・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

爆年会

今年は。

東北の震災に始まった気がします。

その前の3ヶ月が思い出せなくて。




自分の存在理由や、出来ること…なんて難しいことを考えたりもしましたが結局無力だと言うことしかわからず。

だからと言ってのらりくらりしていても腹が立つので、目の前のことを必死にやることにしようと。



何も考えず、後ろを絶対に振り返らないで走ってみました。

答えなんてあの世に行っても出ないと思いますが、私個人的には一つだけ本意気で見つかったことがあります。




感謝。




有り難いなー、とかこれに近い言葉を簡単に使って生きてきましたが・・・実際の意味が心の奥底にまで染み渡りましたもの。


一人で生きてるんじゃなくて、生かされていて。

他があるから自分が見れて。


自分てチンケだな、だから思い切りやらなきゃ生きてる意味がないなって。




アホみたいな言葉ですが、心の底から言える気がします。







***************************************************






酒池肉林  ・・・




ちゅう訳でもないんだけど、まぁ皆さん酒呑童子くらいにはなっとったかなぁ。


私は2日がかりで酒を抜きました。

否、抜けてないけど。




「ゲキ塾。」、大爆年会。

お世話になった方を集めましたが、お店の中に入れない感じになってきたので人数を調整させてもらったりして。


それでもたくさんの方が集まってくださいました。




有り難いことです。




忘年会7


仕事やってる時は、




「こりゃ全員、敵に回してるなー、やばいよなー、こんなに嫌われたら・・・。」



なんて思いながらも、でも良いモノを造る、創造するというのはそういうことだと割り切って悲しい思いに耐えておりましたが。

が、結局は全員クリエイティビリティな方向。




目指すところが同じで、登山道が多少異なるだけ。

(私に対して)恨み辛みが重なっても、お客様に喜んでいただける物が提示できれば、同じ喜びを共有できてしまうんですね。


これはね、今年実感できました。




まさに、戦友




福井裕子さんは、心の支え、心の師匠、お姉さんと呼ばせてもらっています、付き合って欲しい。

高田裕司さんは頼れるエロ兄ちゃん、ゼッツ、舞台の知恵袋、20年のお付き合い。

中條サエ子さんは私の大好物、一生モノ、ってか言葉に出来ない…面白い女優さん。

奈良チャボ君は私の弟、親戚、従兄弟、とにかくいなきゃ駄目な人、20年もの。

藤倉みのりさんは私の妹分、これまた20年もの、片腕。

山本いつみさんは「ゲキ塾。」の女将、若い子をまとめてくれて…最近味が出てきて色気満載になってきましたし。

ムフフ、次が楽しみ。



忘年会9

(「ゲキ塾。」番頭、正太ウエポン

正太は初演出、初仕切りに挑戦しました。

一本の作品を作り上げました。

えらい勢いで誰かさんにしかられながらでしたが、そうそう簡単に出来ることではありません。


これは大きな経験になったはずだし。

これからも「ゲキ塾。」の番頭として活躍を期待します。




忘年会3


いろんな意味初めてのことずくめの「ゲキ塾。」でした。

プラトン(古堅哲)君は、芝居を初めてまだ4ヶ月ほどですが、今回主役を務めさせました。

死にもの狂いの稽古だったでしょう。

でも、その頑張りが認められて演劇祭では優勝できましたし。




田中優也は人間力が増し増しに。

当然比例して芝居も味わい深いモノに成長しました。



その伸びっぷりに、私の古い役者仲間も驚きを隠さずに誉め倒してました。




「いやいや、そんなに誉めたら増長するから・・・、ま、いっか、年末だし。」




聞いてる方が恥ずかしくなるくらいです。



槇尾ななみも初舞台で優勝組。

普段の本人と違う感じのキャラを振りましたが、ちゃんと理解してこなしてくれました。

これからやらなきゃならない、伸ばさなきゃならないテーマも見えています。

身体の調子と相談しながら、大変だった稽古をこなしたことは大きな自信になったと思います。

裏方作業も同時にこなしていたし、稽古日誌もずーっと書き続けてくれたし。

ホント、ご苦労様。



迅、改め…つぼみちゃんも激動の一年になりましたね。



「お、お前いいじゃん。なんか俺の求める雰囲気に合ってるから<煙が目にしみる>出てみれば?」



って誘ったのはこの子が「ゲキ塾。」の見学に来た時。

そこから半年でウチの芝居2本出てくれました。

小道具を造ったり、裏方も同時に。

で、優勝組。


いーじゃんいーじゃん。

後はもう少しこうすればいい!っていうテーマを発見できての来年に。

大いに期待しますさ。




忘年会8



新しく知り合った役者さんにもめっちゃめちゃお世話になりました。


私が出ている他の舞台に呼びつけてお手伝いしてもらったり。

若い子達をまとめてもらったり。


もりたえみさんは、舞台の間、ずーっと共演者のメークや髪飾りをしてくれました。

温かいのよ、人間温度が。

芝居にも出てくるわ、そりゃ。


友澤千紗さんは<煙が目にしみる>の受付をやってもらってからはずーっと女優活動中(セリフたくさんあって超大変。ジゴク団3号さんです)も私の腰をマッサージしてくれましたし。

うっとり。




忘年会6


ウタちゃんも初舞台で優勝。

超個性的な役を振りましたが、見事に狙い通りの怪演をしてくれました。

連日泣きながら稽古していましたが、くじけず自分に打ち勝ってやり切りました。

彼女にとってはいろんな、意味のある一年だったと思います。


自信。



出演していなかったペーや、さーさんゴイチめぐみさん達も裏方作業を手伝ってくれて



忘年会2


ゴイチ

「ゲキ塾。」に入ったばっかりなのにやたらめったらお手伝いさせてます。

来年はしっかりと芝居に出て活躍してもらいますぞ!

有難う!




九巻クン。

役者さんですが、煙…のときから舞台監督して、先日の芝居にも付いてくれました。

何でもピンときて、先に用意してくれる頼もしい方です。

小屋入りしてからこちらがあたふたしなくても済むのはこういう方がいるからよ。

サンクス!



帽子がはずせない本多秀成さん。




「正太、ヤーサンみたいな役の出来る俳優を捜してるって言ったけどヤーサンを連れてこいとは言ってねえぞ。」




実は、心優しい、単に髪を生やしていないだけの方でした。

面白いし、エロいし。

迫力のあるヤーサンを演じていただき、優勝に導いてくれました。

感謝!

忘年会5




こっからカラオケに行って朝までぶっ通し歌い続けて。

久しぶりに撃沈しましたぞ、と。







皆様、本当に有難うございました。


また来年もよろしくお願い致します。






妹尾、突っ走りますんで一緒に楽しみましょう!!







*********<個人的なお知らせ>*****************************



年明け、3月7日~俳優座劇場にて出演が決まりました!

春先に撮影予定の<とびだせ!新撰組>のプレ舞台です。



詳細決まりましたらご報告致しますので是非よろしくお願い致します!!




某化粧品のウェブ広告ですが、ドラマ仕立てのCMに出演させていただきます。

報告が出来る段階になりましたら書きますね、是非観てみてください!



4

思い出を確認してくる!





なんやかんやと慌ただしい年末を過ごしております。


きっと日本全国でそんな感じなのでしょうね。

恒例の電車飛び込み事故がめちゃめちゃ増えて参りました。




「そんなもん年末行事にするな!」



と叫びたい気持ちです。

遅延々々で困ります。

まさに、裏側の<年の瀬>感です・・・。








さて、私の予定されている飲み会も大きなのが一つと、普通のが一つ、小さいのが2つくらい。

うん、よく頑張りました。


ちょっと喉が痛かったりするけど、気力でね。


今月、何リットル飲んだんだろう?








さて。

本日、最後の「ゲキ塾。」稽古日です。

最後だからと言ってダラダラしたくないので、今日は朝から台本を刷りまくってます。

私の汁限り・・・いろんな事を伝えてあげたい。

盛りだくさんの稽古にしようと思っています。




来年年明けから私が某CMの撮影が決まり、ユウヤも3月のお芝居で主役をいただいています。

さーさんは来春、大学の卒業公演に向けて必死に稽古中。

先日は演劇祭で優勝させて頂き、イイ感じ、イイ空気で年末を迎えることが出来そうです。


まっすぐに信じていたことが正解だったと知り、各人のモチベーションも最高に上がってきてますもの。


こういうときって、人間、伸びるんっですよねー。

子供じゃなくて、大人なのに、ものすごい成長を見れたりするんですよ。

信じられないようなことですが、本当なんです。

喜びも感じますし、恐ろしさも感じますし。



ホント、すごい生き物です、人間って。







がたがた言わずに倒れるまで頑張るぞー!





***********************************



「必殺仕事人 激突!」



というDVDをいただきました。

伴さんの忘年会に出席した時に。


席上で流してもらっていたそうですが、全然見てなかったのでよく思い出せませんが・・・とにかく私が出ているんですって。

って、なんで今さら、・・・必殺シリーズなら何回か出させていただいていますので、なんでだろー? って思っていたんです。

そうしましたら「ゲキ塾。」のペー君が、




「妹尾さん、必殺が出てましたよ、ツタヤに。 で、妹尾さんも出てるから見たんですけど、一緒に●●さんも出てるんですね!」



って。

●●さんのお名前は失念しましたが、何でもヒーローモノの悪い方を演じてらっしゃったかただそうです。


時間がなくて見ていませんが、ゆっくり夜中に懐かしんでみたいと思います。


ま、どエラ恥ずかしいんでしょうけどね・・・。








***********************************




さ。

街はすっかりクリスマス。



以前もここに書きましたが、私、クリスマスって何もってかほとんど良い思い出はありません。

幼少期は、サンタクロースの存在の真偽も考えたことがない。


なんでだろう?

多分私の母親を想像するに、




「そんなもんおらん。そんなおっさんはバッタもん。」




とういう教育(洗脳)を施されていたからではないかと。





「ウチは真言宗やからねぇ。来んわ、そんなもん。」




と言われたのは何度もあったので、はっきり覚えてますから。

子供心にも、




「へぇ、そういうものか・・・。」




と弟と二人、納得しておりましたもの。


ただ、何年かに一度、アイスクリームケーキ?を食卓に出してくれました。

いつも配達してくれるオハヨー牛乳のおばちゃんから安く買ったと教えてもらいましたし。







ああ、そういえばお正月も私の家は悲惨な感じでしたよ。

子供的な意味で。


お年玉がね、無いんですよ。

一件しか。

親・・・だけ。





父親は会社をしておりましたから、お付き合いの方や得意先の方も新年のご挨拶に見えたりするんです。

すると、ちゃんとポチ袋に入ったお年玉をいただくのですが、それらは全て母親の手に。






「アホか! これの何倍もお返しをせないかんねん。こどもがアホみたいに金カネ言うな! イヤらしい。 一旦預かっとく!」




預けるというのは永遠に戻ってこないと同義語だと知っていた我々兄弟は、抵抗してもぶん殴られるだけなので敢えて暴力に屈するしかなかったのです。

で、毎年3.000円。


後の頼みは親戚…ってことなのですが、訳あって妹尾家は親戚付き合いがほぼゼロに近い。

ややこしい話しを何度も聞いていたので、そっちは我ら兄弟も無いものだと認識してます。




ですから、結構な年になるまでずーっと3.000円。

フフフ、でも何年も続くと、そういうものかという感覚が根付いてきますから腹も立たなくなります。

あきらめの境地、ってところかも。





ただ、お正月っていうか冬休みが終わって学校に行った時、友達らが集まって、



「お年玉いくら集まった?」


みたいな話しになるとサスガに寂しい感じがしたのを思い出します。











こっからが本題なのですが、先日、私の元にものすごく趣深い連絡が来ました。



「妹尾、同窓会やる。小中学校の時の。来い。」



あれま!

なーんということでしょう!




小学校の時・・・つっても、誘ってくれた小学校には私は5.6年生の時しか通っていませんが、それでも思い出満載の学校。

そのままほぼ全員同じ中学校に上がりましたので、5年間顔を合わせていた同級生。



さんじゅうごねんぶり!?


35年って、あーた!


めちゃっめちゃびっくりしました。

嬉しいのと驚きと、何せ私のことを覚えている人がいるのかしら?とか私も誰を覚えているのかしら?等々不安もたくさんあるのですが。


とにかく、行ってきます。



で、誰にも分かられなかったらウンウンと頷いてフェードアウトしてきます。



あの時の空気に触れられればそれだけでも楽しいかも!







やべぇ。

なんか死ぬ前にいろんな事を整理しようとし始めている感じ。

ま、それならそれで一興か!






ぎりぎり、飛び込みで新幹線の予約がとれました。

2日間だけだけど、ぶらーっと岡山を堪能してこようかと思ってます。

で、ついでにオカンに

<子供に対するクリスマスの在り方>

を、どう教育したのか確認してきたいと思います。




はだか




ごぼごぼごぼ・・・無我の。



ああ。

故郷があって良かった。




4

内蔵が痛い。石化始まるか!



毎日飲んでる。

だって年末だもの。




それにしても、ちょっと続きすぎかも。

昨日はキカイダーの伴大介さんの忘年会にお邪魔させて頂きました。

去年から伺わせてもらっているのですが、二次会のカラオケまで。

皆さんものすごいパワーです。




新旧、赤と青のヒーローってことで、私は個人的にも素敵なお兄様、そして大先輩として伴さんにはお世話になっております。

本当に優しい方ですから、自然とファンの皆様も優しい人が多くて。



疲れた身体でしたが、美味しい料理と優しいお酒で癒やされてきました。

まさに、百薬の長!



また来年も呼んで頂ければ是非参加させてもらいたいと思いました。



<お詫び>

ご家族で見えていた方にプレゼントでお酒を頂戴したのですが、皆さんとの写真撮影をしている時に手提げ袋が破れてしまい、地面に落ちて割ってしまいました。

子供さんにも謝りましたが、何とも悲しい顔をされていて・・・ものすごく反省しております。

本当にゴメンナサイ。





キカイダー、ダム横で走らせましょう!













************************************************







おお、本当にあったのか!

どんべいだけの立ち食いそば屋さん。



ドンベイ


嫌いじゃないけど・・・

俺はここでは食いませんわ。

何でここまでしてインスタント?














*******************************************************



私、煙草をやめてもう1年以上経ちますが、未だに吸いたいです。

隣で吸っている人の煙草のケースを鼻に当て、思い切り吸い込んだりさせてもらいます。



前にも書きましたが、私、どうして煙草を止めたかと言いますと・・タダの勢いなんですが言っちゃったんです。




「やめるから治せ。」




ものすごい仲良しが脳梗塞で倒れて、腎臓も壊して。

リハビリと人工透析をしなきゃならなくなって。




一緒に草野球(ゼッツ)をやっていた体力満点の大男なんですが、急に倒れて。

驚きましたさ。

慌てて顔を見に行ったら何かもうちょっと切なくなってしまい、、ついつい口を滑らせてしまったのですね。




それっきり。



ま、あいつの顔を思い出して、吸いたくなっても我慢してる・・・みたいなところは全くないのですが、気持ち悪いので続けているって感じです。



で、その野球チーム(ゼッツ)のGM、伊沢弘さんの提案で・・・。

伊沢さん
(ちなみに、奥に写っている人はヤクルトスワローズファンにつとに有名なパトリック・ユウです。)

私たち、今シーズンからユニフォームが新しくなったのですが、既に野球を離れている彼のためにも新調してあげて、プレゼントしたんです。



そうしましたら大層喜んでくれているらしく、奥様からメールが届きました。

めっちゃ喜んでる! って。



わーいわーい!


煙草がマンしてる甲斐があるってモノさ!


リハビリも上手くいってるみたいだし、週に三回の透析も頑張ってると。


嬉しい限りです。


このまま行けばまた一緒にユニフォームを着て、野球が出来るかもしれません!

亀












****************************************************



ちょっとあんまり関係のない業務連絡的な。



先日、トノゲキ演劇祭で優勝の目録と一緒に、審査員から芝居の総評を頂きましたのでここに書き写しておきます。

原文のママ、箇条書きです。

思い当たること、良きも悪しきも含め次に活かして下さい。






● この劇場のスペースで場面のスピード感がすごくうまかったと思う。

● ラストの選曲は素晴らしい。

● 安定感のある演技。

● 観客の子供がじっと見入っていたのが感心した。

● 聞きやすいセリフ。表情の演技も良く、気持ちが入っている演技はキモチイイ。

● 照明・音楽・効果音がうまく一本化していて演技に集中できた。

● 光・音・役者すべてが効果的に連動していた。

● ラストへの深みのある内容で面白い。

● 照明、柔らかい IN-OUT で場面切り替えがスムーズ。

● 多少、手荒いところもあり、転換のテンポ良し。

● 芝居の原点である生命力のあふれる舞台だった。

● 各パートのそれぞれの仕事、そして愛情を十分に感じた。

● 単純なセットを存分に使いこなせている。

● 今後の成長力を感じます。








以上です。

心するように!




6

やったね、「ゲキ塾。」

我が愛する草野球チーム、ゼッツの忘年会がありました。

ゼッツぼっちと


大の仲良し、東地くんと。



以前、ワタシの携帯電話に<江頭 2:50>さんのキーホルダーが一つ増えていて、何が何だか分からない! と書きましたが、その犯人は彼でした。




「俺にしてみればなんてこと無いことだけど、妹尾さんが一生不思議なのは可哀想だから教えてあげる。」




と、とても美しい声で言ってくれたよ。

相変わらず変な人です。




まあ、キチ●イみたいな飲み会になるのは毎年のことで慣れてますが、今年はこんなのもありました。

冷却スプレーをチン●にシューってやったらどのくらい凍みるかやってみようではないか!のコーナー。



わーいわーい、アホばっかりですね。


冷却スプレー

50才近くの大人の飲み会とは思えない。











*****************************************








と。

そんなこんなで一日明けて。



本日は<トノゲキ演劇祭>の審査発表の日です。

「ゲキ塾。」からも数名集まりました。




ドキドキしながら審査結果を待つわけですが、小さな立食パーティーがありまして。


とりあえずビール飲んでウキウキしようじゃないか、と。



発表前



こうしている間に審査員の皆さんが侃々諤々やっとるわけでございます。

うっわー・・・どうなるのかね?


なーんてやってましたら、はい、やってきました。




審査発表。




「特別賞、劇団○○○様!」



おおおー、パチパチパチパチ。




「続きまして準優勝・・・はい、劇団○○○さま!」



おおおおおおっ! パチパチパチパチ!









「そして、優勝者の発表です。」




「・・・・・・・・・・!」






「ゲキ塾。」さま!





・・・。




おおおおおおおおおっ!






はい、きました。

優勝!






優勝





むううううん。



しんどい稽古をくり返しくり返し。

誰も負けないでやり遂げてくれた結果。





ね!


しんどさの先に楽しさが待っていたでしょ!


自分たちの芸術性の在り方、作り方は間違っていなかったのかもしれませんね。




57.jpg


60.jpg


64.jpg


65.jpg


68.jpg











すぐに皆が、今日開場に来れなかった他のメンバーに連絡を入れました。



嬉しくて泣いちゃった! とか、ふるえが止まらない! とか。




うんうん。

まあここには書けないくらいのきっつい稽古したもんね。

ワタシも本当に嬉しいです。






が。





奢ることなく、慢心することなく、次のフェーズを目指して突き進みます。

明日から気持ちを新たにして、新しい船出です。





来て頂いたお客様。


お世話になりっぱなしのスタッフの皆様。





そして、このようなチャンスを与えて下さった トノゲキ 様。





本当に有難うございました!


心より感謝致します!











勝って兜の緒を締めて。


育つほど頭を垂れる稲穂かな、と。





よっしゃ、やるぞ、と。



<集まった各劇団の代表者の皆さんと>

全員で







<追伸ってか業務連絡>


えっと、「ゲキ塾。」の皆さん、おこらないでね!

私、表彰式の後、縁のある方に誘われていた忘年会に出席したんです。

そこで、この優勝プレートを見せて、




「私ら優勝しました。観に来て下さった方、有難うございました!」




って挨拶して。

なんか気持ちよくなって来ちゃって、このプレートを飲み屋さんに忘れて来ちゃいました。



あーあ。


俺はバカなのですね、ごめんなさい。

主催者の方が取っててくれてるから大丈夫よー・・・。


やっぱり<とほほ>なオチ。


・・・








2

有難うございました! グッドラック・ユア・メモリーズ 1

さてと。

ほぼ二日間寝てました。




もしかしたら目が覚めないのかもしれない…なんて考えてて。

そうしたらそこが私の死に時なのだからして、それはそれで苦しまなくていいかも。とか。




全然。

妹尾汁全開でお腹が空いて目が覚めた。



NG の効かない舞台のプレッシャー(喜び?)的なモノがこの春からずーっと続いてきて。

東北の人たちに対する、罪悪感にも似た罪の意識で突っ走ってきました。

が、やっと一息。




もう腰が持たないだろうなーと恐怖感を感じていたのですが、何とか持ちこたえました。

いやいや、人間て結構丈夫に出来ているモノです。



目の下に張り付いていた熊さんもそろそろ取れそうです。





パノラマ小





今回、「ゲキ塾。」メンバーでトノゲキ演劇祭というモノに出品していましたが、この作品(グッドラック・ユア・メモリーズ)は果たして何等賞になるのでしょうか?

今度の17日に審査発表があるのですが。



ま。

初舞台が4人いたりして、それぞれ若い役者がよい経験を積めればそれでいいと思っておりましたので結果によらず満足はしております。

私、かなり厳しい稽古をしましたが一人も脱落せずに千秋楽を迎えられましたから。




若い役者さん達はきっと私のことを恨んでいることでしょうとも!

いーのいーの、こういうのって後で効いてくるのよ、じんわーりと。



愛ですから。











ということで、今回のブログは写真中心でこの作品を振り返ってみたいと思います。




ちょいと重くなるかもしれませんので何回かに分けます!




<グッドラック・ユア・メモリーズ 2> へ続く・・・


0

グッドラック・ユア・メモリーズ 2

さて、紙芝居的に始めましょう!


グッドラック・ユア・メモリーズ


来て下さった方、本当に有難う! 






パノラマ




青春の思い出よ、永遠に!






「これを使って、あの頃に・・・」  古堅哲

うおお




「お姉ちゃん、ゴメンね・・」  千紗子 松川佳子

お姉ちゃんゴメン



「大丈夫?」 もり たえみ

お前は見守れ


「お前は見守れ!」

お前は見守れ2








「お前らっ!」  古堅哲 田中優也 森川拓也


お前ら!



「くすぶってられねえんだ。」   田中優也 小川ゆかり  
くすぶってられない




「浩ちゃん、帰ろ・・」   小川ゆかり
 
こうちゃん、帰ろ




「ゴメンね、悪いと思ってる・・」   槇尾ななみ 森川拓也

ゴメンね






順不同  

<グッドラック・ユア・メモリーズ 3>  に続く・・・



2

グッドラック・ユア・メモリーズ 3

メモリーが続きます・・・



観に来て下さった方は懐かしんで下さい。


応援、元気玉を送って下さった方は、いろーんなことを想像してみて下さい。







刹那な。


この時のこの集団の、この意識の元でこの作品は一生できないこと。

そんな、シャボン玉みたいなことに命を削っていく。



いとをかし・・・。






「受付、手伝います!」   湯川智子

今回出演しないものの、岡めぐみらと一緒に制作から受付まで手伝ってくれた。

自然とできあがった「ゲキ塾。」の、この集団性に感謝する。

さーさん受付




「そう、それでいいのよ・・・。 お姉ちゃん!」
                         (リハ写真)千紗子  松川佳子

そう、それでいい



「あっちを頼むわ。」    迅  槇尾ななみ

そっちをよろしく







「しっかりやんなさい、ヤクザでしょ・・。」   濱口陽平  田中優也  小川ゆかり

それがステキね




「必ず帰るから・・・お前の思い出に・・・」   古堅哲 山本いつみ

ちゅう




「オープンしました。ティッシュ如何ですか!」   古堅哲 山本いつみ

ティッシュ




「約束と、それを交わした友達…どっちが大事?」    みりたえみ  古堅哲

どっちが大事









<グッドラック・ユア・メモリーズ 4>  に続く。



0

グッドラック・ユア・メモリーズ 4

ゆく川の流れは絶えずして・・・



諸行無常の響きあり・・・



光陰矢の如し・・・







今を必死に生きようと思う。










「血の欲求…」    千紗子

ぴこぴこあっはん




「俺たちファミリーだからな。」   本多秀成 濱口陽平

ファミリーだろ


「頼みたいことがある・・・」

ファミリーだろ2



「生きていかなきゃ、この腐ったドブみてぇな世界でな…。」

ファミリーだろ3




「あんたにしてもらったこと、もう覚えてないんだよ。」
                                
俺の時代2




「俺の時代だ。」



俺の時代3





<グッドラック・ユア・メモリーズ 5> に続く。




0

グッドラック・ユア・メモリーズ 5

一つのモノを作り上げようとする時、関わる人間の多さに驚きます。

そして、その一人一人が皆真剣に自分の生き様を反映させて生きようとしている。




当たり前のことなんだけど感動を覚える。

それが忘れられないから、ずっとずっと一と繋がっていようともがいている。





作り終えた時、その繋がりは喜びへと昇華する。




だからまた繋がろうとする。

















「音響さん。マッスン! 発砲音、ハズしません。」   益川幸子


まっすん






「飲み屋。 中日の休息。」   All Stars

飲み1









「私たちって皮肉な人生ね・・・」    千紗子  松川佳子

永久に





「楽屋風景」   疲れてる女子

楽屋1





「楽屋風景」   もりたえみ  皆の化粧を一手に。

楽屋2




「楽屋風景」   化粧を終えないとカメラに目を向けない女子

楽屋3






「ヤバい橋渡ってる。金払って!」   迅   古堅哲


金払え






「ヤクザが! ポリ公が!」    森川拓也  田中優也

撃ち合い







「浩ちゃん、帰ろ! またアンタか。」   田中優也 小川ゆかり

浩ちゃん帰ろ





「一回だけならできるかも! やってくれ。」   古堅哲 千紗子

最後の一玉






「邪魔するんだったら殺したって構わないのよ・・。」   松川佳子 他

殺したっていい




「私は…死なないの。 絶対に。」   松川佳子

死なない、絶対





「もっとワタシに興味を持たなくちゃ!」    古堅哲 山本いつみ

私に興味







<グッドラック・ユア・メモリーズ 6>  に続く。


2

グッドラック・ユア・メモリーズ 6

心地よい疲れと充実感。

浸る時間が長いほど進めない。




浸るんじゃなくて、しまっておくんだな。

大切に大切に。




飲んだ時にでも引き出してきて浸ればいい。

さ、先に進まなきゃ。







「ヘルプに来てくれた柴田君。」   もりたえみ さんの友人、柴田君。


柴田君






「銃を置きなさい!」   槇尾ななみ  田中優也


この芝居のリアクションで「バーカ」と言ってもらいたかったのだが頑なに言わなかった田中優也。

なぜなんだろう?

銃を置け




「観たい映画、新宿で良い? ……ああ。」   田中優也 小川ゆかり

新宿でいい?





「待ってろよ、全部取り戻してやる!」   古堅哲

全部戻す




「大人です・・。」   千紗子

大人です











「打ち上げ風景」  松川佳子 劇場様


打ち上げ1うた




千紗子。

本当に名前の通り小さい子。


でも立派な27才。

中ジョッキが超大ジョッキに見える。

身長140cmちょい。

打ち上げ2ちさ



本多秀成さん。

客演をお願いしました。

とっても真面目なロンリーガイ。

芝居が終わるとこんなに可愛い顔になる。


打ち上げ4テンガ












小川ゆかり(ロク)と濱口陽平(グッチョ)。

グッチョは今回ゲイの役。



ちなみに今だから明かすが、チラシの写真のセクシーな足はこの男のモノ。

撮影時、吐きそうになった。


打ち上げ3ロクブス



トノゲキチラシ1




<グッドラック・ユア・メモリーズ 7>  に続く。


0

グッドラック・ユア・メモリーズ 7




人間の差なんて、たかが小さな意識の在り方。



今さらながらに思うが、ちりは積もれば山…否、星くらいになるのではないか。

こんだけしか生きてない俺が思うくらいだから、かなり間違いないことだと。

しかも気付いたのが最近。



ああ、バカの星の下に産まれなきゃよかった・・・。













「あ、卓馬? …勝手に着メロ入れるなよ!」   古堅哲  山本いつみ


着メロ







伴大介さん(キカイダー)と一緒に!
   本多秀成

伴さんてんが



平章大。

今回出演しないも、たくさん手伝ってくれました。

有難う!

伴さんぺー


五島想一郎。

もうすぐ芸名に変わりますが、「ゲキ塾。」に入ったばっかりの彼もめちゃ精力的に手伝ってくれました。

有難う!

ゴイチ







照明をばっちり決めて下さいました 樋口さん。


樋口さん








「もりちゃん、化粧前だからってそういう隠し方したら、エッチな仕事の人みたいだよ。」

と何度も言ったのに。



当店一の売れっ子ということで!

風俗もり


味噌ネギラーメン





「千秋楽を終えて」   小川ゆかり


退場1ろく





劇場を後にします。

ここにいろんなモノを置いてきたんじゃないかしら。



青春のカケラとか、汗とか涙とか。

ね、表現がすぐ昭和になる・・・。





迅。

退場2じん



田中優也。

退場3ゆうや



本多秀成。

サムライみたいな名前。

いいなあ・・・。

退場5てんが



山本いつみ

退場6いつみ



松川佳子

退場7うた









ここで。

z看板



この仲間達が。

z全体1


エイエイオー!して。


z全体2



カーテンコールも一緒に舞台に立ちました。

zんカーテン1

4

ごめんなさい



し・しんどい・・・


ちゃんと書くからあと1日待ってて下さい。


もう  本当に   ダメかも。



体力の限界・・・いやいやいや、まだまだ。


ちょっとだけ吸いません。

年末で面白いこともいっぱい書かなきゃならないのに、そんなネタもいっぱいあるのに。




しんどいのね。



本当にゴメンナサイ、すぐに復活しますから。



・・・

0

初日が開きました




「ゲキ塾。」本年最後のお芝居。


「グッドラック・ユア・メモリーズ」


トノゲキチラシ1


無事に終えることが出来まして。






初芝居、初舞台・・・って役者が4人います。

ですが、全くそんなことを感じさせない、ピュアでパワーがあって素敵なお芝居になりました。

たくさん感動して頂いて。



今回の妹尾は総監修という立場ですが、本当に良く頑張ってくれていると思います。

難しい芝居の注文を付けても、もちろんその場では終始が聞かなかったりもしますが…翌日にはちゃんと出来るようになってくる。



「ああ、おうちで稽古してきてるのね・・。」




って、肌感覚で分かるような成長ぶりを見せてくれます。

嬉しい限り。





写真をたくさん用意していますが、ちょっと今回は間に合わないので次のブログでアップします。


まだまだご覧いただけますのでよろしければ連絡下さいませ。

チケットをご用意させて頂きます!



info@gekijuku.com



お芝居の詳細は  戸野廣浩司記念劇場 






よろしくお願い致します!



4

暑いよ、普通に。



いつの間にかドンドン時間が流れて。

あと2日で「ゲキ塾。」公演初日となってしまいました。




連日遅くまで稽古をしております。

Tシャツを何枚も買えるほど汗をかくのですが、皆は長袖ってか暖かい格好をしております。

外を歩いていましても、この時期に半袖は私だけで、ジロジロ見られてしまいます。

気にしないようにしていますが、私と同じように「暑い!」と感じている人も多くいるはずです。

なのに、どうして<12月だから>的な意味で衣替えを強制されなければならないのでしょうか。



ま。

妹尾汁が少なくなってきたら、その時は私のエネルギーも残量が少ないってことのバロメーターなのでしょう。



半袖






年末が近づいてきて、電車内や街中もイライラしている人が多くなりました。

舌打ちの音や、「お客様同士のトラブルで・・・」なんて放送が増えてきました。

私も要注意。






特に12月の頭は昔から事故を起こしたり(昔書きました、目ン玉が飛び出た事故も)お巡りさんのおうちに連れて行かれたり、頭の上に300kg近い重さの伐採樹木が落ちてきたり(勝訴)したのも全部この時期。



一年を通しての最もヤバい、天中殺ですから。



何があっても目を合わさない、口を開かない、ムカつかない、って決めています。

淡々と、粛々と芝居作り。



グッドラック・ユア・メモリー

http://ameblo.jp/gekijuku-nissi/entry-11064449284.html





夕べの稽古場には先日共演した、ジゴク団の<ジゴクレディー>入月志奈子ちゃんが見学に来ました。

一緒にお酒を飲んで、芝居談義にお鼻を咲かせ、楽しいひとときを過ごしましたとさ。




・・・身体はボロボロなんだけどね。

終わるまでは死なないようにしますんで、なにとぞ皆様、よろしくご声援をお願い致します。



げ・元気玉をオラにっ!






該当の記事は見つかりませんでした。