・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
9

寺田屋襲撃 in 妹尾家



写真撮るの忘れた。

んだけど、トマト鍋・・・



美味ッ!



普通に全然イケるわ。

イタリアンになりすぎないようにオリーブオイルとかニンニクとか入れ過ぎないようにしてみたのよ。

塩味のね、和風の鍋を作るつもりで。

酒を白ワインに変えて。

で、あさりでダシを取ってみたりしつつ。

白だし、コショウも合います。



バターやら赤ワインやらってベタっていうか味の想像が思い切りついちゃうでしょ?

変化球で様子を見ながら、最後にトマト どぉーん! って。



キャベツ、キノコ、ウインナー、ベーコン、何でもかんでも。

美味しいよ、普通に。

ちゃんと煮込んで、私の場合いはタバスコでものすごく辛くしますがスープも飲む。

暖まります。

体中から汗が噴き出してきて、上半身裸で喰いました。

びっしょびしょよ、妹尾汁で。





で、〆はやっぱりあれですね、パスタ系じゃなくて雑炊。

トマトな雑炊は普通にリゾットみたいに。

ご飯入れて、ぐつぐつさせて、上にチーズをたっぷり乗せて、フタして1分。

チーズは、いわゆる玉子の役割なのねー、と感心していたら出来上がり。





想像と、色と、鍋的な風景とを考えると、この食い物に手は出しにくいです。

皆さんのおっしゃる通り。




ちょっと、博打を打ったつもりでやってみて下さい。

真っ赤っかなお鍋。

大丈夫ですから!



ウチでは定番に加えることにしました。

















年末になると不必要な粗大ゴミが出ます。

今のうちに予約しておかないと年明けになってしまうので・・




椅子が3脚、カラーボックスとあれとこれと・・・

って整理しようとしていると、いつも頭を抱え込んでしまいます。



何故かといいますと、



私は物を捨てられない人




なのれーす。

いつも困るんですが。





「もったいない、まだ何かの時に使えるかもしれない!」



「ああ、こんなに新しいのに捨てちゃったらバチが当たる!」



「あの時、これでこーしてあーして・・楽しかった思い出が詰まってるなー!」





・・・

何をか言わんや…ですが、捨てるという行為にものすごく抵抗があるのです。

ガキの頃からオカンに、




「もったいない! 
 お母さんらが小さかった頃はな、戦争で物が無うて、食べるモンもなくてそらしんどかったんや。 
 バチが当たるでー、怖いでー、神さん見てるでー・・・」



って洗脳されてましたから。

家庭内イデオロギーでしたから。



何せ捨てれん。








でもね、歳いってから気付いたんです。

ああ。これって<執着>なんだなーって。

人(逃げたお姉ちゃん)に対しても、物に対しても必要以上に執着しちゃいけないわねーって。

情念を残すようなのは避けなきゃ…って。

いいのか悪いのかは分からないけど。



どこかで自分の中に線を引かなきゃ捨てるタイミングが決めにくい。

で、決めたのが、


<一年間使わなかったら必要ないものと知れ!>作戦。

一年過ぎても触らなかった物は順に天国に返してあげようと。


良い方法でした。

勇気を持ってたくさん捨てれたし。




ところが、少しだけ困ったこともありました。

実は、今そのことで悩んでいるのです。

自分の作ったルールを守るべきか、実を取るべきか…






私、洋服類、布系のものに一切興味がございません。

隠れなきゃいけないところが隠れていて、贅沢言えばサイズが合っていればノー問題です。

色も形も何でもいい。



で、その布類は吊されていたり、引き出しの中に入っていたりします。



で。

使い方がね、私はすべて一番手前の物から引きずり出します。

引き出しなら手前、タンスなら手を伸ばしたところにあるもの。





そうしましたら、例えば Tシャツ。

一度着て、洗濯しまして乾いたら戻します。

ポンと。

翌日、手を伸ばすとあら不思議、同じシャツではありませんか!

手に取った物をまた元に戻して別の物を取る…なんて面倒はまっぴらゴメンです。

あるがまま、そこに山があるから登るんです。



そんなことを繰り返していますと、真ん中当たりから奥にある洋服や下着は一年間ノータッチな感じになってくるんです。

使う物は徹底的に使い倒し、ヒモもゴムもへろへろになってて。

それでも使って。

気の毒なほどに。




パンツなんか、お尻の所からすり切れてきます。

真新しいのが10cm奥にあるのに…





で、一年経って今。


へろへろパンツは取っておいて、触りもしなかった服や下着を捨てなければならないのだろうか、と。

葛藤してる訳でございますよ。





自分で決めたルールは自分から率先して守っていかないと人間ができあがりません。

厳しく・・・とも思うのですが、今ひとつ腑に落ちないというか、納得できなくて。






正直アホらしくなってきてます。




















難波さんに教えてもらった通りペン●ックスに噛みついてみました。




「落としてもないし水を入れた訳でもない。
 普通に使っていて液晶が終われるのはおかしいです。
 おかしくないかも知れないけどイヤです。
 もう一台、一眼レフもペンタッ●スです。
 言うなれば私はペ●タックスマニア、大ファンです。
 今から友人にペンタック●を勧めるところです。
 だから何とかロハで直して下さい。
 変な使い方をしていたと指摘されればあきらめるから、とりあえず見てみて!
 そんなもう一台買えるような修理費を突きつけないで!
 気に入ってるんですよ、このw30っての。
 だから、ね!ね!ね!」



噛んだのにあんまり効いてないみたい。



「ああ、仕方ないですねー、1年間の保証を過ぎてますからー。」



「そんなことはめっちゃ分かってますよ。
 分かってて電話してるんですよ、大好きなペンタ●クスに!」



「大変申し訳ありません・・。」


「だーかーらー、マニュアル読みはいらんからさ、人と人とで話そうよぉ。」


「本当に…申し訳ありません・・・。」






なんかね、すんなりあきらめたわ。

この男の子、いかにも最近マニュアルを覚えたばっかりって感じで、裁量も何も持たされていない空気満載だったから。

口説き損になるの目に見えてて。



「じゃ、頑張ってねー。
 何か、ちょっとだけ対応が冷たいねーって、がっかりしてたペンタック●ファンがいたと…
 そう上司に伝えておいてよ。」


「かしこまりました、本日は●●が承りました。有難うございました~!」



って最後だけ流暢で。

多分一番最初に覚えた所なんだろうね。







もういい。

プラスちょいで新しいのが買えるからそっちにする。

で、違うメーカーのにする!







防水。

夏で海で汗で大丈夫なやつ。





真面目で一途で、好きなメーカーなんだけどなー・・・だから融通が・・・









最近売れっ子だからって調子こいてます、完全に。

鼻がびゅんびゅん伸びてます。



家電。



チヤホヤされてると思って思い上がりおって!

どんどんぶっ壊れていく。

で、

どんどん新しくしろってか!


昔はなあ、明らかに壊れるようなことをしなきゃ壊れなかったのだぞ!

何となく買い換え頃に死んでいくようなタイマーは付いてなかったのだぞ!







今晩こそ、家電製品が<寺田屋>に集結することを探知しました。

やつらの真夜中の謀議を暴いてやります。

謀反の匂いがぷんぷん…

次あたり…洗濯機が特攻しようとしている雰囲気も察知してます。







ぐぬぅ。

好き勝手させてたまるか!














該当の記事は見つかりませんでした。