・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

歯で深爪した。

まだまだ名前が決まっていないMyブーブー。


近々名前を付けてあげて愛でていこうと思っています。




が。





とっても腹立たしいことがありました。


ホント、あと2週間もすれば全く気にならなくなることなんですが、神経の細やかな私には許せないほどのむかつきが。




そのブーブー、仮によしお君としておきましょう。

よしお君、早速キズをガリガリッと付けられてしまったのです。

多くの皆さんに人気のパールホワイトなんかは絶対に選ばない性格ですので、濃い色の車です。



10cmくらいのキズがAピラーのところに。




速攻で犯人が分かりました。


以前個々にも書いたことがありますが、近所の私の永遠のライバル・・・




ねこ。


・・・


ねこにゃんにゃんにゃん。







よじ登ろうとして、つるっつるだったので焦って爪立てまくって。


窓の所とかに足跡がぺしぺしと。





めらめらめらめらめら。



許しまっしぇん。


今度見かけたら、かん袋に押し込んでポンと蹴ってにゃあと泣かしてやります。



マタタビ誘導作戦。




私はカラスでも猫でも犬でもクワガタでも、敵とみなしたら本気で戦える能力を持っております。


毛を全部剃ってやるんです。




あのくそネコめぇ。



コラ、飼い主、外に出すなっちゅーの!







泣くなよしお!

カタキは父ちゃんが打ってやるぞ。

いたいの痛いの飛んでいけー。












最近、身体がおかしい事ばかりなので、とうとう健康診断を受けに行く決心をしました。



ドッグ?


猫ネタの次は上手い具合にドッグネタ?みたいな。





行くことを決めてしまって、周りの人に喋りまくっているのでもう後には引けません。


でも、それは作戦。


そうしないと絶対に行かないから。




本当に注射が恐い。


ただただ恐い。


でも行く。

いっぱい注射を打たれるの、分かってるけど行く。




これはまるで死ぬことが分かっていながらどうしても進まなければならない武士の心。



偉い。

これはかなり偉い。

自分を褒めてあげる。

テンションを上げておく。

せのおえらい。

せのおすごい。

せのおもののふ。



行かなきゃ知らないですんだ事が行って分かって凹む。


そんな気がするから止めておこうかなーとも思うけど。



おれはえらいからいく。




ここでも書いちゃったんだから、もー後には引けない。


出征する気持ちですが。


報告します。

多分来週。





8

マッキントッシュは難しいけど奇麗ね。


飲みました。

また。





稽古帰りに軽くね、って。

いつもの言い訳を軽くかましながら。

で、だんだん乗ってくると、今度は自分へのご褒美だからー、とかなんとか言い初めて。


自分という人は何も良いことをしていないのに、毎日毎日ご褒美ばっかり。

自分プレゼントが溜まりまくっています。


きゃー、嬉しい!


..........






こんな大人になるとは少しも想像していませんでした。

妹尾少年が妹尾おぢちゃんを見たら何というでしょう。



今晩は反省会とかなんとか言いながら飲むことになりそうです。




あほう。











ラーメン屋さんに入りました。

もちろん私は長くて細くてにょろにょろした食べ物が大好きなので、がっつり食べるつもりでした。





ところが最近、体に変化がありまして。

今までと同じ量を食べると胃がもたれてしまうのです。



この歳になるまで胃がもたれる、という経験が無かったので最初は驚きました。



きっと昨日の酒が残っているんだろう...

食い合わせが悪かったんだろう....


等々いろいろと考えましたが、どうやら違います。


食べ力がなくなってきたようなのです。




このラーメン屋さん、「普通」「大盛り」「特盛り」「超特盛り」が同じ値段ですぞ、と。


やっほー、わーいわーい。



「超特盛りください!」



つるつるずるずる...




食べきったには食べきったのですが。


店を出たとたん猛烈な気持ち悪さが。



酒の残りでもなく、喰い合わせでもなく。



うぇー、気持ち悪いよー、な状態が2時間以上続きまして。

このくらいのラーメンなんかいくらでも喰えていたはずなのに。




「もうダメよ、目で欲しがって昔のままに注文したらアホウなおぢちゃんよ。」




分かっているのですが店内でメニューを見るとどうしても大盛りから始まってしまうんです。


脳みそが体を理解していないというか。






絶対に克服します。


大盛りを頼まない方じゃなくて、気持ち悪さを感じない方に。


ガンバレ、胃袋。




こんなことでひしひしと老いて行くのを黙って見過ごす訳には行きませんぞ!


喰え、俺!

もっとたくさん、もっと大量に!




意味不明ブログ。









6

ぐっちゃぐちゃやで、しかし。



もうね、超貧乏に超ヒマ無し・・・



何でこんなに忙しいのでしょうか。

寝る時間もありゃしない。





皆様にとても勇気づけられるお返事をいただき、がんばらにゃーいかんぞと気合いを入れつつも、どーしよーもありゃしない。


パーマン二号じゃないけれど、自分二号が心底欲しいと思う今日この頃。









新しく来た車を掃除します。

いわゆる洗車。


昼の間にやる時間がないので夕方以降に。



洗車なんて全然好きじゃないけど、せめて新しいウチに洗っておかなきゃやる時がない。

あと半月もすれば只の中古車と変わりなくなるんだから。

ゴシゴシ、じゃぶじゃぶ・・・



キレーキレーにしていきます。

柔らかい木綿の布で傷が付かないようにきゅっきゅと。





ありゃりゃ?

洗っても洗っても綺麗になりません。




むぅ・・

寒いし冷たいし辺りは暗いし。


手もかじかんできております。



ホースで水をドバドバかけながら擦っているのですが、なんか茶色っぽいすじがずーっと残っています。


だんだん腹が立ってきてムキになって擦ります。



1.水をかける。

2.すかさず柔らかい布で擦って洗う。

3.茶色くなる。





2と3の間がおかしい。




ぴゅー、ぴゅー、ごー、ごー。


ものすごい風邪の音に振り返ると、向かいの小さな公園から風に煽られた砂が小さな竜巻を起こしてくるくる廻っています。



そっか。これか・・・






水で濡らしたと思ったらいきなり砂がへばりついてきて、って言うより、砂嵐の中で洗車してたみたい。


洗えば洗うほど車がコーヒー牛乳みたいに染まっていく。


おままごとみたいな感じ・・・







・・・


やーんぴ。




で、今朝起きたら泥を塗りたくったみたいに真っ茶色な車が完成していたと。




こんなに一生懸命洗って、元よりも汚れたのは生まれて初めてです。


気付よ、俺。

砂に。




それでなくても忙しいのにものすごい時間と体力のロスをしたという、これまたどーでもいい話でした。







春一番、サムイの寒いの飛んでいけー。


夏万歳、でひとつ。






なんのこっちゃ。


4

1円おろしてごらんなさいよ。



はぁ?



と驚くことが何故か私の場合、普通の人よりも多めにあるような気がしてなりません。



某でっかい銀行へ行きました。

キャッシュカードで現金を引き出すためです。

必要な金額は数千円。



ですが、キリ良く行こうと1万円を入力しました。


そう、10.000円です、間違いなく。


で、出てきたのが、




1円。



1円玉が一枚、ちゃりんって。


一円なんて入力も出来ないし、そんな小銭にいちいち対応しているはずがありません。


でも、出てきたのは一円。




・・・・・・


むむぅ・・・





滅多に出来ない経験ですぞ。


(誰に話しても信じてもらえず、頭に来ています。)








いっぱいスキャンしました。

いっぱいパソコンの前に座っていました。

すると。


いっぱい腰が痛くなりました。

いっぱい目が痛くなりました。




私はホワイトカラー側では生きていけないのだと自覚しました。




なぜにこんな事を唐突に書き始めたかと言いますと。



それは今読んでいる本による影響でございます。


こんな感想?を書くのもどうかと思いますが、めちゃめちゃ面白い。


まず、ノンフィクション。

謎とされていた事件の、絶対に知り得なかったであろう真実がビシバシ実名で出てくるのでたまりません。



すっかりベストセラーで、私が読むのが随分と遅いくらいなのですが、一応タイトルを。

反転。

田中森一。


宣伝するつもりが全くないので敢えて太い字だとか大きな字にはしません。



白州次郎の本を読んだ時よりも面白いノンフィクションだと思います。



が、生活感がずれていくような気がしてなりません。

しっかりと足元を見なきゃ、と自戒させられます。



ひとつ。





もうね、何が正義で何が悪なんだか・・・



何を信じて生きればいいのよ、的に。




先日の稽古の時にウチのヤッサンが良いことを言っていました。




「何が正義か・・なんて、分かりやすい答えがあれば一番楽で良いのだろうけど、そんな答えにすがって安心してても・・・迷いながら考えながら、泣かされながら踏ん張っていくから役者なんだよ。答えなんか要らないよ。」



時代にそぐった・・・と言えばおかしな話でしょうけど、一つの国で、全国民に統一した正義を明文するのなんて無理なことなんでしょうね。







皆さんも是非読んでみて下さい。


感想が聞きたい。






私は、自分がしっかりしなけりゃ、と。

綺麗なモノとか楽しいこととか、勝手に自分でどんどん決めていこう、と。




めちゃめちゃ複雑な想いにさせられました。








はぁ・・・



しかし、なんで一円か・・・

謎。





11

デビューでしょうか・・・?



すっかりご無沙汰している感じで。



ここ一週間ほど、ずーっと風邪っぽくて。

ゆっくり休む時間もなく、無理を重ねている家に体中がおかしなコトになってきまして。



こないだの「ゲキ塾。」の稽古の時なんかもひどいモノで。

鼻水がジュルジュル出っぱなしになり、もうたまりません。



施設のトイレからこっそりトイレットペーパーを借用してきて、机の上、私のすぐ手の届く所に置いておきました。


鼻をかみながらレッスンを進めるのですが、グシグシやりすぎてあっという間に唇の上がひりひりしてきます。



必死の思いで稽古を終わらせた頃には鼻の下がズルムケになりそうなほど痛かったです。





帰りに、内側からアルコール消毒をしなくてはならないと思い、皆と飲みに行きましたらあら不思議。


鼻水グシグシが止んで来るではありませんか!



びば アルコール!




流石、おちゃけの力は凄いモノだと感心しきり。


で、夜中に帰宅してから、またもや一人で飲んだのです。


風邪薬も当然忘れないようにウーロンハイで流し込みます。


朝まで飲んで、薬か酒か、何が何やらわからなくなるの気分が良い物です。


ぐっすり眠留事ができました。




で、翌日昼過ぎに起きあがって来ると、明らかに酒が残っているようで。


自分が臭い。


酒臭い。



うわー、こりゃしゃれにならんなーとか考えていたら、又してもくしゃんくしゃんとくしゃみが出てきました。


頭もガンガンするのが残っているし、目も痛いし。

最悪やーとふさぎ込んでおりましたら、仲良しの男がビールを持参して登場!



妹尾さん、飲みましょうよ!


いい気なもんで、すぐにわーいわーいと飲み始めます。


がぶがぶがぶがぶ。


ビールだけじゃ物足りないでしょ、ってことで洋酒だの焼酎だのガッツリ行き始めます。


で、酒のおかげで身体の内側からアルコール消毒。


自然とくしゃみは又止まってくるのですが、今、自分がひいている風邪がどんなにしんどい風邪なのか、また、しつこい風邪なのかをその友人にこんこんと説明しておりました。




ふんふん、と聞いている友人。

・・・・・

・・・・・

・・




長考。




・・・・


「あのね、妹尾さん。それ、花粉症だわ。俺も苦しんでるもん。・・・残念だけど全く同じ症状だわ。」



・・・・・・









いやぁああああああああああああ!





花粉症だけはいやなのに。



辻褄が合いすぎて。



風邪を10回ひく方がまだまし・・・






44才、ひっそりとデビューさせていただいたのでしょうか。

花粉症。



間違いであって欲しいと祈りつつくしゃみを続けるのでした。






どーなってしまうのか。

妹尾は本当に花粉症なのか。



乞うご期待!





へぶしっ




8

いい人はいい。


今日、人と知り合いました。


いい人でした。



ってか、今日出会ったひともいい人でした。


ずっと仲良くして行けそうです。



明日も明後日もずっと出会いたいですな。




いやいや、本当に・・・


人間って捨てたもんじゃありませんぞ!


嫌な人の事件とかばっかりクローズアップされて憂鬱になりますが、温かい人、楽しい人、いっぱいいますとも。




人間ってば一人じゃ生きていけないんですぞ。


ゴルゴ13のおぢちゃんとかは別として。


(あのおぢちゃんだってえっちとかすきすきだいすきでやるときゃやってるしやっぱひとりじゃいきていけてないとおもうのさまさかじゅごんあいてにってわけにもいかんだろし。)




特に私はウサギのようなデリケートな心の持ち主ですので、独りぼっちが長く続くと死んでしまいますから。


出会いがあって、発見があって、新しい感覚に触れて・・・


この繰り返しでご飯喰ってるようなもんです、もの。


俺、人間大好きなんだわ。


仲良し大好き。


仲良しで飲む酒大好き。


毎日仲良しを造りたいぞ。




最近、生まれてきたことに感謝し始めました。


マイ親にお礼を言いたくなりましたぞ。




「うん、俺はなかなか楽しく人生をやっている。

 産んでくれて有り難う!」




ふふふ、今日母親が75回目の誕生日を迎えたのね。


電話してみようっと!










後記

風邪が良くならず、鼻水が出て喉が変で頭がずっきゅんであれでこれで・・・と無意味な記事の言い訳をしてみようか俺。
何も恐いモノはないぞ。







4

また酒ネタ。大いなるマンネリ。




ちょいと前に。

私も昔出演させていただいたことのある演劇ユニットのお芝居を観に行きました。


まぁ、古巣に行くようなもんですから知り合いも当然多くいて。


普通の日に観に行けばよいようなものを、何故か生ける日が千秋楽しかなくて。

で、当然芝居の打ち上げにも参加する運びとなりまして。



飲めや歌えや、わっしょいわっしょい。


がぶがぶがぶがぶ・・・


なつかしーねー、たのしーねーで。


言わずと知れた結末で、翌日は最悪の体調へ。



何回後悔しても絶対に直すことの出来ない身体。


もういいです。


反省もしたくないし。


開き直って私のレバ刺し、石にしてみせますとも。









さ、明日から私、ちょっと生活のスタイルが変わります。


あることを始めまして、毎日がものすごく規則正しくなる。


朝、しっかり早起きして。


あ、早起きはしょっちゅうあるのですが、毎日ほぼ同じ時間に。



で、終わりは何時になるのか分からないのだけれど、夜帰ってきて。

2ヶ月弱だけどそんな生活になります。


まぁその間、仕事によってはいろんなイレギュラーな動きも出てくるのですが、ほんのちょっとだけでも就職生活の様なモノを感じてみたいと思っています。


そんなことが続けられるのかしら・・・



新しい自分の開発に時間を使い始めまして、このような実験がうまく行くのかどうかは分かりませんが、チャレンジの年にしていこうと言うわけでございます。



これからもっといっぱい、博打を打っていこうと考えておりますぞ。


多分殆どは自爆しそうなので、うまく言ったモノに関してはここで報告をさせていただきます。






とりあえずは人間ドッグ。








辟易とするニュースに目をやりますと・・・






南大門が燃えました。


むぅ・・・



お父さんが家族を殺しました。


息子の手首も切り落としてるし。


むぅ・・・




佐藤ゆかりに野田聖子、節操無さ過ぎ、くそ茶番。


ケセラセラ・・・






感想とか、全く書く気が起こらない記事ばっかりです。


・・・・





あ、ちょっと気になること。


大阪の方、どうなんですか?


感想をお聞かせ下さい。



・・知事の。




何か変わりそうなんでしょうか?



とっても大きなお世話ですが、一抹の不安を感じずにいられません。



個人的に、関西独自の文化を、ものすごく盛り上げて欲しいと願いますから。


そのまんま東さんのようにうまくいくでしょうか。


見守りたいです。




巨人ふぁんの大阪府知事を・・




















6

俺186cm? 小さい小さい・・・




身体の方はちょっと良くなってきたでごわす・・




もう一度来いとお医者さんに言われていたので行ったらば、




「健康診断とかしてるの?一回、セーミツなヤツをやった方がいいんじゃね?」



的なことを言われましたので近々やってみるつもりざんす。


でも、またちうしゃをプスプ打たれると思うと(うつっていう字はこれでよいのかしら。射つじぇね?でも変換できないよ)それだけで憂鬱になります。


3日くらい前から自分の中で恐怖のカウントダウンが始まる。


・・。でも四の五の言ってられない年齢なんだろうなと言いきかせまする・・







20080208122743.jpg





先日、熱にうなされながら某番組を観ておりましたら、宇宙飛行士のお話をやっておりまして。


スペースシャトルから見えている地球なんぞが映像に流れてきまして。


もう・・・


めちゃめちゃ綺麗・・




でね、宇宙飛行士の人とかがいろいろ言ってます。




「あまりにも美しい。

地表を覆っている大気の膜はとても薄っぺらく、触ると壊れてしまいそうで。

争いの起こっている所からは爆破による煙や火災がハッキリと見て取れて。

大地が痛い思いをしている。

なんて愚かな行為なのだろう。

この星の上で生まれて死んでいく人間が自己を破棄している。

様々な苦悩や争いの何とちっぽけなことか・・・

我々人類は何とかしてこの儚くて美しい地球を守らなければならない。」




そんな風なことを。

私、個人的に聞いたことがありますが、宇宙に行くと人間は皆共通した感覚を持って帰還するんですって。


神性。


皆さんそうおっしゃいます。


うんうん。


わかるわかる。


20080208122009.jpg




わかるよーな気がする。


BGMはイマジンだし。


映像を観ているだけでそんな気がするし、博愛的な、大きな心を持った人間にならなきゃ、みたいな気持ちがぐんぐん沸いてくる。



妹尾 びぃ  あんびしゃす!



大志を抱けよ、俺・・・みたいな。


心の中がきゅうんってなって、いても立ってもいられないような衝動に駆られて。


・・・・













でね、次の朝が来るでしょ、そしたらもうすぐに現実に追われて。



アレしなきゃいけない、これしなきゃいけない・・

こーしたいのにできない、あーしたいのにできない・・

全然っ思いどおりにいかないっ・・

いやだいやだいやだ・・

何て人間は不公平なんだろう・・

何で俺はこう出来ないんだろう・・

何で俺はこうならないんだろう・・

これも欲しい、アレも欲しいのに・・




と、

すっかり元の極小の人間に戻ってしまっているのです。



だって、神様的なことを考えていても喰っていけないんだもの。


ものすごい不協和音。


そんな精神性を唱えて生きていくのなら、さしずめ今の世ではお坊さん系になるしかないのかしら。





下を見れば、上を見れば、という言い方は好きではありませんが。

こんなに不満足な自分でも、文明から残された地に住んでいて、毎日の食事もままならず餓えて死んでいく人達よりはものすごく幸せなんでしょうね。


生きながらえる、という点に於いては。


そんな幸せな国に住んでいながら、更に充足感を求めるのは贅沢すぎるのでしょうか?






寝込んでいる時に考えてしまったので少々後ろ向きな考えかも知れませんが、私はこういうお題目をもう何十年も答えを見つけられずに引きずっております。



まさに極小市民、妹尾ここにあり、です。








逆に。

俺なんてこんなちっぽけな存在なんだから、何をしても何をあがいても取るに足らない。

笑いながらやっとけ、やっとけ。

ただし自分に恥じないだけのルールは守りながらね。




これで凌いでいます・・・




20080208122720.jpg






13

扁桃腺なんていらない・・

立春が来て、さーこれから頑張るぞーとか思っていたら。


アホほど雪が降ってきて。


近所の子供達を集めて大きな雪だるま作り。



「おぢちゃーん、大きいの作ってー!」



「おお、任さんかいやー!」



で、ぜぇぜぇ言いながら雪の降る中めちゃくちゃでっかい雪だるまを作っておりました。


直径2mくらいのやつ。




「おぢちゃん、すごーーい!」



そう、おぢちゃんは凄いのです。




でもって近所中の子供達の尊敬を一身に受けて立ち去ったまでは良かったのですが。





翌日、何か変な感じ。


喉の当たり。


まさか・・・


去年の暮れから毎月風邪を引いている私は、嫌な予感と言うよりも確信に近い予兆を感じ取っていたのでした。



「い、いかん。また大変なことになる。ってかメンドクサイことに!」



速攻で前に医者にもらっていた薬の残りをがぶ飲みしました。


風邪の引き始めだし、市販の薬じゃない、ちゃんとお医者さんに処方してもらった薬、すぐに治る!



えいやっと気合いを入れて寝ました・・・





で、本日↓。




200802051020000.jpg




うーむ・・・


天敵、否、点滴。


ホースとか気になって触りたくなる衝動を抑えつつ、寝た状態でパシャッ。


熱を冷ますのに必要なんだって。




家でぽけーっとしてたらどんどん熱が上がって、39度とかぶっちぎっちゃって。


しんどいので、この身体は俺の身体じゃない作戦を発動したのだけどあんまし効かなくて。








毎回、扁桃腺が炎症を起こすので高熱が出ます。


で、お医者さんが言うには、慢性になっているのかも、と。


もしくは肝臓とか? 糖尿とか? からかも、と。




「いっぺん検査しましょうや。ちょっと頻繁に同じ風邪をひきすぎるみたいだし。」



ということで血液検査もすることになりました。






個々には何度となく書いてきておりますが、私は注射が嫌い、恐い、憎い。


プスプスと何度も腕に穴を開けられるたびに、



「ひっ、ひっ・・」


と音にならないような声で叫んでしまいます。


足の指なんか、もじゃもじゃと不思議な動きを見せていますし。





こんなに恐くて痛い思いをしたのだからどーかへんてこりんな病気じゃありませんように、と祈っているのでございます。


それにしても体力が落ちたモノだと逆感心しきり。






もう大きな雪だるまは作りません!


凄いおぢちゃんでなくても良いから。







皆さん、くれぐれも風邪には気を付けてくださいませ!

3

すぽおつについて。

さて、と。


1月はゐぬる、2月は逃げる、3月は去る、等と申しますが、本当に早いものでもう2月。

この調子で行けば、もう暫くすればサンタのおっさんが走りすぎて、ゴーンと鐘が鳴ってお正月、そして妹尾は45才と信じられないスピードで霊界へのお引っ越しとなっていきそうであります。



そうならないためにも、こちら側で生きている間に後悔のない時間を過ごしていきたいと思っておりますが。







先日、死刑の執行が行われたそうです。

12月に続き、鳩山邦夫法相では2回目。


ふむふむ・・・


死刑の是非は別問題として、日本は遅れていようが進んでいようが死刑制度を守っている国であります。

法務大臣の思想によって執行されたりされなかったりという、法治国家としてはあり得ないアンニュイな態度よりはよっぽどマシだと考えます。

あまりにもセンシティヴな問題であるが為に大きく論ぜられることが無かったのでしょうが。




3人の死刑が執行されたのですが、ちょっと調べてみました。


どんなことやっちゃたの?と。


一人目、ふんふん、なるほど、こりゃひどい。



二人目、ふんふん、なるほど、こりゃひどい。



三人目、ふんふん、なるほど、こりゃひどい・・・のだけど、なになに?

ものすごく謎に包まれた、何とも言えないドラマが潜んでいる調書です。



名前は、名古・・・。




ものすごく悪いことをしているので、結果は法律に任せますが、ひっかかります。


知れば知るほど後味が悪くなりそうで・・・



個人的見解が大きな誤解や過ちを生んでしまいますので、この後は興味のある方、調べてみてください。











こら、ぱうえる!


きさん、なんばしょっとか。


あっちゃこっちゃで契約したらワヤクソになるでしょ!


もうね、アメリカ人の自由な発想というか、裁判慣れしている契約社会というか。


もう来んでよか、日本に!


なめとるね。


この時点でドッチの球団に行っても、バツが悪くてプレイ出来ないでしょ?


やめちゃえやめちゃえ、わーいわーい。



おぢさんはひどく怒っているのであります。




因みに野球のお話しですから。


興味ない人はシカトでも何でもしてください。





世間では餃子殺人だとか、子供をポンポン投げ殺すだとか、本当に物騒な話題ばっかりですが、「ゲキ塾。」的には良いニュースがあります。


重度のハンディを持った頑張り屋さん、K君が無事に退院したと。



パチパチパチパチ・・・


今日のレッスンから復帰です!


はぁー、よかったよかった。


心配してくださった方、有り難うございました。










因みに因みに。

悲惨系を除いて、ここ最近の時事ネタで私が一番頭に来ているのは、これ。



チュートーの笛。



金持ちか何かは知らんがもう・・・


めちゃくちゃ腹が立つ。


元々、韓国はハンドボールは強いです。

ってか、報償の大きさにモチベーションが違います、日本とは。

でも、それはいい。

勝っても負けてもフェアであるなら。



財力とかが絡んできてそこを左右させ始めたら、世界で一つになって出来ることなんか何にも無くなるでしょ、っての。

唯一、スポーツのルールだけが洋の東西、思想の違いを超えて一緒になれる拠り所なんだから。


あほかっちゅーの、だっちゅーの。


ちょべりば。


・・・


温故知新、よし。







「結局、日本は男女ともに韓国に負けた。一体、何が得られたというのだ?」



と、お金持ちの国のスポークスマンは言っていたが、そんなものはいっぱいある。

韓国が強いが為に日本に勝たせる操作をいっぱいしていたため、女子チームは、



「負けて納得。正々堂々と試合が出来たことが嬉しかった。以前、不自然な形で勝たされてしまった時、全く嬉しくなかった。」


とコメント。



偉い! っていうか当たり前。


ずるいことをして納める勝利よりも大切なことは遙かに存在します。


そう思えることが人間としてのプライドだと思います。



世の中、きれい事ではどーにもならないこと、分かっています。

生きていくってことはそれだけで大変で。


だから、全部が全部そーなっちゃうんじゃなくて、どこか一つだけで良いからきれい事が通用するところを残しておけば、と。


価値観の違いなんだろうけど、それをも凌駕できるのがフェアな精神だと思ってたんだけどなー。





・・・




石原都知事 曰く。


「実にアンフェアな話。この背景には何があるの? オイルマネー? 関係ないよ、スポーツとそんなものは。何かはき違えているんじゃないの。」



わーいわーい。


こーゆー時、権力があったらなーとか思うのよ。

言いたいこと言えるし発言力もある。

で、権力を持つために嘘とかいっぱいついてでも成り上がってって・・・



無理。


まず自分に嘘をつくのが本当に苦痛だから。


隠すことがしんどい、辛い。





あ。

だから未だにアホウなんだ。




アホウ万歳!

やったね俺!




ちゃんちゃん。


該当の記事は見つかりませんでした。