・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
6

波音が響けば雨雲が近づく



映画、<ナイト アンド デイ>を観ました。

<13人の刺客>を観に行ったのに。



待ち時間が無いってんで急遽変更。

つまらなかったら寝ちゃえばいいや・・と思っていたのですが、いやいや何とも楽しませてもらいました。

ストーリーはね、もうほとんど無いのと同じ。

ってか、どこかで観たような気がする…路線。

大いなるハリウッド、アメリカ作品です。




トムクルーズ。


イーサン(本当に彼のニックネームだそう)は得意のスパイ物ってんで張り切っている様が手に取るように伝わってきます。

この作品は<M:I>とういう題名でも全然いけます。




アクションとか、どっかーんボッカーンとか。

スピーディーなカット割りでテンポ良く、そして飽きることなく最後まで起きていられました。




次こそは<・・・刺客>を観たいと思うのですが(一部から不評の声アリ)どんなもんでしょうね?

映画とかは自分で観て判断せんといけませんからね、、鉄板で。



・・・それにしてもキャメロンディアスのお顔のおしわが・・・うううっ!





**************************************************


まだ100%決定という訳じゃないのですが。

とある方からお誘い頂きまして、2010年11月28日(日)に、イベントに参加させて頂くこととなりそうです。



メタルダ君についてのトークを繰り広げるらしく。

他2もね、緑レンジャーの伊藤幸雄さんと、キカイダーの伴大介さんもご出演されるそうで。



私、こういうのって飲んだ時に皆と話すくらいしかやったこと無いから、難しいのかどうかも想像すら出来ないのですが・・・


もしも決まりましたら詳細を載せますので。


このブログを読んで下さっている方も是非来て頂ければ有り難いです。

ってか、心強いですわ。

噛み倒しますので、皆さんでフォロー入れて下さいよ!

頼みますわ、ほんと。




近いうちに詳しいことがかけると思いますので今しばらくお待ち下さいませ!




**************************************************

しばらく時間が経ちましたから書けます。

ちょっと2ヶ月…くらい前になるでしょうか?

私の周りの女性から、一斉に同じような内容の言葉が聞こえてきました。




友人にあってもそう。

友人の奥さんと話してもそう。

仕事場でもそう。



なんなら電車の中で、知らない人が話しているのも同じ内容だったから驚いたくらいです。





男ってねー、何だかんだ言っても最終的にはああいう所に落ち着くのよ。

 ほんと、馬鹿みたい! 

 全然分かってないよねー!






女性の方、ピンと来た方いらっしゃいますか?


と、ある、有名芸能人の結婚についてのお話です。

・・・えっと・・・歌舞伎系の・・・



あああああ、はいはいはいっ!!

ね!





これはねぇ、本当に何十回も耳にしましたよ。

私は個人的には何とも申し上げにくいのですが、確かにそうだなーとうなずけるところがいっぱいあるのは事実です。


何と言っても私はチャイナドレス大好物のセクシー路線ですから、ええ。

確かにね、




「おいちぃ!」


「ありあとうね! ウフッ!」




とか年中言われたらどうなんでしょうか。

最初のウチは可愛いって思える(人もたくさんいる?)のでしょうが、半年すぎたらアナタ、そらもうメンドクサイですよ。

そんな人が何かの拍子に怒ったりしたらどうなるんでしょうね?




「うるせぇんだよ、このタコ!」




とか言われたらイメージ違いすぎて意味が分からなくなりそうだし、だからといって




「怒ってるんだぞ! もうっ。こらちめてやるんだから。えいえい!」




・・・。

う、上手く書けませんが、そんなんで来られたら私の場合は怒りが千倍に膨れあがりそうです。

ああ、何かメンドクセー。







もっとも、女の方はちゃんと図太く脱皮していくように出来ていますから大丈夫だとは思いますが。



「マンモスうれぴぃー!」



とか言ってた子も、ちゃんと余分な部分まで大人になりすぎてましたから。









今の日本は完全なロリコン路線。

女性を見る目が、世界基準から言えば確実にずれているそうです。

情報操作…とまでは言いませんが、ある種のすり込み的なことをされていると言っても過言ではないでしょうね。




そのうち、とーっても変わった、ユニークかつ個性的、ピカソ的でキューピーちゃん的な女性がもてはやされて。



「マーッタク・・・ニポーンノダンセイノコノミハ、トテーモカワテールヨ。

 ドクトクーナビテキカンカクデ、ツイテイケナイーヨ!」


で、浮きに浮きまくっていくのも……ま、ご愛敬ですか。






***********************************************************



さて。

今日は東京地方、雨が降っていて、気温もとっても低く、最高でも11度までしか上がらないそうです。

これは12月の下旬の気温だと。



この情報を出かけた後で知りました。

めっちゃ寒くて震えた後に。



自分の中にある、



<まだまだ夏。ちょっとだけ晩夏だけど。>



的な未練が私をどうしても薄着にさせます。



まだまだ「ゲキ塾。」も半袖で行っていますが、今日からは袖を長いのに変えないと無理そうです。

ここに、私は宣言します。

2010年度、終結宣言。




あきらめます・・・夏








・・・哀しい気分になってきた・・・


あっ、サザン聞こうっと!








胸元が揺れたらしずくが砂に舞い

言葉も無いままに あきらめの夏


Darlin' can't you see ?

I'll try to make it shine

Darlin' be with me !

Let's get to be so fine

4

ブログレター from 新宿




皆様、にっくき PDF に関する情報を有難うございました。


つまるところ、送信者さんに気を付けてもらうしかない感じなのですね。

自分のほうで何時か処理できるのかなーと思っていました。




でも、大きなサイズのモノを送信する時は私も気を付けなければならないんだなーっと。

これは注意が必要ですね。

でもどのくらいから大きなサイズとして認識してればよいのだろう?とか、まだまだ分からないことがいっぱいあります。

勉強すること、たくさんありますわ!







兵庫から(本人は神戸だと言い張るが) テリさんが出てきました。

お仕事の合間にちょっと遊びに。



元々、「ゲキ塾。」で一緒にやっていて、舞台にも出演してもらった女優さんです。

結婚して、その後幸せに・・・なろうとして頑張ったけどちょっとだけつまずいて、何とか立ち直して今はケッラケラ笑っているママさんです。


今月の頭に関西に行った時にあったばかりなので、懐かしくも何ともありませんが。


昔からとっても間のいい人なので、私の方に何かがあったり用事が重なったりした時に限って現れる人です。

面白いからいいんだけど。




今回も、


「今着きました! ●●時に□□駅に行きます!」


って明るく電話をもらった時に、ちょうど病院の受付。

救急で駆けつけたばっかり。



もうね、メンドクサイから直接、病院の救急受付に来てもらって、なんやかんやと用事を頼みました。

まだ荷物もガラガラ引きずっているところなのに。



「はい、ええですよー・・・。」


って可哀想に、飯を喰わせる前から働かせっぱなし。




あ!!


もしかして。

猫の手も借りたい時に、こんなに面倒なことを頼めたってことは…



間がいいのかも、テリさんたら。




おおお、何か感動してきた。

助かります、テリさん!


テリー2010.10

<ノーメイクをいやがって写ろうとしない、よくある光景。>








***************************************************



さて。


最近会っていない友人に 亀山忍 君がいます。
亀




お互い忙しくてなかなか会えないのは、まぁ良いことなんだけど。

たまたまゼッツ(私らのやってる草野球チーム)の集まりがあった時に、



「ねーねー、そういえば亀ちゃんどうしてるの?」



なんて話がありまして。




「俺もね、最近会ってないのよ。ま、便りがないのは元気な証…っていうじゃない。」



「そーね、亀ちゃんのことだから何も心配いらんよね!」



って。




まぁ亀ちゃんに関しましてはあまりにもエピソードが多すぎるので割愛しますが、自分らもそろそろいい歳になってきたので、もう一度久々に舞台でもやりたいねーなんて話し込んでおりました。

じゃ、まぁ亀ちゃんもどうせこのブログを読んでるんだから、皆の写真でも撮って<ブログレター>っぽくやってみようか!みたいになりまして。


「えええ、なにそれー、変なのー、でもちょっとだけ面白そうだからやってみよーよ、●●写真載っけようぜ!」


「いやいや、ハメ●りの動画にしようぜ!」


「それは俺らは無理だろうから誰かのハメ撮●を撮りに行こうぜ!」


「ハメぬならハメてみせようホトトギスってのはどう?」




とか、意味不明、最低のグダグダした奴らの集まりになってきました。

酒の力とは楽しくも恐ろしいものです。


そんな、友人思いな、それでいて建設的な話をしていたのですが、やはり下の方に話が下りてまいりまして。

まぁ男子のトークではお約束ではあるのですが、いかんせん年齢が年齢だけにシモの話が長続きしない。

下りても下りてもすぐ上がる、みたいな。

風呂の中のピンポン球みたいな。




腰を入れたエロトークは俺たちにはもう無理なんだな、と。

イザワ、藤倉


一緒に飲んでいた女優さん 藤倉みのり もあきれ顔。



「おめえら使えねぇ男ばっかしだな・・・」



しょんぼりですよ、ええ・・・







妹尾・草刈



この俳優さんは 草刈勲 クン。



わが球団ゼッツのリーディングヒッター。

運動神経抜群の好男子です!



私とはまだ一緒に芝居をしたことがありませんが、次回は是非、亀ちゃんも含めてみんなでやってみたいと張り切っております!









つねひこ


一見怖いでしょ?


全然!


全く怖くありません。


清水芳文 クン。

以前ラジオやテレビのCMのディレクターをやっていた方。

私ら全員、とてもお世話になりまして。

頭が上がらないはずなのにヒドいことばかりして楽しんでおりました。


清水君の頭に、ポスターカラーでいろいろと落書きをして、3日やそこらじゃ落ちないほど油性のモノを塗り込みまして。

どこの部族か分からないほど、オレンジや水色を塗りまくり、額には黒く



「怒ってないよ!」



と書き込んで。

ものすごく、目がひっくり返るほど怒っているのに<怒ってないよ>ってどゆこと!?ってウケたものでした。



清水君は、


「役者っちゅーのはホンマもんのアホウしかおらん!
 こんな奴らと二度と関わってはいけない。
 少なくとも深く付き合ってはいけない!」


と心に誓ったそうです。

なのに、いまだに仲良しって・・・懐が深いのね! ウフッ!









伊沢・正太



お馴染み、伊沢弘 さん。



そうそう、今では<X-BOX>のCMで変なおじさんに扮し、いっぱい水をじゃぶじゃぶかけられて笑っている奇特な方です。



思えば今から10年以上前、伊沢さんの企画する<筒井ワールド>(筒井康隆さんをオマージュする形で永く続いた舞台)という作品に出演させてもらいました。

そのときに、今のゼッツの仲間や、藤倉さんや亀ちゃんも一緒に出させてもらって。

大阪の<HEP>でも演らせていただいたのです。 



ま、ね。

同じ釜の飯を食った仲良しってろころですわ。




右側が「ゲキ塾。」の正太こと、


森川拓也クン。



「亀さんに見せる写真だったっらボクも映りたい!」


って、得意のドヤ顔!

心意気は気持ちいいのに。



そういえば、私が貸した本、もうすぐ1年経つのにまだ読み終えてない。

皆さんで叱って下さい。

役者は勉強しなければいけないっ、つって!



ま、いろんな方面からいろんな人と出会いって見聞を広めているところだわね。

大きく化けることでしょうよ。

亀ちゃん、見ててね、アナタを越えるわよっ!





妹尾・東地




「はい、チーズ!」



と声をかけると、必ず目を閉じるという…変なおもちゃみたいな人。

東地宏樹 クン。




もうね、説明はいらないと思うけど、ゼッツのキャプテンであり、俳優であり、声優であり。

特に声優としては、ウィル・スミスやチャン・ドンゴン、プリズン…ブレイクの主演マイケル、数多くのアニメに数多くのCM・・・
等々の声を吹き替えておりますので、日本人で家にテレビがある人なら必ず一度は聞いたことのある声でしょう。


大酒飲みのお茶目なお兄さんですよ、ええ。

私も亀ちゃんも楽しく一緒に舞台を踏ませてもらいやしたよ。













ま、ね。


懐かしいメンツが整って一緒にいると、すっかりタイムトリップしてしまう、そんな話です。

亀ちゃんは大阪にいますが、隣で飲んでるかのように馬鹿なトークを繰り広げておりました。




あ、会いたくなってきたからまた大阪行こうっかね!










*************************************************************



予告。


妹尾青洸、この週末に変な経験をしてきます。

どんなのかは無事に生きて帰ってきたらきっちり報告しますから。



乞う、ご期待!!



10

教えて下さい・・にっくきpdf!




こんなもん、勢いですわ。

やるときゃやる、すぐやる、これに限ります。







先日行った某大手家電屋さん。


受付の所に一目散に向かいます




「3日程前に買い物をさせてもらった妹尾といいますが、●●君は今日は来てますか?」



「ああ、はいはい、今日は来てますよ、明日からお休みをいただいているんですけどね!」



よしよし、これで話がスムーズに行く。







テレビを。

一気に地デジ化攻撃です。





●●君も、そうそう私の顔を忘れることはないと思いますが、鉄は熱いうちに打っておこうと思いまして。




元気よく、



「こんにちわっ!」





「・・・!  あっ!!」


明らかに動揺していますが、全く知らんぷりしてニコニコ顔で。




「言ってた通りもう一台買いに来た。 こないだ以上の感じでヨロシクね!」






もうね、これは完全に勝ちゲームです。

小学生チーム対ニューヨークヤンキース。

●●君も半泣きになりながら事務所と私の間を行ったり来たりしながら走り回っておりました。




「ねーねー、そんなに大変だったら上の人と直接話すよ?」



「いえいえ、そういうワケじゃありませんので、自分で大丈夫です、はい!」




って突っ張るもんだから。

じゃ、まぁひとつショッピングという名の交渉を楽しませて頂こうか、と。



ま、ね、多分・・・ですが。

日本一?

<価格.com>なんかより全然安く。



その会社の人でもない限り、あり得ないような値段で買うことができましたわ。
(詳細を知りたい人はこっそり教えますよ。)



●●君、無理矢理にも笑顔をキープしつつ見送ってくれました。

背中がすすけて、肩の辺りから煙が立ち上っているように見えましたが。



ご厚意でいただいたブルーレイのメディアにさっそく録画をしつつ、これもご厚意の液晶用のクロスでピカピカに。

2台目のテレビにはご厚意の分配機で配線して。

あ、そうだ、家の中で一箇所切れていた電球もご厚意のモノに取り替えなきゃ。



やさすぃいなぁあ、●●君。






まじで●●君でずっと家電を揃えてあげたいなーって思えましたもの。




こういうのを良い買い物って言うんでしょうね。



これにて我が家の地デジ化、終了・・・と思っていたんだけど。




CS(阪神戦や格闘技、動物系)とか観てみようかなーって。

だったらついでにプロバイダーとセットになってるのが安いのかなーって。

今はUHFのアンテナに繋いでるけど、家には光り回線が来ているから、それをそのまま使って何とかならないのかしら?とか。

いろいろと欲が出てきました。




それにしても。

最近のテレビって言うのはあれなの?

ネットにつながったりするのね。

それで何をするんだろう?

面白いのかしら?




とにかく意味が分からないって言うか、本当に全く新しい知識がなくて困り果てております。











*****************************



気になる記事が…


(CNN) インド洋と東南アジアのサンゴ礁が過去最悪のペースで死滅している可能性があることが、オーストラリア研究会議(ARC)と豪ジェームズクック大学の調査で明らかになった。

死滅率は一部の種で80%にも達する・・・



って。

ありゃりゃ。

原因は温暖化だって。

温かい海水で藻が死滅、藻をエサにしている珊瑚も・・・ってことらしい。

本当に地球もヤバ目な感じなってきてるのね。


日本の国営放送の、<地球46億年・進化の旅…>みたいなのを観てましたが、
この星の生物は過去に何度も滅んでいるんですね。

何一つなく焼き払われてしまったとするなら(遺跡すら見つからない)今の人間と同じくらいの知性や科学を持った何かが存在していたと考えてもおかしくはないんじゃないか?って思いました。



まぁそういう想像も含めまして、何度かある、節目に向かっているんじゃないだろうか・・?って。

熊が街に下りてくるのも、海流が変わってしまうのも、ミツバチがいなくなるのも、メダカやタガメやタイコウチが珍しい生き物と言われる時代になってしまうのも、阪神が情けなく終わるのも、ぜーんぶひっくるめて。



あー、やだやだ!




小さなことからこつこつと。

自分も意識して炭素をださないように心がけます。
(大きい人なので普通にしてても余計に吐き出してますから)






*********************************************


お願いします!

ヘルプミー!



もうね、いろいろ検索していろいろと試してみたんだけどだめなことがあって。


詳しい人、教えて下さい!!


こんな感じです(↓)

★ pdf ファイルを送信してもらいます。

人によっては問題なく送ってもらえ、そのご普通に開くことができます。

が、中には、送られてきたはずの pdf ファイルに、勝手に<.dat>っていう拡張子がくっつけられていて開くことができないのです。

→ファイル名の最後の所が   <・・・○△■(1007).pdf [04_64].dat>




別の所に保存してからもダメ、ノートパッド、ワ-ドで開いてもダメ(意味不明の文字列)。




<指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連付けられていません。
ふぉるだオプション コントロールパネルでプログラムを関連づけて下さい。>





自分の頭が関連づけられていないのでどうにもこうにもさっぱり・・・

今日はこれを解決させるのに、意地になって5時間を無駄にしてしまいました。


環境は、windowsXP 、メールソフトは outlook exepress です。



どうかどうか、詳しい方、宜しくお願いします!

メールソフト自体を変えた方がよいのでしたらそちらも教えて下さい!



一つ……よしなに・・・































7

地デジ化完了!


皆さんこんにちわっ!

ご無沙汰をして申し訳ありませんでした。

お元気ですか?

ボクは元気です。




キンモクセイはいい香り、銀杏はややこしい匂い。

すっかり秋がふかまりましたね。


芭蕉じゃないけど、隣の人は何をしているんでしょうか?


あんまり気になりませんが。











先ずは、ちょいと暗めな感じですが・・・

先輩のね、お骨を拾いに行きました。

おこつ。







昼過ぎ。

火葬場に行きまして、最後のご対面です。

棺の仲の先輩。

つい先日まで元気に話していた口も、手足も目も全然動きませんね、当たり前ですが。

何か不思議ー!を感じつつ、顔や身体の回りに切り花を敷き詰めます。

先輩は花よりも団子の方が似合うタイプですが、まぁ今日くらいは花もアリでしょう。



すっかりキレイにお化粧されて。

焼き場に回されていきました。




先輩のお兄さんや、旧友たちと懐かしい思い出トークを70分ほど繰り広げておりましたら呼び出しのアナウンスが。



ガラガラガラっとフタの開けられた棺の上には、すっかり形を変えた先輩の亡骸がありました。

二人ずつお骨を拾い上げて。

薬を飲み続けていたのに、しっかりと骨が残っていたのはやはり超人間だった所以でしょう。

私は腰の骨を拾いましたが、力が入りすぎて折ってしまいました。

ごめんなさい!

きっと先輩は笑ってるだろうけど。






そういえば、ずっと引っかかっていました。



「ちょっと待ってよ。おれまだ死んでないよ。なに皆で集まってんだよ!」



ってずーっと言い続けていたみたいでした。

でも、この頃になると、



「ああ、やっぱそうなんだ。・・・死んじゃってんだ、俺。

 ちぇっ、じゃあ仕方ねーな、いつまでもウダウダしててもアレだからから行くか!

 じゃーね、みんな!」



って。

上の方に向かって帰っていきました。

確かにそう感じましたから。




武勇伝の固まり、ラストサムライみたいな先輩のことです。

この世に未練を残して苦しむこともないでしょう。







全てが煙となって消えました。

火葬場の庭で黒くて重くて暑い葬祭用の服を脱ぎ、ジャージに着替えます。

堅苦しいの大嫌い。





で、そのまま皆で献杯。

飲んで飲んで。






ご冥福を祈りつつ、素晴らしい思い出としてずーっと私たちの中に残るんだな、と。







****************************************************************






12月でね、エコポイントが減るんだって。

段階的に廃止していくと。


んじゃあさ、その前にウチも地デジ化しておこうか・・・って。






液晶テレビでしょ?

プラズマテレビでしょう?

それからブルーレイとかでしょう?




何が何やらさっぱり知識がないのでとりあえず一通り勉強してみました。



ふむふむ、なるほど・・・


昔ほどテレビに興味がないのでさっぱり頭に入ってきません。

ってか、だんだん腹が立ってきました。




なんでこんなの買わされる訳?

国が変えろやっちゅーんだったら、補助とかじゃなくてまるまる用意せんかい!





・・

みたいなことは多分皆さんがもうとっくに議論し終わってるんだと思いますが。

遅ればせながら一言乗っておきます。


今使っているテレビも全然まだまだ使えるのに。



「もったいないコトしたらバチが当たるからダメ!」



家訓にも似た私の常識です。


なのになのに・・・







結局、実際に見てみないと分からないってんで娘を連れて某大手電気屋さんに行ってみました。

ざっくりと欲しい商品だけ頭に入れておいて。





そしたらもう、あるわあるわ!

テレビ祭りやね、実際。




よーく見比べてみると、少しずつ色が違ったり何かが違う・・らしい。

全然どーでもいい話し。

家に置いたら比べられる訳でもないし、きっちり映れば良し。





……むむぅ、人もやたら多いし。

皆考えることは同じなのね。





後日、出直してきて、とか、とても面倒になりそう。

ネットで買うのも高い買い物なので、問題があると面倒。

今日は一発ここで決めちゃおうか!


あきんど(商人)のスイッチが妹尾に入りました。

つまみを<強>にセットしておきます。

速攻、勝負モードです。







店のお兄ちゃんを呼びます。

ちょっと話の分かりそうな、それでいて偉い感じの、若造じゃないヤツをチョイス。

これ、基本。




「ねーねー、めんどくさいこと言わないで、これとこれをどんだけ安くできるか教えて!
 変なやりとりは無しね。いい条件だったら今すぐ買うから。
 ポイントとかでごまかさないで、そんなの1円もいらんから。
 目に見えるこの場で安くして。あ、5年保証は当たり前で。」







「はい、思い切り勉強します!」




よしよし、素直でいい子。

で、チクタクちくたく電卓を叩いてる。

じーっと覗き込んでやると、あんまり数字が動いてない。


計算してるフリして頭の中で考えてんだわ。







「いい? 交渉は短い方がお互いのためよ! 駆け引きなら負けないけど止めようね。」





ちょっと驚いた顔してこちらを見やり、



「は、はい・・・」



「あ、それから、世間の相場はほぼ知ってる。ちなみに<価格ドットコム>とかは毎日読んでるし。
 もしも決済力がそこまで与えてもらってないんだったら上の人を呼んでくれる?
 その辺のラインでのお話になるよ?」




と大嘘ぶちかましーの。




「い、いえ、大丈夫です。」





素直でいい子。




「あそ。じゃ、よろぴくね、●●さん!」




ちょっとだけプレッシャーかけといて、出された数字を見ます。




「こんなん出ました(古)!」



「・・・どれどれどれ? ・・・あららら、これじゃまだなにも出てないのと同じだわね。ちょっと貸してごらん!」



と、電卓を奪い取り、



「いーい、他のお客さんや店員さんに聞かれたら面倒だから・・」



と前置きをしてから、




「あそこの○店はこの値段、で、こっちの▼店はこの値段、向こうの■店はこういう値段。
 それでも買わずにここに来たのは地元だし、長いお付き合いができると思ったからなの。
 家電製品って白物も黒物もいっぱいあるでしょ?全部このお店があるから安心!って思えれば俺も嬉しいのよ。
 わかる?わかったよね!
 だったらこの値段はおかしいわ。これはこうしてこうして、こんな数字が出てくるのが人情ってものよ!」




「ひぇーい!!マジっすか?」



「マジ。当たり前じゃん、これから洗濯機に冷蔵庫にエアコンに、ぜーんぶここで買うんだもの。
 これくらいするのはもう、義務よ、義務!」



「いやー・・・うそー・・・えぇ・・・?」



「何を一人で乗り突っ込みして遊んでるのよ!早く早く。
 ちゃんと持って帰るから配送とか設置とかいらないから。」



「いえ、あの、では、この値段じゃなくて・・・この数字で、プラスこの上等のコードを付けるってことでは・・・?」



なにぃ? あ、そうか、忘れてた!
 そのコードもいるんだった!
 はい、じゃあ、元のこの数字にコードをサービスで付けて・・・っと。
 ウン、いい感じね。●●君のこと、このお店のこと、とっても記憶に残るわ!
 ブログにも書く。素晴らしいお店だよって。」



か、かんべんしてください!
絶対ダメ許さない!!



と、そのままお兄ちゃんの腕を思い切り掴んで、有無を言わさずレジの方へ向かいました。

ものすごく泣きそうな顔しているので、ちょっと可哀想かなと思い(ウソ)





「おっとっと、忘れてた。
 ブルーレイレコーダーも買わなきゃ。」



「ま、まじっすか?」



「うん。今までのやりとりで●●君からなら買っても良いなって思えたから買うわ。」



「あ、ありがとうございます!」


「いーのいーの、気にしないで。さ、話聞かせてよ。」


「うう、・・・有難うございますぅぅぅ。」





圧倒的な窮地に追い込みつつ、ほんの少しの水を垂らすだけでこっちが神様のように見えてしまう、そんなヒドい話。


親近感と安心感を与えるために●●君の肩を強く抱きしめます。

体育会系の抱っこ。


「お互いいい気持ちで売り買いしようぜ!
 よく分からないからいろいろ教えてよ!な!」



「あいっ!」


 
「はい、買うのはこれかこれのどっちか。
 もう決めてる。
 でもこれは最新でそんなに値段を下げられないでしょ?
 こっちの型オチしたヤツでいいわ、筐体が変わってるだけだし。」



「はい!かしこまりまくりましたっ!!」



「型オチしてるとは言え、まだこんな値段するのか・・・さっきのテレビがもう一台買えるなぁ。
 今後、在庫処分でどんどん値段も落ちていくんでしょう
 だったら3ヶ月分くらい時代を先取りした値段にしようぜぃ!」



「あの、妹尾様・・・もしも、こちらの展示品でよろしければこういうお値段にしますが・・・
 箱もありませんのでこちらで別の物にお包みする形になりますが・・・如何でしょうか?」



「ふむ。 なになに? これは録画とかテレビに繋ぐとか、そういった機能は使ったのかね?」



「いえ、電源も入れずに展示していただけにございます。」



「ふむ、左様か、そこまで言うならばそちを信じよう。
 相分かった。苦しゅうない、丁重に梱包してくるがよいぞ。」



「御意!」



「ただし。もう一声、値段はこうしてこうしてこうするがそれでも良いな、越後屋。」



「ま、またしても・・・ご無体な。
 これではあまりにも・・・」



「ええい、言うな! 見苦しいぞ! これ以上の詮議は無用じゃ。
 先ほどの電気式幻灯機と二つ合わせて裏でどうにか摺り合わせれば
 いかようにもなるはずじゃ!
 で、なければこのような大きな店子が保てるものかっ!」




「ははっ・・し、しかしながら・・・」




「くどいぞ越後屋! そこに直れ! その素っ首・・・」



「いえっ!・・も、申し訳ござりませぬ! どうかどうか・・・」




「お、おのれ・・いっそ切り捨ててもよかろうものじゃが・・・
 まぁワシもそこまで鬼ではない。」




「ははっ、有り難きお言葉っ!」




「・・・ほれ、今日は日和もよく娘御を連れて参った。
 しかしながらその方の話が長く、大層つまらぬ顔をして怒っておる。」




「ははっ。」




「これはどうやらなだめすかさねば、機嫌が直りそうにもない。
 帰りに南蛮渡来の種入り黒砂糖菓子(アーモンドチョコ)などでも与えてやろうと思う。」




「?」




「ついてはもう一声、子供の菓子代を勉強してはくれぬか?
 よもや・・・否はあるまいのう・・・?」





「・・・」



「はっはっはっはっはっはっはっはっ(黄門さま然)!」










てなことを。

現代の言葉で繰り広げまして。

店員さん、ちょっと可哀想だけど、それでも利益出てるんだろうし。

帰宅して価格ドットコムにて見てみましたら・・・

保証無しの通販価格よりも全然安いお値段でゲットできたみたいです。

よかったよかった、俺だけ!





かくして。

この寸劇のような妹尾家地デジ化は終幕したのでした。




めでたしめでたし!







おうちに帰ってさっそく配線して見てみると・・・・まぁまぁか。

そんなに大きく変化した気はしないね。

まぁキレイって言やぁキレイなんだろうけど・・だからどした?みたいな。

無理にこんなことしたくなかったのにね。

もう一つ大きなサイズ(50インチ以上)にすれば印象も違ったのかな?




でね、テレビを床に直接置いたらどうにも見にくくて。

ちょうど良いテレビの台がなくて。

まぁそれは後日また池谷(IKEA)に買いに行くことにして、仕方なくちゃぶ台を置きました。

・・・
テレビ台


手ぶれご免なさいですが、見た目がものすごく不安定。

ちょっと押したらすぐに落ちそう。

じゃ、置かなきゃいいんだけどもう置いちゃった。

メンドクサイのいやだから速攻でIKEAに行ってきますわ。





長くお世話になった先代のテレビ君は、めでたく正太君のおうちにお嫁入りしていきました。

しっかり添い遂げるんだよ!










テレビ、あと2台あるんですけど・・・







*************************************************************




読んでて嫌な人はすっ飛ばしてね。







こないだ、不思議な体験をしました。



ちゃんと起きている時。

急に、とっても悲しい気分になって。

本当に急に、数秒で。

次の瞬間涙が出てきそうになって、嗚咽も漏れた。

さぶいぼ(鳥肌)全開、特に左半身。

そうしたら激しい吐き気が襲ってきて、頭がぼうーっとして。



「なんじゃこりゃ?ヤバい感じがするぞ、死ぬのか?」



って思ったの。

マジで。




頭の上の方が引っ張られて、立ってられなくなって壁に手をつき、床に膝をつき。

プツンって何かが切れたら終わるようなギリギリの感じ。



そうしたら、次の瞬間にお腹の中がぐるぐるぐるーって音出して、胃袋の周りを冷たい物(氷とか水とか)が回り始めた。



「あ、吐く!」



って感じて下を向いて口を開けようとしたら、その気持ち悪い物が背中から


<ずぼずぼずぼー!>


って抜けていった。

外へって言うか上の方へ。


そしたらなんかものすごくスッキリして。

で、すんごく眠くなって。

でもサブイボはまだまだ全開。





これね、夢じゃなくて家の中で本当に。

全部で7~8秒くらいじゃないかと思うんだけど。






ものすごく不思議な、生まれて初めての感覚でした。


なんなのかしら?



今思い出してもぞわぞわするわ。





値切りの怨念がおんの?






10

ねぇ、飲もうか。



先ほど、やっとの事で物書きが終わりまして。

月に一度のお仕事とはいえ、大変な作業です。




ふう、と一息ついてコーヒーを飲みましたら…何だかウキウキし始めました。

ちょっとした開放感。


おお、なんだか身体が軽いぞ!いーぞいーぞ!

ってことで?ダンベルを握りしめ、


「んはっ、んはっ!!」


と気合いを入れて鍛え始めました。



真夜中の意味なし筋トレ。




ちょっと限界までやり切ってみたら妹尾汁がボタボタ流れてきて。

体中が熱を帯びてしまって大騒ぎ。

シャツを脱いで、あ、最初から着てない、パンツ一丁でハチマキ巻いて。

ウチワじゃおっつかないのでエアコンを22度に設定して、強風、お急ぎ系で。



エアコンの真下に立って口を開き、あわわわわって。

なーにをやっとるんかいのう・・・?

暑い暑い!











今朝。

先日お見舞いに行った大阪の後輩から電話がかかってきました。

元気そうで、



「今から透析するんや!」


って、多少舌っ足らずですがハキハキした声で話してます。

ものすごく嬉しくなる瞬間ね。


「おう! 俺が横についとるからな! 頑張れよ!!」


「あい!」


「何でもエエから人に手伝ってもらって、東京の友達に手紙を書け! 
 俺が渡してやるから。」


「・・・えと、何て書こうか?」


「・・・元気ちゃうけど元気やぞ!とかそんなんでええわ。」


「ああ、そうやね。分かった!」







求む、フェニックス!











こんなの感じてたらね、まともにシャキシャキ動ける俺なんかがいちいち凹んだフリなんかしてても意味がないっすわ。

アホかっちゅーの、俺!

いろいろとね、分けてあげなきゃならない立場なんだから。






愚かさと弱さがクローズアップされて。

まだまだ、大和魂のこもった侍にはなれんねー、とほほ。









それにしても暑い・・・












明日。

司法解剖を終えた先輩を荼毘に付すことが決まりました。

大きな声でハキハキと、決してクヨクヨせずに別れの言葉を告げてきます。

そんでもって一番大きな骨を拾ってあげる、つもり。

ご両親はなく、お兄さんが福岡に連れて帰るそうです。


うんうん、よかったです。











やっぱあれですか?

2010年、10月10日ってーのは語呂が良いとか記念日になりやすいとか、そんなんがあるんですか?

私の知り合いが2カップル、結婚しました。

ってーか、結婚状態だったみたいなのを無理矢理そこに合わせて籍入れた-みたいな。


ま、ね、めでたいから何でもいいんだけど!

末永くお幸せにね!!












タイトルはね、もう何でもいいんだけどさ。

深い意味もないし脈絡もないし。

でもね、またやろうかなーって思ってるのよ。


○○チックな飲み会。



・・・



寒くなる前にさ、東京だけどさ、この指にとまる人いますか?


ぼちぼち、ゆっくり決めていこうかなーって。


大体来る人、決まってきてるんだけどね。









やっと身体が涼しくなってきた。







読書の秋…乗っとくか。








10

庭掃除で厄落とし





皆様、温かい言葉をいーっぱいかけてくださって有難うございます!

うん、寂しい事ではありますがこういうのをどんどん繰り返していくモノなんですものね。

大丈夫です!






なかなか腰が重くてできないのですが。

小さな庭に植えてある芝生。

伸び放題で、プラス意味の分からん草が紛れて生えてて。

ジャングルチックな雰囲気を醸し出しています。

こりゃいかん、ってんで年に1~2回は芝刈りをするのですが、持っているのは電動の芝刈り機。



初代のものは大きくて重くて、取り回しが大変でした。

オラオラと引きずり回していたらハンドル部分がポキッと折れまして。

掃除機の先っぽだけみたいなのが残って。

それでも仕方ないのでかがみ込んで使っていたのですが、余計に腰が痛くなる事を発見。

昔の、一休さんあたりの雑巾掛けのような格好ですから当たり前ですね。

パイプ部分は半田でひっつけたりしましたがやはり同じ部分がポキポキ折れますので。




で、2号機に乗り換えました。

これは、小さくて軽くてそんなに壊れそうにありません。

先っちょは大きなバリカンみたいになっていて、チョキチョキちょきちょき…と軽快なリズムを刻んでくれます。




気分良く使っていましたが、ちょっと長い草の部分に当たりますと、モーターが必死に頑張っています。

うぃーん、ぶぃーんって唸りながらも何とか頑張ってくれていました。



ある時、芝じゃない、なんか得体の知れない草に出くわした時に、




「むむ、なかなか強敵だ。これは細かい往復運動を繰り返してちょっとずつ先に進もう!」


「ラジャー!」



的なコンタクトをとりつつ殲滅すべく闘っておりましたが、



「ぼんっ!ふしゅぅーーーーっ…。」



って、何の前触れも無しに白煙を上げてしまいました。

何をしても復活はせず、2号機は息絶えたのです。



誰でも見りゃ分かる。

モーターが焼き付いたのね。





「どいつもこいつも大したことねえなあ!
 もうちょっと気合いの入った、草くらいジャキジャキ切れるのはないんか!」






で、3号機を購入。

これはね、いろいろと迷いましたがもう電動式は弱っちいのでやめて、エンジンか手動のものを比べました。





当然エンジンが大好きなのでそちらに傾き書けましたが、まず、


1.ガソリンを買ってくるのが面倒

2.しばらく使っていないとキャブに詰まったりして再始動できなくなりそう

3.ちょっと高額

4.そこまで芝刈りに命を賭けていない

5.エコじゃない





等々の理由により手動式を購入しました。

切れるのか切れないのかはさっぱり分からないし、使った事もないし。

でもまぁ・・



で、やってみましたら、これは素晴らしい!

セッティングにもよりますが、ちょっと手間をかけると綺麗に揃えてカットできるじゃないですか!

そんなに危なくないし。





で、ずーっとチョキチョキちょきちょきやっていましたわ。

なんて言うのかよく分からないけど、秋っぽい花か草か木か知らんけど、良い匂いを楽しみながら。

足とか蚊に刺されまくって。





嫌な空気とかね、お掃除してキレイ綺麗したら一緒に流れていくような感じがして。

部屋の模様替えと共に、庭掃除も完了したのでありました。


ああ、すっきりした! っていうだけの話し。












偶然かも知れないけど、自分でも気付かないうちに、負のオーラをまとっているんでしょうねぇ。

車を運転していたら2日続けてケンカになりそうになりました。

ケンカってんじゃないんだけど、




「お前なあ、睨んでんじゃねーよ!」




「お前なあ、どんな運転しとんじゃ!」



って。



「睨んでないですよ、全然。」



と睨み、



「規則正しく普通の運転ですが何か?」



と説明し。

デッカイ声で馬鹿やろうとか叫ぶもんだから、俺ももっとデッカイ声で説明したら小っさい声に変わったりして変な人です。


しかも私の顔にタバコを押しつけてこようとしたので、あと1mmくらいで切れそうでしたが、ふにゃふにゃっと腹の中に押さえ込みました。

頭の中のシミュレーションでは彼の右手首をとってポキンとやってやるところまでできあがっていましたから。

これ、逆に元気な時だったら余計に揉めていたのかも知れません。

車を降りて、往来の真ん中でやり合う気力が湧かなかったから事なきを得たのかも。





どちらにせよ、ガンくれて車を転がしているわけじゃないのに生まれて初めて因縁をつけられました、二日連ちゃんで。



きっとこれは良くないオーラを纏っていたと考えるのが正解かと。

これもね、お庭スッキリで流してもらう事にしましたわ。




もう少し足りないみたいだから、サウナとか行って汗を一杯流してマッサージしてもらって、チャイナドレスのお姉ちゃんに膝枕してもらって。




うん、完璧ね!





へんなの・・・




13

大きなお星さま・・・

ここにも数回書いていますが。

私の兄貴のような先輩が。


<間質性肺炎>と闘っております。


先日お見舞いに行った時には元気…とまでは言わないけど、超人的な体力で出迎えてくれて。

久々の再会をとても喜んでくれまして。




「よし、決めた!

 この人のために富士様に登って宇宙に一番近い神社のお守りをゲットしてくる!」




と誓い、ほうほうの体でクソまみれになりながらも、何とかやり遂げる事ができました。





....と、ここまでは書きました。





*****************************************************************





先輩はその後入院しましたが、ベッドの脇に私からのお守りと富士様の写真をぶら下げてくれていました。


よくなるもならないも関係なかったらしく、先輩はそのときから勝手に退院する日を自分で決めていたらしく(意味不明)、強引に脱出。



まぁここまではよくある話しですが、その後も調子が悪くてもまったく気にしない攻撃を繰り返しました。

熱が40度近く出ても知らん顔。

鼻とか口にチューブを突っ込んだまま薬も飲まない。

健常者でもそんだけ熱が出りゃしんどいだろうに。

ましてや先輩は一度咳き込むと、ひどい時には何分も止まらなくなるほど肺が弱っています。








今日は、私の友人の<たろー君>が午後から先輩と会う約束をしていました。

身体が良くなったら始める・・・と言っていた仕事の話しです。






昨夜、たろー君は先輩に電話をしました。



「明日のお昼に行くから。変更無しで良いよね。」



ま、よくある確認作業です。



「うん、ゲホッゲホッ、大丈夫。ゲホゲホゲホゲホゲホッ・・・」




「あらら、ずいぶんヒドいじゃん。調子悪いの?」



「うん、また熱が出ちゃってさ。 39度くらいあるんだよねー。」



「ダメじゃん、すぐに救急車呼んで病院に行かないと!」



「へーき、へーき!ゲホゲホゲホッゲホッ!」



「うわー、マジで大丈夫なの?」



「うん。 仕事の話しでさ、北海道から知人が出てきてるからさ、 ゲホッゲホッ、行かなきゃ悪いからさ、さっきタクシーに乗って●●まで行ってきたんだよねー!ゲホゲホゲホッ・・」




「何を考えてんだよ! それじゃダメだよ。ったくもう!」



「あのね、大丈夫。平気だから。すぐに治すから。悪いね、心配かけちゃって!」








まあね、先輩は元気な頃なら一人で山をぶっ壊すほどのパワーある人。

むちゃくちゃだと感じる事が、あの人にはごくごく普通の事だったりしますから。






それでもね、やっぱり限界ってのがあるんですね。

奇跡も使い果たしたのかしら。



何も着飾る言葉が出て来ないのですが。







先輩はね、今日、逝きました。






木星的な星になったんじゃないだろうかね・・・

最後の最後までむちゃくちゃで。



強くて優しくて、肝が据わっていて、犬が好きで・・・大きな大きな男があちら側に帰っていきました。













「妹尾ちゃん、困った事があれば、なーーーーんでもできるから。すぐにできるから。言っといでね!」


「焼き肉ゴチになるだけで十分っす!」


「むふふふ・・変なの、妹尾ちゃん!」


「全っ然、変じゃないっす。大丈夫です!」


「早くまた芝居やってよ。皆連れて観に行くから!」


「あざす!!」


「よし、じゃ、行こうか、焼き肉!」


「わーいわーい。」








やばい、声が聞こえてきそう。





きっと先輩は、まだ自分が無くなっちゃったって気付いてないだろうけど。


ゆっくり気が付いてもらってから、俺は祈るよ。



祈るさ。






むこうでゆっくり身体を休めてください・・・






6

なかなかやるよ、井家屋。




なんとも皆様からの元気玉をたくさん賜りまして!

おかげさまですっかりパワー全開でございます。


本当に有難うございます!

こういうのって届くモノなのですねー。





大阪に行ってきた時にちょっと写真を撮っていたので載せておきます。


高速バス


はいはい、こんなバスでね、出発したんですわ。

どんどこどーって。

ま、あまり高速バスについて語っていても怒られそうなのでこのくらいで・



んで、お見舞いに行きまして、これまた俳優のお友達、

石本伎市郎

さんのおうちに寝泊まりさせていただいて。


石本っちゃん

(写真が多少眠たい目になっていますのは、そのまんま眠たかったからです。)


この方もね。

もちろんずいぶん昔からの親友で。

大阪の<HEP> とかでも一緒に芝居をした事があります。

そらもう大したやり手さんです。

俳優の他にも、講師、演出家、作家、実業家という何足ものわらじを履ききっている大したお人です。




お見舞いに行く友人とも共通の仲間。

ま、ちょくちょくってか、ものすごくお世話になっております。

今回も石本っちゃんの車であちこち動いてもらいました

友人宅にも送ってもらいましたし。

なんとか彼に元気を出させる方法は? 俺らにできる事はないか? 等々話しながらその夜は帰宅。

いろんな面白そうな案が出てきました。

実現させる事も可能かもしれない面白アイディアです。

考え始めようねと。

でも、なんだか寂しいため息が、ついつい口をついてしまいがちで。




むむぅ…二人で心配顔になっても何も好転しない、気晴らしに何かしようよ! って話しまして。

連れパチに行ったり、よく行くお店に飲みに行ったり、よく行く焼鳥屋に飲みに行ったり、よく行く居酒屋に飲みに行ったり、よく行く中華屋さんに飲みに行ったりしました。




翌日。

帰りのバスが三宮近辺だった事もあり、南京町に足を延ばそうと送ってくれました。

なーんにも食べないのに。

南京町

でも、麺好きな私はお店ばっかり見ていたらラーメンが食べたくなりまして。

それでは美味しいお店に行きましょうと、車を走らせて和歌山ラーメンのお店へ。

南京町、何しに行ったんやろか?





で、サウナ入りーの、サジマこきーの(マッサージしてもらいーの)してから集合場所へ。




固く握手をし、


「来年、一緒に芝居を作ろう!」


と誓い合って別れ。



いつもは3人だったのに、今回は2人になっていて…ちょっと寂しく神戸を離れたのでした。












帰京。

帰れば帰ったでちゃんと難しい問題が目の前をふさいでくれています。

うん、知ってるから大丈夫よ!

へらへら笑いながら受け止めます。

全然大丈夫。




だけど、ちょっと気分転換に部屋の模様替えでもしようかなーって思いつきまして。

部屋内お引っ越しはよくやるのですが、今回はちょっと家具をまとめてみようと。

小さな家具をぶちこわして、シンプルイズベスト的に大きな家具を一つ買いに行く事にしました。




家具といえばいつも買うお店は決まっています。

が、それも脳がなくて面白くないってんでちょいと調べてみますと…



いけや。

池谷?

井家屋?


とにかく、イケヤさんの家具は安くてとってもイイよ! って情報をゲットしました。

私の家から車で3~40分のところにあるからって教えてもらいまして。



行きました、池谷(井家屋)さん。



・・・・・・・・・・・・・



ガウチーなのね。


違うのね、池谷(井家屋)さん。




もはやイケヤでもなくて、<IKEA>。


い・け・


スウェーデンとかオランダとかの方から来たお店みたいです。



あのね、知らないって言ったらものすごバカにされましたが、そんなのはじぇんじぇん平気。

お店が面白いのよ!

めちゃめちゃでっかくてね、買い物自体がもう頭の中をぐるぐる働かせて、プラモを作っているみたいな感じ。

自分で棚を探して一つ一つ材料をそろえていくところなんざ、私の大嫌いな<ショッピング>の概念をちょっと覆されたわ。

車やバイク、おもちゃに関係ないお店の買い物が楽しかったのなんて、ほぼ生まれて初めてかも。




で、あーでもない、こーでもないと買い物をしているウチに小腹が空いてきて。

ドリンクコーナーがあったからチョイと休憩しようと。


え? ジュース飲みまくりで70円?

ホットドッグとセットで150円?


安っ!

学食かっ!


って喰ったんだけどね。

IKEA.jpg


こりゃ一杯人が集まるのも無理はないわね。



帰宅して組み立てながらすぐに分かったんだけど…

えらそうなことばっかり言ってる、某巨大ちうごくの製品なんかより100倍以上の精度が出てるわね。

ほっほーう! と感心するような組み付け方法や、その仕上がりの良さ、値段に対する品質の良さに感心しきり。


きゃっきゃ言いながらオモシロがって作りました。

これからはビシバシ利用させてもらおうと思いますわ。


家中、大改造できるよ、マジで。

あんなんして、こんなんして・・・って男でも十分に楽しめるお店でしたわ。



ないす、池谷(井家屋) IKEA。





材料集めて基地作ろっかなー・・・





8

ただいま。強くなるよ、うん。





I’m home !


帰ってきました。

夜行バスで。

楽ちんを謳っている三列シートとかでも、全然キツいです。

酔って乗りゃあ良いんだろうけど、おしっこがキツいのも嫌なので不眠攻撃で望みますが。

私にはどうにも向いていないようです。






ま、置いておいて。

今回は。

慌ただしくも、考えさせられる西行きでしたわ。









病と闘っている親友にも会えました。

お守りと、パワー注入と、東京の友人から集めたお見舞いを持って。

ちょっと痩せてたりしてスマートになっていましたが、さすがはあの男。

医者が驚くほどの快復力を見せているようです。

もともと人間離れしていたヤツですが…



久々に会えた事をとても喜んでくれていたらしく、その夜は興奮してなかなか眠れなかったと後で聞きました。

ウン、良かった。

俺でも少しは役に立てたみたいで。

元気玉になってくれていたらしく。




でも、週三回の人工透析はキツいはずです。

加えて脳梗塞の麻痺も残っているし。




絶対に油断しないで、負けない強い気持ちを持ち続けて!



皆が応戦してるよ!

俺の魂もいつでも隣に飛ばせるから。

一緒に闘うからな!!








自分のプライベートな問題の処理も抱えながら、本来ならばこちらにつきっきりにならなきゃいけない所なんですが。


周りの人たちの協力と、圧倒的な理解を得て今回大阪に行く事ができました。

重なる・・・って訳じゃないのですが、良い事も悪い事もなんか、立て続けに起こる気がします。




いい勉強になりました。



自分も含めて、人間て言うのはこの歳になっても、本当に一人で生きているんじゃないんだなって。


よーーーーっく、理解できました。

俺を生かしてくれているみんな、本当に有難う!




あなた達が居なかったら、とっくに壊れてたと思う。








右を向いても。

左を向いても。

後ろを向いても、前を向いても。



今はね、

悲しいお話ばっかりです。


まぁ私の年表的には、これ乗り切ってガシガシ進むワケですが、相当タフになれそうな・・・

そんな予感。

銅の剣から超メタル系、みたいな。




かかって来んかい、辛いこと!
(今のところこれ以上はやめてね。)





寝るべ。


・・・


該当の記事は見つかりませんでした。