・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
1

行ってきますわ。

ダヴィンチ・コード とうとう今日からロードショウですねぇ。

出かける前にちょっとだけ書いていきます。

ほほう、この本、世界で5000万部ですって。すごいね、ハリーポッターを越える勢いです。日本でも510万部。なんとまぁ。

この原作、実はシリーズ物だったのですな。
第1作「天使と悪魔」は刊行中、第3作「ソロモンの鍵(仮題)」も刊行が待たれており...ということらしい。

こりゃ映画の方もシリーズ化される可能性大きいな、儲かりまくるんだろうなー等と下世話なことに興味をひかれてちょいと検索。

おおっ

ニューハンプシャー生まれのダン・ブラウンというおっさんが著者か。ふむふむ。
なんですと?     俺と同じ年齢?


...ふーん.........


お父さんが有名な数学者でお母さんがこれまたすごい宗教音楽家。
で、嫁さんが美術史研究者で画家。

そんな、もう生まれたときから右脳も左脳も鍛えられて、
後付けで上脳と下脳も、みたいな。

じゃなきゃ書けないかな、あんな本。

saigonobansan.jpg

↑この絵の中にいろんなお話が...有名過ぎるので説明しません。ってか知らない奴を知らない。


まぁ、辺境の島国のおっさんのジェラシーはおいといて、久しぶりに楽しみなんですよ、映画を観るのが。

原作を読み終えたときには

「映画化されなきゃいいんだけどなー」

って思ってました。だってこのパターンはいつもガッカリすることばかりだったから。
大体、人間の頭の中(想像力)には限界がないんですよ。
制作費なんて何百兆円でもかけられますから。

「ジャン・レノ」変な名前。  でも好き。 レオン好き。

でも仏国ではちょっと存在の軽い、人気俳優だけどちゃらいタレント扱いなんだって。
文芸作品というよりもハリウッドの(ギャラいっぱい嬉しいな)に出まくってるからっすか?

「トム・ハンクス」ちょっとぉ、分かるよ、うん十分分かる。でもベタな感じしない?
ラングドン教授がトム・ハンクス....うん、そうなんだよね。  


monariza_wallph3.jpg ←この人がいつまでも世間を賑わせているのです。
私、小さい頃、この人眉毛が無いみたいで恐かったと記憶してます。



ま、がたがた能書き言わないで行ってきます。
今からレイトショウに。


観終わったらまた書きますわ。

映画好きのJNY、楽しみに待っとれよ!

うわ、本当に楽しみでウキウキしてきた。ひっさしぶりやわー、こんなん。

やるでー、映画批評。期待を裏切りませんように!

   

つまらなかったら踏んづけてやる。
osugi.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。