・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
2

ギックラー ばきっ!


ばきっーン!!

刃牙じゃありませんがまたしてもぎっくり腰をやってしまいました。

季節の変わり目に訪れる、もはや時候の挨拶のような。

プロのギックラーと言っても良いでしょう。



今回は膝から来ているみたいですね。

身体を鍛えるために無理な運動を常態化していたのですが、たいじゅう増加により膝がクラッシュ。

そのままごまかして庇うように運動を続けておりましたら腰に来たぞ、と。


もう飽きた…。

IMG_2711.jpg

**********************

さて。

ちょいとイベントの告知をさせてくんなまし。

「密林特撮学校vol.2 伴先生・妹尾先生の巻」

http://jungle-scs.co.jp/sale/?page_id=18367


ということでございまして、キカイダーの伴大介さんと妹尾青洸で、教師をやらせていただきます。ジャングル




まあ教育実習みたいなもんです(ウソ)。

現役バリバリ東映監督の鈴村展弘さんも来て下さいますのね。

実際、どんな授業になるのやら想像もつきませんが、楽しくなることは間違いないと思われます。

だって、私自身が楽しみなんですから。

まあ普通じゃ話さないちょっと奥に入り込んだところまでネタを用意して行ってみようかと思っております。



皆様、奮ってご参加のほどよろしくお願いいたします!


****************

以前ここに書いたことがありますが(2009.1頭(けつ)髪の思ひ出) 若かりし頃、アホな事故を起こしたことがありまして。

そのときに手術のために毛髪を全て切られていたのですが、退院して自然に伸ばしていったら当時の子門真人さんみたいになってしまいまして。

暴れはっちゃくな髪をとにかく落ち着かせようと、人生で一度きりのパンチパーマをあてた(昭和)ことがありました。

そのときの写真が奇跡的に出て参りましたので載せてみたりします。

かなり頭の悪い感じに映っておりますが気にはしません。

暗くてよく分かりませんが、B&Bの洋八さん、昔の鶴甁師匠、クリスタルキングさんらと同じ感じね。

パンチ1983

バグース! って言ってるんですね、このポーズは。

たしか、インドネシアの方の言葉で「最高!!」みたいな意味だったと記憶しております。

みんな言ってた、ボートハウスのトレーナー着てアホみたいに。

「ちょべりぐ!」

と同意かと。


へんなの。



1

太く!



人の死を見届ける頻度が増していきます。

歳を食っていくわけですから仕方ない。

まあ、生まれるってことはその瞬間から死ぬ迄のカウントダウンが始まるわけで、その辺りにわびさびを考えてしまいます。

物心ついた頃に感じていたモノと、50才を過ぎてから感じるモノと、これまた偉い違いでございます。

死に様ってのはアレですね、生き様の裏返しなんですね。

なーんとなく…ですが分かるような分からないような。

人の死は、死ぬ人のものではなくて遺された人たちのもの…。

昔やった芝居でそんな台詞がありましたが言い得て妙、納得する次第であります。

結局はですね、人様のお役に立ってしっかり生きて動かなきゃならないってことなんですね。


数日前に豪快に笑いながら逝った伯父貴に教えられた気がします。



喪に服す気持ちを持ちながら、明るく元気に人生を太く過ごそうと思います。

短く…ではなくて充実させるって意味ですね。



写真も何もありませんが、今回のブログはこんな感じで終わりますね。

合掌。









1

親戚は新鮮



私は「親戚」というものにかなり縁遠いところで育ちました。

従姉妹がいることも30才くらいまで知りませんでしたし、限定された数人しか知らなかったんですね。

でもまあそこがデフォルトですのでなんてことはない、問題も無い、寂しいこともそんなに無い。

冬休みが終わって登校した時、友だちらとお年玉の話になります。

そのときはさすがに嬉しい気持ちにはなりませんでした。

親からしかもらえないんですね、基本的に。

じいちゃんやばあちゃんからもらった!って喜んでるヤツの額が大きいこと大きいこと!!


親の知人や、会社をやっていたせいもあってそちらのつながりでもらうことはあったのですが、そんなのは建前だけの名義で子供の私らが手にできるモノでもなく。



「あーあ、なんでワシらには親戚がおらんのんじゃろ…。」


弟と嘆くこともありましたが、まあそんなのはその日だけで忘れてしまいます。

大人になり、自分にも親戚がいたことを知り、また、記憶にはないおじいちゃんに抱っこしてもらったことがある等々の新事実も分かってきたんですね。

私が上京した後のことですので、両親を飛び越えてお話しさせてもらったりお付き合いをさせてもらっていた人が二人ほどいました。

仲良く。

そのうちの一人が、臨終の床についておりまして。

眠っている顔を見ていますと、胸を打つモノがあります。

昭和初期の生まれ、戦争やら紛争やら激動の時代を生き抜いてきて。

人を多く育ててきて。

とても大きな会社の重役にまで上り詰めたその顔に感心させられるんですね。

ご多分に漏れず超貧乏な家庭に育ち、苦労を強いられてきた方ですが、男子の本懐を遂げた…やり切ったという安堵の顔にも見えてきます。

生命を永く維持するための装置を、自らの意思で外させたと。



耳を近づけ、ぎりぎり交わす会話。



「ふぐが食いたいんや。お前、どっか店を予約してくれ。」



食えるわけがありません。

誤嚥(水や食料が気管に入ってしまう)をおこすので点滴オンリーです。

口を湿らせることも止められています。



「…ええよ。都内のど真ん中で豪勢にやろう。おっちゃんの元部下とかも全員声かけるから200人は下らんやろうな。でっかいホテルでやろか。」


「アホ言え。そんな仰々しいことせんでもええ。高くつきすぎるやろ。」


「ほなら何処にする? 本場の山口県のまで行こか。」


「もちょっと近場にせえ。」


「高級過ぎんで遠すぎんで…そしたら枚方(昔、叔父が住んでいた)で探そうか。」


「落としすぎや。」


「…。」



大阪のおっちゃん、この期に及んで間が完璧。(枚方には何の悪意もありません)

おそろしいですな、修羅場をくぐった人間は。


伯父の大往生に向かう姿。

私も、何か大きなモノを学ばせていただいているところでございます。

****************************

さて。

先日のオーディションで呼んでいただいた某ドラマの撮影に。

明るい現場で皆さんとても盛り上がっています。

監督、カメラマン、スタッフさんたちに明るい人が多いのはいいですね。

空気が大変よろしゅうございます。

監督といろいろディスカッションしながら芝居の雰囲気や求められる画を追求して。

お互い納得の上で演者と撮り手がコラボする。

オッケーがかかった後で監督が満面の笑みを向けてくれると、悦楽気分に陥ります。

作品作りに役立てる悦びはひとしおです。

IMG_2656.jpg
ウラで悪いことしてる外務大臣…。

が、一方では週刊誌ネタのようなこと(書けましぇん…)が現場を困らせておりまして。



「おおお、ゲーノーカイっぽいぞ!」


なんて野次馬させてもらっております。

IMG_2651.jpg


さ! 夏ですしね。夏用のバイクジャンパーも短くぶった切って涼しくなりました。



一度しかない人生をやり切れるよう進みまくるぞ、と!



1

残念組合、上等!



暖かくなってきてバイクの喜びをかみしめつつ。

最近腰や膝が弱ってきているので無理に運動をするように心がけておりました。

毎日坂道を数キロ、足の動きを気にしながら上り下りを繰り返し…はたまたテニスで汗をかいてみたり。
IMG_2611.jpg

いい感じ!って思っていたところ、膝の外側に激痛が。

靱帯を痛めたようですね。

これは毎回やるのですが本当に愚の骨頂です。

身体のためを思って身体を壊す…ううう。

昔、<健康のためなら死んでもいい!>という頭の悪いスローガンを見て笑っておりましたがまさか自分毎回こんな感じになっていくとは思いませんでした。IMG_2628.jpg

つまらないので悪友たちと飲みに行きます。

不思議とどんなに身体の具合が悪くてもお酒だけは美味しいのね。

ほーんと、不思議。

気がつけばもうすぐ付き合いが40年を迎えようとしているこの残念組合

話題も随分変わってきちゃいましたね、不健康自慢、不幸自慢…ま、兎にも角にもアホウってことでしょうがそれでよし。

こりゃ身体が元気になるなんざ半永久的に無理でしょうとせっせと酒を口に運びます。


*********************

IMG_2641.jpg
『五星戦隊ダイレンジャー』和田 圭市くん。

まあ、同じ穴の狢…っていいますか、同じ釜の飯を食った仲間です。

ほんの少し私の方が先輩ってことになるのかも。

実はご縁をいただきまして、前からちょいちょいお会いしていたんですね。

お芝居ごとですが、まだ一度も飲みに行ってないんです。

だもんで、私は猫を被って静かなおっさんだったのですが、「重甲ビーファイター」等々の土屋兄弟の話で盛り上がったりしてね、随分と仲良くさせてもらってるんです。

で、この写真は某撮影所なんですが、同じオーディションを受けることになりまして。

そこでの一枚!

和田君、めっちゃナイスガイです。

見た目通り、中身も、爽やか三角また来て四角。(超昭和)

私の本性がばれる時までウソ妹尾を造り続けますとも…。


そんでもって、このドラマに出演させていただくことになりまして。

情報が解禁されましたらまたご報告させていただきたいと思います!!



*********************

こっからはバイクに興味のない人はいつものようにすっ飛ばして下さい。

アホほどつまらんと思うから。

さてさて、バイクの気持ちいい季節と言うことは、比例してそんれだけぶっ壊れていく季節でもあるのですね、我が家の場合。

何せご機嫌斜めで個性的なバイクたちですので仕方がありませんが…今回はスクーターが止まりました。

停まった…っていうよりはバッテリー、電気系ですね。

半年に一回のペースでバッテリー君が逝ってしまうので、これはもうちゃんと充電してないんじゃないかと。

これはレギュレーターを変えてやらんとねーって思いまして。

私のスクーターはキムコの(V-LINK125)っていう、台湾製のバイクなんですね。

めっぽう速いので気に入って乗っているのですが、流石はざっくりとした作りの古いバイク。

ちょっとググッたくらいではほとんど正確な情報が出てこないんですよ。

大嫌いな作業…スクーターの外周ボディを引っぺがしてレギュレーターを探します。

ありました。
IMG_2635.jpg

型番を控えて探して見るも適合なし。

IMG_2636.jpg

コネクターへ向かう形状も記録をしておいて、さらに調査を進めましたら…なんとまあこのあたりのパーツはホンダのスペイシーのモノを流用しとるんじゃね? みたいな情報をキャッチ。

スペイシーのレギュレーターをさがしてみましたら、一つ前の型に姿形はそっくり!てか間違いないでしょうと。

じゃあ早速これをゲットして…なんて思っておりましたが、コネクターのpinの形状がめっちゃ種類があると。

はああ、そこまで考えてなかった…もう一度バラしてコネクター空けて、プラグの形状を見なきゃ…。

くっそめんどいーのでそれは後回し、また後日ってことにしました。
IMG_2639.jpg
こっちはセルモーターですが、ジョイントの形が同型のものはもう売っていないらしく。

新しいものを買って、中身を引っぺがして古いヤツをリビルドしなきゃならんのね。

トルクのかかるパーツだから、しっかり固定させなきゃならないのだね。

バッテリー、レギュレーター、セルモーター、この三つを新しくしてやれば少しは心臓発作も治まるんじゃないかと。

何度か心が折れかけて、りーどやらアドレスやらさくっと買い換えちゃえばいいじゃん!とも思ったのですが…いやいや、大事に乗れば、乗り続ければもっと愛着もわくだろうしモノを大事にするってのにも胸を張れるし。

世話の焼けるバイクですが何とか可愛がっていこうじゃないかと。

だってお兄さんの方のZZR1100cは平成2年登録。

28才。

人間で言えば軽く100才超えてますもん。

本当に宝物ですわ。

ツーリングに出掛けて楽しい写真をアップしますぞ!




2

緊張と恋は紙一重…なのか


誰か助けてー!正義の人ー!!(犬も可)

IMG_20151227_092322.jpg

駐車場から出てきましたら車のドアミラーを割られてました。

楽しすぎておなかの中がグツグツ言ってます。

IMG_2301.jpg


外は桜が満開で日本の空気も心なしか喜んでいるようであります。

うん、ここらへんは気持ちいい。


そんな悠長なことを言っていられるのもこの平和な日本のお陰でありまして。

世界では北朝と米国のあまりにもキャラの立ったお二人がいろんな緊張感を醸し出してくれています。

きな臭いな-。

何処に向かっていくのでありましょうか、世界的に。

あっという間に人類滅亡のシナリオも描けてしまうところがなんともシュールすぎて。

見守る…以上に積極的に対応していく姿勢が求められているように思います。

何をすればいいのか分からんけど。
images.jpg


*******************

冷蔵庫の中を漁っておりましたら、なんとも便利そうな調味料が出てきまして。

IMG_2266.jpg

あ、これ使えそうです。

さっそく試食じゃ、ビールのつまみにいい感じ!

チラリと裏を見てみましたら…

IMG_2267.jpg


おうまいが! ぼうしっ!!

あっちょんぶりけーということで一応は口に入れてみました。

恐ろしいほど酸っぱさが強いですが何とかなりそう。

三十年前のムヒも使ってましたし、何とかなるだろうと思いましたが…やはり身体を壊しては意味がありませんのでここは廃棄処分に。

しかし…何で今まで気づかなかったんだろう。

*************************************


私、最近オーディションや仕事現場では変に開き直り作用が働いてましてほぼ緊張しないんですね。

ここ数年のことなんです。

自分をより素敵に見せようとか、より能力があるように振る舞おうとか、そういう爪痕を残そうとしなくなったんですね。

てか出来ないんだってことが分かったの。



「今の自分に出来ることは120%やらせてもらいますが、それ以上は無理、ウソが出るだけ!」



ってことで全く肩に力を入れないで対応させていただいておりました。



「私、こんなもんです。
 良かったら是非一度ご賞味いただければ…あ、ご興味なければ無視して下さいませ。」



な心境ですね。

がつがつ焦って空回りしてもどーにもならんってことが50才過ぎてから気づいたんでしょうね、残念な頭ですが。

逆にその方が圧倒的に上手くいく機会が多いので不思議です。



で、つい先日とある選考会に参加させていただいて…久々にド緊張、脇汗だらだらな目に遭ったんです。

それはですね、選考する側にチラリと知っている人を見かけまして。

あらま!ってなだけなんですが、それがまたどういうわけかもうガッシガシに緊張し始めまして。

決してその人に対してアピールを強めに!なんて思ったわけではないのですがね、まあ理由は分かりません。

ドキドキが止まらない。

舞台の本番より全然ドキ胸。

ああ、私は何処に向かっているの? 的な。

コントロールできないんですね。

とにかく久しぶりに緊張しまくって、部屋を出た後おなかが痛くなってきまして。

汗も半端じゃないし、ああ、久しぶりに緊張した!って…それだけの話なつもりだったんですが。

この切ないばかりの胸の痛みは覚えがあります、うんうん、たしかこれは…恋?

そう、これは恋だわ恋なのルルルララ♪

もっともっと緊張恋をしていきたいわね!!でもお相手がいる方が素敵よ。

ああ、恋するおじさんブログ。



あほうが過ぎる

IMG_2251.jpg

1

花見は大して花を見てないと知る


さて。

今回はお花見シリーズの写真をアップします。

と、お花見に行く前にジバン日下くんと勝太暁斎展を観に行きました。
IMG_2179.jpg


花見で飲み狂う前に心に栄養を。

彼の有名な<百鬼夜行>を観ようと。

天才肌らしく、ささーっと短時間で描き上げる方なんですって。

シャレも効いててとってもセンス溢れる空気がびしばし伝わってきます。

なぜか頭に一番焼き付いたのは春画でしたが、それはそれで…。

4月某日、東京のど真ん中。

仮面ライダーの監督で、懇意にさせていただいている鈴村監督のお誘いで。

総勢120人集まったんですって!

2017花見01

写真が収まり切らんけど…。

早朝から場所を取って準備するの大変だったと思います。

悪天小雨の中、大いに語って酔っ払いました!

花見02

30年ぶりに再会した方もいたりして(マスクマンのユキちゃん)ぎゃおーって叫びましたさ。

全然変わらない姿に感動しつつ、いつもの友人、初めての方とご挨拶もさせていただきました。

アフロ - コピー

およげ鯛焼きクン的な。(昭和)

翌日はお天気に恵まれまして、自宅近くにいぬと散歩。

六部咲きくらいかな…でもまあぱちりと記念撮影。

よく考えてみたら、花見って言うけどほとんど酒とつまみと友だちの顔しか見てないような気がします。

全編通して一分くらいしか桜を見てないかと。


桜の花びら…が舞い散る雰囲気…で飲むお酒…は美味しいよね…ってことだけですよね。

うんうん、つまり飲むのは楽しいねってこと!

IMG_2184.jpg

*********************


テレビは国有地の取得に関するニュース、いわゆる忖度問題?や築地市場移転の問題、北朝鮮、トランプ氏とわっさわさ話題になりやすいニュースに溢れていますが、どうしても解決してもらいたい問題があります。

9才の女の子が殺された事件…。

親御さんの気持ちを推し量るべくもなく、本当に嫌な事件で。

日本の国力を上げて犯人逮捕につなげてもらいたいと思うのですね。

ちょっとネットで調べてみますと、いろんな情報をさんけんするのですが、中には驚くような言葉も見受けられます。

曰く、どうして日本人じゃない子供が殺されてそんなに大騒ぎするのか。

曰く、どうせ大人びた子供がたちの悪い連中とつるんでいたんだろう。

…。

先日、琴奨菊と照ノ富士の一戦でも、


「モンゴル帰れ!」


のヤジが飛び、問題となりました。

ネットの匿名性に隠れた礼儀のない罵詈雑言、私も多く経験しますよー。

慣れてきちゃってね、哀れな人だなーとしか感じませんが。

全てとは言いませんが…本当に日本人は民度が高いのでしょうか?

ちょっと疑問に感じる時もあります。


この事件、同じ子を持つ親として悔しくてなりません。

早い解決を望みます。








2

カネゴンさん来たる!


はい、またまたフェイスブックばっかり更新しててこちらのブログがおろそかになっております。

すんません。

すっかり春らしくなって?まいりました。

風邪や花粉症で苦しんでいる方には大変申し訳ありませんが、私は肝臓以外はすこぶる元気にやっております。




さて、ちょいと嬉しい報告をさせて下さい。

来る4月16日、イベントをやらせていただくんですね。

いつものダメ男三人衆を呼んで下さる奇特な方がいらっしゃいまして。

ちょいとご報告させて下さい。

********************************************

第17回《昭和のヒーロー 妹尾青洸×筒井 巧×日下翔平 》
トーク&サイン会


※2017年4月16日(日)
中野サンプラザ 15F

※ゲスト

☆妹尾青洸 氏
超人機メタルダー主演、剣流星、古賀竜夫役、他

☆筒井 巧 氏
世界忍者戦ジライヤ主演、山地闘破、磁雷矢役、他

☆日下翔平 氏
機動刑事ジバン主演、田村直人役、他

※タイムスケジュール

11:30 受付開始
12:00 トークショー
13:30 トーク終了
14:00 サイン会
15:30 終了予定

※参加費  ¥5000

※サインはお好きな物に各ゲスト1点ずつ、ツーショット写真はご持参のカメラで各ゲスト1枚ずつになります。

※サインの追加販売をします。各ゲスト1点/¥1000になります。当日受付でサインチケットの販売します。

※参加をご希望される方は、4月14日(金)までに下記メールアドレスに参加人数・参加者氏名をご記入の上、お申し込みください。

1926showa.hero1989@gmail.com

席に限りがございますので、満席になりましたら、ご容赦下さい。

******************************


てことなのですがね、ここにスペシャルゲストをお呼びすることが決まったんです。

筒井さん、日下さん、そして私と共通の知り合いで、しかも縁の濃ゆい方。

そ。

カネゴンさんこと 金田憲明 さん!!

我々三人が演じたヒーローの、アップ用のスーツアクター!

優しくて温厚な人柄で。

私にとってはおっかなびっくりの暗黒撮影所時代、唯一のアオシス。

img010.jpg
(左は山田さん、右がカネゴンさん)

あーんど親指三人衆。

親指三人衆

超久しぶりに連絡を取ってみまして、


「あのー、カネゴンさぁん、ちょっとぉ、お願いがあるんですけどぉ…」


とかゴロゴロ甘えてみましたら、なんと出演を快諾して下さったんですね!

わざわざ新潟からお越しになるという…いやいやいや、本当にありがたいことです。

親指三人衆もみーんなカネゴンさんのことが大好きなので、久しぶりにお会いできることが嬉しくてたまりません。

ワクワクなんですね-、どんな話をしようかなー!

お時間ございましたら是非いらして下さい!

*************************

北海道XJ01

このペケジェーは、十代の頃から何度も北海道を友にした相棒でした。

後輩に貸していた時、駒沢公園で盗まれてしまったのですね。

この後も原付、ハヤブサ、盗難の歴史が幕を開けるのでございます。

盗んでいった奴、事故って罰が当たればいいと思ってました。

懐かしい写真が出てきたので。


1

一旦コマーシャル…みたいな

IMG_1928.jpg

皆さんこんにちは!

一月、い(去)ぬる…二月、逃げる…三月、去る…。


「本当に早いな-、ついこないだお正月だったのになー。」


なんて申しますがマジ早すぎます。

えらいこっちゃ。

時間を無駄にしないようにと焦るばかりで、ものすごく無駄にしている気がしてならない二月の末日です。

何はともあれ元気に頑張りましょう。

****************************************

足かけ15年続けてきたのですが、「ゲキ塾。」の活動を一旦休止させました。

事情が重なりまして、如何ともし難くなったのですがね。


<稽古は裏切らない>
<鍛錬、努力を続けている>

この自負を持ちたかったのもありますが、よくまあここまで続けてこられたものだと思っています。

いろんな事がありましたがね、また復旧させられるようにしますとも。
IMG_2067.jpg

感慨深いモノが胸の奥から突き上げてきます。
ラスト稽古

うちの勝太がね、ほぼ主役を演じさせてもらったんですね。

私の知人からのご紹介で、美味くやりきれるかどうかドキドキしておりましたが、兎にも角にもスバラシイ体験になったと思います。

IMG_2076.jpg

観劇していて、ほっとするような感慨深いモノがぐるぐる回っておりまして。

うんうん、良かったなー勝太!って。

能楽堂舞台


舞台が普通の舞台ではなくて、能楽堂だったので気分も盛り上がるし厳かな空気がものすごく素敵で。

余計に盛り上がってきちゃうんですね!

**************************

さて、ちょっと実家に戻っておりましたら懐かしいモノが目につきまして。

古い段ボール箱を引っぺがしてみたら、<こち亀>が数十冊。

あと、バイク雑誌やらゴルゴ13やら。

持ち帰りましたよ。

320円、消費税なしなのは当たり前。

これね、岡山駅から知人の家を目指すとき、駅の売店で購入したんです。

本当に何気なく第一巻を。

今みたいにこんなにもてはやされていませんでしたからね、この漫画。

読んでみたら面白かったんですね。

吹き出し以外の所に細かく書かれている落書きみたいな作者メッセージが、私との距離感をとても近く感じさせてくれたりして。

で、ちょっとナマって買い続けたんですね。

中学生の時でした。

1978年。

両さん1

数十年ぶりに開いてみると、当時と同じ紙のにおいがしてきまして…ああ懐かしい!

両さん2

*****************************************

免許の更新。

免許講習
ここ数年、人生初の輝きを持った免許を持たせていただいてましたが、やはり予想通り速攻で青い免許に変更されてしまいました。

講習を受けさせられたり、いろんな所にお金を払って。

どこかの誰かの天下りの人たちが儲かるシステムですね…私、昔からどれだけ道交法関係から国への寄付をしてきたんだろうと。

貢献度はかなり高いですわ。

事故に気をつけるのと違反に気をつけるの、ごっちゃにしてしまいそうで面白くない。

事故はだめだし悲惨だし本当に嫌なモノです。

違反は…特に何が過ちなのか分からないようなものに関しましては運が悪いとしか受け止められないです。

巡査に、何の違反なの?って訪ねなきゃならないようなやつ。

とにかく切符を切りたい、何が何でも反則金!みたいなのは説得力ゼロよ。

そんな気分の悪い時にはね、楽しい親父たちと遊ぶのが一番。

ああ、持つべきものは友よねーと。

傷を舐め合いながらの酒…ううう、悲哀酒もこれまたいとをかし哉。

16640661_1211995758917808_2273218020484933538_n.jpg

徳 治昭さんの古典にお邪魔した時に撮っていただきました。
徳治昭さん

こういう感じにね、明るく強く、しんどい時もにこにこ笑っていける大きな男になりたいモノです。

がおー!

2

村上克司さん企画参上!



昭和のおっさんたちがまたまた集まりました。

お世話になっている高坂将軍プレゼンツ【村上克司企画室】。

ニコ動2017_2

私は初めて半紙をさせてもらったんですが、メタルダー最終回くらいからジライヤ(筒井さん)、ジバン(日下氏)と続けてスーツアクターをされていた横山一敏さんもゲスト出演。

日下氏が招聘したのですが、まあとても楽しい方で。

男気満載、こりゃめちゃくちゃ楽しい方だわ。

お近づきになれてとても光栄ですのね!



今日はなぜこの現場に呼ばれているのかも分からずほぼ皆さんポカーンとしながらの出演でしたのね。

日下氏がいろんな段取りをしてくれたらしいのですが、細かい説明が全くなかったので私たちは、

「ああ、飲み会をするのね!」

くらいにしか思ってなかったんですねー。



その前に、熊本のチャリティーで尽力なさっている徳治昭さんの童画展へ伺いまして。

16807736_1408155359226291_9023330706759886166_n.jpg


まあね、絵を見ているだけで自然と顔がほころんでしまうような、何とも言えない心地よい空気で満たされているのね。

お人柄もそうですが、絵からもブンブン伝わってきます。

熊本チャリティーにもご尽力されていて、微力ながら我々も応援させていただこうとご挨拶をさせていただきまして。

この日は偶然にもたくさん特撮関係の方が多く集まっていたようです。

記念撮影を済ませ、おしゃれな空間、おしゃれな街・麻布十番を後に。

その後は日下くんの指示通りに動いて…予定通りならばビールで乾杯と言うことになるはずだったのですが、冒頭書きましたとおりなぜか番組のMC席に座っているという不思議さ。

裏では本日のメインエベンター、村上克司さん一番弟子?の大石一雄さんにレクチャーを受けながら会場を暖めさせていただいたのであります。

そして飲み会反省会。

早く始まり早く終わろうという身体に優しい飲み会を日下くんが企画してくれたお陰で、とても気持ちよく飲んで話して反省したのでした。

うん、また新しいお友達も出来たことですし、どんどん楽しみを振りまいていこうぢゃありませんか!

IMG_2055.jpg

メタルヒーローっていう括りらしいのですが、昭和最後の年から平成へと橋渡しをする時代の私たち。

懐かしくもあり、くすぐったいようでもあり、とても大切な思い出。

共有できた親父どもが、いろんなコトを笑いながら語れる日が来たんだねーと。

軽く手を振り再会を約束するのでありました。

16640661_1211995758917808_2273218020484933538_n.jpg

遠いところわざわざご来場賜りました皆様、本当に有り難うございました。

また、ご試聴いただきました皆さん、いつもいつも有り難うございます。

気合いを入れて頑張りますのでどうぞこれからもよろしくお願いいたします!

1

スタッドレスは高速が苦手と知れ



ちょっとここのところブログの方がご無沙汰になっておりまして申し訳ありません。

先日、<更年期障害を測定!>みたいなのを試してみましたらほぼ確定の妹尾です。

***********************

実家の方が大わらわで、変なことに忙しくて。

最近しょっちゅう来るまで岡山~東京を車で行き来するのですが、もうすっかり慣れてきました。

もう少し暖かくなったらバイクでやってみようかと思いますが…やっぱ遊びじゃ亡きゃ無理かもね。

こうもしょっちゅう動くのは財布にも厳しいし疲れまくるのですが、まあいろいろ生きていれば仕方のないことですかね。
IMG_2017.jpg

岡山の後輩や友だちとゆっくり酒を酌み交わす…なんても全く出来ません。

余裕が欲しいですねー。

**************************

帰京した翌日、早朝4時に起床しまして仕事に。

死ぬかと思うほど眠かったすわ。

数年前、マイティレディという映画に出させてもらったことがあるのですが、共演した【吉岡あや】さんと一緒の現場で。

可愛らしい女優さんなので目が覚めました。(写真撮ってない!忘れた!)

IMG_2009.jpg
情報が解禁されましたらちゃんとご報告いたします。

某CMですね。

*******************************

実家に立ち寄った時に、懐かしいアルバムをめくっておりました。

今から半世紀前、私の大好きな友だちと。

数十年ぶりにフェイスブックで再会して、あまりの懐かしさにこの写真を探し出しました。

悟くん

古い白黒写真ですが記憶はそこまでぼけてません。

改めて時の流れの恐ろしさを感じますなあ。

私の知っている岡山の町並みは今ではすっかり変わってしまいまして。

魚を釣っていた川も、遊んでいた広場も、当たり前に。

でも、まだ残っているところもあります。

ノスタルジーに浸りつつ、自分のこれまでの人生は一体何なのだろうとダメ出しの雨あられ。

むむう…。

(●●クン、この写真NGだったらご一報ください!消します!!)

*************************

出演させていただいた【まなざし】という映画をフェスティバルで観に行きました。

石田えりさんや池端レイナさん、大谷朗さんとご一緒させていただいたのですが…これね、本当に素敵な作品に仕上がっております。

手前味噌ってなもんじゃなくて、本当に好きな作品!

皆様の街で公開されていましたら是非観に行ってみて下さい。

てか、まだ何処でどういう風に公開するのかよく知りませんので詳細を書けませんが、分かり次第お知らせしたいと思います。

いやいやいや、ほっこり素敵ーな良作ですわよ!

石田えりさん

500円玉をため続けること数年間。

<50万円貯まる>貯金箱に入れ続けておりました。

これ、過去に何度か達成したことがあるのですが多分今回で5回目くらいかしら。

本当にちゃんと貯まるんですよ。

ただ、普段がしんどい。

300円のものを買いたくて1.000円札をだして、おつりをもらう。

そ、おつりは200円なの。

500円玉は使わないってか使っちゃいけないモードに心が縛られてるから。

まあね、空けた時の楽しみだけでやってるようなものだけど。

IMG_1935.jpg


このお金、遊びや旅行に使えるように…いわゆる無駄金だとおもってため始めるんだけど、実際はほとんどが必要経費に消えていくのね。

つまり生活費に。

なーんでかっ? 知らん。


******************

もっとちゃんとブログを書くようにします、すみません。

1

振り返ってみたりする歳



懐かしい場所を訪れると、当時の場面や記憶が映像のようによみがえってきます。

街の様子が変わっていても、暫し目を閉じると遊んでいた友人や仲間の声や笑顔が映像のように浮かび上がります。

カラオケボックスの前、お弁当屋さんの前、食堂、居酒屋。

ああ、もう○○年も経ってるんだなーと。

景色を眺めながら当時の自分たちの姿を重ね合わせて、脳内映画を楽しんでしまいます。

すると、なんだか物語のような、他人事のような、不思議な感覚に陥っていくんですね-。

不思議。

人生を回顧するような年齢になってきたと言うことでしょうか。

走馬燈を作っていた人はここで走馬燈を作っていたなあと走馬燈のようによみがえってきてるんだろうか。

何が言いたいのか模索中ですが、兎にも角にも…いとをかし…ってことで。


*************************************

先日、番組で高坂将軍と話したんですが、


【 誰か分からないけど大きなモノに監視されている、情報を吸い上げられているっていうガラス張りな世の中。

つまりはネット文化。

趣味思考や対人関係、思想に至るまで分類分けされちゃっている不自由さ。】


これじゃなくなる日には戻らないの?

なんでも、情報操作や棲み分けを操作する最高の道具がSNSで、今現在それがとても上手くいっているというお話も。




私は常々話すんですが、昭和40年代以前の生まれの人は、大きな革命期を知らないうちに過ごしているんじゃないかって。

めちゃくちゃわかりやすく言うとコンピューターのある時代と無い時代。

これは、明治維新に匹敵するくらい大きな世の中の変化だと。

深い意味は無いけどね、ずーっと誰(何)かに見張られているようなのが気色悪いだけなんですよ。



今年の私のキャンペーンは【 取捨選択 】です。

ある人の助言です。

いらんもん、不必要なもんは捨てていかなきゃだめですね。

もったいないお化けが出るから何でも大事にしまっておく癖があります。

そういう時代でしたし教育でしたから。

でも、今回のはちょっと意味が違って、人間関係も含めるってコトなんですね。

縁は貴重なもの、だからとっても大切にしなきゃならない、一期一会!

てなスローガンに縛られていましたからアレですが、それは人と人が対面して知り合ったご縁を言うんだと解釈しました。

最近はその便利なSNSで誰でも彼でも、怪しいのも怪しくないのも礼儀があるのもないのも脳の波長が合うのも合わないのも…といった不特定多数の人と出会います。

特に外国の方なんか、言葉も含めてさっぱり分かりませんもの。

明るくて暖かい気候で陽気な国民性の方は、日本が夜中とか関係なく電話してきますし。

いやいやいや、そんな、夜中に笑い話が出来るような友だちではないでしょ!? ってなるもの。

文章で繋がっているだけなのに。

で、嫌な気持ちが二度三度あると、これはもう


「ごめんなさい、あなたの期待には応えられません。お互い気を悪くする前に終わらせましょう!」


ってなりますわね、建設的に考えて。

考えの合わない人同士、価値観の違う人間同士は話しても無理なもんは無理。

どちらかが、


「ああそうですね、私が一方的に悪いです、すみません…。」


なんてならないですね。

時間をかければってのは分かりますがそれでも実際に合っている人との仲で、スマホ上の友人じゃない。



パソコンなんて普及しなかったら良かったのかもなーなんて、親を見ていて思ったりもします。

全くPCと無縁の生活ですが何も困らずに生きておりますのでね。

自分的にも接し方を変えていこうかと考えてるんですよ、パソコン。

********************

さて、芝居を作りたい虫が疼いてきております。

以前作ったお芝居の再演をやって…って声を聞きますと余計にむくむくと。

考えねばなりませぬ。

********************

もうすぐ52才も終わり。

この年での一番の変化は視力が加速度的に落ちていったこと。

完全にスマホのせいかな、と思ってますが不明。

数字を気にしないですむように体力作りと酒を減らすことも頑張りますわい。

生きててナンボ、ですしね。


IMG_1858.jpg


あ、滑り芸でお馴染みの筒井巧さんと会いました。

今年の初滑りを間近で堪能させていただきました。

まあ、相手役をやらせていただいていたのですが、恐ろしいほどつまらないネタで私に振ってくるんですね。


「妹尾くん、今よ、今! ガツンとボケて!」


アイコンタクトで語ってきます。

ここには書きませんが、そんなネタに乗っかったら私も大やけどです。

全くし知らんふりしてスルー、放置プレイさせていただきました。

筒井さん、一人で笑い転げてお客さんを置いてけぼり。

さすがです。

これはもう5~6回転ジャンプと同等の滑りっぷり!


「あれー、おかしいなー、たくさん考えてきたんだけどなー?」


何事もなかったかのようにケロっとしてるし。

この人は本当に恐ろしいです。

一緒に芝居をする時は、ちょっと遠くに離れていた方が怪我も少なくてすむかもしれないと思いました。




強い寒波が猿のをガクガク震えて忍んでいる妹尾でした。

1

こいつぁ春から縁起(演技)がいいぜ



新年も落ち着いてきましたね!

毎日半袖で過ごすほど暖かいのですが、これは夏の便りと捉えてもよろしいでしょうか。

ども、お世話になります、妹尾です。

IMG_1826.jpg



餅が食い足りないとか、毎年恒例の正月太りとか皆様それぞれいろんな事があるでしょうが、私はちょっと驚いた…ってか嬉しいことから仕事が始まりました。

昨年末、芝居の制作をしております黒田氏からありがたい連絡をいただきました。

古くからの友人で、最近合ってませんでしたが活躍はいろんなところで見聞きしておりました。

新年早々のお芝居、とっても良い役(主役的な)で呼んで下さったのですが、スケジュールの関係でどうしても出来ませんでしたのね。

こればっかりは仕方が無い。

そういう、仁義を切った世界なのですもの。

最初に100円のお仕事をやる!と決めたら、これはもうやらなきゃいけない。

極端ですがあとで100億円の仕事が入ってきても断らなきゃいけない。

至極当たり前のことなんですがね、封建的という人もいますし時代は動いているので正否を論ずるわけではありませんが…少なくとも私はその考えに乗ってお仕事をさせていただいております。

めっちゃくちゃ損したなーって思うこともありましたさ。

みんなそうだと思います。

んでもって、いろいろお話ししててこの話をそのままウチの森川勝太のところに持って行ったんですね。

そうしましたら、それがそのままめでたく決定しまして!

やったね、パパ!!

私は出来ませんが勝太が私のやる予定だった役、織田信長公を演じることになりまして。

黒田さん、ものすごく動き回って下さったみたいなんですね。

嬉しい。

勝太が主演して一年の幕開けね!

こちらのお芝居、詳細が分かりましたらお知らせいたしますのでどうぞよろしくお願いします。



黒田氏に連れられて勝太が演出家にご挨拶に行った後、キャーッて盛り上がっちゃっうからね、そんでもって三人で飲んだわけですよ。

黒田氏、独立してからは多忙を極めてなかなか会えなかったのですが、久々に痛飲。

いやいやいや、楽しかったですわ。

IMG_1843.jpg

楽しくてついつい飲み過ぎてしまったのですがね、自転車でガシガシ坂道を上って帰宅しましたら思いっきり酔いが回ってしまいまして。

そらもう、よく分からないくらいに。

幸ノ助の家に首を突っ込んで説教をしてやろうとしたのですが、私が酒臭いらしくてなかなか話を聞いてもらえない。
IMG_1850.jpg

文句たれながら犬の腹を枕に眠ってしまった可愛らしいおじさんの姿。(一部画像処理をしてあります)

IMG_20151227_092322.jpg

*******************

さてさて、 実はもう一ついいことがありました。

大きな大きなビルに入っている、大きな大きな会社のCM(詳細分からず)のオーディションに行きました。

この年齢になってもまだ競争のふるいにかけられている生活って一体何なのだろう…的なことは置いておいて。

控え室に入ります。

私の到着した時間に十数名いました。

まだまだ後から来るらしいです。

いつもの様に、たーくさんかっこいい人や素敵に見える人がいます。

いつもの自分を出し切ることだけ考えて、心を静かに休ませます。

いらんこと、何も考えない。

爪痕残すことも一切考えない。

じーっと待っておりましたら…ここから先、ちょっと変わったことがありました。

オーディション中に私だけ呼び出されまして、


「妹尾さん、決まりで。」


ぼそぼそっと静かに伝えられました。


「はあ?」


男性二人なんですが、そのうちの一人にって。

意味は分かりませんが、とにかくそのために全員分の相手役をやることになりまして。

すべて終わりましたら、めっちゃくちゃ広い社長室に呼ばれまして。

CMの意味、どういう内容なのかについて社長自らレクチャーして下さいまして。

私、直立して聞いておりましたさ。

本当に何が起こったのかよく分からないまま帰宅しましたが、ドッキリじゃなければそのまま撮影すると思いますので詳細決まりましたら発表させていただきますね。

あー、びっくらこいて楽しいぞ!


*************************
というわけで、今年もいろんなコトを報告したり相談したりしていきますのでどうぞよろしくお願いしますわね!

IMG_0494.jpg
(幸ノ助と和解後の写真。まだ少し怒っているか)

2

【大晦日イブ】にてご挨拶



皆様、本年も大変お世話になりました。

2016年、今年もたくさんの元気玉を送って下さり心より感謝申し上げます。

本当にね、助けになるモノなんですよね…個人的にお世話になった方も、励ましや教訓を教えて下さった方も、大金を振り込んで下さった方(いない)も。

私の方からはいったいどのような形でご恩を返せるか分かりませんが、とにかく何とかしていきたいと思っておりますので楽しみにお待ち下さい!

楽しいこと、心の温まることでお届けできればと、切に願っております。

2016ありがとう


本当にありがとうございました。

そして、これに懲りずにまた来年もまたよろしくお願いいたします。




そんな中、
皆様方に喜びと笑顔の溢れた新年が訪れますよう
私、心よりお祈り申し上げます!!




***********
本日30日ですが、今年最後の「いと、まほろば」が放送されます。

放送ってか、生なのでこれから現場に向かうのですが。

92275.jpg

http://live.nicovideo.jp/gate/lv285977553

テレビ番組も年末進行で面白そうな番組が目白押しなのですが、そちらはビデオに録っておいて後ほどゆっくりと。

ジバン日下くんやジライヤ筒井さんらもどこか楽しそうな所へと出掛けてしまい、私しか残っていなかったので白羽の矢が立ったのです。

ですからお二方とも電話でトークをかますというイベントを盛り込みつつの放送。

2016年を振り返って…っていうベタは企画だと思いますが、皆様のコメントも反映させながらの番組にしていきたいと思っておりますので是非ご覧下さいませ!


アメックスカードのCMで久々にかつらを被りました。

京都(帷子ノ辻)の撮影所によく通っていた頃を思い出しましたわ。

情報解禁みたいなので宣伝させて下さい!

ほんのちょっぴりですが映っております。

興味があって超お暇な方、覗いてみて下さい!!

アメックス

わほほーい!

https://youtu.be/wuAyx4vdM5g?t=34

以上2点、番宣でした!


************************


それでは皆様、身体に気をつけて素敵な新年をお迎え下さいませ!

来年の年末にもまた笑って話せる身体でいようじゃありませんか!!

ありがとうございました!!!!!!!!!!!!

2

免許更新ブログ更新


あっという間に年末です。

気づけばクリスマスも終わってます。

毎年書きますが、私は小さな頃から


「うちは真言宗やからサンタさんは来んのよー。」


と、母親のできすぎた空海和尚の教えをすり込まれてきましたので、この日の喧噪に関しましては特に何も感じません。

車が渋滞する場所が鬱陶しいくらい、ですね。





で、もうしばらくしたら


「ごーーーーーーん・・・」


って鐘が鳴る。

これはいいですね!

最高に気持ちが落ち着くしたかぶrる。

昨今では騒音問題で除夜の鐘も鳴らさなくなる方向に進んでいるとかですが、私はそういったアホの話は無視することにしましたが。




**************

本日、免許の更新に行って来ました。

ちょっとしたミニドラマ的なコント?を見たのですが、これはこれでまた年末らしいと言いますか世相を反映されたドラマで、ちょっと見続けてしまったのですね。

IMG_1733.jpg



婦警 「ね、もうだめだってば。何度も言ってるでしょ?もうダメだってば、おばあちゃん。
    もうホントに無理だから。ね?返そうよ…。」


更新のための用紙に記入している時、この台詞が耳に飛び込んできたんですね。

ちらっと横に目をやれば、用紙の発券機のとなりで背中を丸めた90才とおぼしきおばあちゃんが両手にいっぱいいろんな書類とバッグを持って狼狽してる。


お婆ちゃん 「いや…あのね、数字をね、こうやってトントンっておしてもね、何の数字って言うかね、
      どの数字をね、どこにどうすればいいんだろうって。…こまってたらね、数字がね、
      出てこなくなっちゃうのよ。


意味はよく分かりませんが、こんな感じのことを繰り返してて。

その後に分かったのですが、免許証を機械の中に入れて、更新用の書類に暗証番号を登録する…っていう作業が上手くいってなかったのですね。


婦警  「うんうん、だからね、こういうのも試験なの。人に迷惑かけないように運転できるか、
     事故を起こさないように運転できるかっていう試験なの。お婆ちゃん、できないよね?
     これじゃあね、車を運転するのも危ないからだめなの。ね?もう免許返そうよ。
     私がおてつだいしてあげるから。ね、そうしよ?」

お婆ちゃん  「いやいや、あの機械の窓の数字がね…。」

婦警   「お婆ちゃん! もう次の人がやってるからそこに行かない!個人情報だから見ちゃダメ!」

お婆ちゃん  「だって、あの窓の数字が…。」

婦警   「だから列の前に入らないでって!」




自分で今回限りの四桁の暗証番号を入力して下さい…っていう指示なんだけどね。

客観的に見て、これはどう見ても危ない。

このお婆ちゃんの助手席ならASKA(仮)の方がまだ生き延びられる可能性が高そう。

残念なことだけど、老いるという事実を認識できる勇気を持とうと思ったもの。

自分で判断できなくなってからじゃ遅いんだろうね。

まさに今年を反映するようなミニドラマを見ましたわ。

免許の色ですがこの数年間で山ほどポリさんの世話になっているので、次回はゴールドからブルーへの格下げです。

人生で初めてゴールドをもらってたいそう喜んでおりましたが、何の恩恵も受けられぬままの格下げ、J2降格みたいな嫌な感じでございます。

…あ、ブルーで思い出しましたが。

先日、東京の中心地「霞ヶ関」を歩いておりました。

IMG_1620.jpg


仕事場に向かっていたのですが、その駅の周りにはいわゆる外務省、財務省はじめほとんどの省庁が立ち並んでおる訳でございますね。

てくてく歩いておりますと、各省庁出入り口には大勢のガードマンがいて、パスや証明を見せてゲートを入ったり出たりしているんですよ、当たり前だけど。

その歩いている人たちの顔をじっと見ていますと、そらもうあーた、日本を代表するようなお偉い大学をさぞかし優秀な成績でご卒業なされたであろう、超エリートとされる方々がほとんどなのでございましょうね。

偏差値70顔とでも言いましょうか(聞いたことないけど)そんな人たちが難しい顔して出たり入ったりしているわけでございますよ。

その脇をですね、ポケーっとしたアホ面で歩いておりましたら、


「おらー! アブねえだろうが! ちゃんと端を歩け!!」


ってマジ怒鳴られしまして。

見たらダンプのあんちゃんが窓からこっちをにらみつけてる。

庁舎の建物、改装工事してるのね。

わかりやすいヤンキー顔。

んんー、偏差値顔でいうなら30くらいすか? 知らんけど。

右見りゃ70,左は30。



「すんません…。」


と軽く頭を下げて通り過ぎ、なーーーんんだーーかーーなーー!って考えてしまいました。

30が70の建物を作ってる、という極端な見方をしてて。

面白い縮図だなーって。

どっちも充実しててどっちもすばらしい世界があるのでしょうが、覗いて見える景色は全く違うんだろうなーと。

人生…ほぼ皆同じ時間、呼吸をしているとして…どっちのどの景色が面白くて楽しいんだろう。

小さい頃、何の、どんなボタンを押せばああなったりこうなったりするんだろうっ。

偏差値で分けた書き方したけど、たとえば早く走れるのとそうでないのとで見える景色。

生まれが資産家の子供と貧民の子供の見る景色。

人生を通して見ることの出来る景色。

たくさん考えてしまいました。

私、一番見てみたい景色は体操の白井健三クンが「後方伸身宙返り4回ひねり」してるときのガンガン回ってると景色かも。

ここで想像力が費えました。



***************************

「妹尾さん、これは脅しじゃないよ、マジだよ。このまままじゃ肝臓がカッチカチになって肝硬変。んで、そのままさらりと肝ガンという不幸のコースをたどるよ! アルコール性肝炎ね、堅いし笑えないよ。」


尊敬できて、個人的にも好きなお医者さんに言われてるんでね、マジで節制気味に飲んでました。

が、まあ忘年会くらい発展でちょっと楽しすぎたのですが、先日「ゲキ塾。」系の(現在は青映塾といいます)忘年会をやりました。

お世話になっている人と、個人的な友だち感覚で飲みたい!ってだけのことでいろんな業種の方が集まりまして。

ま、ほとんど身内なので遠慮の無い飲み会。

IMG_1654.jpg


んげえ楽しかったっすわ。

多くの方が集まってくれて、本当に感謝です。

来年に向けてまた楽しくて刺激的なエネルギーをぶつけ合えました!

もちろんマブダチも来てくれたのよ!

IMG_1694.jpg


親指ブラザーズ 筒井さんと日下さん。

嫌なことがあっても、この友人に会っていると吹っ飛んでいくのね。

昭和~平成と、3年連続で地球の平和を守っていた私たちも今では介護戦隊。

IMG_1685.jpg


この三人、同じ学校でも何でも無いんだけど、年が近いってのもあるかもsれんけど本当に居心地がいいのね。

気を遣わないし背伸びや隠し事もしなくていいの。

同窓生なんだね、きっと。

そこそこの確率よ、これでも、



で、今日多分今年最後の忘年会に。

大葉健二さんたちとご一緒させてもらう予定です。

楽しむわよっと!


皆様も暴飲暴食、後から来るので気をつけて下さいねー!

2

ちょべりぐな忘年会


年末…といえばクリスマスや忘年会、飛び込み自殺の急増でおなじみですが。

忘年会、これはね、もう身体を壊すための行為と知りつつもやらないわけにはいかない。

医者にストップをかけられようとも、レバーが石になりつつあっても飲まなきゃならない。

楽しいんですもの!

さすがに自重するように考えて、少し数は減らしていますが…だって年末なんだもん。

IMG_1558.jpg
この写真は、5年前に作った時の舞台の仲間たちですね。

円企画の重鎮お二方を迎え、先輩や友人たちと作った乾坤一擲の芝居でした。

体中がおかしくなるほどしんどい芝居でしたが、出来上がったモノに多くのありがたい評価をいただけてすばらしい記念碑になっております。

私の中では、この仲間たちは人生を振り返ったときに必ずほほえみかける貴重な仲間でございます。

久しぶりにこじんまりと集まってみました。

こういう仲間と楽しくやっていられればずーっと切磋琢磨、機微bしくたのしく心を磨けるんだなと思います。

ちょべりぐ(昭和)でございます。



でもって、年末その2。

自分的に外せない風物詩?の一つに、「赤穂浪士」のお話があります。

images.jpg


だんだんと研究されてきて、実際のお話はまるで全然違う事実だったようなこともわかりかけているようですが、人情モノといいますか当時の日本の宗教観をみるうえで大変興味深いお話だと思っております。

数年前には、四十七士の討ち入りをモチーフにした舞台も制作しましたしね。

ガキの頃からドラマでもお話でもよく触れ合うモノでしたので身近なお話の一つです。

泉岳寺って言うお寺に義士のお墓があるのですが、私も「エイエイオー!」って雄叫びを上げながら義士の歩いた道をたどったことがあります。


なんでも、現在の法律に照らし合わせますと、やはり全員有罪ということらしく。

美しい話ではなく、敵を討つ野蛮な行為ねと。

武士道って言うのはなくなっちゃいましたからま、それも仕方が無いでしょう。

相手の人、死んじゃうんですからどうみても正当化できません。

そのあたりはね、酒の席でもいろいろと話し合うことも楽しかったりしますし、現在と当時の文化の違いを比べるのも趣があったりします。

うん、誰とでもこういう話で盛り上がれていたんですがね。



「ああ、そういえば今日は討ち入りの日だねー。年末だー。」



なんて赤穂義士のお話を軽く振りつつ若者に話しかけましたら、ノーリアクション。

もうね、どーでもいいのですが…だーれもこのお話を知らない。

ゆとり教育ね、はいはい。

口がふさがる暇も無く、涙も引っ込みまくる。

ちょべりば(昭和)でございます。

しりこ魂が蒸発しそうになる感覚、最近増えましたぞー。

四十七士

酒席で話す話題も選ばなきゃならんらしいけど、その前に飲む仲間を選ぶようにしますわ。

これじゃ義士も浮かばれん、かも。


*******************

さてさて、子といも残すところあとわずか。

対して大きな変化がなかった人(私)も、ものすごく変わった人も、


とにかく健康に気をつけて


来年を迎えようじゃありませんか!

ここんとこ咳をする人が目につきまくります。

病気の方の寝正月にならないよう、酒を浴びつつ乗り切っていきましょうね!


さ、気を引き締めて飲むぞ!



このカテゴリーに該当する記事はありません。