・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
6

パソコンとサッカーと香水と





じめじめとエアコンのくり返し攻撃。

身体がミイラ化しつつも色々と動いておりますが。



朝から台本とにらめっこをしていましたら ”ピンポーン” って。

ハイハイ、と玄関に出てみますと二人の人が立っています。

片方は知ってる人。

もう片方は初めて見る人。

初めての方はおばさんで。

関係ない人が同時に二人私を訪ねに来た・・・んじゃなくて。

知ってる方は宅配便のお兄ちゃん。

いつもの。




「有難うねー、ご苦労様!」



と声をかけて、そっと目線をおばさんにうつす。

と、これでもかって位の作り笑いとド汗を顔面に讃え、




「お暑い所申し訳ござぁせんっ、わたくし、こういったモノを皆様に見てもらおうと尋ねているんでござぃあすの。」



って。

冊子を見ると、●○○会って書かれた、某宗教団体の方。




「・・・私、こう見えても経験なクリチャンディオーラーなんすわ。 一見するとイスラマーっぽいとか言われるんですがね。 あ、違った、俺確かあれだ、真言宗だ。うん、間違いない。」



「あ、そ。」





って。

すたすたすたすたと。

この時期、選挙とかも重なっているのでとってもこういう方が多いです。

とりあえず私は自分の中に宗教を持っていますし、(お日様ピッカリ教:信者は今のところ自分だけ。)政治家については人を見て選びたいと思っていますので、あまり役に立つことが出来ません。



で、変に失礼な人だなーとか怒っても家を押さえられているから怒鳴り散らす訳にも行かず、そっと背中を見送るだけでございました。





ま。

その宅配便のお兄ちゃんが持ってきてくれたのが、ハードディスク。

早速パソコンにぶち込んで、様子をうかがってみると・・・おおっ、動いた動いた!

ちゃんと動いた!

適当に買っちゃったから不安だったけど、こりゃ俺も大したもんだ。




で、次にOS(ウィンドウズ)を入れていきます。

誰が何と言おうとXP。

絶対にXP。

これが好きなんじゃなくてこれしか使えないから。

今から新しいOSを勉強するのもィヤなこったし。



起動のCDをぶち込んで、適当に<yes>ばっかりクリックしていけばどうにかなるもんだと思ってた。

くうう、やっぱりか。

どもならん。

ちんぷんかんぷんじゃい!

無線 LAN とか アウトルックとか、今まで使えていたモノが全然使えない。



ものすげえ面倒くせえ!


適当にやりながらだんだんぶち切れてきて。

結局色々とサポセンの人に聞きながら、まさに手取り足取りで合計およそ8時間かかって死にものぐるいで完成させましたさ、そこそこ動くように。

しかしまぁこんなにデスクトップの寂しいパソコンは初めて見た。

ゴミ箱しかねぇし。












どうしても悔しいっちゅうか残念っちゅうか・・書いときます。

二つ。


一つはね、もう言わずとしれたサッカーよ。

決勝リーグ。

よく頑張ったねーとかってなぁなぁ的なことばっかり言われて、そんでだらしないのを繰り返してきたんだから
そういったことは言いません。

でも、世界の一角にぶち込んでいった感はありますね。

今のところはいいんじゃないでしょうか。

楽しみは後にとっておきましょう。





スポーツ、勝負の世界・・・逼迫したもの同士が互いにぶつかり合った時、答えは簡単に出ます。

ミス。

特に、アホみたいな単純なミスをした者。

それが敗者になります。

私も昔よく言われましたさ。



いつもならナンてこと無い動きが極限状態ではできなくなる。

イップス然り。

だから、普段からどういうテンションで、どういう気持ちで単純な動作のくり返しを行うかが大切なんだと。

少しでも相手より楽をしようという気持ちが働いてしまったら、それがバチになって帰ってくるんだと。


練習は裏切らないよ、ただし気持ちを入れての、ね。









もう一つ。

これは超残念なお話。




電車に乗っていました。

ある駅から慎重170cmくらいの、そらもうめちゃめちゃべっぴんさんが乗車してきました。

周りの人が一斉に振り向いたくらい。

足なんて長すぎてへその辺りまで切れ込んでる感じだし、スタイルなんてコーラの瓶にそのまま手足をひっつけたみたいだし、顔なんて鷲づかみに出来そうなほど小さいし。

でもって明るく映えるグリーンのワンピースみたいなのを着ていて、太もも上のの辺りまでしか上半身からの布が被さってなくて。

見、見える・・・かも的な。

髪なんてティモテ全開キューティクルで、エアを漂ってるくらいふぁさふぁさしてるし。

普通に言うなら、どすこいどすこい! ゴルゴ13クラスのべっぴんさんです。

いじりまくってる改造人間だとしても、このレベルなら有りアリ!

私、女優さんとか見慣れているから綺麗な顔の人には別にピンとこない方なんですが、、この人は完全別格。

きっとモデルさんなんでしょうけど。



それがまぁ、あーた、車内はそこそこ空いていたとはいえ、よりによって私の隣に座ってきたではあーりませんか!

おおお、今日は良い日。

誰が何と言っても絶対良い日!



しれーっと、全く何も関せず、1ミクロンもあなたに興味はありませんぞオーラで身をまといつつ心の中で大きめのガッツポーズていました。



じっくり広告でも見る振りをして斜め向かいのおじさんの顔を見る振りでもなくお顔から足まで全部見てやるか・・・とか、必殺<焦点ずらし>を久々に使うか、とか、目の前に何か落としてみようか、でもそれは昭和的なのか、とか。



香水系のちょっとツンと来る良い香りが漂ってきます。

座り直す時に髪がふぁさふぁさーってきて、またしても私の鼻の奥をくすぐります。

はっきりした、独特の香水。

今までにあまり嗅いだことのない香り。

うーん、ムスク系? いやいや、そんなの女の子がつける訳ないし。

ま、どうせ俺の知らないモノだろうから気にするのやめよ、と。


うふふ・・・


ルルル・・・ルルルララ・・・


エヘヘヘヘ・・・・・・


・・・・


・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれ?


あれれれれれれれ? なんか変。


・・・


いやいやいやいや、ないないないないない


絶対無い!





あ、あるのかっ!





・・・ううう、なんてことだ、神よっ!





ってゆーかもうだめ。

もう無理、死ぬ、死にそう・・・吐くわ、吐くわ、きっと吐き倒すわ。

電車を降りなければ無理かもしれない。

くっ、これはサリン系の有毒ガス?

強力な兵器だっ、く、くそっ、涙で前が見えない・・・

みんなが俺から遠ざかっていく・・

俺じゃないのに! この緑のべっぴんさんなのに!




リーサルウェポン的  わ●がっ  !



がっがっがっ、おーまいがっ!

殺傷能力有り! 放射線物質、多分あり! 

入国審査、多分拒否! お寿司屋さん、おととい来やがれっ!

気体なはずなのに、なんかとがった感じの物が目やら鼻やらに刺さってきます。

くさいんじゃなくて、痛いの。

顔面が痛くて、次にはのどが痛くて、最後には心が痛くて。

肺の中に絶対入れちゃ行けないものすごいモノを入れてしまいました、お母さん約束破ってゴメンナサイ、って感じ。

・・・







あまりにもアンバランスな方で、もう何が何だか・・・

いろんな意味で泣きそうになりました。


どっち側もこの20年で最強、最美でしたから。




神は二物を与えないのねー。

難しいところだわ。






そんなトホホな出来事でした。










<次回か次次回あたりの予告>

もうすぐジライヤ筒井さんと会います。

なんかしよーって話していて、うっすら話していることがあります。

コラボ企画、楽しみにしていて下さい!



4

お勧め映画、第二弾「ゲキ塾。」

ワールドカップも盛り上がっていて。

日本、頑張っていますね。

岡田監督、めちゃくちゃな言われようだったのに今やすっかり褒め称えられて。

いかにも日本のメディアらしい対応に、昔の米騒動とか思い出しましたわ。

局所的にものを言いすぎなのよね。


そして昨夜はイングランドが疑惑のゴールに泣いたりしている間に・・



我が阪神タイガースは着々と負けを重ねております。

金本選手が450本のホームランを打ったりしているのに影薄っ!

まぁ、エースクラスをケガで何枚も失っていての2位は立派なものだと思いますが。







私は私で壊れたパソコンのハードディスクを探さなければならない、ものすごい面倒な作業があります。

どこかのネットのお店に注文すりゃいいんだろうけど、そっち方面の知識がほぼ無いので1から勉強です。



ふむふむ、なになに・・


2.5インチのもので佐多さん(SATAという企画らしい)で、9.5mmで GB がどーのこーので・・あれもあってこれもあってしまいには相性とかもあるから気も付けて保証も付けろとか。

あ、そ。

買ったはいいけど動かない可能性がある?

じゃ、オベンキョおしまい。

意味ないもの。

だんだん腹が立ってきて、最終的には適当にこれでも食らえ!攻撃に。

ざっくりと規格っぽい数字だけ合わせておいてパッと見て雰囲気で決めた。

どんなもんじゃい。




いちいちそんな細かいことまでやってられるか! っちゅーのだっちゅーの。

既に散髪しに行く時間無くなったし。




でもって今日は確認済みのはっきりとした「ゲキ塾。」の稽古日だし、その前には車のオイル交換を含めた点検でディーラーに予約を取ってあるし。

朝からなーんにも食べてない。







で、ちょっとお料理のいっぱい出ているサイトを覗きに行きまして・・・よし、決めた。

今晩は帰宅したらジャージャー麺にしよう。

何か無性に食べたくなってきたわ。

昨日も一昨日もずーっと麺類ばっかりだったのに。









さて。



また「ゲキ塾。」的な内輪のお話になってしまうのですが。

お勧め映画談義、第2弾。





塾生さん達の口から出てきたタイトルで、私も見ていないのがいっぱいありますからこれから挑戦してみたいと思っております。




<ダンサー・インザダーク>
   観たことある。けど忘れた。

<シンドラーのリスト>
   同上。

<タクシードライバー>
   高校生の頃観た。デ・ニーロの出世作ね。
   覚えてるよ。

<アメリカンヒストリー>
   忘れた。

<ファイトクラブ>
   覚えてる。痛々しいのよ、音とか。

<許されざる者>
   ここまで出かかってる、けど忘れた。

<エレファント>
   マンが付かないの? 知らん。

<アイデンティティー>
   覚えてる、はず。
   同じようなタイトルが多いからちょっと分からんけど。

<ユージュアルサスペクツ>
   はいはい、これはもうしっかりと、はい。面白いです。

<真実の行方>
   一回観たけど忘れて、ツイこないだ見直したヤツ。
   なのに忘れた。

<CUBE>
   いや。息苦しい。こんなところに絶対入りたくない。
   でもしっかり覚えてる。

<ファニーゲーム>
   知らん。

<ディアハンター>
   ものすごい観た記憶ありまくり。 でも忘れた。

<ライフ・イズ・ビューティフル>
   これも最近見直した。 忘れた・・

<レナードの朝>
   150%観てるけど。 
   何も記憶にございません。

<リトルダンサー>
   知らん。

<めぐりあう時間たち>
   知らん。

<レインマン>
   自分的には・・・いくらいいと分かっていてもあの芝居は
   ちょっと無理があるというか・・
   役者的には設定が難しいと思われて。

<ガタカ>
   えらいべっぴんさんが記憶に残っているんだけど・・・忘れた。

<12モンキーズ>
   あれ?最近観たよ、忘れたけど。

<グラン・トリノ>
   渋いね。覚えてるよ。あれ、前回と重複したかな?

<イントゥ・ザ・ワイルド>
   観た覚えがあるような無いような・・

<十三人の刺客>
   ・・・これはどうかしら・・・自分的には、うーむ・・

<ダウン・バイ・ロー>
   知らん。

<交渉人>
   好き。さみゅえるえるじゃくそん、だっけ? 
   めっちゃ面白い映画だった記憶あり。
   多くの日本のドラマのきっかけにもなってるのよね。






「ゲキ塾。」の皆さん、こんな感じよ。

いっぱい観て参考にしてね!





それにしてもあやふやな記憶ばかりで・・観れば、


「ああ、これかいっ!」


ってなるのは目に見えてるんだけど。

もう一度全部さらってみるのも面白いかもしれんね。




それにしても本当に弱い頭で困るわ。

でも、一粒で何度もおいしさを感じることが出来るのでちょっとだけいいのかも。





 

4

サッカーめでたいし俺らアホウだし。



やりましたね、日本!

こんな寝不足なら大歓迎です。

マジで高みを目指して下さい!




完璧に陰に隠れてしまっていますが、阪神を始めプロ野球にも、ちゃあああんと愛を送り続けていますから。

スポーツ万歳!









前回のブログに書いたことに関して、表や裏からいっぱいコメントをいただきました。

有難うございます。

どこかの国が絶対的に正しくて、どこかの国が正しくない・・それはないですよね。

うん、分かっているんだけどどうしても感じてしまうことを書いてみました。



ちょっと昔には日本からおじさま達が群れを成して買春ツアーに出かけていましたもの。

そんな馬鹿たれの振るまい、想像に難くないし・・・

(使い方違うけど)木だけで森を語っちゃいけないのは分かってるんですよ、いや、ホント。







さて。

とても哀しいことがありました。

二つ。




一つ目は・・・ノートパソコンがぶっ壊れた。

まだ買ってからそんなに経ってないのに。


<error code c0000218 unknown Hard error>


だって。

デスクトップで調べてみたら・・<死のエラー> って言うんだって。

名前怖すぎ。

で、デルに電話してあれこれ色々教えてもらいながらやってみたら、




「妹尾さん、誠に申し訳ありませんが、どのようにテストしましてもこれは、その、あの、ハードディスクが損傷しているとしか考えられません。 いや、本当にすいません・・」



って。

腰の低い感じのお兄ちゃんだったから腹立ちのベクトルを逃がせたけど。



「そんなに早く壊れるようなモノを作っちゃいけないよ。 買い換えさせるために時限爆弾でも仕込んでるの? ものすごく大人しく使っていたんだよ。 外付けのモノなんか何も差してないし。計画的な企業姿勢?」



「いえ、決してそのようなことは・・すいません・・。」





はあああ、何とかならんもんかねえ・・また買うのイヤなんですけど。

そんなにパソコン使わないのに。








もう一つの哀しかった(頭の悪かった)こと。

昨日、「ゲキ塾。」の稽古に行きました。

なんならいつもよりちょっと早めに。



<今日は、あれとこれとやってから台本をやって立ち稽古をして・・>



なんて稽古の計画を考えながら風に当たっていますと、正太が現れて。



「妹尾さん、おはようございまーっす! 早いですねぇ、あ、そうそうこれこれ。 はい、沖縄のお土産です。いやー、沖縄は楽しかったし美味かったっす。 パワー全開で稽古ガンバリマス!」




「そりゃよかったねー、ブログの写真から幸せ感がビシバシ伝わってくるよ。 ま、芝居パワーに繋げて頑張ってよ。」





って話している時に、今度は平君(ペー)が現れて。






「おはようございます! よろしくお願いします。」




「はいはい、おはようさん。ウン、頑張ろうね!」




って。

他の子達もそろそろ来る頃だからじゃあ稽古部屋に入りましょうと。

部屋の番号が張り出されている掲示板に目をやります。

当日にならないと分からないシステムです。




「えーっと、どこの部屋かいなー・・・?」




って探しましたが名前がありません。

何度見てもありません。




「こんなことは初めてだな。 よし、事務室に行って文句言ってくるわ。 文句を言う前におしっこをしてくるわ。」


「・・・はい。」





で、おしっこから戻ってきて意気揚々としていたら正太が、





「あのー・・・妹尾さん。今ですね、携帯で「ゲキ塾。」のホームページを調べてみたんですが、そのぉ・・・今日はどうやらお休みのようですね・・・。」



「はぁ? つまり稽古の無い日?」



「どうやら。」


「ウソだろ?・・・・・・・・えっ? 何で? 何で3人も集まってるの? 稽古休みの日に。」


「バカだからじゃないすか?」


「なるほど・・・そうねそうね、そうなのね。」


「・・・・。」


「・・・・。」


「お前ら本当にアホだな。 一人来て間違えちゃったってなら分かるけど、二人も集まりやがって元気に挨拶までして。 誰がどう見ても普通に稽古がある感じ満載じゃねえか。 あほっ、あほっ、ばあか!」


「・・・あんたが予約した塾頭だろが。」


「どもすません。」

アホウ3人


こんな顔したアホウ3人。

全員選挙権を持っているいい大人です。

わざわざ遠い所から電車に乗って、スケジュールも調整してやってきて。

しばらく凹んでました。

むむう・・



仕方がないので。


お酒を飲みに行きましたとさ。

そしたらすっかり楽しかったりして。

4~5歩すすめばとりあえずスッキリするんだね。

良かった、アホウで。




4

旅帰りの違和感




暖かい所から戻って参りましたが・・・



自分でたてた強行軍のスケジュールに身体がついていゆかずしばらくぶっ倒れておりました。


それでも何とか無理矢理に自然を満喫したり人に触れたりして、スッキリと命の洗濯はできたのですが。

少ない時間を楽しみましたよ。






帰宅して。

溜まりに溜まったパソコンのメールを確認して・・・メンドクサイのでセノヤギさんたら読まないで食べないで捨てて、それからちょっとブログを確認したりしてみますと・・・




おおおっ!  ほんまですか?!


やったね、やったね、よかったね!




以前からコメント頂いたり、出産のお知らせを下さったり、はたまた関西の飲み会に出席して下さったりしていた   <えん>   さんが・・・なんと声を取り戻したと!



歌を忘れていたカナリヤさんが・・・おおまいがっ、晴れるやハレルヤ!




よかったですねー、うんうん、素晴らしい、嬉しい、いいことです。

めちゃくちゃ嬉しい情報を有難う!

こんどはうるさく飲みましょうぞ!


こーゆー有り難い話を聞かせてもらいますとね、元気復活、仙豆パワーです。













さて。

迷いましたが書きます。

嫌な方向の話ですが、個人的な超私見ですので突っ込みやお叱りは勘弁して下さい。

素直に感じたことです。



最近旅に出ますと、とみに感じることがあります。

どの観光地に行っても、ちう国人が多い。

そらね、ものすごく多い。

豊かになったのだからこれはこれでいいこと。

国際的に活躍する人もめっちゃ増えてきましたし、いわゆるお金持ち・・なんてのは日本人のそれとは比較にならないそうで。

しかも我々と区別がつかないものだから、私なんかはしょっちゅう分からないで話しかけたりしてしまうんですが、思い切りシカトされます。

そらそやね、言葉が通じないんだから。



「いや、綺麗な景色ですねえ!」


「(知らんぷーん)」




「あ、ちょっとすいませんね、通りますんで足をどけてもらえますでしょうか?」


「(知らんぷーん)」



いやいやいやいや、意味くらい分かるやろ、思い切り身振り手振り添えてるんだから。

完全 100%シカト? むーん・・ま、ね、国民性も違うから。



本当に・・・偏りすぎた意見かもしれんけど、あの人らは愛想がない、礼儀がない。

ずぇったいいに 謝らない



・・・

もうね、自分だったらどうなっちゃってるだろう・・って思うくらいのことがいっぱいありました。



たとえばね、女の子が料理を運んでいて(カレー系)ちう国人がどっすんとぶつかり、運んでいた女の子のサラが胸の前でひっくり返って洋服べちょべちょになっちゃって。

・・・

はい、シカト。

素通り。

なんで?

自分だったら必ず言葉をかけて、何なら同じ目に遭わせてやるんじゃないかと。

そしたら相手は彼の国でえらい富豪の息子だったりして、大問題に発展していったりするのかなと・・

頭の中をいらん妄想がぐるんぐるん回ってたりして。

だって、いちいちムカつくヤツが多いんだもの、それを押さえるのに必死で脳みそを使いましたから。




万博で、車いすに乗ったおばちゃんが並んでいる人を尻目にどんどんと入り口に進んでいき、もう我慢できません!とばかりに列の途中から車いすを駆け下りて猛ダッシュしていく姿が報道されていましたが。

ま、そんなんばっかりなイメージがどうしても強くなりますわ。

並ばないで横入り、年寄りや子供も押しのけて・・・

昔の、三国志なんかのお話、アレは本当なのでしょうか?

素晴らしい逸話や奥深い人間、勉強させられることばかりなのですが。

国民性とか歴史とか多くの要素があるんでしょうが、そうじゃないのがあまりにもいっぱい目に付きすぎて。


本当に困りました。



いいこと考えた。

スッキリしない違和感を覚えながら心の中でツイートします。(行かないから来ないで)



確認しておきますが私の独り言です。












ジライヤでお馴染みの筒井巧さんから連絡がありまして。


飲み会のお知らせかしら? と思いつつお話を伺いますと、




「ねーねー、あの(ヒマだから)さ、俺たち二人のブログで同時に連動して、何か面白い企画やらない? プレゼント系の!」



と。



「いいっすねー! やりませう、やりませう。」



っちゅうことでね、相談しながら何かやってみようってことになりましたので近々発表してみたいと思います。


乞う、ご期待!












最後に。


ちょいと面白いモノをみつけました。


変なおじさん1



こんな感じにね、英語の雑誌をパラパラめくっていたらみつけたんですが、何か不思議な違和感を感じまして。

2~3ページ過ぎた所で指が止まり、 ???が頭の中を飛び回りページを押し戻しました。

ね、この絵、サクッと見過ごしても何も問題ないでしょ?


でね、もう一度よーく見てみると、


変なおじさん2
(無断掲載しました。ゴメンナサイ。問題あればすぐに削除しますので連絡下さい。)


ね。

名付けて<違和感>

横にはこんなことが書いてあります。


How dose this 70-year-old doctor have the body of a 30-year-old body ?


このドクターはどーやって30才の肉体を手に入れたのかしらって。

ドクターだってことにもびっくりが上乗せされますが、30才の人が皆こんな身体してる訳じゃないってことも付け加えておきたいです。

違和感。

単に違和感、ありまくり。

アイコラじゃないんでしょうから、ものすごい努力か、ものすごい遺伝子を持っているのでしょう。

もしくは誰でもこんな風になれる How to があるとすれば・・・私はこれ、いらんかも。

も少し普通でいいわ。


びっくりしたので一応。









6

明日私は・・・




♪ 明日、私は旅に出ます。  

  あなたの知らない人と・・・・






あずさ二号には乗りませんが、遠くへ行きたい病の治療のため(正太のせいもあり。現、沖縄満喫中)明日から遠くに行くことにしていました。

ザックリ海方面。

南へ南へ・・



宿は1週間ほど前に押さえてあります。

海の中にじゃんじゃん飛び込んで。

あわよくば魚貝を捕まえて。

何か美味しいものを食べてきてやるぞーっと。





あ、食べ物で思い出した!

キュウリ・・・世界中で一番栄養価の少ない野菜なんですって。

ギネス認定済み。

ちょっと、哀しいって言うか、暗い方向に驚きました。








前回のブログのお返事で、mgy_mkjさんから素晴らしい情報をいただきました。


遠くに行くことが鉄板だったので今回のは参加できませんが、ここのサイトはキープしておきます。

こういったことにどんどん参加して、何か自分でも役立てることに踏み出していこうとマジメに思っています。

興味がある・・だけで終わらせないつもりです。

mgy_mkjさん、本当に有難うございます。













さて、ここからはちょっと「ゲキ塾。」の内輪的な文章になってしまいますのがご勘弁を・・・

若い子が、


「映画をいっぱい観たいんですけど、何を見ればいいのか分かりません。 面白いのを教えてくれませんか?」


みたいな話がありましたので、飲みながら会話に出てきた映画タイトルを羅列してみます。


まぁあそれにしても・・・「ゲキ塾。」に亮平という男性がいるのですが、彼がまた映画に詳しいこと詳しいこと。

私が小さい時に観た映画なんかも全て観ており、しかも監督の名前や俳優の名前までスラスラと出てきます。

しかもノータイムで。

間髪入れず。

博士、教授、ハードディスク。

何でも聞こうっと!



前も書きましたが、私なんかはレンタルやさんに行きますと、



「この棚のを観よう。 右上から左下まで順番にね!」



ってな感じで借りちゃうので、お店が模様替えなんかしたらさあ大変。

ダブったりエロったり。

タイトルとか俳優とかほとんどノーマークで鷲掴み的に借りるので、過去最高で5回同じモノをレンタルしてしまいました。

見始めたときのショックといったら。

5回観てしまったその映画のタイトルもいまだに覚えていないんですが。(トップガンの二枚目の男の人がウィーンウィーンって手を回して、時間とか飛び越えて事件現場に行っちゃうような変なやつ。何回も観たのに覚えてない残念脳。)




さて。

さっちゃん、メグ、この辺りから見始めればあんまりハズレはないんじゃないかと思うので参考にして!

飲んだ時とは言え「ゲキ塾。」の男共が口々に熱く語ったものよ。



もっといっぱいあるんだけどちょっとずつ小出しにしていくから。
(コメントは妹尾個人のモノで皆の意見とは関係ないよ。)


・白夜  
     時代が冷戦の時だったから衝撃的だった。
     ダンスを見直した・・ってか初めて凄いんだって思えた。
     若い頃から大好き映画の一つ。

・レニングラード
     緊迫感と、リアルな静けさ。
     良心と体制、空想だけでは描けない世界観かな。
     ウエポンも亮平も大好きだって。

・グッドフェローズ
     これは観た人は必ず(男限定だけど)好きって言うわ。
     はずしたこと無いよ。
     小さい人(多分ショーン・ぺシ)の部屋に入る芝居が秀逸。

・ショーシャンクの空に
     この映画、有名になる前から、ずーっと皆に良い映画だと言い続けてた。
     今でこそ誰でも知ってるけど、当時の私は鼻高々だったよ。
     俺って見る目があるじゃん的な。
     気持ちよかった!的なすんげー面白ドラマさ。

・ケリー・ザ・ギャング
     実在の人物を描いてるんだけど、俺が見終えた最初の感想は、
     「おお、オーストラリアの龍馬やね!」
     だった。話は忘れたけど。

・レオン 
     説明するのがあほらしい。
     「へぅぷみぃぃぃぃ、ぷりぃぃず へぅぷみぃぃぃ・・・」
     あの子がスターウォーズのお姫様だと教えられてびっくらこいた。
     似てるなーとは思ってたけど。
     因みに真っ黒でまん丸のサングラスを買いました。
     頭丸めたら少しは似てるかなーとも思った。

・グラントリノ
     俺的にはそんなに凄いとは思わんけど、武士道のアメリカ版。
     つまり騎士道か?
     男の尊厳を大切にして人生を全うしようという・・・俺も余命が限られたら
     できるかも。
     いかにもクリントイーストウッドで、いかにもハリウッド的じゃなくて。

・レスラー
     これも俺的にはピンと来ないけど、もちろん駄作ではないよ。
     うーん、ケビンコスナーだから納得ってか彼以外ならちょっと無理があるかも。

・イントゥザワイルド
     これはね、タイトルにうっすらと記憶があるから観たことがあるかもしれ
     ないんだけど。  
     今のところさっぱり分かりません。
     勇気を出して借りてみるつもり(多分二度目になるかと)。

・十三人の刺客
     はいはい・・・。
     良いですよ、確かに。
     でもそんなに凄かったっけ? だってあんまり思い出せないもの。
     もう一回観てみるか・・・

・ダウンバイロー
     これは知らん。
     多分知らん。
     借りてみるけど、これも二回目だったとしたら次からレンタルする時はタイトルを必ず
     チェックするようにします。

・3時10分、決断のとき
     大好き・・・なラッセルクロウの西部劇。
     彼が部下を撃つ前の瞬間・・・間の芝居の表情、あの5秒だけのために
     観てもいいわ。
     あんな顔・・・なんでしゃべらないであんなにいっぱい伝えられるのかしら。
     余談ですが、西部劇って砂っぽいからヤダ! 
     っていう女性が多いのは何となく理解できます。



とりあえず、ね。

これからもいっぱい会話に出てくるタイトルを書くからね。






さ、南へ。

海へ。




3

またしてもアフリカ考




リベリア共和国。

西アフリカ。


昨夜、洗濯物をたたみながら何気なくテレビを観ていましたら、リベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領が誕生するまでの歴史(といってもここ数年の)をドキュメントでやっていました。

アフリカ初の選挙で選出された女性大統領です。



あ、またアフリカ系だ。

最近、ルワンダ・・・の映画を観てえらい勢いで琴線に触れてしまったのですが、知らないことが多すぎる自分が恥ずかしくていっぱい本を読んでいるところでした。

そのタイミングでこの映像。



詳しくは私見が入りすぎてしまうのでWiki等々にお任せしますが。

昨夜は何ともやりきれない気持ちで就寝せざるを得ませんでした。



気になったところだけかいつまんで書きなぐってみたいと思います。








リベリア。

元々はアメリカの植民地。

奴隷の国・・・どんな言い方や。

よくあるパターンのアメリカさんの、<白いのが偉い>主義で勝手に決めたことです。


ま、ま、私が感じた部分はもっと最近のことで2003年。

何ならついこないだ。

自分が人間として成立して、日本という平和ボケの国でやんちゃしている頃の話だから余計に心が痛みます。






他国によって締め付けられ、暗い歴史を背負っているから国民性というか民意は仕方がないのかもしれませんが、<自分が豊かになりたい>
という意識がとても強いように感じます。

なんなら自分だけが。

数回起こっているクーデターも、貧困にあえぐ民衆を救おうというものではなく、自分の利権や金を持ちたいため・・・という括りです。

ずっと苦しい目に遭ってきているのは女性達。

私は昔で言う<中ピ連>的な発想は全然好きではありませんが、この国では良識のモノサシ、冷静に比較する目として非常に大きな役割を果たしました。

サカリがが付いて勢いだけの男を女性が諫める。

銃やマシンガンを持って荒れ狂う男を、言葉と行動(断食や座り込みという)で押さえる。



後に、それらが国際社会に火を付けて、平定の道を歩むことに繋がるのですが。






チャールズ・テーラー元大統領が私服を肥やすだけ肥やし、とっても楽しい独裁政治を行っている時に反政府軍が立ち上がりました。




「ふざけるな! 自分たちばっかりいい目を見やがって。 俺にもよこせ!」




これまた私見ですが、ザックリ言うとこういうスローガンを掲げた反乱軍です。

9才から15才くらいの男の子に銃を持たせる。

目に見えたものは全て奪って良いと洗脳する。

被害に遭うのは一般民衆。



エマニエル坊やのように目をくりくりさせた可愛らしい子が自慢げに、



「今日は3人殺したよ! ウフッ!」



って。

・・・







生き残ったある女性が後述していました。



「政府軍も反乱軍もやることは同じ。 強奪、暴力、レイプ。安心できる所はどこにもない。」






あと、こんなこともあったそうです。


「政府軍から逃れて避難キャンプにいた時。 3人の反乱軍が家に入ってきました。 
私の家族は11才の女の子と私(母親)、父親です。 
いきなり銃を突きつけて大人しくするように言いました。
私に、ダンスをしながら歌を歌うように命じました。
恐怖で仕方なく踊り始めると、今度はゆっくり後ろを見るように命じました。
先頃生理が始まったばかりの娘を男達が順にレイプしていました。 
しばらくの間泣きながら踊りました。 
そして今度は右を見るように命じました。 
そちらを振り向くとレイプの終わった男達がゆっくりと私の主人のクビを切り落としている所でした。 
娘は妊娠しました・・・」







聞くに堪えない・・・という言葉を遙かに凌駕している。

私の心のキャパシティを大きく越えて、ドロドロとしたものが溢れかえっていきました。









一つの事象を捉えて悲惨がり、また安い同情心をおこすことが何の意味も持たないと理解しています。

アフリカだけではなく、そこら中にこういうことが起こっているでしょうし。





だけどね。


・・・だめだ、後が続かないし正しい答えが出せない・・・







国連軍が立ち入り、初の民主的選挙が行われ、冒頭に書きましたサーリーフ大統領が誕生したそうです。

女性の大統領です。


うんうん。







はぁ、それにしても・・2003年の出来事、知らないことだらけで本当に自分が恥ずかしいっすわ。


一生勉強です。









6

サッカーおめでとう!・・とクソ女。




・・・

あのなぁ・・・

ま、いいや。






日本、勝ったわね!

サッカー。

凄いじゃん。

選手の人たち、お疲れ様でした。

うんうん、よく頑張ったと思う。

今までと違う空気が出てるね。



多くの人が感じたと思うけど、試合が終わってからの選手達の表情やアクション。

南米系の、いかにもこなれたサッカー的なダンスやオーバーアクションじゃなくて。

高地での薄い酸素の中、疲れ切った選手を自分たちのことのようにサブが出迎えて。

まだまだ、本当にただの通過点だからと気を引き締め直すような素振りさえ見えて。



サムライジャパンとか謳うくらいなんだからさ、それで良いのよ。

大きなパフォーマンスで○○ダンスとか一切いらない。

日本人のサッカーで良いのよ。



この後は、って言うかほとんど全部が格上なんだろうけど、ちょっと期待できそうな空気を感じました。


岡田監督。

サッカーという競技の性格上からか、彼は何かと批判や賞賛の対象になりやすい人ですが私は割と好意を持って見ておりました。


その岡田監督の試合後のコメントがとても印象的だったわ。



「試合終了のホイッスルは次の試合の試合開始のホイッスル。我々はまだ何も手に入れてない。」



諸手をあげてぬか喜びしていられる状態じゃありません的な。








岡田監督・・・繋がりで。

オリックスの岡田監督と日本代表の岡田監督・・共通して何かやりそうな気がしなくもないのですが。

ま。

オカルト的に私は楽しんで応援したいと思います。










そんな感じで眠い目をこすりながら起床しまして。

サクッとニュースなんかを観ていたり・・したら!



ブログ冒頭の。

気分の悪い感覚に私を引きずり込んだ女がいました。





<テレクラやナンパで知り合った男性たちとセックスを繰り返し、出産や堕胎を重ね、じゃまな赤ん坊は捨てる。

自宅で出産した乳児の遺体をプランターに埋めたほか、今年1月ごろにも出産直後の乳児の遺体をプランターに遺棄した。>



・・・


テリさんとこのハナちゃんは今頃何をしとるんかねー、可愛かったなー、いやいや、本当に子供って言うのは無垢でいいよねぇー・・


なあんて考えていたばっかしなのに!

サッカーでもちょっとばかり良い気分になってきていたところなのに!



ドあほキチ●イ女のせいで台無しじゃい!

なーにをさらしてけつかるかなぁ、全く。

いろんな事情があるんだろうけど、生まれたばっかりの命にあたっていく時点で却下。

聞けば泣くような理由でも却下。

はぁぁぁぁぁあ・・

と、先ほどから身体の中の毒素をはき出す行為を繰り返しているんですが。



ね、ね。

こういうのが出てくるたびに思うんだけど、何的に必要でこの世に生まれたの?

私たちに、<人の振り見て我が振り・・>的なのを教えるために?

そんな理由で殺されなきゃならない子供がいるの?



全然違う意味だとしたら なに?





ねぇ、誰か教えて。

なになになになに?


わっしゃ全然分からんわ。









琴光喜たちも。

嘘ついちゃったのねー、そしたらもっと嘘つかなきゃ

小さい小さい。

小物ぶり満載やね。

はい、やめてよし。



国技がこれじゃね、大和魂とかわびさびとか、どこ行っちゃったんだろう。










来ました。

G-shock.jpg


そんなに欲しいとは思わなかったのに何だか久しぶりに触った青春の時計が壊れてしまったからちょっと意地になって買ってしまった時計が。

うん、なかないけるよ、シンプルで。

こんなのつけてたら、あーた、何だかムズムズしてきて無性に海方面に行きたくなるでありんすわ。




超久しぶりに付ける時計は・・・やはり邪魔で重く感じてしまいます。

慣れていかんとね、折角買ったんだからさ。



















3

テリさん親子来たるっ!

前に「ゲキ塾。」にいたテリーが神戸(と本人は言い切るが近辺の山奥)から遊びに来ました。

転職をきっかけに、少し休みが取れたからと。


えへらえへらと軟体動物みたいな女の子は、子供が出来てすっかりお母さんに変身。

しっかりママになっていましたわ。


ややこしい話を自分で乗り越えて、すっかり環境を整えてたから偉いもんだなーと思っていましたが。

本当に。

子供を育てながら死にものぐるいで働いて、寝て起きて働いてご飯食べて寝て起きて働いてお風呂入って・・・ってな生活を何年も続けておりましたそうで。

すっかり根性も座ってきた感じで、空気がものすごべっぴんになってた。




「生きていくだけで、凄いしんどいんですねー!」



って。

よーく頑張りましたわ。

えらいえらい。




で。

テリーをそのまま小型にしただけの、ものすごいシンプルに同じ顔をした子(花菜<ハナ>ちゃん2才)が、また可愛いのなんの!

ちょっと家に泊まっている間にすっかり仲良くなりましたらもう情が沸いちゃって。

抱っこしたり高い高いしたり低い低いしたりぐるんぐるんしたり。

ぎゃはははは!

あー、めちゃめちゃ面白かったわ。




正太も一緒に「ゲキ塾。」やっていた旧友なので、是非!ということで家に来てもらいまして。

再会を果たしたのですが、4年ぶりとは思えないほど自然な「ゲキ塾。」空気が流れておりました。


やっぱ、同じ釜の飯を食っていた仲間って言うのはそんなものなんですねー。

一緒に飲んで喰って騒いで。

あっというまに夜は更けていったのでございました。




翌日、駅まで送っていったら、改札口で花菜ちゃんが私の太ももに顔を埋めてがっしとしがみつき、



「おいちゃん、あいがとー、あいがとー、ばいばい、ばいばい・・」



って、何回も何回も言うもんだから、可愛すぎて俺の家に住まわそうかと思っちゃった。



オカンの方はいらんけど。



姿が見えなくなっても大声で駅の構内に響き渡る<ばいばい・・>を聞きながら立ち去りましたさ。





ま。

また元気な顔を見せてもらいたいもんです。






テリー


しっかり頑張りや、テリー親子!








くりくら。

クリクラ。

結局家に置くことにしました。

機械をね、ずーっと無料で置かせてくれるって言うもんだから、冷水器代わりみたいな使い方だけどそれはそれで便利じゃないかな、と。

自分の場合今でも水分の補給量が半端じゃないので。

たかが水ごとき、身体にイイって言うのはほとんどまやかし程にしか聞いてないのですが、いつでも冷たいお水やお湯が飲めるって言うのはアリだろうと。








ところで。

藤川球児がサヨナラホームランを打たれました。

いつも助けてもらってばかりだから・・仕方ないのだろうけど、あの真っ直ぐはちょいと高めのゾーンに伸びていかないと効き目が無くなってきてるような気がします。

残念だけど。

やっぱ剛速球なんてボールは何年も投げ続けることが出来るもんじゃないのかしら?

年齢?

むうう。

ガンバッテクダサイ、キュウジサン!










ワールドカップ、始まりましたね。

私のブログではほとんど触れることのない蹴球。

興味がない訳じゃなく、ある訳です。

が、今ひとつノリノリになれなかったりして。

繁華街で出会ったJリーガーの遊びっぷりや、スケベさが嫌いだったから・・なんて経験はあ  り ま   せん  な    の   か?

Jリーグ開幕した頃からですが観てますし、応援しているチームもありますよ。





今晩(6/14)日本が闘うのですが・・・

如何なものでしょうか。


日本のサッカー人口480万5150人だそうですが、その中のトップ11人。

皆の夢を載せて堂々と悔いの残らないように闘ってもらいたいものです。




いっぱい走っていっぱい頭使っていっぱい点を取ればいい訳ですから。

終わってからの、


「あの監督がダメだったから・・とかあの戦略がこうだったから・・・」



みたいな後付のクソみたいな良い訳や批判をされないように根性入れてもらいたいと思います。

スポーツ新聞を飾る、他人批判的な後からだったら誰でも言える言葉の羅列、本当に気分が悪いですから。




はい、あの監督クビ。

このコーチもクビ。

だって成績出せなかったから・・・




的な、この蹴球文化が、無理矢理欧米を真似ているみたいで嫌いなのよ。

選手がやるものなので選手達が後悔しないように燃え尽きてもらえれば・・・と。



日本代表。

この日本には、当然私も家族も友人も含まれる訳ですから、私は応援しますとも。









お世話になっている知人の息子さんが。

今度面接を受けるので色々と教えて欲しい・・・と我が家にやってきました。

面接?

オーディション?


違うんだって。

マジメに、就職の面接だって。




・・・

うわっ、そんなの何も分からないわよ、だって就職したことないんだから!



「あのね、大きな声で話せるようにしたいの。 妹尾さんみたいに。 それを教えて!」


・・・

確かに私は声がでかいとよく言われます。

内緒話が筒抜けになってしまう、損するタイプの男です。

こんな私が少しでもお役に立つのならとやりましたわよ、発声訓練。




横隔膜を操作しながら声を出す感覚は、慣れていない普通の人には伝わりにくくて少し難しいかなと不安もあったのですが。

山彦のように! とか、ガンダムいきます、のように! とか、ボクは死にまっしぇんのように! とかいろんな事をやってたらコツを掴んでくれたみたいで。


大喜びで帰っていきましたわ。

就職、何とか合格してもらって。

初ボーナスで焼き肉ご馳走してもらわなければならないので一生懸命やりましたとさ。






さ、皆さん。

今週も頑張りましょうね!

生きてるだけで何かと大変だとは思いますが、どこの家も同じようなもので。



「ああ、今頃みーんな頑張ってるんだろうなー、自分だけじゃないもんなー」



なんて励まし合ったりして。



ね!






6

青春のかけらがまた一つ・・・





携帯電話がこんなにも流通する前。

私はいつも腕時計をしていました。

ってか、皆さん当たり前だったんですが。



今では手首に重いものを付けることにとても違和感を感じてしまいます。

携帯でまかなえるからさ。





あの頃わ。

友人とか仕事とか、全ての電話番号を記憶していたものでした。

語呂合わせとかで。


今では自分のメルアドや、自宅の番号なんかも調べないと思い出せないことがあるくらい。





メールといえば、キーボードでじゃんじゃん文字が書けてしまうのでこれまた弊害があって、漢字が思い出せない。

読めるんだけど書けない。



先日なんかは、<>というひらがなにハマってしまい、何度も何度も書いているウチに




「なんじゃこれ? ヌメヌメクネクネした変な形! ヘビの子供かっ!」




って頭の中をよぎったらもうダメ。

>が書けなくなってしまった。

元の正しい形を思い出せない。




もちろん脳みそが急激に石灰化しているのも大きな要因ですが、手を使って文字を書くことがすっかり減ってしまったからなんで。

便利になればなるほど失っていく能力もあるってことなのよね。

車や乗り物がどんどん発達して、そのうち<どこでもドア>とかがマジメに開発されたら、人間は単に歩くだけのことがとても大変な作業になっていくんじゃないかしら。


失い過ぎか?








で。

元に戻りますと、時間を見るのが携帯ばっかりになってしまった自分を、ちょっと元に戻してみようかと思いまして・・・


十数年ぶりに腕時計を取り出してみると、どいつもこいつも全部電池が切れています。

当たり前だけど。

中でも、特によく使っていたG-ショックをキレイにしてあげようと思い、乾いた布でゴシゴシとこすってあげました。

この子(Gーショック)は私の青春時代?を共にした大切な、そして思い出深い腕時計です。

5~6本ある中でも特にお気に入りでした。





「おい、元気にしてたか? んな訳ねーか。でも大丈夫だからな、この夏からまた一緒に活躍しような!」





なんて声をかけたりして。


ちょっとウキウキしてきた。






先ずは掃除からね。

よしよし、良い感じになってきた。


この子(Gーショック)はもう一度私の腕に巻き付くことを望んでいたのでしょう。

機械ながらもその気持ちが伝わってきます、気がします。



楽しみだぞー、懐かしいぞー!



電池。

自分で交換してあげようじゃありませんか。

裏蓋をはずすのには、まず、ベルトとか小さな部品を、よいしょ、こらしょ、と・・・











あれれ・・・


今、ぽろっ・・て。

指先と耳に、ぽろって。

変な感触と音が。



取れた。

はずれたんじゃなくて、もげた。

標準語で言うと壊れた

壊れる訳無いものが壊れた。

材質はぷらっちっくみたいな樹脂製のものが。

ベルトの付け根とか、文字盤の周りとか、なんならベルトそのものが。



こっちを持ち上げてあっちを引っ張ったら、またまたポロって。


ぽろぽろぽろぽろ・・・って。





わおっ、こーなごな!



時間が経ちすぎていて、劣化しまくってて・・・っすか?

指で引っ張れば引っ張った分だけこなごなになる。




なんじゃあ、こりゃああああ!



本来文字盤を守るためにある、ガラスの周りの部分もぜーんぶこなごなに。

守れねー。





かくして。

丸くて液晶の消えた変な時計らしきものがここに。




使えるかっ、こんなもの。

電池入れ直したって何の意味もない。

ベルト無いし防水でもないし丈夫じゃないし。

腕につけられない腕時計っていうのは何時計というのさ。

貼るか?

貼るかっ!

泣く泣くゴミ箱(燃えないゴミ)へ。





くそう・・・何か意地になってきた。



大して欲しいとも思わなかったけど、腕時計をしなければ納得がいかない。

Gーショック限定で。


他の時計はいい、知らない。

直さない。

よけい壊れる気がするから。











楽天。

最新のを買いました。

電波で防水でソーラーで針のヤツ。








くそう、思い出と共に我が青春の相棒は粉々に砕け散り、更に出費までさせてくれたという有り難くないお話。



くそくそくそ、返せ!

何かを返せ! って気がする。




9

モーツァルトと水



決めた。


遠くに行く。

遠くに行きたい病が再発してきた。

もうダメ、我慢できない。

暖かくなってきたし。

どこにしようっかなー、遠く・・・





もう少ししたら「ゲキ塾。」の正太も 遊びで  沖縄に行くんだって。

くそー・・毎日雨降りの呪文を唱えてやる・・う、うらやましい・・






あり得ないことがあり得る時代になってきました。

科学で処理できないこと。



元々、科学って言うのは否定されるものを肯定する過程に於いて生まれて来るもの。

いろんな事を便利にしてくれましたが、あくまでも目に映る事象ばっかり。

見えないことは最初から全否定されます。


霊、前世、魂、などなども。





ところがっ!


<モーツァルトの作品を流して処理タンク内の微生物を活性化させ、作業を促進する取り組みが行われている。>


ってお話。

あーた、国を挙げてアホなことをやる訳が無く、これももうすごいお話ですわ。

きっと、微生物と音波の関係を云々・・と説明付ける人も出てくるでしょうが。



胎教に良いとか、植物の生長にも良いとか色々言われてましたが、この、<音楽>で作用させるいろんな可能性がどんどん発見されていきそうです。

すごい楽しみ。



病気が治ったり。

宇宙人が見えたり。

調味料になったり。



なんかあり得そうな気がするもの。


最終的には音楽でスプーンが曲げられる時代がくるかもしれないけどこれは何の意味もありませんな。








昔々、予言者(占い師?)のような人が未来を予想していたそうです。

<遠くにいる人と小さな機械を持つことで話が出来るようになったり。>

<空を飛んで移動できたり。>

<地面の下に街が出来たり。>


ぜーんぶ実現してるもの。




実質的な文明科学の世界から、かなり精神性の強い科学に移行して行ってる気がします。

元の戻っているのかしら。

そういうことだったら、呪術師やシャーマンとかの方が優秀で正確で得意だったのかもしれないし。



夢があって良いわね!

私はそういう発展は大好きです。






菅直人さん、首相になりましたね。

イラ管と呼ばれる一面があるといいますが。

いいんじゃねーの? そのくらいの強いところがあっても。

政治家の家系じゃない人が総理になるのは(細かい意味を排除して)多分初めてなんだって。

それが良いのか悪いのかは分からんけど、少なくとも金銭感覚は民度に近いんじゃねーのかいな?

そして全く仕事が出来なかった民主党、党首が替わってまた支持率が上がったそうです。

出来なかったことをやってもらいたいという、まだまだ捨てていなかった希望?


国内だけ見て、足の引っ張り合い・・・じゃなくってワールドワイドに日本の立ち位置を考慮して、伸ばし合いをしてもらいたいですが・・・



とにかく様子を見守りたいと思います。



国会でモーツァルト流してたら正しい政治がわれる・・ようになったら便利なんだけどね。









<ピンポーン>

先週末。

って、またもや鬱陶しいセールスのお兄ちゃんがやってきました。



「はいはい、間に合ってますよー、間には合ってないかもしれないけど多分いらないよー。話だけなら聞く読むからパンフだけ置いていきなよ。ものは何さ?」



そしたら、クリクラって。

なんじゃそれ? 何クラ? プリクラ?

恥ずいわ、ってか家庭用できたのかしら?



そしたらね、水だって。

美味しい水がジャーって出てくるヤツ。

クリクラ



「あー、病院とか事務所とかにあるヤツね! ウチ、浄水器あるからいらないよ。」



「ボトルをあげるからちょっとだけ試してみて!」


「ただ?」


「もちろん!」





ってことで置いていってもらいました。




そうしたら・・・何か便利。

あれれ? あっても良いのかも・・・

ちょっと揺れる乙女な心。





どなたか使ってる人いますか?

どうなんでしょうね、井戸水がぶ飲みして育った私としましては、水ごときにひれ伏す感じが納得いかないっちゃあいかないんだけど。


ボトルの中にモーツァルト入れたらもっと身体に良い水ができあがるのかもしれませんね。





4

平成の折り紙


鳩山首相が辞任。


ほほう・・・いろいろと書きたいことはありますが揉めたり嫌われたりするだけなのでそこそこに。

皆さんそれぞれが評論家のように、ご自分の意見を持っていると思われますので。






・・・あの辞任のスピーチ、編集されたものを見るのと、全編で見るのでは全く印象が違いますね。

フェアに判断したいなら全編を!

ほとんど縛りが無くなり、片が付いた後なら結構しゃべれるんじゃない・・・それにしても毎年首相が替わるのは日本の風物詩になっていくんでしょうか。

よその国の人たち、どうみてるんだろうな-・・・。

政治家って選挙のために集まってるのかしら・・?

日本が不安。

ってのが入り口の私見です。



















さて。

台本の準備なんてしながら、ちょっとネットサーフィン(死語?)しておりました。

そうしたら、ものすごいわねー!って驚く映像を見つけました。


折り紙。


すごいの。

<神谷哲史>で検索してみて!

私の情報が遅いくらいで、巷ではもうとっくに有名な方らしいんだけど。

恐竜、鳥、龍神、いろいろ・・


これはすごいわね。

本当に。



この人の頭の中はどうなってるんだろう?

理系か文系か・・それも分からない。

世の中にはすごい人がいるんだなーって思うのと、人間の持っている潜在能力って限界がないんだねーって。





で。

自分の限界に挑戦することにして。

折り紙勝負。

誰と?



なんかね、YouTubeとかに出てるようなおっそろしいほどキレイなヤツは折り方がどこにも出てなくて。

4000円くらいの本とか買わなきゃ出てないみたい。

ネットで折り方を探せて、しかも自分の限界が探れそうな折り紙ページ・・・・あった!


よし、これやって御代撃ってんで100円ショップにダッシュ。

サクッと買ってきて机に向かいます。


先ずはバラ。

ほほう・・・平成の折り紙ってのはアレなのね、最初に全部折り目を付けてから始めるのね。

その準備がこれまたすごい面倒。

ふーんふーん・・・こんなに細かく付けるんですかっ?って位の準備です。

山折り谷折りってのは昭和と同じね、はいはい。

折って戻して戻して折って・・・面白くも何ともないことにいっぱい時間がかかるのね。

でも、これが美しい完成形に繋がるんだぞ、と。


そういえばよく言われますね、仕事でも料理でも。



段取り9割



備えあれば・・・ってやつです。

折り紙界までもが。





見よう見まねで必死になって作りました。

一つ作るのに20分かかりました。

<やっこさん>とか<カブト>とか・・私の死っているものとは全く違うんですもの。

最高峰が<鶴>だと思ってましたから。



へへへへ、大変だけど気持ちいいかも、バラ。

これね、5~6個造りましたが、覚えられません。

全然折り方を覚えられません。

折り紙って言うよりも曲げ紙って方が言い方合ってるかも。

折り紙

一つ一つのシーンに没頭しなきゃ出来ないので、全体の流れを覚えるのが無理。



でもね、爪楊枝とかでグリグリ形を整えたりして。

くたくたになりそうにくじけつつも結構楽しい。










さ、次。

調子に乗っていこう!

なになに?

菊?

ウン、じゃあそれ!

花繋がりで。


くねくね、さくさく、おりおり。



・・・



折り紙2



へんなの・・・


これ、面白くない。

感動がないし、そもそも形が変。

難しくないのも肩すかし感あるし。

気持ちが折れそうになってきた。


こんなの一個で十分。

次。

ティラノサウルス?

おうおう、かかって来いやあ!

折り紙4


・・・


これも・・・思ってたのと違う・・・


やっぱり簡単に、お猿さんでも作れるようなヤツじゃ面白くないのかしら。

ちょっと飽きてきたし。

神谷氏のような、一個一個ウロコまで付いているような、あんなのが作りたい!

のに・・・




気持ちが折れてきてる。

・・・次・・・・

ティラノサウルスのえさになりそうなやつ。


リス。

折り紙3



・・・

微妙。

ってか、何かもう・・・自分の限界が見える前に興味の限界が・・・




ぽきんっ・・・あ、折れた・・・









分かったことは・・

46才がやる折り紙ってね。

頭割れそうなほど苦労してキャッキャ没頭できるようなのじゃないと面白くないってこと。

折り紙じゃ限界が計れなかったってこと。





本・・・買ってみようかな・・・





ハイ、これまで。




もしも皆さんがやってみようと思うのでしたら、この中では圧倒的にバラを勧めます。

折り上がった後に曲げたりこすったりして立体感を出していくと、本当にリアルな形になっていきますよ。

他にも面白いのを知っている方、そのうち作りますので教えて下さい!














誰かー! ヤ○ザの親分さんみたいな人でも構わないから圧倒的な舵取りで迷子の日本丸を助けてあげて下さーい!

常人が判断できちゃうような小粒なのはいーらーなーいーよー、同じことだからー。

戦車みたいな人ー、いませんかあー!






3

ポンペイと火傷と忘れ帯

五月晴れ



5月の最終日に。

秋よりも天高いだろうよ。



こんな良い天気の日は家でじっとしてるんじゃなくて何かしなけりゃね!

ってんで、行ってきました  <ポンペイ展>


横浜美術館。

いつもはね、上野方面が多いのですが今回は初めての場所。

「ゲキ塾。」の正太と二人で、男同士のデートです。

ポンペイ展


火山で悲惨にも沈んで?しまった都市、ポンペイ。

何となく薄ーい知識はあったのですが、そらもう、観てみたらびっくりです。

ウチら日本人が貝拾いしながら弥生式だの縄文式だの言って、泥をこね回してる(これはこれですごいんだけど、あくまでも単純比較論ね。)ときに、あーた、ポンペイの人達ったらサウナありーの追い炊き機能の付いたお風呂ありーの、歩道と車道がありーの、もちろん馬車もあって便利な暮らし!

お金持ちは毎晩、銅貨一枚で買えるガラスのコップでワインを飲みながらちょっとエッチな彫刻を見せ合ったり、どっちの絵が美しいかなんて見栄はったり。

マンガみたいな絵画にはちゃんと台詞とかもついてて、

「知ってるよ!」

とかいろいろ会話させてるし。



魚醤みたいなのもで財を成した人もいて、庶民的な物から高級セレブ御用達のものまで作り分けていたって。

すんげーびっくりしたのは、このとき既に料理研究家という職業が存在していたと。


・・・



なんじゃあ、そりゃあ!





すごいぞ、イタリアの方の人!



・・・

でもね、やっぱり奴隷とかがいっぱいいたんだって。

この当時、仕事というものは家の中でやる作業を差すらしく。

つまり、家事的なこと。

お外で汗をかいて一生懸命やることはぜーんぶ奴隷さん達のお仕事だそうで。





指輪等の装飾物を身にまとった人と、鉄の足枷をつけられた人のお骨がほぼそのままの形で発掘されたんですと。


人間、死ぬときにキラキラしたものはいらんわね。

動物、物、ただの有機物。


なんだかなーと思ってしまいました。


盛者必衰の・・・






しかしまあ、こんなにわっしょいわっしょい楽しい展覧会も久しぶりでしたぞ。

厳かに、敬う心を抱きつつ見せて頂く仏像もいいのですが、私はどちらかというとこっちの方が性に合っているようです。



正太もキャッキャ!


「スゲー、スゲー!」


を連発。


その後の「ゲキ塾。」お稽古も含めて楽しいデートでした・・・寒。










ちょっち失敗したことがありますので、皆さんのも気を付けて頂きたく・・

某番組で、

<首のアタリがてろんてろんに伸びちゃったTシャツを元に戻すにはどうしたらいいか?>

ってのをやっておりました。

100度の熱を持った蒸気を当ててやるといい!というのが答えで、温度の設定されたのサウナの中に入った人が
シャツを着て実験しておりました。

すると、おおっ!

みるみるうちに伸びたシャツがシャキーンと!



こらすごい!ってんで早速私もやってみました。

サウナにシャツを着て入れるところを知らないので、台所に。

ヤカンにお湯を沸かして、その蒸気を当ててみました。

首の辺りをちょっとずつずらしながらアツアツにしていきます。

ちょっと当てては確認、またちょっと当てては確認。

なんと!

良い感じに縮んできるじゃありませんか!

わーわーいと3枚くらいやり続けておりましたら・・・・あれ?何か変。

シャツだけじゃなくておかしなところが熱い・・・ってか痛い。


手。


思い切り火傷してるじゃないの。

指先真っ赤っかになってるし。

調子こいて我慢しすぎて。





身体を張って物を大切にした、頭の悪いエコ体験でした。









失敗その2.



合気道の稽古に行きました。


バッグの中に道着とタオルを入れて、ちゃんと用意しておいて。

道場に着きました。

さ、着替えよう・・・無い。

ないないないない無い!

バッグが。

ちゃんと用意しすぎて忘れてきた!

えらいこっちゃと取りに帰り、遅刻をしているものの再び道場へ。

ロッカールームで着替えていたら・・・無い。

ないないないないナイナイナイナイ 無い!

帯が。



えらいこっちゃ!

これは何?

今日は来ちゃダメってこと?ケガする日?

これ以上遅れるのはイヤなので(メンドクサイので)思い切って師範に尋ねました。



「すんません道着を忘れないようにバッグに入れていたんだけどそのバッグを忘れて取りに戻ったら遅れてしまってそれでそれで急いで着替えていたら帯を忘れたことが発覚しましてベルトしてやろうかなーと思ったんですがそんなことしても良いのかなーってその前に鉄のバックルとかがあたって痛そうだなーって。

つまり、余分に帯を持ってらしたらお貸し願えませんかー、みたいな感じなんです。」



「・・・わ、かった。いーよいーよ、ベルトで。・・・帯を忘れてくる人、タマにいるんだけど何年ぶりかなー。」



「・・あざーっす! どもすいません!」


で、ズボンからしゅるしゅるってベルトを抜いていたら、



「妹尾さん、妹尾さん、これ使って!やっぱりベルトじゃ危ないから。」


って。


帯2



なにこれ?

・・あ、師範の木剣を入れる袋・・・。



「むうううう・・有難うございますう。」


「ぎゃははは・・妹尾さん、この袋、黒いから。黒帯みたいに見えてきっとカッコいいよ! ぎゃははっはははは!」



「・・・」


稽古中、皆さんに


「よっ、黒帯! 似合ってるじゃん。 ぷぷぷぷ。」


って。

とっても充実したお稽古だったんですと・・・・・・・。

帯1


<教訓>

蒸気は思っているよりも熱いと知れ。

忘れ物は笑われ物の道と知れ。







皆さんも気を付けて。

では、バイなら(昭和)





該当の記事は見つかりませんでした。