・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
9

返してもらうまでは動きませんぞ、夏


あーあ・・・

今日で8月が終わるんですって。

あ、ありえない。

今日なんか東京の方は涼しくて、すっかり夏は終わり、みたいな空気感。

少々寒いけど反抗してエアコン付けてタンクトップにビーサンで。

終わらせてたまるか。




だって何もしてないよ、楽しいこと。


ずーーっと酒飲んでた。

芝居の稽古してた。



海、行かなかった。

山、行かなかった。

プール、行かなかった。

バーベキュー、食べてない。


いやじゃー!



お願いですから返して下さい!

43才の夏を返して下さい!

バカボンのパパよりも年上なのに・・・



9月はいっぱい仕事して、そのお金を全部遊びに遣ってやる。

人に何と言われようがやってやる。






というわけで、「ダ・ヴィンチ・インスピレーション」の稽古も後5回ほどで本番に突入して参りますそうで。

むむむ、この辺りで頑張って最後の〆を踏ん張っておかねばいけません。

楽しく遊べるかどうかも本番の出来具合によりますからね。

気合いの入れ所というものです。


皆様には、多くの問い合わせをいただきまして誠に有り難うごじゃりまする。

遠くから来て下さる方にも恥ずかしくないものをお見せしますので楽しみにしておいて下さいませ。

チケットはまだまだご用意出来ますので、どうぞいらして下さい!



あと、このチラシ、本番が終わっても余っていましたら、このウンコブログを読んで下さっている方に差し上げますのでもう少し待っていて下さい。

何かと抱き合わせでプレゼントとかにもしようかな、と考えています。



そう言えばまだ私がどんな役なのか書いていなかったので発表します。

今回、私は生まれて初めてダブルキャストというものをやらせていただきます。

これは、簡単に言うと2役。

2役といっても同時に二人分を演じるのではなく、毎回どちらかの役を演じる、ということ。

そりゃそうでしょ、舞台上で二人分は無理だもの。

2号とかいないし、。


ひとつはね、イルモローというミラノの大公の役。

ダ・ヴィンチなんかを囲っていたおっちゃん。

偉い系。


で、もう一役は大臣。

このおっちゃんは大公の直属の部下。

名前は知らん。




今回一つ思ったね。

ダブルキャストって、稽古が大変。

演出家が、


「はい、じゃー稽古始めます!」


って言うでしょ、そしたらその後必ず、


「えーっと、妹尾さんは・・・じゃぁ大臣で。」


となるわけ。


ハイ、分かりました、でずーっと稽古をしているでしょ?


んで、急に


「もう一回やるよ、今度はココとあそこをあーしてこーして・・・」


はいはい、なるほどわかりました、と。


「あ、今度は妹尾さん大公で。ハイ、行くよー!」


的に。


何が大変かというと、自分の中のスイッチの切り替え。

台詞とかは別に良いとしても、それぞれのキャラを作っているもんだからすぐにパチンと頭の中とか性格とかが切り替えにくい。


「にゃはははー、俺どんな人だったっけー?」


みたいな。

真あほうだから仕方ないんだけど。

一人一人に命を吹き込んでいくと余計にぐちゃぐちゃになっていくんですわ。

耳から煙が出てきます。


で、本番初日は一回目(マチネ)が大臣。
二回目(ソワレ)が大公。

二日目、大公→大臣、三日目、大臣→大公。


さぁ、あなたならドッチ?









調子をこいて、


「阪神の優勝があるかも知れない!」


と1週間ほど前にのたまっていた私はバカです。

この広島戦を勝ち越せなかったのは痛すぎる。

ココに来ての引き分けは負けと同等。

なぜなら巨、中ともに勝っているのだから。

4.5ゲーム差・・・

無いな、普通。


昨日の時点で一位通過の確率はほぼ無くなりました。

奇跡の芽もなくなったように。


こーなったら他人のせい思い切り叫びます。



おらぁぁっ、しゃんとせーよ、ベイ●ターズ。巨人に負けすぎなんじゃい!





   ふぅーー、すっきり・・・   するか、どあほ。



  そんなジメジメした今日この頃・・・


「ゲキ塾。」行って日舞行って燃えまくってきますわ!



該当の記事は見つかりませんでした。