・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
6

富士山パート2




本日は超晴天なり!





知らない町を、歩いてみたい・・・って訳ではまったくありません。


が、命の洗濯と申しましょうか何だかわけもわからずぶらぶらと出かけております。



先日見た富士山があまりにもきれいで、もっとじーっと見ていたい気持ちが残っておりましたので、とりあえずやってきました。


富士山の見えるところ、っていうか富士山。

裾野。


富士山の中に入り込んだようなものです。

中に入っちゃうと客観的に富士山が見えないのではないか?という危惧もまったく必要なし。

すぐ下に、なんなら富士山の中にいるにもかかわらずめっちゃ綺麗に見えております。



「天高く馬肥ゆる秋」


空をぱかぱかペガサスが飛んでいても今は不思議じゃないでしょう。


やっぱりすごいわ、富士山って。




お弁当をひざの上に乗せてペットボトルのお茶を用意します。

もぐもぐもぐ・・・



いやいや、何故なのかはわかりませんが富士山見ながらだと時間を忘れてしまいます。

本当に、かれこれ3時間近く見とれておりましたが飽きません。



ま、もちろん車も少ないし、鳥の鳴き声も聞こえてくる静かな場所だったのも後押ししておりますが。


決めました。


今回は寒いし装備も無いのでやりませんが、来年、暖かくなった頃に富士山の頂上に上ります。


ご来光を拝んできます。



やばい。

気持ちよすぎて次、どこに移動するか決められない。


このままずーっと富士山見ているかもしれない。


にゃっはははははー!





少し前に携帯電話でカチカチとブログを書いたのですが、予想通りといいますか、さっぱり出来ておりませんでした。

お宿のおじちゃんの娘さん(小学4年生)のパソコンを借りて書き込んでおります・・・

二度とやらない。

指はつりそうになるし、意味がわからないし。



さすがに寝、写真を取り込むのは借りれなかったので家に戻ったらアップしますね、またまた富士山を。






10月プレゼントの当選者の発表と11月の企画はもう少し待ってくださいませ。




ついしん。

きょう、ものすごくひさしぶりにさせこにそーぐーしました。びっくりしました。ぜったいにびょうきをもっているとおもいました。くわばらくわばら。


7

偉そうに言うわ。

私は、今年の春先に1台のカメラを買いました。

流行の一眼レフ。

ペンタックスの何だかすごそうなやつ。

買う時はね、あーでもない、こーでもないといろいろと調べまくってそこそこの知識を身につけたんですよ。



知人のカメラマンなんかにもいろんな話を聞いて。

そうしたら、アレも出来る、これも出来る、それも付いてる。

全く持って意味不明な便利なモノが付いている。


先日も家に遊びに来てくれたカメラマンの友人に見せましたら、



「おお、すごいの持ってますねー!これはいいですよー。」

と。


とにかく機能満載な素晴らしい一台に巡り会えたのです、のつもりでした。




あれから半年。


写真の枚数はものすごく増えました。

どこに行くのもキャメロン(と命名しています)を持参し、撮り倒しているのですから。


ハードディスクというのかメモリーというのかは分からないけど、パソコンが重くて大変なことになっちゃうくらいの枚数です。

何千枚か、万枚近いかも。

パチスロだったら大勝ちです。





でね、その写真のファイルだけでも別の何かに移せばよいのではないかと思うのですが、よく分からない。

CDとかには書き写しているのだけど、それも信用出来るモノじゃないと言われ、この度必要だと思われる写真を紙に焼くことにしたのです。


さー、写真の整理を始めましたらば・・・

違う写真なのに同じファイルナンバーがいっぱいあったりして、(上書きしますか?)とか斉藤さん(パソコンの名前)に聞かれまくる。




「・・・知るかー! 意味が分からん。」



で、どんどんフォルダが増えていき、頭の中がショートしてきます。

かれこれ3日ほど整理し続けたでしょうか。


耳から白煙が上がり始めた頃、やっと3枚のCDに必要な写真のデータを書き込むことに成功したのです。

800枚くらい?




・・・一昔前をを考えるとあり得ない数字ですが、今はデジタルチックな何かなので平気なのでしょう。





写真にするにはどこに出せばいいのだろう?

自分の家のプリンターでがちゃこんがちゃこんやっていたらインクとか時間とかむちゃくちゃになりそうなのでそれは却下。


変なところに安い値段で出すと、すぐに色が褪せてしまうらしい。



「どこか良いとこないかなー?」



と思っておりましたら先日の芝居で共演した女優さんがその道に詳しいらしく。

いろんな知恵を拝借すると共になんだかとってもあり得ないほどリーズナブルな感じでやってくれるとのこと。


「わーいわーい。焼き肉ごちそうするねー!」


いやー、持つべきは友でございやすなぁ!


ありがとうね、プニプニ



それにしてもキャメロンといったらもういっぱい機械が付いていて、いまだに何のこっちゃら意味が分かっていません。


使っているのは、いわゆるバカチョンモードだけ。

9割以上の機能は眠ったまま。



それにしてはあまりに大柄で重くて大変なので、コンパクトカメラを買ってしまいましたもの。

命名:チビ太。

防水のやつ。


これは小さくて丈夫で水の中でもガンガンいけてとっても便利。



静物と題して、チビ太でキャメロンを撮っています・・・




ばか。おれ。





AR073_L.jpg




引っかかる・・・

亀田さんトコの子供が泣きじゃくってるとか、親父が謝ってるとか、そんな平和ボケな話じゃなくて。


女児二人を20回以上もぐさぐさ刺して殺した、ちぅごくの女が死刑から一転、無期懲役に。

弁護団はそれでも重いと言って控訴。


加古川で女児が刺し殺される。


エレベーターで頭を挟まれた子が重体。


中、高生のTバックやきわどい水着の写真集が違法と判断。



ここ2日間くらいの間でも聞こえてくるのはおぞましい事件や事故ばっかり。

とにかく小さな子供が巻き込まれる話が多くて。

何故でしょう。


子供に責任が少ないとすればやはり親、ということに結論づけるしかないのでしょうが。


教育とかなんとか難しいことはどうでもイイですから、


「有り難うって言おうね。」

「ごめんなさいって言おうね。」

「知らない人について行っちゃダメだよ。」

「優しくしようね。」




的な、古来日本からの当たり前な空気を再構築した方が良いのじゃなかろうかと。

頭を良くすることが子育てじゃなくて、そういう空気感の中で共生して見守ってやることが子育てなんじゃないかなーと。


私を含め、大人になりきれない人が年齢だけ大人になってしまうものだから話はややこしいのだけど。



なんかさ、悪いコトしていない子供が、気が狂ったアホ大人にざっくざく刺されたり変なコトされたりするのをリアルに想像するとやるせなくて・・・


警報機やGPS携帯とかが子供の必需品っておかしいわ。




  昭和って良かったよ。

AV169_L.jpg



今に比べりゃ不便かもしれないけど、それはそれで。

ノスタルジーに浸るわけじゃないけど。

あの時の情緒に今の文化があれば、皆もっと楽しくて、なんて。



そう考えると、引き替えにしたモノの代償はでっかいなーと。



せめてこれからの日本を作っていく子供達には、安心して空き地を走り回れる空気を出していきたいな、と思う今日この頃。


SS197_L.jpg




はい、偉そうに言いました。

         ちゃんちゃん。





10

奢れる者は久しからず・・



前回ここで書きました(美味しいおつまみ)の謎の部分。

結構多くの人から聞かれましたので答えを書いちゃいます。



ファイナル答え。


クラッカー、on サニーレタス on カマンベールチーズ onアンチョビ on レモン果肉。


最後のレモンの果肉が特にキモ。

これが入ることによってものすごいさっぱり感を演出してくれます。


アンチョビは好みでオイルサーディンでも大丈夫。

同様にカマンベールはクリームチーズでも。

マジで酒好きの人は是非一度試してみて下さい。


どんなだったか感想を聞かせて!








さて。

先日のボクシングですが。


あんまり個人的な見解や好き嫌いを書くのはどうかと思いましたが、筒井さんトコのブログとかにも速攻記事にされておりましたので私もちょっとひとこと。




最初ね、なんちゅう口のきき方するガキ共じゃい、って思って見ておりました。

亀田家を。


多少ヤンチャなのはまぁ許せるタイプだと自分のことを理解しております。

ただ、度を過ぎると、やはり昭和原人でありますし、古いタイプの男ですので、


「おい、えーかげんにしとけよ!」


とはなります。




ただ、あそこの一家の場合、局とジムの思惑、つまり番組の売り方の戦略というものがあるようで。

某東京ブロードキャスティングシステムさんは格闘技の方では他局より一歩出遅れたところがありまして、ファイターのを探していたそうでございます。


そこに昔からボクシング一家でそこそこ有名だったあの親子がクローズアップされまして、後はご覧の通りの流れと。


ですから、自然とやりすぎた演出をかけられているところがあるので、そこは差し引いてやらねばならんだろうなー、と考えておりました。

もちろん、いちいちカチンと来ることが多かったですが。



そんな、ちょっと引いた感じで優しい目を持とうと思っておりましたのですが、先日の試合を見て一気に見方が変わりました。

大きく報道はされていませんですが、あの次男坊、リングに唾を吐いていたと。

見た観客が結構いるようで。


あり得ません・・・


単純にむかつきます。


私で言うなら、思うように芝居が出来なかった時に舞台上に唾を吐く・・・




更に、金玉ねらえ!とかヒジで目玉を打て!だとかの指示をセコンド(父親と兄)が出していたのが確認されたそうで。



「あれは亀田一家の独特の言い方で、ガード(肘)を上げて目の高さをねらってパンチを出すって意味。」



こんなに苦しい言い訳は余計に無様をさらすだけでしょう。




その他にも数多くの反則が確認されたみたいで。



殺し合いならね、グローブとかはめないで巌流島にでも行って勝手にやればいい。

あんな小僧、K-1のヘビー級ととやったらクビの骨が一発で折られてしまうでしょう。






亀田一家、16も年上のチャンピオンに、ゴキブリだの根性無しだの、めちゃめちゃ言ってましたね。

やっぱりゴキブリ以下になってしまったね。

普通にやっていれば演出ってことで聞き逃してやってもいいか、なんですがそれも全て水泡に帰しましたな。




今まで認めていなかったルールを、亀田一家にだけ融通を利かせていた協会も重い腰を上げたようで。

いろんな処分が待っていると言うことですが、同情してくれる人は少ないでしょう。

今回のファイトマネー、チャンピオンは1千万円、次男坊は1億円です。


競技でもスポーツでも芸でもない。

ただのクソのような見せ物に成り下がってしまいました。

他の有識者が言うような、残念な気持ちだとか期待することとかあの一家には全くありません、昨日から。

普通に消えてくれればいいですわ。



解決策? せめて若い子供達が、常識と、武士の心得を覚えることが出来るように、あの親から離れることくらいですかね・・・

興味はないけど。




聖域を侵すこと、自分の世界に誇りを持たないこと、そこがどうしても私には許せませんでした。



はい、なんだか重たい感じのブログになってしまいましたが、瞬間視聴率が5037.5%を超えた、一番熱い話題でしたのでちょっと日和ってみましたぞ。



最後にもう一言だけ言わせて下さい。



  阪神のあほー!



       しゃんとしたらんかい!






       ・・・うそ。・・・もう、エエわ・・・しんどい





7

なんてことない話。



はい、消えた。

・・・阪神の優勝・・・・


面白くも何ともなくなった。


でもまぁ昔ながらの阪神に戻ったと思えば、ね。

強すぎる阪神ってのも・・・


筋金入りの阪神ファンにしか分からない複雑な心境といえるでしょう。

あんだけの差を追いついてペナントを面白くしたと思えば充分でしょう、と。







普通の日記を書きます。


一昨日、夕方から朝まで飲んでおりました。

三人であーでもない、こーでもないと話しながら。

最後の方は沈没してしまいましたが・・

朝までの飲みは身体が持たなくなってきました。




昨日、夕方から最終電車まで飲んでおりました。

これは「ゲキ塾。」の女の子(名前は伏せます)と、そのお母さんと、ヤスと。

お母さん、東京の方ではないのですがちょいと用事があって上京してきまして。

関西の方なのでめちゃめちゃ面白い方です。

阪神の話、役者の話、娘さんに対する心配や期待、親心を痛感します。




というわけで連日飲んでいますがま、いつものことで。







嬉しいこともありました。


「ゲキ塾。」の古い頃から一緒に頑張っていたユルズ君。


今は「ゲキ塾。」にはおりませんがずっと仲良くしております。


紹介した他所の劇団でがんばりが認められ、主催者が私の家まで来てこういいました。


「妹尾さん、とてもいい役者を紹介してくれました。ユルズ君との出会いは僕にとっても大きなモノになりました!」


嬉しいやら何やら、ほくほくとしておりました。



「そっか、ユルズもこれからはライバルとして、仲間として役者道を歩んでいくんだなー・・・」



ところが最近、原因不明のへんてこりんな病気にやられて活動を自粛していたらしいのです。

どうしてんのかなー、へこんでるのかなー、と。


そのユルズ君が連絡をくれました。


「妹尾さん、芝居するから観に来て!」



やったね!


さっそく観に行きました。



全然平気!


元気な姿が見えました。


お話も面白く、とても重要な役をしっかりとこなしています。


はつらつとしてオーラが輝いています。


終演後話しをしましたが



「もう大丈夫です!行けます!」



アムロなみの明るい声。


やったね!


えらく嬉しくて・・・帰宅してまた飲んでしまいました。





つまり、いろんなモノにかこつけて飲んでいるぞ、と。










前回の筒井さんのパクリ企画(プレゼント)ですが、世の中には奇特な方が多いらしく結構な応募数になってきました。

ですので本当にくじ引きっていうか抽選みたいな感じで決めたいと思います。





・・・・


今、部屋の中が恐ろしいほど散乱していています。

片づけるにしても手を付けられない状態。


「そうだ、棚を作ろう!」


ということで制作中です。


後少しで完成します。







これが何の話と関係があるかといいますと・・・



部屋の中のどこに封筒やら切手やら便せんやらがあるかさっぱり分からない→プレゼントを贈ろうにも送れない→片づけてから探そう→だからもう少し待ってね。


とゆーことでございます。



いろんな締め切り日を提案しましたが、やっと決定しました。


<部屋の片づけが終わるまで>





ひとつよろしくお願いします!






さ、今日は何の理由を付けて飲もうかしら。






6

Camp Zama






いやはや、なん中華、本中華。(古)


こちゃこちゃしたことで忙しいの何の。


すっかり書きそびれておりました。






梅雨も明けてすっかり夏本番。

私の大好きな季節となりました。

今回は写真を中心にいってみようと思います!




30度を優に超えるある日、とあるイベントのお手伝いで行って参りました。


Camp Zama


座間キャンプ。


言わずと知れたアメリカ軍のベース、基地。



普通に入ることは出来ません。


細かい照会やらなんやらを事前に済ませておいてからです。



NEC_0020.jpg


ここから入りました。



いやー、もうびっくりするほど広いです。

何かの施設が広い、と言う感じじゃなくて、もうそのものの町。

独立した何か。

想像を遙かに絶しています。




NEC_0022.jpg

 こんなんや、

NEC_0024.jpg

 こんなんや、

NEC_0033.jpg

 こんな感じ。・・・マックて。


シュワちゃんやブルースウィルスが走ってきそうな。

後ろにはチャーリーズエンジェルで。




NEC_0028.jpg

 松井やイチローはいない。

NEC_0023.jpg

 某イベントは大盛況。


NEC_0027.jpg

 お腹が空いてこの辺りに来てみると、


NEC_0026.jpg


めちゃガタイが良くて、お約束タトゥーのにぃちゃん達がガシガシのステーキをがんがん焼いておりました。

匂いは良し!

日本のそれと比べるまでもなく、歯と顎を丈夫にするであろうランチをいただいたのです。

うん、雰囲気で十分に美味しいよ!




NEC_0030.jpg

 うわ!!すげー、戦闘機じゃん!



大喜びでキャイキャイ走っていくと、モックアップでした。

そりゃ、ね。


ふと目をやると、半分以上武器で出来たような車がキュラキュラ走っているし、POLICEと背中に書かれた服を着ているごっついのがピストルぶら下げて闊歩しているし。


で、おれとかにガンガン話しかけてくる。



「ふんふん、おういぇ! あいはば、ぶっく! ゆーのう?」


何度も言いますが私は英語で挨拶もろくに出来ません。


何を聞かれても分からない時は


「ぱーどぅんんっ?」

と、

「あいはば ぶっく!」


これだけです。

真顔で笑いながらこう答えると、たいがいの人は私を哀れんで(残念がって)お気の毒的に去っていきます。


が、ここの陽気なポリスメンは大笑いしながら更に話しかけてきます。


仕方がないのでエチュード的な何かで対応しておりましたら、更に面白がられて仲間を増やしてきました。

完璧に開き直った妹尾は逆に日本語をレクチャーしてやることに。


「ぼちぼちですわ。」


と、


「大和魂」


を教えました。

100%伝わってないけど。


「Good feeling , but a harf.

とか

60% Happy. 

とか

I have both Good & Bud.

とか。


悲しいくらいにめちゃくちゃです。


Japnese heavy duty , WABI & SABI .

なんじゃそりゃ?

もちろん和製(妹尾製)英語であり、しかも綴りには全く自信がありませんぞ。

突っ込みは受け付けませんのであしからず。


郷に入れば郷に従えといいきれないのが治外法権な場所。

なんとか混乱させてやろうとするのですが、逆に、とにかくげらげら笑って大受けしていました。

何が?かは分かりませんが・・・

NEC_0032.jpg


なんかもう凄い大ざっぱで適当で。

This is United States!感が満載でした。



NEC_0021.jpg


そのくせ、こんなモノもあったり。

対日本人(自衛隊も駐屯しているらしい)なのか仏教者用?なのかは分かりませんが。


ただ、画的にはものすご浮いてた。

因みにこの鳥居の横はハーレーの工場?でした。


和洋折衷の本随。

そういえば、規律と言うことに関してはやはりここは民間の施設ではないので、見られない光景が多く。

例えば交差点をジープが通り過ぎようとしています。

きっと偉い人が乗っているんでしょうな。

分かる人には分かるらしい。

コーラを片手に歩いていた軍人さんがものすごい勢いで立ち止まり、直立姿勢で敬礼。

ジープがいっちゃうまで。

ウン、素晴らしい。

あと、風紀委員みたいな存在の兵士がいて、私服で歩いている軍人さん達の服装を厳しく怒っています。

アロハシャツのボタン、下まで留めろと。

直接ボタンを留めにいっておりました。

ちっちゃい女性兵士が2mくらいの大男をしかりとばしている。

その間大男は直立不動。



イベントに参加していたスタッフが、



「絶対に上の服を脱いで裸にならないで下さい!赤ちゃんも例外ではありません!」


と連呼しておりました。


こーゆーのは個人的に好き。


厳格な取り決めで自分を律しながらその中で思い切り満喫する、楽しむ。


これこそが理性と社会、自由と個人の高いバランスだと思います。

とても芝居を学ぶ者に通じますな。


見習わなくては! と考えました。





とにもかくにも、とても暑くて、でも楽しい1日を過ごしましたぞ!





    さ、高校野球を見てから台詞を覚えようっと!





5

掘りすぎだって・・・!



渋谷のど真ん中、東急本店の裏、日本放送協会(NHK)もすぐ近くの場所で



どかん!



恐ろしかこってす。



亡くなられた方も数名おられましたが、個人的にはよくそれだけの被害者で済んだな・・です。




地下を掘れば温泉が出る。



温泉業界と言うところは、どんな泉質のモノが出るか、ということよりも、どんだけ客を呼べるか、というところにご執心なのだそうです。


そりゃま、当たり前だろうけど。



都会のど真ん中、地価もべらぼうな所で猿や熊に浸かってもらうために掘るわけじゃない。



でもね、原因はこれから究明されていくのだろうけど東京の地下ってやばいと思いますよ。


地下鉄とか、もうヒモがもつれるようにぐっちゃぐちゃに入り込んでて訳が分からない。


何となく看板を見て歩いているけれど、方向感覚がさっぱりなくなりますもの。




そんだけ掘りまくったら、弱いとこや強いとこのバランスも崩れるだろうし、想像も付かないことが起きても不思議じゃない。


東京の地下にはメタンガスがいっぱいあるそうですし。



「いい湯だな~、はー、ビバノンノ!・・・」


なんて気分は都心から離れて感じた方が良さそうです。







6月で30度。


暑いのは大好きな私ですがココまで来るともうどうなのか。




毎年


「異常気象だねー。」


という言葉を耳にしますが、今やその異常が普通。




地球は病んでおるのでしょうね。



さしずめ人間が悪玉ウィルス。



穴いっぱい掘られたり空を削られたり、核とかぶち込まれたり。


くしゃみ、しゃっくり、発熱、せき、身震い。


普通の反応?



そりゃへこむわ、地球さん。



マジでちと心配です。











さて「ゲキ塾。」ですが来週も見学の方が見えます。



芝居の経験者だということで。



どういうことになりますでしょうか、楽しみです。


良い刺激になればみっけもんです。





あと、ハンディを持った方が何度か見学に来られた-という話を書きましたが、とうとう「ゲキ塾。」のメンバーになることが決まりました!



話が出来ないのでどんなことを稽古すればよいのか全く分かりませんでしたが、あーでもないのか?こーでもないのか?とヤスと知恵を出し合い稽古用の台本を2作ほど作ってみました。



先日それをやってみたのですが、なかなか出来は上々。


近々、「ゲキ塾。」ホームページにアップしておきますね。


K君も乗ってきて楽しそうに稽古をしておりました。


メンバーも皆協力してくれて、というか芝居の稽古になります。


何せしっかりと目を見て、感じ取ろうとし続けないとコンタクトが取れませんから。


ものすごい集中力を必要とします。


ま、何はともあれ正しいやり方なんてさっぱり分からないので健常者として接していくつもりです。





Wiiのソフト「ドラゴンボール何とか・・・」
さっぱりやり方が分かりません。
こーゆーのって速攻で売ったり出来るの?  

総プレイ時間20分くらい。  あほらしい・・

7

アンパンマンはかく語りき・・




一眼レフのカメラ(キャメロン)をね、持ち運ぶとがっちんがっちんぶつけるんすわ。


まだまだ性能の100分の1位しか使えていないのにこのままじゃぶっ壊れる、ってことで入れ物をね、買いに行きました。


ヤーマダ電気。



そんでもって色々見ていると、それっぽいのはあるんだけど、どうしても納得のいくモノがないんです。


私はキャメロンを使うときにいちいちレンズをはずしたり取り付けたりしたくない。


でも売っている入れ物(バッグ?)は取り外して収納するようになっている。


見た目は仕切で整然と並んで収納しているのはいかにもプロのそれっぽくて格好いいのだけど、もとよりレンズは一本。



付けるたびに砂や埃をキャメロンに吸わせるだけ。

レンズを付けたままボンと放り込む大きさのが欲しい。




で、店員とあーだこーだ言ってて結論が。





「ありません。」


「・・・あそう。もっと早く言いなさいよ。」




で、雨の中せっかく来たんだからと広い店内をぶらぶら。





おおっ!



青汁製造器。



ジューサー? ミキサー?


みーっけ!



先日ここに書いたときからなんかむずむずした興味が沸いていたのだけれど、決めました。





「買う。買って青汁作ってみる。飲むか飲まないかは別として。」



いろいろと性能を比較して一つのモノに決めました。



かき氷もつくれるやつ。



こいつとはマブ達になれそうです。



また名前を付けてやることになりそう。





バニラのアイスと、氷と、ヨーグルトドリンクをぶち込んでガラガラかき回して食べるヨーグルトシェーキ大好き!


バナナ一本、リンゴ皮付きのママ半個、牛の乳と氷で作るバナナジュース大好き!



・・・いろんな緑色の草や人参や身体に良さそうな野菜をがりがりしてできる青汁。

おおむね緑色なのに青汁。

たぶん嫌い。



・・・みたことのないものを作ってみます。




最終的には青汁味の歯磨き粉に挑戦してみましょう。









んで、もっともっとヤーマダ電気を歩いていると、



「Wiiコーナー」



出た。

S極とN極、俺とおもちゃ売り場。


そーしそ-あい。


引っ張られます、おもちゃ売り場。


あそこだけは何故か今でも輝きを失わない聖地なのです。





今でも百貨店なんかのおもちゃ売り場で手品のショーなんかをやってると、ちびっ子に混じって186cmのおじさんが目を輝かせていますもの。



全然はずかしくない!





「どんなの売ってるのかなー」



・・・実はさっぱり分かりません。


何の情報もない。


こーなったら適当に選ぶしかありません。


タイトルを見て知っているのを買うことにしました。



「ドラゴンボールZ」


・・・決め

どんなんか大して知らんけど。



わーいわーい、レジに向かおうかなと思ったら面白そうなモノに目が。



話した言葉を覚えてくれて、ぴょんぴょんジャンプしながら叫ぶ、   アンパンマン人形。



最後のキャラ紹介に少しばかり抵抗を感じましたが、先だってのお喋りエルモみたいにがしがし動くモノが大好き。



決め。




すぐに遊べるように電池も忘れずに、と思ったんだけど最近は良くできていて、乾電池も1000回充電して使えるエネロップとか言うのがあります。


ついでに、ってことで決め。



今度こそレジに向かうとすぐ脇にDVDのメディアが安売り。



「ちょうど無くなってきてたなー・・・」



それと同じワゴンに写真用プリント用紙。
安売り、今日だけ!


・・・えっと、決め決め。

ダブルで。



レジでものすごい不思議な気分になりつつ精算を。





「何しに来たんやろ。カメラバッグ買いに来たのに・・・これは100円ショップやドンキの罠と同じようなものだわ。」



はめられた感満載なのですが、車の助手席に置いた買い物袋からちらちら覗いているアンパンマン人形が何故か心をやわらげてくれました。


20070614193525.jpg おす。おらごくう?

なんとかせにゃならんね、この癖。






ビバ! おもちゃのちゃちゃちゃ。

ちゃちゃちゃ大人の・お・も・ちゃ。

     


          肝油話は次回持ち越しで。






6

バース対江戸っ子




あーあ、ゼッツ負けちゃった。


昨年度優勝チームの面影ナシ・・


でも、いい年こいて東京のど真ん中でキャーキャー皆でスポーツできるってすごいことです。

楽しんでるんだろーなーと思う事にします。






野球といえば、横浜ベイスターズの工藤が今期初勝利。


同じ学年のおっさんが頑張っております。


彼のことは、私が高校生のときに甲子園で見ていました。


名電高で、ものすごいカーブを投げる奴がいるなーと感心しておりました.


まぁ、節制と不断の努力、いろんなものをがんばっていたのでしょうね。


ここまでそのモチベーションを落とさずにやれているという事は賞賛に値すると思います。


そろそろ限界も近いでしょうが、見守っていきたい人間の一人です。







同じような事ばっかり書いてしまいますが、先日、大量に飲みました.


古い役者仲間と再会し、あーでもない、こーでもないと。



夕方から飲んでいたのですが、案の定飲みすぎまして。


何とか終電にもぐりこみ家路に。



しかし。




でた!乗り越し。


終着駅までたどり着いてしまい、タクシーに。



運転手のおっちゃんと話しておりましたら、またもや野球の話になりまして.




「過去最高の外人選手は誰か?」



というテーマになりました.


私はもちろん,声を大にして



「そんなもんバースに決まってる。誰が見てもあたりまえじゃ。」



と。




おっちゃんはものすごい巨人ファンでした。




「お客さん,バカ言っちゃ困るなー、クロマティに決まってるでしょ。」



と。




「アホか。どんな見方したらそんなわけの分からん事が言えるんじゃ。このド素人が。」




だんだんテンションが上がってきます。



「お客さんこそ東京でよくそんな事言えるね。おかしいんじゃない?」




かっちーん。



「なんば言いよっとか!(ニセ)東京なんて元もとの人間なんか少ないわ。田舎もんの集まりやろが。わしはその代表みたいなもんで、あんたらはその田舎もんを相手に商売しとるんじゃい。」



「あららー、うちはれっきとした何代も続く江戸っ子よ。冗談じゃない。」



「江戸っ子がどしたんじゃ。偉いのか。江戸っ子には頭を下げて通らなあかんのか!」



「がおー。」


「ぎゃーっす。」



となりました.



カッカして手を震わせながらふと車から窓外の景色に目をやると、見た事の無い場所で。




「おい、こら、江戸の大将。ここはどこじゃ。やってくれるなー、遠回りか。田舎もんやから舐められたもんやのう。降ろせ。まとめて話しつけたるわ。」




ガン!


後ろから運転席を蹴飛ばしました。



「・・・・・・・・・」



「・・・あの、メーター、ここで止めますんで・・・」



どうやらわざと遠回りしたようで,急に顔色が変わりました。



「いやじゃ。おまえの会社にも苦情の電話したる。当分仕事できなくなるんやろね。」



「いや、あの。本当、すいません。そんなつもりじゃなくて・・・」



「どんなつもりでも構わん。知るか!忘れられん1日にしたる。早く車を停めろ。」




「あの、どうすれば・・・」










「・・・一番偉い外人選手は誰や?」




バースです



超即答。



「ま、そやな。わかってるやないか・・・・おっちゃん,早くメーター止めんかい。」




「・・・はい。」








とゆーわけでちょっとだけ安くおうちに帰ってこれました。




阪神、バース、田舎もん万歳!







    酒はほどほどに・無理。






6

ぶっちゃけやっつけ

阪神が中日相手に2勝1分けとよく頑張りました。




今ひとつピンと来ない今年のプロ野球も、阪神が勝てば自動的に盛り上がってくるモノです、



自分が。







週末から東京を離れます。


どこに行くかはナイショ。


週明けに帰ってきてからキャイキャイ報告しますわ。








そいえばこのブログの左側に、メールを送れる装置?のようなものを置いてあるせいか、最近、




「ええ! そうなの? こんな人も?」




と驚くような方からのお便りを頂きます。




私の場合、基本的に悪口は<読めない見えない聞こえない>の都合の良い三重苦で出来ておりますのでシラーっとそのままゴミ箱へ行きますが、そうでないお便りには出来るだけお返事を出すようにしております。




酔ってないときに。


・・できるだけ。






「あ!」




と感じられた方がいらっしゃいましたらすいません。





その返事は酔って書きました・・・






時に、旧友からの頼りだったり、世話になった人、また、最近会ってないけどどーしてるかなー?の人。






やっぱり嬉しいモノです。


このブログを書き始めてよかったです。







なーぜー、こんな事を書くかと言いますとー、






4月14日で 祝!一周年




なーのじゃー。






俺的には奇跡なことさ。



本当に続くとは思わなかったから。






14日は東京におらぬので更新できませんが、まー何となく一年だぞ、と。




んで、一年前に書き始めた時のデザインに戻してみたぞ、と。




このブログの模様が懐かしいと感じる人は、私に1年付き合っていた奇特な方です。



ってか変わりもの・・・残念な人・・・







何はともあれ、皆さんの暖かかったりエロかったりするお言葉のたまものではないかと、かように思う次第でありんす。



あざっす!





気合い入れないでもちょっとがんばって書いてみるね。



ゆるーく、ぬるーく。




ちょっとだけ元気出してもらえるよーな文章を目指してみますわ。












そいえばっ


今日はね、首に鉄板が入ったみたいになっているの。




朝からチクチクと8時間ほどパソコンをいぢっていたらこんなんなっちゃった。





痛いよぅ、眼がしんどいよぅ、飛びたいよぅ、ひもじいよぅ・・





もうこれ以上、1秒たりともパソコンなんか見てられないので寝ます。



明日は「ゲキ塾。」の稽古や日舞のお稽古があるので、話題を多めに書くつもりですので・・









やだやだ、ホントに、役者が書いて見せる文章じゃないね・・





ただのくそ日記。






  すんませーん。



               そそくさっ






gj_sum.jpg

3

ばったばたしてますわ。

いやいや、久しぶりの更新で。






その間にも阪神は勝ち続けてくれるし、巨人と中日がつぶし合いをしてくれてとっても楽しい毎日でしたぞ。





今日は東京の方は雷を伴った雨が降っておりますが、全く意味が分かりません。





夏が来るのか!やったね!と思えば次の日はまた暖房をつける。




体が付いていかないからか、めっちゃめちゃ眠たい1日でした。



ま、そんなこんなですがその一方で割と忙しくしていて、ぎゃーっと出て行って帰ってきて酒飲んでバタン、ってのが連続しておりました。




その中で、とっても懐かしい友人と会う機会がありました。




ものすごく男らしい女性で、ニックネームはインコちゃん




私が名付けたので私しかそう呼びません。



個人的なニックネーム。





かれこれ何年ぶりになるのでしょうか。





全く変わらない美しさと男らしさに、とても楽しい時間を過ごすことができました。




今日あたりから2~3日、ちょったしたことで入院するので酒を飲むわけにはいかなかったのが残念ですが(私は飲んだので彼女的に、の意)次回、ガッツリ飲む約束をして別れました。




その際、なかなか都合の良い駐車場が見つからなかったので、彼女に




「ここの区役所に停めましょう。区民のために、だれもいない夜は、駐車場くらい解放して当たり前ではないでしょうか。」





を意訳した言い方で。




「きゃー、便利ー!」




ってことで停めておいたのですが、帰り際(12:00ちょっと前)にもろに役所のオッさんに見つかってウダウダと・・





私が行くと余計にもめて長引くと察したのか、インコちゃんがニコニコと嘘の笑顔を浮かべて話しかけ、あっという間におじさんをトロトロに溶かしてしまったのでした。





流石。





この、恐ろしく育ちの良い美しい悪魔はまだまだ魔力の方は健在でした。










さ、明日はボス(缶コーシー)のラジオCMのナレーション撮りです。



ナレ撮りなのに珍しく朝が早い。



頑張って行ってきます。







因みに私のドコモ、買ってからまだ数ヶ月。




なのに、1日に2~3回電話するかメールのやりとりをすると




「ぴーぴーぴー! 電池を充電してください。」




と偉そうな女の声が聞こえてきます。





頭に来て電話を買ったドコモショップへ。




押さえながら文句を言ったら新しい電池に交換してくれました。




ヤッホー!で帰ってきて充電。



また同じ・・・




3分くらいの通話が2~3回で電池切れ・・・






あり得ないですわ。




文句言うの嫌なんだけど仕方がないから思い切り怒鳴ってきます。




充電器も持って行こうっと。





二度と<N>で始まる携帯は買わないぞ、と。






20070401010231.jpg

ぷちっとな!

3

スライド式ブログ。

只今帰りました。



只今じゃなくて昨日。







あー、美味しかった!






ゆったりとのんびりと。





一日目、ひたすら南下して海沿いに走り目的地(松崎)へ。




天気は最高。




IMGP1330.jpg どぴーかん。








松崎という場所は結構慣れ親しんでいる場所です。





若かりし頃、某高級ホテルのプールでバイトをしている時に、そこで知り合っためちゃめちゃ旅好きなオッちゃん(パイロットだった)から教えてもらったことで、




「妹尾君、もしも伊豆の方へ旅行に行くなら絶対に<雲見>か<松崎>にしておきなさいよ。

なぜならばそこは伊豆半島でいちばん魚が美味くて海が綺麗だから。」





この言葉が耳から離れず、何度か行った伊豆の旅では必ずここに宿泊をしているのです。




今までハズレは無し。





民宿でもうっとりするほど豪勢な食事が出てきます。







例え野郎ばっかりの旅でも。






今回はちょっと贅沢な宿ですので更に期待は膨らみます。










んで、二日目は残念ながら曇り空でした。






残念ながら朝起きた時点で美しい富士山は諦めることにしました。







噴火さえしなければまだまだチャンスはありますので更においしさを追求することに・・















ここから先は写真を中心にお送り致します。







nanohana.jpg







私、よほど気分がよいのでしょう。




通りすがりに菜の花を見て、





「あ、綺麗ざんす。」






とパシャリ。






普段見過ごすモノでもついつい目が行ってしまいます。






旅の情緒がそうさせるのでしょうね。






自宅からそんなに遠くなく、ロケや仕事で何度と無く訪れている場所でも今回は違います。





そう、旅ですから。





命の洗濯ですから。








・・・ウフフ!








はい、次。





baiopark.jpg






ここ、行きました。





ぞーさんと、きりんさと、くまさんと、おさるさんと、いっぱいどーぶさんがいました。






引っ越し屋のロゴが集結したような場所でした。






どーしてこーゆー所に来たかと言いますと、ここの近くに、過去に大ハマリした飲み物<オレンジワイン>を直販しているところがあるんです。






今回味見をして、ものすごく品質が低下しているので購入を見送りましたが、本当に凄く美味しいワインだったんです。





しかもここでしか買えなかったので・・





人気が出るとどうしてもこうなっちゃうんですなぁ・・





すっかり嫌になって隣の看板を見て気を紛らわしに。




大笑いでした。










IMGP1327.jpg





通りすがりにこんな看板を見つけました。






なんじゃこりゃ?







伊豆というのは不思議な博物館が多いです。






教育上よろしくない博物館や、それを掘り下げてどーなる? といった博物館が本当に多くて。





この看板もほぼ意味が分かりませんし、その内容を想像することすら拒まれている気が致します。








少年少女よりも作った人の方がよっぽど怪しく思うのは私だけではないはずです。







awabi.jpg






ダンシングあわび。




これにね、バターを溶かして・・





美味い!




文句なし!





座布団いっぱい持ってきて!






なのですが、焼いているときにこのアワビさんがもじもじうごめきます。





身をくねらせるようにもじもじ・・




よーく見ていると、最初は






「なんか可愛そう。残酷だね、人間って。罪深いったらありゃしない。」






なんですが、更にじーっと見ていると






「・・・・・・なんか、い、い、いやらしくね? <ピー> に似てるし・・・エロイ系? あわび・・」







・・・何にせよとにかく美味しいのです・・・










koibitomisaki.jpg





意味無く立ち寄りました。





いえ、別に・・・









sashimi.jpg

nizakana.jpg




どんどーん




と。






とりあえず伊豆と言えばお魚で。





新鮮なお魚は食べても食べても飽きません。







煮ても美味し、焼いても美味し、もちろん生でも美味し。






胃袋が幸せすぎてポージング。



senoopose.jpg






恥ずかしくはない。



かき捨てるモノ、旅のなんたらは。







ふと目に止まったお魚が私に優しくささやきかけました。





「人生いろいろあるけど、お互い頑張ろうな!」




ojisanfish.jpg






ほっとけ!






7

フージコちゃ~ん




週末、土曜日曜、一泊で伊豆の修善寺に行ってきました。





宿泊したところは山間で、鳥のさえずりと木の揺れる音、時折どこからか旅行にやってきたであろう子供の笑い声が聞こえる程度。






つまりとっても静かで空気の綺麗な気持ちいい場所、ということです。






妹尾、大喜び。





きゃっきゃと動き回って楽しんでおりました。







で、翌日の朝、目を覚ましてみますと昨日よりも更にきゅっと引き締まる良いかんじの寒さ。






部屋のカーテンを開けてみるとさらにびっくり。






まっしろ。






なんか、映画の特殊なシーンのようです。





外に出てみるとやはりひんやりしていて吐息も白い、はず。




まわりが全部白だから区別がつかない。





とにかく白しろしろ・・






5m離れるともう何も見えない。






!!






はたと思い出しました。





箱根とかこのあたりって霧の名所でした。





昔、バイクや車で遊びに来てしょっちゅう真っ白攻撃にやられたのを思い出しました。







で、




「あーあ、面白いには面白いけど、これじゃ何かして遊ぶのは無理っぽいなー」





と思って思案していましたら、ものすごい綺麗な物が見えたのです。






目の前で霧が引いていくの。




下から上に向かって(私にはそう見えた)どんどん白が薄くなっていきます。




で、下の方から徐々に視界が開ける、というか遠くが見えるようになってきて、それぐんぐんものすごいスピードで上昇していきます。





某国営放送のお金のかかった番組のように、1年に動く雲の流れを早回しで見ているみたいに。






で、そこだけめちゃめちゃ黄色いの。






太陽が当たっているんですって。





真っ白 in 黄色 in 見えてる景色。





「うっひゃー!」





とか言ってると、もう一段すごいのが見えた。






昨夜は暗くて気づかなかったのだけど、そっちの方角は日本一の山、マウント富士が。






霧が晴れてきながら、陽が差してきながら、景色が見えてきたと思ったら富士さん、こんにちはーみたいな。






ものすげーきれかった。






写真撮るのを忘れてボーゼンと見守っていましたもの。






すごいよ、富士山って。







西日本出身の私にとって、フージ子サンは何度見ても違う見え方で、そして何回見ても飽きることがないかっこいいヤツなのです。






次は赤富士と呼ばれているやつを見てみたいと思っております。


6

wiiに挑んだ男達の物語り

拝啓



トイザらス様、あなたのお名前は何故に「ら」だけが平仮名なのですか?


不思議でおじゃりまするが、まぁいとをかし。





先週の土曜日にトイザらスに行きました。


なぜならば、




「毎週土曜日に wii を入荷する。ただし、欲しい人や転売目的の怪しげな外人達であふれかえるのでオフレコにしている。」




というまことしやかな情報を入手していたからです。



(くはない)年の夢だった wii がやと手に入る!とばかりに、それでももしやこの秘密情報を他人も知っているかもしれない危機を回避するために開店の30分前にトイザらスへ行ったのです。



すると、既に20人くらいが並んでいるではありませんか!




「おおっ・・・やるな、侮れん・・・・」




奪い合いになるかもしれないという戦闘準備。


しゃきっと気持ちを入れて列の最後尾へ。





「かかってこいやー!」



気持ちで絶叫。



バーゲンで並んでいて、洋服やスーパーの特売品なんぞを奪い合っているオバチャン達を100%軽蔑の目で見ていたが今後は改めよう。


目が据わった強者共の、ぎらぎらとした殺気が開店前のトイザらス入り口を充満させている。


不思議と(ではないかもしれない)子供はいない。


母親に抱かれた赤ちゃんがちらほら。



可愛いなどとうつつを抜かしてはいけない。



「敵、確認。目視にて右前方1時の方向から左後方7時の方へ。数、約50人。」



更に店内の様子を背伸びして伺います。


店内に突入した後、wii の居場所を少しでも早く確認するためです。



「!!」



本体が積んであるのは見えませんが、真ん中からちょっと右側、奥の方に wii の旗が見えました。



「距離、約20m。妹尾エネルギー充填120%。」




体制は整いました。


wii の入荷数が少なければ悲惨な戦闘になることは必死です。


並んでいる者、全てが敵。皆さんちょっとづつガンを付け合っています。



「ひるむべからず! 開店2分前、膝良し、肩良し、靴ひも良し。目標補足、妹尾いつでも行けます!」



アムロ入ってきました。





その時左の方向、間もなくオープンする大きなドアの横に、社員用の通路出口から、はっぴをまとったおっさんが。


手にはトラメガ。



全員注目、というより睨みつけています。


おかしな画です。



おっさんはちょっとビックリして後ずさった様にも見えましたが、気を取り直しつつ、


「えー、皆様、本日はようこそいらっしゃいました。ご来店有り難うございます。

えーっと、今お並びの方で wii とDSライトをお求めの方、本日当店は入荷がございません。

次回の入荷は7日の予定となっております。

入荷数は未定です・・・・・」





なーんのこっちゃ。



全員同時にタメイキ。


こんなにユニゾンで大人数がタメイキつけるのって、芝居でも難しい。


皆、同じ期待値と気持ちだったのね。




並んでいた人達の顔から殺気が消えていきます。


皆、優しそうな人ばっかり。




集団心理の恐ろしさを垣間見ました。


群衆が作る心理、空気感ってものすごいわね。







で、時は7日朝。


早起きして、これまたすっかり戦闘モード。


情報戦には大して差がないことを思い知ったので、前日にトイザらスには電話してある。



「すいませぇん、なんかー、甥っ子に頼まれていてぇ、うぃーとかいうおもちゃが欲しいらしいんですけどそちらに売ってますぅ?」



私には<43才になってもゲームを欲しがっているのはバカみたいだから上手く誤魔化さなければならない>というある種の防衛本能が働くときがある。




「ああ、それでしたら明日入荷しますよ。ただ、とても人気商品でして、お早めに来られないと売り切れてしまうかもしれません。入荷数は126個です。混み合いますのでお問い合わせの方以外には宣伝していません。」




「あぁ! そうなんですか! ご親切にどうも有り難うございます。できるだけ早く伺う様にしますね。そいじゃ。」




「ふふふ、数も分かったしこれで勝利は手にしたも同然だぁ!」




勝ちを確信した私はトイザらスの開店1時間ほど前に行くことにした。


入荷数と情報収集しているであろう人間の数とを、まいこんぴーたーに入力してはじき出した時間である。





7日朝、山道太郎(バイク)でぶっ飛ばしたのだが予定よりも5分ほど遅れたであろうか。



ブツが入る様に大きめのリュックサックを背負い、完全防備の耐寒服に、並んでる時用の本。




「さて、行くか・・・」



バイクを降り、先頭の10番めくらいには楽勝で入っているはずなのでゆっくりと店内に歩き始める。



ふと大通りに面した店の入り口に目をやると、数台のタクシーがハザードを出している。


中からは、これでもかっていうくらい分かりやすい金持ちのオバチャンが血相変えて駆け下りている。


ダッシュしているその先には・・・





な、なんですとぉ




閉まっている入り口の大きなドアの前に、2列になって人がいる。


いっぱいいる。



初詣の時と同じ景色・・・




「ま、まじっすか?」




慌てて列の最後尾を目指す。



目線の先には非常階段が。



だってその上の方に列が向かっているんだもん。



4Fだって。



金持ちオバチャンとのデッドヒートを勝ち抜いた私は何とか列に付くことができたのだが、その後も続々と並んでくる。



「も、ものすげぇもんだな。どこでどーやって皆知ってるんだろう?」



荒れた呼吸を整えながら本当に不思議になりました。


と、同時に不安感も。





「数が足りないかもしれない!」



まいこんぴーたーの性能が悪すぎました。



ただ、救いは一つだけあります。



「この列にはニンテンドーDSライトで並んでいる人も含まれている。全員が wii 狙いだと入手は無理だけど、DSに流れる人が多ければ可能性はまだある!

再計算、まいこんぴーたー最新版!」



カチカチぴーん!



・・・じぇんじぇんわかりましぇん。



とりあえず一生懸命来たので開店まで並ぶことに決めました。



何か虚しい43才・・・


しかもとっくに過ぎた自分の誕生日のためのご褒美で・・




てくてく・・・すとーっぷ。

  しーん

てくてく・・・すとーっぷ。

  しーん

てくてく・・・・・・・・・




を何十回も繰り返してやっと入り口の前に。


あと4人ほどで自分の順番です。



なにやら神々しい引換券の様な者をボックスの中から取りだして渡しているのが確認できます。


が、残りの枚数とかが見えちゃって、早くガッカリするのがイヤなので見ない様にしています・・・


きました姉さん!(いないが)僕の順番です。


どきどきして閉じていた目を開きます。


係のお兄さんがそっと僕にささやきました。





DSと wii どちらをお求めですか?






ういーですともっ!





ほおずりと握手とハグとお祝いのキスを、そのおに兄ぃさんにしてあげたい気持ちをぐっとこらえて引換券を握りしめました。



「ぼかぁ、やったよ! 姉さん!」




うぃぃいいいいっ




げっとぉお!








私の4人ほど後ろで売り切れていました。





教訓  

情報はどこからともなく漏れている。マル秘というのは公開と同じようなもの。

普通のオバチャン達の人を押しのけるパワー、侮れない。


wii は痩せる・・そうな気がする。

wiiスポーツという同時購入のソフトで妹尾汁でびっしょりになったもの。





   ハッピーバースディ、自分。













9

寒波到来

おっそろしく寒くなってきました。

風邪ひいてじゅるじゅるしてる人も多いと思いますがあんまり流行には乗らない方がイイですよ、とすでに乗った俺が言う。

昨日はね、もう飲みましたとも。

今月のクリスマスに出産予定の若先生夫妻が訪ねてきてくれました。

楽しみで楽しみで楽しみで。

若先生も奥様(ベッピンさんです。デミムーアみたい)も目尻が下がりっぱなし。

「全然。大したことはない。」

等と強がってはいますがウキウキ感が伝わってきます。

私も嬉しさのあまりついつい飲み過ぎてしまって...



「泥船船長」という私の後輩(トライアスロンを続けていた超体育会系)から、せっかく有り難い肉体改善方法を教えてもらったのに、こんな二日酔いでは無理ですわ。

明日からにします。と毎日言いそうな気がします。

まぁ意識して少しずつ始めることが大切なのですよ。

どんどんハードルを下げて、取り組みやすくしなければ自分がしんどい。



さってと、「ちほひろ」さんがこんな写真を撮って送ってくれました。

面白いので載せます。





zura.jpg ←ポテッと落ちたズーラー。

眠いんだから仕方ないじゃん、ねぇ。




さて、ちょっと 「水」  について書いてみましょう。


当たり前のモノなんだけど奥が深い!

昔からずーーーーっと欲しかった浄水器を最近付けました。

高くて手が出なかったのだけど、やっとのことでゲットできたんです。

いろんなのを調べたりしたけどココのが最高だと思っていたので大満足。

コーヒー  ものすごく美味い

お米    ものすごく美味い

煮物    ものすごく美味い

つゆ物   ものすごく美味い

水     ものすごく美味い

水割り   ものすごく美味い

お茶    ものすごく美味い


要するに、日常全ての物が大きく変わってしまうんですな。

本当に美味いからビックリする。

小学校の時以来かも、水を蛇口からごくごく飲むの。

洗顔にも効くから驚いたし、洗濯物もにおいが付かないし。

こんなに違うとは想像もしていなかったっすわ。


せっかくなので

「美味しい水を使ったらこれがこんな風にできるよ!」

っていうのを教えてください。

いっぱいやってみたいっす!

でも、なんか「安全」とか「水」とか、金出して手に入れるなんて昭和の頃じゃあり得ませんでしたな...

         欧米か!

むなしいのは止めにして。

さ、もうすぐ「ごーーん」っと鐘が鳴るのでめんどくさいことを済ませてしまいましょう。

  私、免許の書き換え...




12

もつれ話...

何か、先日S.Sさんのお便りを

紹介しましたところ、ものすごい怒られようで。


死の宣告を受けたり料理の方法やどくろマークまで!


S.Sさんもさぞかし驚いたことでしょう。




その後のS.Sさんですが、相変わらずチュウさんとの縁は切れ
ていないようです。


「目指せ!!500の大台!」


とか言ったら殺されそうな空気を感じつつ別れるための重い腰

を上げてきたようにも見受けられます。


S.Sさん、苦しんでいるようなので私も相談には乗っていました。


すると、何でも γGT-P(ガンちゃん)という新しい人が急接近してきたと。


これは複雑な三角関係かとドキドキしながら聞いていましたが、何とガンちゃんはチュウさんの親友なんですって!


「うわ、ややこしそう。これはもつれるわー」


と思っていたんですが、チュウさんとガンちゃんはお互いS.S

さんのことを知った上での奪い合いみたいなんです。


ガンちゃんは数字は3桁ちょい、くらいなんですが、チュウさんの460にも、その道では負けず劣らずらしいです。


S.Sさんも本当に罪なお方ですね、こんなに愛されてしまうなんて。


「チュウさんの愛にも応えたい。でもガンちゃんの一途な気持ちにも心が惹かれる...


こちらを取ればあちらが、あちらを取ればこちらが...


いっそのこと私だけが悲しめばいい!


どちらかを選ぶなんて無理。


おとなしくそっと身を引きます..。」


S.Sさんはそう思っているそうです。


話すにつれ心を許してくれるS.Sさんがここまで本当のことを
しゃべってくれました。

でも、叩けば埃のでる身体...まだまだ後ろの方に人影が見え隠れしています。

分かり次第(小出しに)ご報告致しまする。



...私も何とか力になってあげたいのですが、良い知恵がありません。



どうか皆様の 優しいー、限定の アドバイスをお待ち致します...



私は横目にウーロンハイで乾杯としゃれ込むことにします...(早逃)




そういえば思い出しました。我が妹尾家もガンと糖尿(による

併発)でぽってんぽってん逝ってますわ!


えらいこっちゃ、です。



気を付けましょうね、自分が...



 ココまで来ると怒られるのが開き直れてきましたぞ!イヤッホーッ!



それはそーと、このくそオセロですが、開き直ってサクサクとやってみたら2回も勝てました。

.....えっと、ラクショー?



どうやら まだ勝ってない人 がいるみたいでぇ~。


その方のためにぃ、まだぁ、取っておきますがぁ、もう、いないイナイバーしちゃってもいいかなぁ~っと。

なんてこたーナイですわ、所詮ゲーム、ちょろいもんっすわ。





あと、「ぐっすり」

Good sleep から来てると思ってたら全然違うって「けむ」さんからいただきました...

なーるほど、信憑性ありまくり。

ま、私的にはシャレがきいているほうがイイのですが、

「<ぐっすり>→<Good sleep>と思いがちですが実は違うのだよ!」

と、裏の裏を知ることができたような気がしますので、ゴンドラが二段階上がります。

間違いを正してあげる正義の大人。



   
  さーてと、長生きするかー!  でっきるっかな?でっきるっかな? はてさてフフッフー 

 

このカテゴリーに該当する記事はありません。