FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
4

どれどれ、どっこいしょっと。

はぁ、憂鬱ですわ。
今日の天気みたいに。

人生、生きているだけでいろいろある、といいますがその「生きてるだけ」っていうのがまた大変なことでございやすわぁね。

人が2人集まったら社会、なんてよく聞くよね。
で、その社会に於いては強いものと弱いものに分けられる。
分けなきゃバランスが取れないようになってるもの。
つまり引っ張る方と引っ張られる方、っていうのかな?
同じ力だとしても引くところと押すところ、自然に出来上がっていく。不思議とね。
男女もそう。力だけで優劣を付けた時代は圧倒的に男社会。
より動物に近いということかな。
命の価値が上がってきた今日では男も女もいっしょ。
ただ、役割が違う、と。

「女らしい」とか「男らしい」

という言葉は使っちゃいけない言葉になってきてるらしいけど、それはそれぞれにしかできない役割を尊重すれば良いことで、お互いを尊敬の意味を込めて端的に言い表せば問題ないと思う。

「さすがは漁師、魚に詳しい!」→海の人っぽい

「さすがは木こり、木に詳しい」→山の人っぽい

当たり前過ぎてNO問題。

私はやばいかもしれないけどこう思う。

ある側面だけ捉えて言うと、人間同士が全くの平等なんてあり得ないと。

俺の大嫌いなバアさんがテレビで言ってたけど、

「人間が本当に誰でも皆平等ならば、ハンディキャップのある人とそうでない人も同じ。お年寄りも。だから当然電車で席を譲ったりしなくてもいい。」

だから人間不平等でいいと。いや全くそのとうり。
それだけは納得しましたわ。


違う文化同士(狭義では育った環境だったり)の者が出会い、分かり合おうとするか、分からせようとするか。

最初から分かるわけない。仲良くしたいのなら相手のことを分かろうとすればいいんじゃない?
これって難しくない。皆自然とそうしてるよね。

「お、ここイケルかも。突っ込みどころみっけ!」

「共通の趣味発見」や「サッカーよりも野球か」

これらもそういうことだと思う。
リアクションで、

「えー、マジっすか?」や「あー、わかるわかる」

等の肯定的な言葉が誰でもすぐに出てくるのも同じじゃないかな。
皆ちゃんとバランスをとろうとしてるもの。

社会的な動物なんだなーって再確認する。

分かり合えないと結論を出すのは人それぞれラインがあると思うけど、ケンカや切ったりはそれからで良いと思うわ。
個人レベルじゃなくて国だったらあっという間に戦争だもん。

戦争だけは、ね。
それを止める為にならいくらでも戦いますよ。



このブログのリンクの⑬番めに(あ、右の方見てください)

動画で見る100人の村を貼りました。
クリックするとどんどん文字が流れますのでそれだけでも見てみてください。
有名なので既知の方多いと思いますが、少しは自己啓発に繋がると思います。


むむむ、むぅ。

頑張らなければ次に進まない。
進む為には苦しむ。
苦しむというのはガマンする。
ガマンしたというのは乗り越えること。
乗り越えるためには頑張ること。

何か、山を登って降りての繰り返しみたい...

おおい、どこに海はあるのーーー?」

みたいな。

それが人生ってやつですか。


やっぱ頑張るしかないのね、前のめりに倒れて死のうっと。by龍馬




該当の記事は見つかりませんでした。