詳細


私も、自分のダンスをすっかり棚のめっちゃ奥の方に上げといて、稽古を見に行こうと思っています。

お互い、良い刺激になればいいです。




どんどん皆が芝居に参加できるようになるのが嬉しいですわ。

やっぱあれやね、人間、いつまででも学ぶことが出来折るんですね。



そして、しんどさの先には必ず光明が待っているものだなあっと、改めて思いますわ。

ずっと自分をいじっていきますぞ!









4

人生最大数字を確認しました!




リ-ディング。


俳優さんが台本を手に持ったまま読み聞かせをする、ちょっとおしゃれな舞台。

イギリスで生まれて、ここ最近日本でもこの形態のお芝居?が増えてきました。

私の場合は知人のモノしか行きませんが、高田さん達がやるなら面白そうだねーと。






東京に唯一のクロアチア料理を食べさせてくれるレストランに向かいました。

日曜日の昼下がり、普段なら多くの企業戦士が闊歩する銀座。

静まりかえったビル群の間を抜けて辿り着きました。




そ。

お兄ちゃんこと、<高田裕司>さんと<鬼塚俊秀>クンがそのリーディングをやるからです。


takadayuuji


鬼塚




レストラン内、テーブルの上に置かれたローソクの炎がゆらゆらとあたりを照らします。

静かな空間に雰囲気満載。



白いシャツを着た高田さんと鬼塚君がゆっくりと階段を下りてきます。

優しい照明がゆっくりと転換していき、お芝居は始まりました。



・・・。



なーんとも贅沢な時間。

二人とも芝居が上手で、しかも美声。

甘い声が脳内をくすぐってくるようです。



「ゲキ塾。」から正太と、去年<煙が目にしみる>でお世話になった奈良チャボクン、同じく中條サエ子さんが同席しています。




うっとりと美声に酔いしれて、ああ面白かった、では帰りましょうか! とは絶対になるわけが無く。




近くの居酒屋さんにまだ陽があるウチからどしどし座り込みまして。

最初は鬼塚君とか作家の先生やらいらして緊張気味にビールで乾杯!なんて始まったのですが、5分もすれば一升瓶の芋焼酎がどんって。

あはははって笑い転げてトークが盛り上がってきたと思ったら、速攻で一升瓶が空っぽ。

すぐに二升目を入れて。



結局いつもと何も変わらない、ただのやかましいエロオヤジ集団と化していました。





*************************************




妹尾、やばし!




何がヤバいかと言いますと・・・。



でぶちん。

太りまくり。





身体が重い、重すぎる。

横の身長がドンドン伸びてきて、そのうちキャラ変更を余儀なくされそうな勢い。


なんだかね、ご飯が美味しいのよ。

とくに、飲んだ後の油分たっぷりの食い物が。

痛めつけるかのように食いまくっていましたもの、ここ数ヶ月。




高田さんなんかと飲んでいる時、トイレから出たら正太に言われました。




「妹尾さん・・・なんか太りません?」




って。

こんなに、週に2回も3回も顔を合わせている奴にそんなに言われるくらいよ。

どんだけででぶちんかって言う話しだわね。







恐る恐る?覚悟を決めて体重計に乗りましたら・・・・・


きゃー、ステキ!

人生最大体重を記録してますではありませぬか!!!







うらうらうらうらうらうらららららららら!

どうにかし…せねば。





キャンペーン開始。


妹尾、脱、でぶちん、マイナ7kgくらい。




むむぅ・・・。

道のりは遠いかも。











3

ジャネーの法則と風邪



いやいやいや、本当に早いものであっという間に2月になりましたねぇ。

外はドえら寒いし、なんかこのままクリスマスが来て鐘がご~んって鳴ってお正月が来ちゃいそうです。

1年早っ!って。

1月、2月、3月を、去(い)ぬ、逃げる、去る…と言いますが本当ですね。







年数の早さを人間がどう感じるか、それは年齢によってずいぶん違うんじゃないか?という妹尾の持論を展開しておりました。




「そら、何やかんや言うても10才くらいからハタチくらいまでの10年間、この10年の濃さに勝る10年は無い!」




思春期やら子供から大人へ…やら、いろいろとエキサイティングなことが重なるからだろうと思いますが、どうしてもその他の10年間より濃い気がしてなりません。

異口同音に同じような意見を聞くことが出来ます。




チョイと調べてみましたらね、こんなのが見つかりました。



「ジャネーの法則」



知ってる人もいらっしゃるかもしれませんが、私は<おおっ!>と驚きました。

頭の中の感覚的なこともドンドン数式化されていくんだなーって。

そういえば宇宙の謎もどんど物理的な懐石が成されてるんですよね…すごい!




さて、この法則、内容とは…



19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネーは


主観的に記憶される年月の長さは、年少者にはより長く、年長者にはより短く感じられる


ということを心理学的に解明した。

 
生涯のある時期における時間の心理的長さは、年齢の逆数に比例(年齢に反比例)する

とのこと。


つまり、5歳の子どもにとっての1年は人生の1/5、それに対して、50歳の大人にとっての1年は人生の1/50で、時間が流れる感覚に10倍もの開きがある、ということ(5歳の1年=50歳の10年という感覚)。



正確さはさておいて、言い得て妙、なるほどねぇと唸ってしまいました。

何回も見る手品より、やっぱり初めて見た手品の方がびっくりしましたもの。(は、なにそれ?)

何にも喋らないけど、1才の赤ちゃんは毎日が、その瞬間瞬間が人生の全てってくらい驚きと充実の固まりなんでしょうね。

だからどんどん吸い取っていくのかしら。














はい、次。



妹尾が今、絶賛稽古中の芝居の一節よりちょっとご紹介します。

いろんな意味で面白いと思われますので…。

(注:もしかすると気分を害したり、いろんな意見を思われるかもしれませんがあくまでも個人的な思考です。啓蒙したり、意図を標榜するものではありません! だから怒らないでね。)



■シチュエーションは・・・新撰組が現代にタイムスリップしてきます。

現代人との会話の中での一節。

現代人は一般の若者であったり、政治家であったり。

ちょいと要約しながらご紹介します。







***************************


若者 「現代では、何があっても人を殺してはいけないんです。」

沖田 「どんな相手にも?」

若者 「どんな相手にもです。」

沖田 「我々の生きていた時代は…黒船が日本にやってきて開国を迫り、さらに西洋の列強国も日本を狙っています。    しかし我らはこの国の領土のほんの一部とて外国には渡さない。
    唯一人の日本人とて連れ去られたり、奴隷にされることは許さない。
    我々は信じる者、愛するものを守るために敵を斬るのです。」

若者 「でもそれは…。」

沖田 「この時代にはそういう危機はないと申されるか?」

若者 「ええ、まぁ…。」

沖田 「良い時代にお生まれになったのですなぁ、あなた方は…。」



若い女 「違うでしょ! 今、外国に拉致されてる人は大勢いるじゃない。北●鮮に13才で拉致されたままの女性や、     乳飲み子を日本に残したまま連れ去られたお母さん達、何百人もの日本人がいるじゃない!」



沖田 「それは真ですか?」

若者 「・・はい。」

沖田 「下手人は誰か分かっているのですか?」

若者 「はい・・まあ。」

沖田 「だったらその下手人をなぜ斬らぬ!?」

若者 「・・・。」

沖田 「なぜすぐ助けに行かぬ?!」

若者 「・・いろいろ難しい問題が・・・。」


沖田 「・・わたし達ならやります。日本のサムライは…男というものは、このような時のためにこそ生きているので    す。」





*************************



政治家のトークで。


A 「まず一番には、彼の国との国交正常化だね。」

B 「あの、北の国ですね、歴史に名を残せますよ先生。」

A 「いいねえ。」

B 「それに何と言っても ODA ですね先生。キックバックの話しは私どもでつけますから、先生は官僚どもをどやしつ  けて予算を組んでくれればいいんですよ。」

A 「おお、それ得意得意。本当に ODA は必要だね。
  日本はアジアの国々に先の大戦で大変ご迷惑をおかけしたんだからな・・・へへへ、人道支援しなきゃねぇ、償い  を続けなきゃイカン。
  なんなら久しぶりにもう一度、謝罪決議しちゃおうか!」






*************************


沖田

沖田総司






こういう展開の芝居は数多く世にありますが、ミュージカル仕立てでは珍しいです。



何かをね、感じながら喋らなきゃ伝わらないんですよ。

役者の台詞なんて。

覚えたまんま、文字の羅列を上から順番に声にしてるんじゃダメなのさ。

役者達、連日一生懸命稽古しています。



是非、観にいらして下さい!




■ 日程:2012年3月7日(水)~11日(日)

■ 会場:俳優座劇場 東京都港区六本木4-9-2

  ◎交通案内
   ・都営地下鉄…大江戸線六本木駅 6番出口よりすぐ
   ・東京メトロ…日比谷線六本木駅 4a出口 徒歩1分
   ・渋谷駅から都バスにて…都01(新橋駅行)または渋88(新橋駅行)にご乗車の上、
   「六本木駅前」停留所 下車、徒歩3分
    ※都01 折り返し(六本木ヒルズ行き)は「六本木駅前」には止まりません。


■ 公演スケジュール

3月
7日(水) 19:00~ ★星組
10日(土) ★12:00~ 星組/ ★19:00~ 星組
11日(日) ★12:00~ 星組/

※3月10日(土)および11日(日)の月組公演は
都合により15時開演予定から15時半開演に変更いたしました。
ご了承のほどよろしくお願いいたします。

■ チケット

※全席指定

一般…5500円
学生…4000円


■ 問い合わせ

  info@gekijuku,com



************************************






よく、会話やメールの最後に、


「寒いから気を付けてね!」


等と言っておりましたが、自分がヤバい。

稽古場は、役者の熱気で暖房をつけなくても、汗がいっぱい出てきます。

特に私なんざ妹尾汁満開です。

窓がね、曇っちゃって外からも中からも見えなくなっちゃうくらいですもの。



でも、休憩とかになって10分もすればちゃんと寒くなってくる。

動かないから当たり前なんだけど、身体中をタオルで拭いて、息を整えます。

そうすると・・・アレ?

はっくしょい!

って。





でね、昨晩なんかはとってもよく冷えたもんだから、そのままの自然な流れですっかり風邪気味。

えらいこっちゃ。

忙しい時に限ってこんなことになる。





早めに医者に行きます。

皆様、くれぐれもお気を付け下さいませ。


分かっているのに、注意をしているのにこんなことになってしまうのは<あほう>の証明に他なりませんぞ!


お大事に・・・3000万人の風邪ひいてる人、そして俺!










該当の記事は見つかりませんでした。