・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
7

本物ですよ、これからは。

寿司 をね、喰いました。ぐるぐるしてないやつを。

ちょいと用事がありましてお江戸の「人形町」という所に行きました。
この街は昔ながらの江戸の風情が色濃く残っている街で、風鈴屋さんや金魚屋さん、かんざし屋さんなんかが夏ともなると威勢の良いかけ声とともに自転車に乗って現れたりします。

食い物もそんな感じで、寿司はもちろんすき焼きや親子丼等の老舗が軒を連ねています。


私、今回、知る人ぞ知るとっておきのお店に行って参りました。
かろうじて表の写真を撮ることができましたが店内はちょっと「イキじゃない」ことはできそうにない雰囲気でしたので自粛しておきました。
sushi.jpg  こちら。趣と風情の塊。
親子で握ってらしゃるのですが、特に親父さんはかなりのご高齢なのですがネタとしゃりを手にした瞬間目つきが変わります。

職人技というのはすごいものでして、その仕事っぷりから目が離せなくなります。すさまじいスピードと流れるような手つきでぴかぴかの寿司がカウンターに並んでいきます。

しかも「江戸前」というだけあって一貫一貫、全て仕事が成されています。トロにしてもしゃりの中に少し食感の強い部分を小さく挟み込んでいたり、ウデが問われるという玉子や煮ハマ、コハダ等々、素人の私が口をはさむ余地は全くございません。
お見事!


聞いたことはありましたのさ。

<品質がよいモノは金を積めば買えるが、そうではないモノでも仕事という「技」を織り込めば一級品以上に成りうる。>

これはもう芸術ですね。
芝居に通じるなーと痛く感動しながらほおばっておりました。
なんて事のない一瞬を強く感じて強く表現して人に伝えられるものに昇華させる。
毎日をビビットに。
常に観察、常に感じる。
むむむむ...

私はこれからの時代は、いい加減なモノは排他されて本物が生き残っていく、と信じています。

またひとつ思わぬ所からパワーを分けていただきました。
しかもめちゃめちゃ美味かったし。

あの親父さんのように齢を重ねていきたいモノだとつくづく思ったそうな、俺。



長崎で知り合った役者さんのホームページをリンクさせておきます。是非見に行ってください。
清潔感の溢れる、まっすぐな空気を持った女優さんです。現在東京で活躍中とのことですので、是非一度コラボってみたいです。
日野原 希美さん→http://kimi3.exblog.jp/


ウチの俳優さん、正太(仮名)とウエポン(同)、お仕事ご苦労様でした。また宜しくお願いしますね。


アッと驚いたことシリーズ!

「山田ま○あ」と熱愛発覚!!という記事を目にしました。

男、後輩でした。ウチでよく麻雀とかしてたし。チョイびっくり。

車を路駐(本来してはいけないこと)していたら側面を前から後ろまで赤色にスプレーされていました。
どうせなら全面やってくれればまだ笑いでごまかせたのに...やっぱね、こっち系はね、ツキがねぇんだな...と。


「ゲキ塾。」の皆さんへ。
何回か言ってるので重複しますが再度。 
徹底した自意識を持ってください。ヌルいの無しで。
 を感じてください。性欲、食欲、睡眠欲、全て手に入れようとしてなんら問題はないです。ただ「知識欲」。ここにはもっと貪欲になって欲しいです。
役者にとって無くてはならない欲ですよ。

少しずつでも必ず修正が効くモノです。
今のままでOKという人、読まなくて結構です。

人に優(まさ)る、優(すぐ)れるで俳優です。
もう一度自分の中のプライオリティと明確な意識を確認しておいてください。

どうすればよいかは伝えてあるつもりです。自分が変わらないのに状況だけ変わる、なんてことはあり得ません。
人間力とかって目に見えて変わっていくモノじゃないけど後で振り返ったら歴然とした差違があるものです、よね。

「よっしゃあぁぁぁ」でシャンとしような。
パワーは要る商売よ!




おっと、阪神戦始まるので逃げるように書き終わります。    
           サラバ!

該当の記事は見つかりませんでした。