・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
5

ぱーまん2号も遅れるな・・


えっと、いろんな用事を済ませつつ沖縄へ向かう準備をしております。

ぜんぜん暑くないんですって、あそこ。

北風は寒くて、東京都同じ冬支度をして行かなきゃならないそうです。

ぱっちとかも持って行こうっと。


今度は除夜の鐘を聞きに帰ってくるはずなのですが、果たして・・・・

居残りという噂もちらほらありまして。





ところで。


こにしさん、あやさん、早く連絡先を教えて下さい!

沖縄に行っちゃったらプレゼント、来年の発送になってしまいますよ!


来年持ち越しが気持ち悪いので、一旦チャラにして再抽選ってのもアリかな、と。

発送の準備が12月1日までしかできませんので、お忙しいとは思いますがどうかよろしくお願いします。



師走、皆さんはどう過ごすのでしょうか。

徐々に大掃除を始めたり、そろそろ年賀ハガキの準備に取りかかったり。


私は今年の場合はかなりイレギュラーな形ですので、今日書きます。

年賀状。

一気に全部。

かなりメンドクサイので大幅に枚数を減らします。

コンぴーたぁとプリンターに任せてガチャガチャやっちゃえばいいのでしょうが、いかんせんやり方が分かりません。

取説を読んでいる間に書いちゃった方が早いです。

来年の干支は何だっけ?から始まります。

出す人の住所も調べます。

住所録なんて当然持っていないわけで、去年の年賀状を引っ張り出すところからです。

どこにしまったのだろう?


あ、そういえば今日は東宝にラッシュを観に行かなければなりません。

あ、そう言えば今日は「ゲキ塾。」のレッスン日だ。

あ、風邪薬をお医者さんにもらいに行かなければ。



・・・

妹尾2号をください・・・

そんなの絶対無理。

毎日毎日貧乏ヒマ無し状態が加速していきます。

どこに向かっていくのでしょうか、俺。


考えてもさっぱり分からないので目の前のことをせっせと頑張ることにしますわ。



楽しいお正月になるよう、皆様 最後の一踏ん張り、 頑張ろうではありませんか!


では、ごーやちゃんぷるー!


4

時間が無さ過ぎ。

案の定帰京するなり風邪を引きました。

というよりも引いていた風邪がホッとしたのと同時に動き出したみたいです。


昨日はずっと寝ていましたわ。




11月のプレゼントの当選者の発表です。


22話の台本。



こにし様



あらららら。

いつもお世話になっている方。

いろんな事を教えてもらって助けてもらっております。



早速お送りしますので、住所等々お知らせ下さいませ。

台本にサインを入れますか?

メッセージも書きますが内容は何がよろしいですか?


よろしくお願いします。



12月になるとすぐに沖縄に発ちますので早めにお願いします。

どうやら次回東京に戻れるのは大晦日の日と言うことですので。






あと、はい!これ大事。



あやさん、 前回のプレゼントに当選されていますが、今パソコンを調べてみたら住所をご連絡頂けておりません!

私のミスと言うことも十分に考えられますが、すいません、もう一度お願いします。

お家に帰ってきたらメールが1.000通以上あって、きゃーなんですわ。

すいませんね、これも早めにお願いします。



で、12月のプレゼントなんですが、一度休憩させて下さい。

正月休みも無いようなので、当選された方に十分な対応が取れないと思いますので。


代わりと言っては何ですが、年明け、妹尾復活後にはちゃんと再開しますから。



よろしくお願いします。


毎年恒例、年の暮れになると嫌な事件が続きます。

気持ちをしっかり持って頑張りたいモノです。



さ、焼き肉食べて元気だそう!といってもそんな時間もない。



貧乏ひまなし・・・

7

タイトルなし

20071126093031
昨日、滋賀での仕事が終了しました。

出演者かの方ら、このブログを読んでいるよと声をかけてもらいとても驚きました。
有難うございます!

さて、夜のうちに大津に移動し、某ホテルへ。

朝起きて窓から見えた琵琶湖がとても綺麗だったのでパチリ!

ごせんえんって書いてある紙をくれた湖に感謝。

そして私は東京に戻ることに!

あらゆるラッキーが重なり、一人先行して帰れることになりました。

嬉しいのですが、溜まった仕事を考えると休んでいる時間がありません。

プレゼントの発送もやりますので楽しみにしていて下さい!

4

琵琶湖からのプレゼント?

20071124170243
私は夏大好き、海大好き酒大好き水もの大好きな水瓶座の男です。

海に来ると、潮の香と風で興奮してくるものです。

本日、少し時間ができたので自転車で走り回りました。

走り回りすぎて尻が赤くにりましたが。

なんかね、海みたいに広くてね、水平線みたいなのも見えて、見た目は完全に海なんだけど、違うのよ。

匂いとか空気とか。

逆にこんなの初めての体験。

海辺で砂浜で松がいっぱいあって、海じゃないところ。

まぁそんだけでっかい湖ってことね。

地元の小学生の書いた琵琶湖新聞、多分夏休みの宿題、によると400万年経ってるんだって。

魚もいっぱいいて。

水溜まりの王さま。

でも、湖畔には海水浴場って書いた看板がいっぱいある。

海水じゃねーだろ。

痛いおしりをさすりながら突っ込んでおきました。

携帯で知人と話しながら湖畔を歩いていました。

話しながら何気なく立ち止まり、柵にもたれかかりました。

ありゃ?

足元の草むらに見覚えのある紙切れが。

ぐしゃぐしゃな紙。

・・・・・

指で摘んで拾いあげます。
字が書いてる。

ごせんえんって書いてある。

・・・

むむぅ。

見渡すかぎり湖と木とジャリ道と草と、妹尾。

だーれもいない。

おまわりさーん!

そんなのどこにも見えないし・・

電話を切って宿に戻ります。

いかにも人目に着くよう、その紙を高々と持ち上げながら。

あ、それ落としました。私のお金です!

という人が出てくるのを待ちながら。

宿に戻りました。

皆さん変な目で私を見ています。

金を見せびらかしながら歩く186Cmの男。

誰も声をかけてきません。
ロビーを通過し、廊下を歩き、ドアのノブを回し、部屋に入るとその紙切れは私の財布に入り込んできたのでした。

寒かったでしょ?さぁゆっくりお休み・・・

びばびわこ。

2

痛いの寒い飛んでいけ。

長旅の時、私はできるだけ荷物を少なく軽くするためにいろんな工夫をします。
一番分かりやすいのは、服を減らすことですね。

これは皆さんも同様だと思います。

自分の車で動くときは気にせず多めに入れておけますが。

今回もそうでした。

私は同じ服を何日も続けて着ることに全く抵抗がありません。

いけない所が隠れてさえいればどんな布切れでも大丈夫。

いますぐにギャートルズ的な生活に順応できます。

しかし、寒さ対策を考えると、フリース、長袖、ヤッケ、ジャンパーと、かさばる物ばかり。

各精鋭を一枚ずつ選出しました。

なんとかぎゅうぎゅうに詰め込み、空いたスペースに下着とティーシャツを。

これも減らそうと、各三枚ずつ入れました。

まぁ、前後表裏、一枚で四日はけますが、そこは43才、大人の分別です。

然るに当然洗濯をしなければならない。

毎日夜にボディシャンブーでパンツと靴下をゴシゴシ洗い、持参したパンダの絵の物干しにぶら下げます。
これを毎日やっていたのですが、昨夜の脱水の時、つまり両手でぎゅうっと絞ったときに、ズルズルッと手の皮が剥けてしまいました。

きゃあ、痛い!

同じ所にテンションがかかり続けたのでしょう。

頭にきて夜中にてくてくとコインランドリー迄行き、シャツやらフリースやら全部突っ込んで洗い直しました。

乾燥機を二台使って一時間半まわします。

寒い寒い。

やっとの思いでホテルに帰り、勝利感を満喫しながらバッグに詰め込んでおりました。

ぎゃははははー! 服がみーんな縮んじゃってるぅ!
昔スーツを乾燥機に入れて訳の分からない物ができあがったのを思い出しました。

今回は縮小コピーです。

ヘソ出しルックはこの時期危険です。

ぽんぽん痛い痛いします。
むぅ・・・・

手が痛くて、身体が冷たくて、服はだめになって。

そんな一日でしたとさ。

2

さらば和田山。

本日は石切場に移動しての撮影です。

高いし寒いし恐いし。

メタさんの時を思い出しました。

ワイヤーアクションと、ブルーバックの撮影です。

いわゆるVFX、特撮です。
アクションのお兄ちゃんがしきりに怯えてました。

数多くの現場、大作をこなしているプロですが。  

以前、ある御大からこんなことを聞きました。

・スタントをやる人間は怖がりじゃなきゃダメ。
恐がることで自分の安全マージンを計る。
そのワクをだんだん拡げていくので、巧くなり、良い画を撮り続けることができる。
プロが他人に恐いと言えることは勇気のいることだよ。

至極感銘を受けた言葉でした。

芝居にも通じます。

謙虚でいて大胆に。

初心忘るべからず、ですわ。

今日はエキストラも大量に出演しましたが、とても訓練されておりはきはきと頑張ってくれるので、スムーズに気持ち良くいけました。           
 この台詞言いたい方いますかー?

と聞くと、ほとんどの子がはいはいはいはい!と。

意欲ありまくりてすが、ちと大変でした。

さ、明日から滋賀県に移動です。

和田山は、何もなくていろいろ大変でしたが、それはそれで忘れられない土地になりました。

さ、おぢちゃんもキューピーゴールド飲もうっと。

へから夫人さん、面倒なことを有難うございました!
『ゲキ塾。』の皆、迷惑をかけてるけど頑張って下さいね。

いや、本当にやるやつはやっとるよ。

負けてられないわ!

やっさん、シホ、有難う!

6

大都会は何故パート2なのか

20071115185253
タイトルに意味はなく、口ずさんだときにふと思っただけ。

そんなことを考えてしまうほど今日はよい天気でした。

しかも昼前から休みになり、コインランドリーや近くの散歩やら。

まだ時間があるので歩いてみたくなります。

酒やつまみ、雑誌などを買おうと思い、今泊まっているビジネスホテルのお婆ちゃんに近所でいろんな物が売っているにぎやかな所を訪ねました。

和田山駅前にあるよぉーと、水木しげる先生作っぽい顔のお婆ちゃんは教えてくれました。

・・・・・

一抹の不安を感じたのですが、気を取り直して出発です。

歩いてすぐ!の言葉はあっさり裏切られ、全身に汗をかいて息が上がり始めた30分後、ようやく着いたのです。

確かに歩いて行けますが、時間は関係ないんだな、と。

きっと行き先が東京でも歩いて行けると答えられたでしょう。

観念の違いか、昔の人は強かったのか。

まぁ嘘は言ってないのでヨシとしましょう。

久しぶりに細長いツルツルした物を食べるぞと張り切っていたのですが、そんなのどこにもない。

えっと・・・

と我立ち尽くしたのがこの写真。

駅前メインストリート、和田山銀座、商店街、目抜き通り。

泣きそうになりながらポリスメンに聞きました。

賑やかどこ?ラーメンは?と。

都会には絶対にいない、まさに駐在さんと呼ぶにふさわしいおまわりさんが申し訳なさそうに、んーっと、ないです、と。

いやいや、どっかあるでしょ?と突っ込むと、全て車限定な遠さだと。

最寄りで徒歩3~40分歩いた所のジャスコ。

ホテルのお婆ちゃんならすぐそこだよと言われただろうから、まぁ良心的な説明です。

素晴らしきかな大自然!

飛脚って凄いなぁ、でも無理。

誰に、とか何に、とかじゃなくて弱くむかつきました、半泣きで。

せっかくの休みは余計に疲れたぞ、そんな一日はどうなのよ。

4

ロケ日記

20071110111643
来ました、遠い所。

皆様のおかげで携帯から更新ができるようになりましたので、簡単ですがちょこちょこ書いていきたいと思います。

東京をロケバスで出てからずーっと寝ていましたのでここがどこだか詳しくは分かりません。

多分京都の端っこの方かと。

ものすごく寒くて、ものすごく山の中で、コンビニなんかどこにもないのは当たり前的な。

ここに二泊して兵庫に移動です。

これからどんなことがおきるのか、とにかくスタッフの話では地獄のような日々が始まるそうです。

覚悟を決めて辛さを楽しんでいきたいと思います。

映画、昔ながらのモノ造りの世界を報告していくつもりですのでお楽しみに!

それにしても携帯で文字を書くのは面倒くさい・・

0

携帯から

テストさ。

8

プレゼントとかいろんなお知らせ。

えとですね・・・


今回はいろんなお知らせがあります。




ぶらり旅から戻って参りまして、いろんな気持ちいいことをやって来ました。

といってもネオンの中のお姉ぃちゃん系ではなく、美味しい空気いっぱい系で。

私の場合、年齢もそうさせるのでしょうが、海とか山とか、広くてでっかいところに行くと非常に心が安らぐという、極めて安上がりな回春?術を持ち合わせております。

動物的な本能、自然回帰への念が強いのでしょうか。



ちょっとこれ見てみて。

fuji02.jpg



これね、何の変哲もない写真なんだけど、私が富士山に見とれてぼーっとしていたときにひっくり返っていたところなのね。



写真には上手く写っていないのだけど、ここね、モン黄チョウのお家があるみたいなのよ。


しかも集団住宅っぽい奴。


「富士山キレーねー、安らぎますぞー・・」


とか言っていたら目の前に黄色いのがひらひらひらひら。


ありゃ?とか思って辺りを見回すとものすごい数の黄色ひらひらが!


ここまでくると綺麗なんだか可愛いんだかよく分からないほどに。


美しいモノも束になってかかってくるとキショイです。


過ぎたるはお及ばざるが如し?

なんでも適量ってモノがあるのねーっとセナカヲゾワゾワさせながら立ち去ったところでございます。



暫くてふてふ(蝶)はいりません。




fuji04.jpg


途中下車。


ここの駅に行くのに乗っていた電車は、

fuji03.jpg



こんなの。

2両編成って何十年ぶりだろう。


確か、北海道以来かなー?


記憶にはないけど、こういうので逆にウキウキしてきます。



で、駅前の銀座通り。

目抜きの一等地?であるべき所にこんなお店。


fuji05.jpg



うわ、何か惹かれるモノがある!


ってことで入りました。


中華屋さん・・・

もぐもぐもぐ。


むむぅ・・・


なかなかアジア風味な?センセーショナルなお味で・・・


以下略。








はい、元気玉を取り返して来たところでパワーアップしていきましょう!



先ずは先月のプレゼント企画の当選者の発表です。


メタルダーの台本・22話



あやさん!



おめでとうございます!

本当に厳正に抽選しましたから。



あやさんは、これを読んだら速やかに住所をご連絡下さい。


ここの右側の(妹尾にメールしてみる)って所からで大丈夫です。


あと、メッセージの内容は何がよいか書いてくださいませ。

チラシとかにサインを入れてお送りしますが、サインなんていらねー。の場合はそれも書いておいてください。

よろしくお願いします。






で、今回のプレゼントの発送ですが、少し遅くなりますことをご了解いただきたいのです。


その理由はこの後書きますから。





はい、11月のプレゼント。


これはちょっと希少価値があるんじゃないでしょうか?

よく分かりませんが。

これ。

20071107120428.jpg



当時は、ワープロとか使ってない台本でしたがそれでも白い表紙の、ちゃんとタイトルとかがカラーで印刷された台本ではありました。


が、その形になるまで(何話めかは忘れたけど初期だけ)はこんな、ちゃっちぃへんてこりんな台本だったのです。



手作り感満載の。

逆に貴重かなーなんて。

その頃のものでプレゼント出来るのがこの第3話。



如何でしょうか?


もちろんまだ綺麗な状態なので、裏表紙にサインとか入れたくない方は言ってください。

メッセージも希望に応じて書きます。



どしどし応募してくださいませ!








さて、今回のブログ、長くなって申し訳ありませんがちょっと身辺があわただしくなって参りまして。


実を申しますと、再来年のお正月公開予定の、某、松○映画にですね、作り手、キャストとして、参加することになりました。


出演出来ることは元より、映画や舞台をスタッフとして造ることにとても興味を持っておりました私としてはとても有り難い話で、一も二もなく引き受けたのです。


それはそれでとても良いことなのですが、今月(もうすぐ)から1月の末まで、ずーーーーっと東京を離れます。


お正月には2日ほど帰ってこられるかも、あとはちょこちょこ何日か、という噂を聞きましたが真偽のほどは定かではありません。


基本京都と沖縄。



えと、分かる人には分かると思いますが、仕事である以上どんな楽しそうな所に行っても全然楽しむ余裕はありませぬ。

ただ単に、行ったという事実だけで。


メチャ大変そうなのですが性根を入れて頑張ってこようと思っています。





で、


問題がありまして。


つい先日も書きましたが、携帯からのブログの更新の仕方がさっぱり分かりません。


写真とか、撮影風景とかじゃんじゃんやりたいのですが、どなたか親切な方教えてください・・・


何回か、説明に書いてあるとーりにやったつもりだったのですが出来ませんでした。



急募!!分かりやすく訳してくださる方、妹尾にも通じる言葉に出来る方!



   えふしーつーのあほう・・・


多分出発までにあと二日もないと思われますので、 あやさん、 プレゼントの発送、も少し待ってください。


本日すぐにお知らせいただければ明日発送出来ますが。


多分次に東京に帰ってくるのは12月の頭くらいなんで・・・





そんなわけで、もしもブログの更新の仕方が分からないまま出発しましたら早くて来月まで書けません。


すんまっしぇん!



何とか頑張りますよってに・・・


優しい方、お願いしゃーっす。



      ガンバレ、俺。




6

富士山パート2




本日は超晴天なり!





知らない町を、歩いてみたい・・・って訳ではまったくありません。


が、命の洗濯と申しましょうか何だかわけもわからずぶらぶらと出かけております。



先日見た富士山があまりにもきれいで、もっとじーっと見ていたい気持ちが残っておりましたので、とりあえずやってきました。


富士山の見えるところ、っていうか富士山。

裾野。


富士山の中に入り込んだようなものです。

中に入っちゃうと客観的に富士山が見えないのではないか?という危惧もまったく必要なし。

すぐ下に、なんなら富士山の中にいるにもかかわらずめっちゃ綺麗に見えております。



「天高く馬肥ゆる秋」


空をぱかぱかペガサスが飛んでいても今は不思議じゃないでしょう。


やっぱりすごいわ、富士山って。




お弁当をひざの上に乗せてペットボトルのお茶を用意します。

もぐもぐもぐ・・・



いやいや、何故なのかはわかりませんが富士山見ながらだと時間を忘れてしまいます。

本当に、かれこれ3時間近く見とれておりましたが飽きません。



ま、もちろん車も少ないし、鳥の鳴き声も聞こえてくる静かな場所だったのも後押ししておりますが。


決めました。


今回は寒いし装備も無いのでやりませんが、来年、暖かくなった頃に富士山の頂上に上ります。


ご来光を拝んできます。



やばい。

気持ちよすぎて次、どこに移動するか決められない。


このままずーっと富士山見ているかもしれない。


にゃっはははははー!





少し前に携帯電話でカチカチとブログを書いたのですが、予想通りといいますか、さっぱり出来ておりませんでした。

お宿のおじちゃんの娘さん(小学4年生)のパソコンを借りて書き込んでおります・・・

二度とやらない。

指はつりそうになるし、意味がわからないし。



さすがに寝、写真を取り込むのは借りれなかったので家に戻ったらアップしますね、またまた富士山を。






10月プレゼントの当選者の発表と11月の企画はもう少し待ってくださいませ。




ついしん。

きょう、ものすごくひさしぶりにさせこにそーぐーしました。びっくりしました。ぜったいにびょうきをもっているとおもいました。くわばらくわばら。


4

1日は気持ちいい。



なんかね、ここのブログFC2っていうんだけどおかしいのよ。

記事?を書いて、最後の最後にポンとクリックするボタンがあるんだけど、押すとね、パッと消えちゃう。

本当ならそのクリックで決定、みたいになるはずなのに消えてしまう。

消えるというのは写真の貼り付けやら文章やらぜーんぶ書いた物が無くなるということ。


もっかい書くの?

←戻る、とか前のページへ、とか押してもダメダメ。

無くなってるの完璧に。



ものすごいトホホ感。


何とかしてほしいっす。









さて、早いもので今日から11月。


本日1日はジライヤの筒井さんから筒井祭りなるイベントに誘われておりましたが、どうしても都合が付かず断念。

打ち上げの飲み会にだけでも顔を出そうかと思っていましたがそれも時間が無くて・・・残念。



どなたか参加した方がいれば感想を教えて下さいませ。



いやいや、それにしても11月になったというのに何でしょうか、この暖かさは。


マジメに、いっさいの嘘を付かないで私Tシャツ一枚です。

汗ばんでるくらい。


風呂上がりはマッパです。

今現在、これを書いているのはパンツ一丁です。


確かに、外をTシャツで歩いているとじろじろ見られてしまいますがそれでもそんなに浮いた様子でもない。

本当になんなんでしょうか、この気候は。



どーでもいいことですが中日が優勝したらしいですね。


・・・

どーでもいいですわ・・


野球と言えば、東京六大学も結構好きで。

ハンカチ王子も活躍している、ね。

先日、ラジヲでの実況を聞いておりました。


と、早稲田が負けた試合だったのですが、

監督が試合終了後にぼろくそなことを審判に言っておりました。


「ストライクを投げているのに判定はボール。おかしすぎる。こんなんじゃ学生達に野球を教えることができない、云々。」


私は、


「うわー、今は六大学(アマチュア)もプロ並みにそんなこと言える雰囲気になったんだ。随分変わったもんだなー。」


と思っておりました。


ただ、その時のアナウンサーが(たしかLF)、



「アマチュアイズムに則って言うならば、早大の監督は審判の批判はしてはいけない、これは良いことではない、と私個人は思います。」


なんて言っておりました。


そりゃそーだよなーと思っていましたが、そこの(六大学)世界がそれを許す空気なのかどうか分かりませんでしたので、何となく聞いておりました。



すると、二日ほど経った今日、

早大・応武篤良監督、審判批判にOB激怒、各理事から説明求める。

なんて出ておりました。




やっぱし・・・そりゃそうだよね。


亀田三兄弟もそうなんだけど、スポーツというものは人に見せたりする時点で、個人的なモノではなくなるんだよね。

試合と仕合の違い、みたいな。



だったらそこにはフェアが求められる。

フェアって言うのは格好良く聞こえる精神性のモノではなくて、同じ土俵で同じ条件で白黒つけましょうよ、ってこと。

そこに自ずと出てくるのがルール。

これはもう、守るしかないって言うか守らないと競技、スポーツにならない。


K-1にド素人の俺が出場しても、めちゃめちゃビビリながら機関銃をぶっ放したら俺が優勝出来るモノ。


機関銃はダメよ、何もダメよ、手と足だけよ、的なルール。


ラケットは同じ大きさよ、バットの長さはここまでよ、等々。



やっぱりルールは守る必要性があるってことね、きっと。





10月のプレゼント、メタさんの台本の抽選とかこれからやろうと思っていますので早いウチに当選者を発表しますわ。

実は明日の「ゲキ塾。」の稽古が終わったらまたまた遠いところへ長めに行ってしまうので、携帯で更新とかしようと思っております。



   食料品販売会社のみなさーん、もう聞き飽きたので、何やかんや誤魔化すのはやめちゃえばー!


ニュースがつまらないよー!




  


該当の記事は見つかりませんでした。