・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
4

超人犬 ゲルマン


亀田選手、落ち着いていましたね。


素晴らしいボクシングを観た気がします。









暑いのか寒いのか。


とにかく不思議な感覚で師走を迎えようとしています。

年老いてから、

「2009年はへんてこりんな天候だったなー・・」

なんて思い出す訳もないでしょうが、とにかく異常と言われても仕方のない様な気候です。

日替わりでTシャツ一枚だったり、ジャージをガッチリ着込んだり、衣替えもヘッタクレもない状態です。


何かのきっかけ、と言うか既に始まっている、異変という大きな渦の中にいるのではないだろうか・・・なんて考えてしまいます。





うきゃっ! 来るのか? 宇宙人。

なんか楽しみ。








先に書きましたように、電撃ホビーマガジンのSさんと、イラストレーターのタマちゃんと飲みました。

面白いお店を見つけてくれていて、なんとお店の中のこたつに座って飲んだのです。

牛乳を。

ってか、牛乳瓶に入ったどぶろくを。

濁り酒。

でも見た目は牛乳。



「すんませーん、大人の牛乳おかわりー!」



って言ったら、店主のおねいさんがすぐに持ってきてくれます。

なかなか面白い店で、又行ってみようと思います。




で。

Sさんが、



「妹尾さん、はいこれ。」


って紙袋を渡してくれました。


メタルダーフィギュア


でた。

メタルダーのフィギュア。

先日取材を受けたときに、子犬のように可愛らしくおねだりしておいたのが良かったです。

本当に持ってきてくれました。

わーいわーい!

良くできてますぞ、これ。

スプリンガーも、前に試作品を見せてもらったときと同じようにクリソツ。

この年齢になってまさかお人形さんもらって喜ぶとは思わなかった。



「ロット、001番。 KDDじゃないけど最初のモデルがメタルダー。価値ありますよ!」



って。

すごいすごい。

数ある東映ヒーローの中からメタルダ君がこのシリ-ズの一番手に選出されたなんて。




「メタルダーはね、本当に人気有るんですよー。 好きな人が皆大人になって、このくらいのモノが購入できるようになってるんです。」





そこも含めて半信半疑ですので、ちょっとおそるおそる聞いてみました。




「メタルダ君、売れてますか?」




「最初に大量に品物を仕入れた大手の在庫だけです。 あとの普通に注文するモノについては完売しているよ。」






って。


おお、これまた何か嬉しいぞ!

すごいね、メタルダ君。

本当に君に会えてよかったぞ!


有難うございます、Sさん。


なんだか箱を開けるのがもったいない感じ!










たまちゃんが同じモノを持ってきて、



「これ、私の。 早くサインしなさいよ。」



ゲルマン(スプリンガーの本名)も大好きって言うことなので、思い切りマジックで



超人犬 ゲルマン !



とサインして差し上げましたら大層喜んでおりました。

・・・

<超犬機>の方が良かったのかしら。



何せ、編集という仕事も頭使いすぎて残念な人が多いのね。


ばうわう。







ま、ま、ま、そんないつもな感じで、またしてもキャーキャー言いながら夜は更けていったのでした。






あうちっ!





胃とか肝臓とか腎臓とかがぱんぱんな感じ。

でもこれからまだまだ本当の戦いが待っているのですね。

師走ってそういう月だもの、頑張らねば。












音に詳しい人! 教えて!

ミクシーでね、絶対音感っていうゲーム?みたいなのがあってね、段級検定みたいなのがあるのよ。

5段を取るらいまではね、1~2回受験すれば合格していたのに、6段からめちゃ難しくなって腹が立っているのさ。

音階って基準の音から比べていくもんじゃなくて、頭の中の感覚でいくものなの?



5

びば、ゴルフ!

わたしは。

あんまりゴルフというスポーツをやらないのですが・・・やればやったでめちゃめちゃ楽しいのは知っています。

何回かやったことあるし。


だってね、あれはものすごハマってしまいそうなんですよ。

本当に面白すぎて。

そしたらね、まぁ紳士のスポーツだとかいう、高いハードル設定があったりして、かかるかかる。

お金。

他の趣味を一切なくしてゴルフにだけ集中すればいいのでしょうが、私はどうしても-広く浅く-的な八方感覚がありまして。

一つ一つ大好きなんですが、大好きなことや興味のあることが多すぎて困っているんです。



まぁ、そこそこに出来て楽しめる程度でいいや・・・というポジション付けが私のゴルフ感。




そしたらば。

お世話になっている、某F放送のとぉーっても偉い人が連絡を下さって、



「1人パーティー空いてるから来ない?」




って。

むむーん。

コースは多分日本一な、東京○みうりカントリークラブ。

プロのトーナメントばしばしやってるところです。

しかも、まぁアナタ、高級すぎて私ら庶民の遊べるコースじゃないし。

世の中の勝ち組と言われる方々か、政治家さん、○クザの偉いさん、そんな人たちの御用達だと思ってますし。




でもね、こんなお誘いでもなきゃ一生やること無いしなーって。

日本一バブリーなコースってどんなんかしら?って。

むくむくと興味が沸いてきまして・・・




「是非。よろしくお願いしますですたい!」




と。



F放送のとーっても偉いHさん、ものすげー優しい方で、怖いところなんか全くない、恐ろしいほどの人格者。

よくヘタッピな私なんかを誘ってくれたなーと思いますが、行くと決めたらもうこっちのモノ。

以下に楽しむか、しかありませぬ。

しかもHさんは、体型やゴルフのフォーム、中嶋常幸プロによく似てらっしゃるの。

ちょいと遠目で見ると瓜20個。

よみうりカントリー4


似てるでしょ。


でね、前夜の電話で、



「残りの人は女子。 女の子だぞー。」



って。

カチカチした仕事っぽいゴルフじゃなくて、キャイキャイ楽しめそうですなーっと。


よみうりカントリー2


ハイ、出た、べっぴんさん二人。

アナウンサーのOさんと、病弱なのに鬼のように飛ばすNさん。

顔をね、一応隠しますけどそらもう、めちゃめちゃべっぴんさんですわ。

中身はおっさんだけど。


で、やっぱりあっという間に仲良くなれまして、この4人と、後はキャディのおばちゃんと和気あいあい、ずーっとオモローな感じでラウンドさせてもらいました。

キャディ子さん、終わるときには


「寂しい、別れづらいわー、息子みたいな人たちに囲まれて・・」


って。



「おばちゃん、そこまで歳いってないでしょ、俺もう46になるよ。」


「ひぇー! おったまげ! そんなに? ・・・じゃ写真撮ろうよ。このデジカメは自動巻?」




って、意味不明なことを叫びながらケタケタ笑っておりましたので、キャディ子さんもとにかく楽しかったみたいです。

よかったよかった。




ラウンド中はHさんに色々と教えてもらいながらやっておりました。

Hさん、すごい上手なので何でも教えてくれます。




近くにいるキャディ子さんに質問したら、



「中島プロに聞いた方がええよー。だってプロなんだから、ぎゃはははは!」


・・・






でね、私、OBとか当たり前のように出しながら、でもちゃんと言いつけを守っていたらボギーとかたまにはパーとか出るようになって。

なんじゃこりゃ? とか思いながら調子こいていたら、一番びっくりしたのが出ました。



ピンまで残り90ヤードくらいの距離を、教えられた通りにピッチングで打ったら・・・




「ぽーん、ぽんぽん・・・ころころころころ・・・かしゃん、ころーん・・・。」



って。

ありゃま、入っちゃった!

びっくりくりくり。

皆さんとても喜んで頂いて、


「テレビで観たことあるやつー! すごーい! 」


って。

もう得意満面。

猿が一番難しい芸をこなした瞬間な気持ち。




「写メ撮ろうよ!」



とのお言葉に、



「結構です、自分、こんなのいつでも出来ますから・・・。」




石原軍団のように。


心臓がばっくんばっくん言ってたけど。


あはははは、あほだぞ俺。








まね、こうして楽しい時間を過ごすことができましたぞ、な、そんな独りよがりなお話でした。

よみうりカントリー3


ゴールーフッ 最高 !


よみうりカントリー5


やべぇ、ハマらないようにスイッチを弱にしておかないと・・









で、着替えて、これからのみに行ってきます。


先日取材して頂いた、電撃ホビーマガジンのSさんと。

うわー、若干からだが悲鳴を上げていますが、これも楽しそうっ!



その様子はまた書きますわ!

いつもの飲みネタで。




サラバ。


6

撮りの位置 酉の市


酉の市。

東京、新宿にある花園神社に行ってきました。

お参りにね。

何の意味かはよく分からなかったのですが、後で調べてみますと、




<例年11月の酉の日に行われる、各地の鷲神社(おおとりじんじゃ)の祭礼。
 古くは酉の祭(とりのまち)と呼ばれ、大酉祭、お酉様とも呼ばれる。
 酉の市で縁起物を買う風習は、関東地方を中心とした年中行事。>




ってことらしく。

なるほど・・・関東地方特有のモノですか。

それであんまりピンと来なかったのでしょうかね、今まで。

日切りの地蔵さん・・・だったっけかな? 岡山では小さい頃にそういうのには行ったことがあるような無いような。

どこにでもいわれのあるお祭りって有るんだなーと。





<日本武尊が鷲神社に戦勝のお礼参りをしたのが11月の酉の日であり、その際、社前の松に武具
 の熊手を立て掛けたことから、大酉祭を行い、熊手を縁起物とする>




ふむふむ、それで熊手があちこちで売られていて、そのたびに三三七拍子が起こっていたのですか。






ま、何せ縁起物なので誘われるがままに行きましたが・・・あらま!

お正月じゃないのにお正月、みたいな!

もんのすごい人手ですわ!

かなり大きなお祭りですぞ、これは。


酉の市2


暗くてわかりにくいけど、ずーっと人が並んでいます。



で、

酉の市1


こんなんなってて。



おお、江戸! って感じの。



これも写真では全く伝わらないのですが、夜店がじゃんじゃん並んでいて威勢の良い声が鳴り響いています。

それと共に、イカ焼きやらたこ焼きやら鳥焼きから何たら焼きまで、境内をかなりの香ばしさが包んでいるのでございます。

自然、お酒の見たいスイッチが<強>に。

ふと周りを見回してみると、顔をいい朱色にそめたおじいちゃんたちがはっぴを着て飲んでおります。

おねいちゃんも飲んでおります。

おばちゃんもお兄ちゃんもみんな。

に、見える。

飲みたい飲みたい飲みたい・・・アル中アドレナリンが全身を覆います。

が、一緒に行った方もまだ仕事があるので飲むのは無理。

ガ・マ・ン。



すごい幸せ感満載な香りに包まれていたのですが、ここは諦めるしか有りません。

いやでもこれから年末にかけて飲み続ける訳ですから・・・




酉の市4


そのへんで寅さんが得体の知れないモノを売ってるみたいな雰囲気でしょ!





いやいやいや、そうでなくても人手の多い新宿が、お巡りさんをいっぱい導入してもてんやわんやなお祭り、酉の市。

言葉だけ何かのセールやチラシで聞いたことがあるだけだったのですが、これは次回も来てみようかと思いました。

飲む用意してね。

威勢の良いケンカなんかも見られるかもしれませんし。


うおうっ! 楽しそ!







で、これまた知らなかったのですが、花園神社の境内の中に、もう一つお参りをしなければならない神様がいらっしゃいました。



酉の市3


芸能の神様。

もちろん頭を下げて参りました。

心が妙にざわつきますな、こういうところに立つと。

落ち着かなければならないのに・・・人間の軽さが出てしまいます。

うーむ・・・いとをかし。








神様って、お願いばっかりしてちゃいけないんだからー! そんなの聞いてもらえないんだからー!






分かってるのに、土下座する勢いで頼みまくってしまう自分。



綿あめのような軽薄さ・・・



いとをかし。






祭り菓子だけに。

・・


12

グジグジとグチらせてたもれ


またしてもね、飲みネタなのですが。

先日、畑澤監督と飲みました。



↓監督のホームページね。

http://ameblo.jp/bitbullet



漫画家の岩本先生も来られて。

タレントさんとスタッフの方、まぁ知らない方ばっかりですがそこは酒パワー。

あっという間に皆さんと仲良くなり、きゃーきゃー騒いで飲ませて頂きました。


ウーロンハイを卒業した妹尾もお湯割りにすっかり馴染んできまして、くいくい飲んでおりました。



馬鹿話ばっかりでもなく、少しは真面目な話をしなければ二度と呼んでもらえそうにないのでなんとか頑張っておりましたさ。

そしたらやはり少し話がずれてきたのですが、会話の着地点がなんと幕末系。

私、めちゃめちゃ好きな話でしたので興味津々、耳ダンボで伺っておりました。

ドキドキするような話がいっぱい!

他の方の迷惑も顧みず、すっかり入り込んでおりました。

監督も大好きな世界らしく、まぁ詳しいこと詳しいこと!


そーなんすか! や、 なーるほど! のお話ばっかり。

書簡が多く残っており、フィクションの入り込む隙が少ない時代のこと。

ほとんどが史実として生きたまま語り継がれております(らしいです)。



そこの隙間をちょちょいと想像してドラマを加筆していくのが作家さんなのお仕事ですが、個性がもろに出てきます。

いわゆる<有りモノ>をいじくるわけですわな。

芝居の世界でも、幕末モノはめちゃくちゃ多く存在します。

芝居を観に行きますと、



「そこまでやっちゃうかー!」


とか、


「面白い切り口だなー!」


とか。

好きな分、あんまりワヤクソにいじられていると腹が立ったりもしますが、それは私の人間が出来ていないだけで。



何せ素材としてはものすごい有り難く、そしていつまで経っても輝きを失わないものなのでしょう。



俳優という人間の多くが、何かしらの共通点を彼らに求めることが出来るから・・・か、もしくは憧れる人生観だからか。



まーね、とにかくいろんな事を考えさせてもらい、刺激を味わえた楽しい夜だったということです、はい。











実はこの飲み会の話をバカの一つ覚え的にブログに載っけようと思っていたのですが、そうもいかない心持ちになっております。


というのも・・・もう書くために思い出すのもイヤ!ってくらい腹立つことがありまして。

私、今現在胃腸がバク宙しそうなほどムカついております。





昼間。

ソックスを買おうと最寄りの駅、すぐそばにある某、湯肉路さんに行きました。

そしたらば、何か知らんけど安売りみたいなことをやっていて、ものすごい数の人が。

あふれかえるという表現がぴったりな感じで、レジに並ぶ人たちもディズニーランドのジェットコースターの順番待ちと変わらない状態。

一気にテンションが下がりまして。

帰ろっかなーとか思ったのですがせっかく来たので一応サクサクッと見てみることにしました。

通路の人をかき分けながら目的の場所を探します。

そしたらば、歳は多分私と同じくらいのオバハンが、ド派手なリュックに訳の分からん昆虫みたいな格好をして前を歩いています。

すると、何か気になるモノが目にとまったのでしょう。

急に向きを変えて横に移動し始めました。

自然、後ろから歩いてきている人たちと軽くぶつかるような。

その中に、小さい、3~4才くらいの女の子がいたのですが、なんと払いのけるようにガンッと手で払いのけて行きました。

女の子、よろよろってよろめいて転びそうになってる。

何だか酷いコトしやがるなー、と思いながら私が近づきます。

そしたらば、今度は私を、今度は両手ではっきりと突き飛ばそうとしました。

ドンって。

もちろん私はよろめきはしませんが、その態度っていうかやられたことに腹が立ち、何事もなかったかのように後ろ向きになっているオバハンに、



「おい!」


と呼びかけました。

完璧に聞こえているのよ、俺の声。

シカト。

で、持っていた手提げカバンでオバハンの背負っていたリュックをこづきました。


そしたらば、瞬間的に振り向いて、かなり大きな声で




「きゃー、なになにぃ? 
   
  いやだぁ、こわーい!
     
    しんじらんなーい!」







って。

繰り返しますが、ものすごいでかい声で。

完璧に用意された言葉。

図部手理解している確信犯。



オバハン的に説明すると・・・まずシカトしておいて、それでも何か言われたらこー言ってやろ、的な。

リュックに衝撃が走って振り向いて叫ぶまで0.001秒くらい。

舜転って言うか、蒸着っていうか。


唖然としてしまった私・・・に周りの人の視線が一気に集まる。



「チカンですか? 自分。」


的な視線。


・・・


オバハンは、こわーいこわーいって言いながらすたこらさっさと歩いて言っちゃうし。



「何? あの大きめの男。」



みたいな声が聞こえてくる。

頭に来て追いかけていろいろやったろうかー・・・っていうのと、ここはメンドクサイから一旦引いといた方がいい・・・ってのがマイこんぴーたーをグルングルン駆けめぐる。




私は後者を選んだのですが・・・

エレベーターを降りながら寒気がしてきて、黒目と白目の境が分からなくなるほどムカついて。

神様が見ていてくれて、もしも私の言を証明してくれるなら・・・すっ飛んでいって体中の関節、特に顎まわりを全部はずしてやりたい衝動に駆られましたぞ。

今も。




グラップラーしんどろーむ。

範馬 刃牙な。(スルーどぞ)






はー、久しぶりにムカついてムカついてむかついて。

女がキャーって叫んだ瞬間から正義と悪の立場は決まってしまうのね。



まぁ、小さい女の子が転んで泣いたりしちゃってたら文句なしに取り押さえて警察でも何でも呼んでもらおうと思いましたが、そこまでじゃなかったから引いてしまったのですが。




終わってからグジグジ言ってる自分も本当に情けないです。



すんませんでした。








きっとこんやははらたちすぎてねむれそうにないのでちゃいなどれすのおねぃさんにひざまくらしてもらっていーこいーこのもうそうめざしてねることにしようとおもいます。













6

ちょっと面白いぞ




面白いものみっけ!

関西のみ仲間?というか普通に友達のTOMMYさんのミクシーを見ていたら、


「ザ・葬式」 という占いがあるって、これまた知人の方から聞いたんですと。

その知人も私の知人だったりするけど、多分、いや、確実にへから夫人さんだと。




ま、とりあえずやってみました。

なんか、結果を知るのが怖くてちょっとためらいましたが・・・ま、興味本位で。


結果、私102歳まで生きるんですって。



長っ!



んで、葬式には全部で15人来てくれるらしく。

内訳は、<巨乳美女14人>、<米大統領1人>。

おいおい、突っ込みどころが多すぎて何も言えないぞ!



SP連れてこないの? 1人で? じゃ、マブダチが大統領? お忍び系? 

巨乳美女って、102歳で俺はまだまだイケてたりするのか?

ってか、身内はどしたの? 嫌われじいさん?







むむう・・・


次に、本名じゃなくて妹尾青洸の芸名の方でやってみました。

そしたら77歳で死ぬんだと。

ま、普通か。

で、葬式に参列してくれる人の内訳は、人数はやはり15人。

ってか、この占いは15人限定なのだろうね、きっと。

で、<元彼女13人>、<総理大臣1人>、<マッチョ1人>。



・・・

のーこめんとで。




どの名前でもダメな人じゃない?俺。

多少意味不明な参列者がいらっしゃいますが、きっとこれから私は多くの恋をくり返し、そして多くのキワな出会いを重ねていくのでしょうね。



・・・


今後の自分に幸、多からんことを!


びば。










↓男性用。

http://maker.hanihoh.com/d/?hanihoh_2


7

エンジェルの翼、ギリ折れなかった

今岡、ロッテか…

よかった!

藤本もヤクルトに決まりそうだし。

活躍の場が与えられてホッとしてます。

二人とも大好きな選手だから!








断食してるって。

何も話さないって。

日本最強の卑怯者だわ。



腹立つなー、この期に及んでまだ逃げを打つそのあさましさ。

罪を償う気持ちが全く無いからできる阿呆の抵抗ね。
クソガキがぁ…










私、こないだ身体のことを詳しく分かる人に診てもらったら、



「妹尾さん、内臓が冷え切ってるわ。冷たいもの採りすぎてる。腎臓がかなり弱ってるよ。このままじゃ必ず壊します。」



って。

私は年間を通してアイスコーヒーと牛乳はかかしません。

酒を飲んだ翌朝なんかはがぶがぶ冷たいのを2Lくらい飲みます。

腹は強いから朝から牛乳一気しても平気なんだけど、知らないうちに冷やしてたのね。

背中が盛り上がるくらい冷たく腫れてるらしく。


そういえば父親も腎臓一つ取ってるし。




「これからはウーロンハイをやめてお湯割りにして下さい。アイスコーヒーも牛乳もアホみたいに飲まないで。これマジよ!」


だと。

ギックリ腰も完全に冷えた内臓と筋肉が起こしてるんだって。




果たして俺からウーロンハイを除いたら何が残るというのだろう。

翼をもがれた大きめなエンジェル…










夕べの「ゲキ塾。」の稽古に佐藤洸君が顔を出してくれました。

彼はアクションコーディネーターも兼ねる俳優さん。
役者いぢりな飲み会で知り合ってから仲良くなりました。

昨日もいっぱいアクションを教えてもらいました。

すんげー寒いのに汗だくになって、そらまー皆で楽しませてもらいましたわ。



んで、関西で飲んだときに来てくれたTOMMYさんとも仲良しらしく。


じゃあってんで、何がじゃあだか分からないけど飲みに行くことに。

わーいわーい、お酒おちゃけ!

結局いつも通りな景色に落ち着いて。



ハタと思い出しました。

ウーロンハイやめとけ命令。



むーんむーんと唸りながら、挑戦しましたよ、お湯割り。

もちろん飲んだことはありますが、ふーふー冷ましながら飲んで楽しいのだろうか。

笑って飲めるのだろうか。



ふー、ふー、ゴクゴク…




ありゃま。

全然いけるわ。

梅干し入れたりして。



うん、問題無し。

がっつり酔える。

これで身体に良いのなら、そんじゃーそーするわ。





という馬鹿の一つ覚え的な酒トーク。




佐藤君、有難うねー、また来てねー、舞台頑張ってねー。

ねー、ねー、ねー!

6

にゃはははは! プチ同窓会

めっちゃいい天気。


ウフッ!

飲んで待っていたら果報が来た!

いやいやいやいや、いい感じ。

ホッとしました。

自分にとって結構大きな案件だったのでめちゃめちゃ嬉しいっすわ。

ご心配下さった皆様、有難うございました。

これで安心してブログも続けられます。








で。


昨夜、仕事終わりに関西高校の友達と会って飲みましたさ。

羨ましいほど絶倫の石○君が、もう一人仲良しだった平○君を連れてきてくれて。

28年ぶり。

出張先の新潟から駆けつけてくれて。


皆、その道のプロとしてめちゃめちゃ立派に生きております。

関西高校、バンザーイ!





いやー、それにしても大昔の話・・・覚えているものです。

っていうか、話しているとどんどん思い出してくる。

一緒にバイクを無免許で走らせてくれた稲○君、秀才のハヤ○君、近所に住んでいて、小学生の時からいっつも一緒にいた友○君、あとあといーっぱい。

電話で話も出来たりして、脳みそがスコーンと当時にワープしました。


全く同窓会的なモノに縁がないのだろうと思っていたのですが、涙が出るほど嬉しかったですわ。

あまりの嬉しさにこれまたいっぱい飲んでしまい、膀胱の辺り感覚が麻痺してて。

帰宅した頃にはおしっこを漏らしそうになってましたもの。

犬的な。


あとはねー、お店をやっている奴もいたりして。

とにかく今度帰京したときの大きな楽しみが増えました。




・・・すっかり蚊帳の外、忘れられていると思っていただけに・・・キャー、またおしっこが漏れそうになる。







生きてるって素晴らしいわね! そんな一日でした。

しばらく興奮が続きそうです。



<業務ではない連絡>

あの、もろ個人的なことですが、妹尾の事を覚えていてくれて、今度飲もうよ・・とか思ってくれる奇特な方、もしもこれを読んでいてくれたらコメント下さいませ。

今度の正月、なんとしてでも帰京したいと考えているので・・










<ここからはケイ様との個人的なやりとりだからすっ飛ばして下さい>

ご高説、しかと賜りました。

自分を発見できました。

有難うございます。

何気に書いていて、こういう印象を与えているのかーと。

政治に関しましては私は何も分かりません。

特にどの政党を支持するとかもありませんし。

ただ、変えてみようとする勇気が好きなだけです。

もちろん続ける力というものも必要だと思いますが、自分は迷ったら動く、動けるというそのパワーを持ち続けたいと考える人間でありまして。

パワーを振り絞る人、その行為を応援したくなる、って感じかも。




武市の話は、本で読んだことの真偽が確認できた、と言うだけのことです。

彼らのように、動くパワーを持っている人でも、そのやり方として人を殺す手段を持つ者を私は尊敬しません。

当時とは善悪を含めたイデオロギーが違うので一笑に付されそうですが、現在に生きる私は現在の感覚で捉えて、そして繋いでいきたいと考えます。

殊更に維新を起こそうとする人たちが、変節についていけない考えで大戦をおこし、国は傷つきました。

が、それがあったから今がある、みたいな考えも。




一人の人間の中に、共感できる部分とそうできない部分は混在します。

一部を捉えてその人の全てを受け止める・・・のは間違った啓蒙に繋がる気がして。

まぁしっかりした筋が私の中に無いからなのですが。




うーん、面白いし難しい。

今度飲みながらこんな話をしたいです。

いっぱい聞かせて下さい!


有難うございました。





6

酒を抱く季節

先週末。


「インスデル」という芝居を観に行きました。

以前お世話になったことのある宮川賢さん主宰の、ビタミン大使ABCです。

ゲキ塾。のさっちゃんも出演しています。



いやいやいや、頑張っておりました。

本人曰く、ものすごい楽しんでいるそうで。

これはまた、貴重な経験をしていると思われます。




芝居自体もとても素晴らしいもので、十分に楽しませてもらいました。

と、終演後知人友人に挨拶をしようと楽屋に尋ねていこうとしておりましたら、



「妹尾さん!」


って。

はい? と振り返りましたら、おおお、ボッチが。

東地宏樹君。

プリズンブレイクやウィルスミス、金城武等々の吹き替えで大活躍している声優さんです。

もう、十何年になる付き合いで、お互いの家を行ったり来たりして。

良いこと(少し)も悪いこと(いっぱい)も、兄弟のようにして遊ぶ仲でしたから。

野球のチームも一緒ですし。

ですが、最近はなかなか会えないでおりました。

今回は多分ほぼ1年ぶりくらい。




「お互い、アホみたいな事やアホみたくない事で忙しくなったなー。」



とか言いながら飲む。

やはり飲む。



高田裕司さん(大声優)や奈良チャボ君(今回も主役)、ボッチ、藤崎拓也君(マブダチ俳優)、さっちゃん、知らない人たち若干、出演者という、まぁ絶対に大人しくならないメンツで飲みに行ったものですから、そらもう大騒ぎだわ。

ウルサいのウルサくないのって・・・100%ウルサいんだけどね。

ひさびさに旧友と席を温めるのはとーっても楽しいことだったぞ、と。



その次の日もちょいとしたイベントで友人が家に来て、これまた山ほど飲むことになり。

お腹の中がガッポンがっぽん。


そんないつもの飲んだ話。


まぁおかげでぎっくり腰の痛みは全く感じてませんが。






今日のゲキ塾。の稽古終わりでも、さっちゃんのお母さんが観劇のために上京していて、やっぱし飲むことになってるしね。






で、そうこうしておりましたら、先日大阪でこのブログを読んで下さっている皆さんと飲んだときに・・

私の高校時代の友人が来ておりましたが、その石○君から連絡がありまして。




「妹尾、今度の火曜日から出張で東京に行く。飲み直そう!」





って。

きゃー! 明日ね。

行く行く。

断る理由なんてどこにもないし。

もう一人連れて来てくれるそうです。

これまた28年ぶり。

どんだけ?な。

嬉しいですねー、旧友攻撃。




飲む隙に生きているような感じになっていますが、年末がちかずいてきましたのでそれもまたやむなし、否、願ったり適ったりかと。



俺の休日は確実に休日より少ないわ。












どきどきどきどき。

今日です。

どきどきしていることに結論が出るのは。

人事を尽くして寝て待ちませんでした。

人事を尽くして飲んで待ちました。



先方さんからの連絡を受けるのですが、結果が哀しいお知らせだったら、へこんでしまうかもしれないので・・・

元気があるうちにブログを更新しました。

さー、どうなることでしょう。

















ケーサツの人へ。

女子大生がバラバラにされてしまった事件。

お願いですから捕まえて下さい。

もう、あの報道を見るたびに胸くそが悪いって言うか、意味が分からんようになるんです。



なんで?



何なんやろう?

どうやったら人間が人間にそんなことできるんだろ?

常識や笑いの感覚、愛すること、涙すること、全部違うラインを持っている人なんだろうなーって。

環境なの? 教育なの?

とにかく今後の人生のために知っておきたいわ。

全否定するけど。



19歳。

これからほとんどの人格を作っていく歳よ。

何もかもこれから。

夢がいっぱい、可能性の固まり。

それを一撃で否定しちゃダメだわ。



真面目に思うよ。

本当にメタルダーに変身できたらなー、って。



全く関係のない私ですが、心からご冥福を祈らせていただきます。












あとね。

無理矢理話を変えますが、ちょっとびっくりして嬉しいことがありました。


興味のない方はすっ飛ばして下さい。




武市瑞山の切腹直前の書状がみつかる!ってニュース。

無念無念・・・と書かれていたものだそうで。



たかだか150年くらい昔に生きた、今の私なんかよりも全然年下の若者が。

国を憂えて、平和と平等のために・・・国事に自分を晒して生きていく様。

ありとあらゆるモノが多様化し過ぎている現代には当てはめるべくもないですが、いろんな事を考えさせられずにはいません。

ま、この辺りは長くなるのでやめますが、次回飲んだときのトークとさせて下さい。


それにしても記帳な、そして今言われていることが嘘ではなかったと再確認できる文章が見つかりました。

素晴らしい!




私も、もっと太極を睨める男になりたいモノです。


ちっちぇーなー、俺・・・





7

寝たいときには寝れんきに・・・

昨夜、休肝日と称して酒を飲むのを我慢したらまた腰が疼き始めた。

やっぱ飲まなきゃダメだわ。







今日から「ゲキ塾。」のさっちゃん(湯川智子)の芝居が始まります。

初舞台。

恋のからくり夢芝居。

稽古不足を幕は待たない。



役者人生に於いて、プロとしての初舞台というのは一生に一度のモノ。

生涯忘れることのない、スンバラシイ思い出になることは間違いなし。

この芝居には私の仲良し後し、チャボ君も出演していますし、ゼッツ(野球チーム)の仲間の高田裕司さんも出演してる。

ヨロシクねーみたいな話もしてあるし、まぁ安心です。

なんなら演出家も知っているし、にぎやかな感じの空気に守られていい体験をすることでしょう。

頑張ってねー、さちゃん!



緊張するようなタマじゃないから大丈夫だろうけど、逆に緊張しなさ過ぎそうで怖いわ。





私も初めての芝居、はっきり覚えています。

初めてでね、大きな芝居の主役をいただきました。

やくざや兵隊やいろんな衣装に着替えながら、1ステージで3kgくらい痩せちゃうんだもの。

妹尾汁を出し過ぎで。

死ぬほど飲んで元に戻して、また痩せる・・・かなりハードな、でもお客さんいっぱい入ってくれて嬉しかった、みたいな。





殆どの仕事の台詞を忘れているけど、あの芝居のは所々覚えてますもの。

やっぱ強烈な印象が身体に残っているんでしょうね。

九州弁、博多弁? なんか、川筋モノのおっかない芝居でした。

特攻崩れで帰国して、愚連隊からやくざになって親分になって、ほんでもって近親相姦しちゃって。

はちゃめちゃな。

アクションも満載だったし、もう今となってはあんなハードな役回りは出来ないだろうなーって。




ああ、懐かしい。










実は今。

めちゃめちゃ面倒な問題に直面してまして。

いろいろと動き回っているのですが、なかなか良い回答が出てきません。

今週末か来週の頭には分かるはずなんですが。

久しぶりに真剣に困っていて、あれもこれも何でもやっておりました。

多分、これで万策尽きていると思われるのですが・・・





あとは野となれ山となれ、私の5番目くらいの座右の銘を引きずり出してきております。


人事を尽くして寝て待つ


どう、これ?

自分専用の言葉、なんか赤い彗星みたいな言い方ですが昔から気に入っている言葉です。

最終的には果報が来ることしか頭にない、そんな哀しい文言ですがそうじゃなかったら言い聞かせる意味がないもの。

悪い結果なんて待ってたまるか。


でもね、久しぶりにこのキャンペーンを実施してみましたが、歳のせいかなかなか寝て待てません。

いらいら落ち着かなくて、早く答えが知りたい! ってな感じで。



アカンね、いらちやから。










今岡君、広島入りするかもしれないって。

金本とか新井とかお世話になっているので、広島でまた大輪を咲かせて大暴れしてもらいたいと願っています。

阪神が打たれても納得するから、多分。



まだ終わるには若いよ、ガンバってね、今岡君。

ついでに浜中も。

あ、あと、ジェフも。








げにまっこと夜明けは近いぜよ! 何の夜明けぜよ。








9

ワイパーつけたら負け

大嫌い。



きっと日本全国、このブログを読んでいる皆さんの家でも雨音が聞こえているんでしょうね。

よく、他人に言われて挑戦してみるのですが、自分の頭の中の回路をどういじくって、どう配線し直して、何回再起動してもが好きになれません。


死ぬほどおセンチになってみて、少女のように憂えてみても、やっぱり雨が嫌い。

びしょびしょになるし星も月も太陽も見えないし走って遊べない。

鬱陶しい、煩わしい。



そら、お百姓さんが日照り続きで困っているのを見たり、干ばつで雨乞いをしている人たちからしたらシャレにならないわ、俺も雨ふれって叫ぶよ。

でも、単に今の日本だけで、平和時を想定してて、で。

雨が嫌い。

はぁー。





毎日毎日。

えぶりでぃ、エブリディ。




メールの受信ボックスにね、


「バイアグラ買わんかい? 安ぅしとくよ。」


的なのがめちゃめちゃたくさん送られてくるんですけど。

えーごで。


「ゲキ塾。」の問い合わせのヤツからも来る。

そんなヤツと芝居の稽古は出来ません。




全く、どこで誰がどう調べたのか知らんけど、自力でいきますから。

もう送らないで下さい!






街を歩いておりましたら、お兄さんが


「これどーぞー!」


って。

ティッシュだろうと思いながら受け取りましたら、あれま! マスクです。

これは気が利いてていいなーって。

インフルエンザを予防して下さいねって書いてある。

一緒にティッシュも。

可愛らしい女のこの絵が描いてある。



「感染していいのは恋のウィルスだけ。 ・・・わく○くめーる。」




なんだろ?

何屋さんなんだろ?



ちょっとオサレな感じだけど、よく見るとイケてない感じ満載なフレーズ。

なんたらかんたらドットコムって連絡先が書いてあるのだけど、連絡しませんでした。

ちょいとやらしぃ感じがして。

よくないモノ屋さん?


なんか、そうなったら


「このマスク大丈夫かいな?」


って思ってしまうから不思議なものね。

これが銀行とかが配っていたら安心なんだろうけど。

イメージってすごいわ。






ま、どちらにしても私はマスクを使うほど弱虫じゃないので人にあげちゃいましたが。

細菌ごときにビビってたら人間やってられない。








卑怯者の人殺しが捕まったって。

当たり前だし、何の感動もない。

往生際の悪い最低男に興味を示すほどヒマじゃないし。

娘を亡くしたご両親の心情は・・・言葉にするとぬるすぎるから。


いらん奴ね、さっさと排除すればいいのに。











今岡が。

トライアウト。

打点147たたき出した天才が・・・

・・・育つほど頭を垂れる稲穂やね、やっぱ。

初心、向上心、謙虚、感謝、気合い・・この辺りは人間が成長するに当たって1パックなのね、きっと。

一個でも欠けたらだめやね。







自分に言い聞かすわ。

きっとアホのポン中が二人ほど復帰してくるのでしょうな、ゲーノーカイに。

いわゆる、そういう名目の世界に生きる自分は律していかねばなりませぬぞ。

そんなんもいりゃ、こんなんもいるし。

他人様から後ろ指さされるような生き方は目指してないけど、サクサク刺されてる人がいっぱいいます。

同じ土俵に。

だから、だーかーらー、時々は声に出して入れ直さなきゃならんのよ。






びしーっと気合いをね、自分にね。







雨が降ったら面白いことが起こらないし、思いつかん。




12

腰痛には焼酎

骨が・・・腰の辺りの骨の辺りが・・・おかしなコトになってからずいぶんと時間が過ぎまして。

イタイの痛いの、全然飛んで行かなくて。

相変わらずフニャフニャした生活をしていたら、なんだかとっても虚しくなってきました。


おぢぃちゃん的なさみしさ。





うおおおおおおっ!


もう腰が痛いのはいやなので、なんとか解決しようと禁酒もしてるのに・・・

それが良くないのだと発見。


酒も飲まないでじっとしていたのが余計に身体に障ったのですきっとそうですそれしかない。

飲まなきゃ治らない!


否、飲んだら治る!




で、昨夜、飲みに行きました。

治療で。

痛い腰を奮い立たせて。

歩き方がね、何か変。

妙に背筋がシャンとしてて、身長が伸びたかのような姿勢。

猫の背中を無理矢理バレリーナっぽくした感じ。

でも、そうでないと歩けないのよ、上手に。

上半身の重みを感じないように、腰に乗っけて歩く感じ。

なんだそれ? 何の感じかは置いといて。




串カツ

*イメージ
(この写真は昨日のじゃなくて、こないだの大阪の串カツやさんだけど。)

ビール飲んで焼酎飲んで、ゲラゲラ笑っていたら・・・ほら不思議。


治りました。

ちあーんと!

帰り道は普通に、スキップスキップらんらんらん! でしたから。

最初から飲んどけば良かった。


グリコ

(こんなに元気になりました・の図)



やはり痛みや毒は身体の内側から消毒するのが大切なんだなーと再確認しましたぞ。

ヘタに坊さんみたいなことをまねしても余計に毒素が溜まってしまうのですね。







「プレゼントが届いています。」

事務所から連絡があったのはちょっと前でしたが、ようやく受け取ることが出来まして。

阪神タバコ


わき さん、有難うございます。

これはもう、間違いなく死ぬまで未開封決定です。

飾らせて頂きます、いつも必ず見えるところに。

2003年の限定版ですよねー、持ってないですよー、嬉しいですよー!











腰の痛みが消えたので元気にお外で遊ぼうと思いましたが、二日酔いで気持ち悪さが残っていて。

全く外出する気になれない・・・時に限って何だかんだと呼び出されるんですな、これが。

仕方がないので生きるために動きますわ。



10

ウッフン・・じゃなくて鬱憤

ふにゃふにゃしてます。



杖、買ってこようかと思いますが買ってくるのが大変なのでやっぱりふにゃふにゃ生きてます。

生きる屍、大きいのでメンドクサイ。

自分の身体を恨みますわ。






ゲキ塾。も皆さんに迷惑をかけてしまいましたし・・・

情けないですねー、やはり健康が一番なんだなーと。





家でやっていることがあります。

日ハムの応援。

ってか某金満球団の否、応援。





武田久・・・なっぁぁぁああああにをさらしとんじゃい!

ぶちこわしですか!





愛する阪神に例えると。

先発、おぢさん下柳が好投、球数も少ないので8回まで投げるが見事に0点に完封してて。

相手、金満チームから移籍してきた○○が見返してやれ!とばかりに後を繋ぐも、死球とエラーを足がかりに1点失ってしまい同点に。

続くピンチは落ち着きを取り戻して押さえるもとっても悔しそう。

9回表、4番金本、やりました、千両役者。

値千金のホームラン!

見事な流し打ち。

こうなりゃ勝ちパターンだねってんで藤川球児がマウンドに。



「おりゃ!」  

「カキーン!」


あれれ? けんかっ早いので有名な亀井君にホームラン打たれたよ・・・

同点に追いつかれちゃった。

こりゃ延長戦か・・・って、あれれ?

「かきーん!」

阿部君にも打たれたよ。

中央大学の二人に打たれるって何か意味あるの?

押さえのエースがたったの4球で逆転サヨナラ負けだよ?

これは士気が落ちますわね。

・・・




むむぅ。

あのね、野球はスポーツで、それを楽しみたいのよ。

プロはそれのすごいヤツ。

自分なんかも草野球やってて、重い身体を引きずりながらボール追っかけてると感じるんだけど、プロ野球を球場に見に行って、練習なんかでボール回しを内野手がやってるのを見るだけでスンゲーナーって思うのよ。

弾がぐんぐん伸びたり、打球のはじけ方とかドライブのかかり具合なんかも、そらすごい。

それが、圧倒的に一つのチームだけに力が集中してしまうと、本当につまらないんだもの、試合が。

だから子供達が球場離れ、野球離れしていくのよ。




ドラフト、面白いドラマもありましたね。

高校ナンバー1、菊池君。

彼は間違いなく化け物でしょう。

能力、すごすぎます。

松坂以上? かも。

左で、しかも身体の出来ていない年齢であれだけのスピードはあり得ないよ。

でね、周りの人間が言うには、ものすごく人間が出来ているんだと。

全ての人に感謝して? 謙虚に? 他人を思いやる? とか、その辺の俺が全然出来ないことも全部出来るみたい。

聖人君子。

いまだに後輩にやらさないんだって、トイレ掃除。

そんな18歳、自分の周りにいたら気持ち悪いけど、とーっても評価が高い。




「も少し天狗になれば? 若いんだから。 今のうちに生意気やっとかないと面白味に欠けるよ。」



なんて私はニコニコ考えるタイプですが、ま、とにかく素晴らしい青年だと。





「ユニフォームが野球をするワケじゃないので、選んで頂いたチームに行きます。」




現行のドラフト制度を理解した上でのものすごい大人の発言です。

楽天のマー君も同じようなことを言っておりましたが、今の活躍を見れば人間性も大成するプロ選手の大きな要素なんだなと納得します。

ま、菊池君、めちゃめちゃ応援したくなる存在ではありますね、間違いなく。





某金満チームに入った△△君・・・

社会人を経ていますが確か3期見過ごして金満に。

それまでのお誘いを全部断ってきて。



こういう分かりやすいわがまま言うやつに限って、


「他人が色々と言うが、自分の信じたことを貫けばいい。」


なんて言います。

この言葉はとてもTPO、使い分けが難しくて、どんなときにでも当てはまる言葉じゃありません。

まだ何もやっていないときからこれを言うのは明らかに周りに対する配慮、感謝が足りないんじゃねーのかなと思います。

千葉ロッテに4位で指名された○○君、


「4位っていうのは面白くねーし。 断ろうかなー。」


って。

その子に言ってますもの、△△が先の言葉を。



人間力がその道で大成させる大きな要素だとするならば、こいつらはもうペケ、って感じ?


二方の行く末をほほえましく見させて頂きたく存じます。








大体がね、お金いっぱい持ってるところが強いって、博打の胴元じゃないんだからさ。

ひがみとかやっかみとかなんだろうけど・・・





プロ野球がね、ケガしないように気をつけてやっているペナントと違ってWBCやクライマックス、日本シリーズなんかを見ていると、やっぱりまだまだ面白いしプロってすごいと感じるからさ、子供達にもいっぱい興味を持ってもらいたいのよ。

昭和→野球、平成→サッカー・・・じゃなくて。












34とか35ってのは女として魅惑の年齢なのかね?

毒蜂の周りで男の人が亡くなっているニュースが連日報道されているけど・・・哀しいニュースだなーって。

男の人が。

死んじゃったってコトじゃなくって、その原因になるような女を見抜けなかったってコトが。

純愛だったんだろうね、直前のブログとかによると。

それが哀しい。

友人だったら何か言ってやれたろうに。




とにかく、他人の気持ちを操作して死ぬまで追い込む毒女は、偉い人がやっつけるか、逆に自分の毒を味わわせてやればよかですよ。

















痛いのと悔しいのと腹が立つのと整形して逃げるバカ男とお酒が飲めないのと寒くなってきたのと、全部面白くない!

そんな今日この頃。







15

ぎっくりクリクリくりっクリ。



朝起きて。



「今日も一日頑張るぞー!」


ってな気合いは全く入れませんが普通に起きあがろうとしました。

よいしょっと・・・




よいしょっ・・・・ふにゃにゃふにゃふにゃ、ズキン!

って。

上体を起こせません。

あれれ?

嫌ーな予感ってか、確信。


覚えてる、この感覚。



そ。



ぎっくり腰



鍼灸師の後輩のところへ飛び込みます。



「安静にね、酒もダメ、合気道もダメ!」


って。

座るのしんどいし、身体に力が入らないので、全身がハフハフしてます。

だから、よけいにモノを落とすし、落としたモノを拾うのがまた痛くて、拾ったしりからまた落とす。

いい加減自分の身体に腹が立つのですが、腰という部位だけはどーにもごまかしが効かない。




以前ここにも書いた、とーっても不思議な空気をまとった整体の先生に連絡してみようか・・・と考えながらウンウンうなっております。


186mの大きなおぢぃちゃんのできあがり。





家の中をほふく前進しておりますと、いつもと違った目線の空間ができあがります。



「おお、ここにあったのか、あのネジ。探してたんだよなー。」


とか、


「この隙間、ものすげぇ埃。 今度掃除しよっと。」



とか。



今、急を要する情報は一切入ってきませんが、ちょっとだけ新鮮。









・・・・・・・・・・・・




もう、どーでもいいわ。

こんなに痛くて不便なのは嫌です。

やらなければならんことがアホほどあるっちゅーのに。




やはりこんな時は、綺麗なおねいちゃんにいーこいーこして治してもらいたいのですが、実際にはそんな腰の余裕はありません。


さあ!

大きいおぢいちゃんの運命や如何に!







・・・・

はぁ。



9

秋の味覚と御利益


月が変わって。

じういちがつだってよ、おい。

祭りの後の静けさ・・・かと思いきや慌ただしいったらないわ。


今、面倒なことでほぼ毎日銀行のおじさん達とお話をしています。

楽しい飲み会じゃなくて、楽しくないお話で。

もちろんお酒もないし。


銀行に行ったり、おじちゃん達に来てもらったり。

もうね、1+1がすんなり2にならないのよ。

絶対に2なのに、2にするための儀式が多くて。

1を細かく刻んで積み上げて、もう一度刻んで煮て焼いて、醤油やソースをかけて、あれれ?1が1じゃなくなっちゃった、って。

だから足しても2にならないわ・・・あほか。


いぢくるからじゃん。



もうね、私はこういうへんてこりんなルールの多い職業には向いてないっすわ。

ガッとやってバッとなってグシャッて、で、ほんわかエロえろーんってなるのが好き。

ってかそれしかできないから。









例のごとく月頭、1日に地元の氏神様に行ってきました。

もう、ずーっと20年くらい続けてることなのさ。

何の御利益もないような気がするのだけどね。

宝くじには当たらんし、綺麗なおねいさんにも知り合わないし、チーズバーガー頼んだのにチーズ抜けてるし、ATMで1万円おろそうとしたら100円出てくるし。

でもね、バイクは盗まれるし事故にはいっぱい遭うし、戦国時代的に悲惨な現場にいっぱい立ち会うし。

逆御利益?

ぎゃくごりやくぅ?





でもね、今月の1日はね、神社に住んでいるおじいちゃんが境内を掃除してたのよ。

れれれーって、ほうき持って。

でね、



「おはようさんでーっす!」



って挨拶したら、


「あんちゃん、ぎんなん喰うか? いっぱい取れた(拾った)からやるわ!」


って。


ひゃんひゃん鼻を鳴らして喜んでおりますと、たーくさん持ってきてくれて。



家に帰ってさっそくビールと共に・・・・

!!う、うまい!!

秋の味覚やねー、とぐいぐいビールが進みます。

こんなニッポンの秋を満喫できるのも丈夫な身体で生きているからなのねーって思うと、やっぱり御利益ありまくったのかもしれませんな。



丈夫で良かった。

事故っても死なないし、変なところから変な物が出てきても死なないし、なんだかロボットみたいなコトまでやったし。




大金持ちになっても身体弱いとダメダメ。

うん、じゃー、これでいいんじゃん。




氏神様、アリガトゴザマス、な初秋。

じういちがつも悪くはないねー。




該当の記事は見つかりませんでした。