・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
2

翁…喀血!


どうにもバイクに乗りたくて。

遠距離。

老体に鞭打っていただいて、再起動をかけてみたのですが…なかなかご機嫌斜めです、うちのZZR1100c。

平成2年生まれですから、そりゃ大変なおじいちゃんですものね。

バッテリーは外してあったので2日ほど充電しておいたモノを取り付けたのですが、きゅるるるるるるるるるるる…って同じ波長の音が続くばかりです。

こりゃセルモーターが逝くかバッテリーが逝くか…ってな漢字ですが、腹を立てないようになだめすかしながらご機嫌を取ります。

時間もかかる。

とりあえずクランキングさせるために240kgの車体を押し掛けしてみたりもする…も、無反応。

いいのいいの、知ってる知ってる、すねてるんだよね、おじいちゃん!

車とバッテリーケーブルでジャンプさせてから、もう一度ゆっくりと。

チョークの引き具合をミリ単位で調整しながらセル音の変化に耳を澄ます。

あ、かかりそう…頑張れ!…もう一息!!


ずぼぼぼぼぼぼぼぼ・・・・ぼぼっ・・・ずんずぼぼぼぁぁぁあああああおぅぅううがががっがうぃーん

掛かった、かかった、マンセー!!

やったね、おじいちゃん、ホームランだね!!

嬉しくてしばらく暖気で暖めて。

チェーンを張り直してルブを塗り直したり空気圧調整したりして近所を一回り。

うんうん、調子は悪くないぞって喜んで吹かしていたら、またの間から煙がもくもくと。

IMG_4954.jpg



何をーっ!って叫んで降りてみますと、エンジン周り、フレームを伝って緑色の汁がポタポタと流れ落ちていきます。

ありゃりゃりゃりゃ…クーラントですね。

煙がシュワシュワ出ているところを追っかけていきますが、カウリングがウザいのでなかなか見つかりません。

はぁ…とため息をつき、ゆっくりと家に戻ります。

漏れている場所はまたゆっくり探すことにします。

下に緑色の水たまりが出来るほど派手にドバドバ出ているので、クーラントを補充するためにエンジンを冷やします。

さ、補充だけはしておこうとカウルの内側を開けてみましたらびっくり!

ラジエターキャップの周りからプシュプシュ音を立てて、緑色の汁が沸騰しながら流れ落ちているではありませんか!



「ここかいっ!」



入り口が犯人とは。

まあずいぶん長い間交換されてなかったんでしょうね、そら寿命だわ、パッキンも…ということで早速交換。

やったー!直ったーと喜ぶはずなのですが、翌日の検査の結果、キャップのすぐ脇からも少しプシュプシュと出ていることが判明。

シールがへたっておられるようです。

IMG_4952.jpg



おじいちゃん、喀血!、すぐに輸血を行うもまた吐いちゃう…みたいな。

むうう、めんどくせーぞー、でも200kmくらいは走れるようになったぞー、の巻き。


スポンサーサイト
4

当選者発表!の裏側な人


よくある雑誌の<プレゼントコーナー>。

○○名様に当たる!!豪華プレゼントにどんどん応募してください!!!


的なやつね。

あれ、当選する人は何回も当選するって聞いたことがあります。

なんでも、コツがあるんですって。

葉書の周りを綺麗に装飾する…シールやテープを使う…丁寧に書く…換装や意見も入れておく…数種類の色を使う…云々。



今回ですね、某雑誌のプレゼント企画コーナーで送られてきた葉書のうち、8枚の当選者を選ぶ作業を任されました。

とある美術展の御招待券なんですが。

応募総数は数千枚ですが、私の担当はそのうちの数百枚。

そもそもああいったモノは機械か何かに入れておけばごそごそ取り出してくる…的な、めっちゃ簡単なモノだと思ってました。

まあ人為的にやってもサクサクっと取り出して、はいおしまい!みたいな。



あのね、ぜんぜん違いました。

想像してみてください。

厚さが30cmくらいの輪ゴムでとめられたハガキの束をいくつか机に並べて、一束ずつ開いていきます。

だららららーって見ていくつもりなんですが、どうしてもついつい手を止めてじっくり読んでしまうハガキがあります。

それがね、やっぱ上に書いた法則に則ったやつなんですよ。

筆で書かれていたり,超達筆だったり、かわいらしい装飾が成されていたり。

選ぶ人の気持ちってやっぱ皆さん同じみたい。

そこそこ価値のあるモノをプレゼントするのだから、本当に使いたい人、使ってくれる人、大切に思ってくれてる人を無意識に探そうとしてしまうんですね。

結果、私は結局全てハガキを読んでしまい、最初に目についたモノを選んで、もう一度その中から優秀だと思われるモノを選び。

んでもってまたまたふるいにかけてっていう作業を数回繰り返しまして最終枚数にたどり着いたんですね。



「家族で楽しませてもらいます」

「おばあちゃんにあげます」

「年寄りの楽しみにさせてもらいます」


皆さんいろんなコトを書いてらっしゃいますが、勝手にいろいろ想像してしまうんですよ。

おばあちゃんの応募の時は、


「私の独りよがりな選出によってこの方の喜びと希望を打ち壊してしまっていいのだろうか…。長く生きてらっしゃる人生の先輩がほっと一息をついている老年期、趣味である美術館巡りにご招待して差し上げることは後輩としてあたり前の行為だぞ。」


とか、


「娘と一緒に観に行かせていただきます。」


と書かれたハガキからは、


「家族で行くと書かないのは、それは母親がいないからか…。 父と娘、父子家庭で経済的にも逼迫しているはず。仕事で忙しい父、高校生の娘とは最近うまく折り合わない。絵画好きの娘を連れ出して二人の距離を縮める大きなチャンス。

そんな頑張るお父さんを応援してあげなくていいのか!」


等々、頭の中が混乱してしまうほど考えながら読んでしまいました。

おかげでエラい時間がかかりました。

数時間かけて、ふぅふぅ言いながら選びましたさ。



でもね、面白いモノで逆に絶対にこれは選びません!っていうのも出てきました。

古くて失敗してるハガキに紙なんかを貼り直して再生させたハガキ。

字が乱暴で、何を書いているか分からない…これはもうプレゼントを欲しいとは思ってないだろうとさえ思います。

仮に当選したとしても、その方に送る住所が読めませんモノ。

いや、マジでそういうハガキが多いんです。

綺麗な字で無くて丁寧さはちゃんと伝わります。

あと多いのは、年賀ハガキや暑中お見舞いのハガキ、これが余ったから使っとけ!なやつ。

ダメじゃないし、自分ならそうするはずですが丁寧に応募している方のそれと比べてみると力は弱いです。

いったん残しておこう…の箱には入りません。


私はずーっと選ばれる側の立場にいたので、なんだか偉くなった気もしてしまいましたがね。

へんてこりんで面白い学びになりましたよ。


幸ノ助あくび

1

何か良いのないかしら、二輪車


私にとってとても大切なモノを断っています。

とても毎日が苦しいです。

が、頑張ります。

IMG_0686.jpg



さて。

阪神のボケに振り回される日が始まりました。

毎年5月を迎える頃、阪神ファンであることの虚しさ、腹立たしさを覚えます。

でもどうしても抜け出せない…そんなおかしなルーティーンを繰り返しています。

全く強くなってる気がしないのは私だけでしょうか…。


趣味のバイクも動かしたいのですが、これが一筋縄でいきません。

平成2年のバイク、人間で言うと翁、80才は優に超えているかと思われます。

キャブでガシガシ動くバイクなのですが、それはそれでなかなかオツなものなんですね。

手のひらの細かい感覚にエンジンが連動してくれてる、柔らかい感じが好きなんです。

が、やはりセル一発お目覚めの始動性に関してだけは閉口です。

ちょっと間を開けるとエンジンがかかりません。

機嫌を取りながらチョークをミリ単位で動かして日を入れようとします。

それでもかからないときは涙が出そうになります。

急いでいるときはなおさら。

ついつい話しかけますもの。


「おいおい、おっちゃん、頼むよ。そろそろ機嫌直していい音聞かせてくれよぉ。」


こういうことの繰り返しで、機械にも愛情、って言うか情が移って行ってるのかと思います。

今のところは我慢的な感覚しか持っていませんが。

250kgのバイクを押し掛けすることもしょっちゅうあります。

54才にはそろそろ厳しい儀式になってきました。

ああ、この子をお嫁に出してそろそろ新しい子を迎えようかしら。

ZZR1100…良いバイクなんです,本当に。

もう十分かな? まだまだかな? 

悩ましいです。

バイク心臓

久々に出してみよ、古い写真…


*****<ぼくのバイクのおもひ出>***************

はじめて乗ったのは近所のおばちゃんに借りたパッソル。

あの感動を超えるバイクには未だに出会ってません。

足で漕がなくても進む、文明の力に恐れおののきました。

中学生の私はすっかり心を奪われてしまったのですね。それ以来バイクオタクの道を歩み始めます。

その次はZ2。

出入りしていたGSのお兄ちゃんがよく後部座席に乗せてくれました。

当時のナナハンは夢のような大きな乗り物。

バンクさせて操るお兄ちゃんの背中で大興奮してました!

運転(させてもらってた)ヤマハDT125。

日本で最初にモノクロスさすがついたバイク。

所有は友達のジュリー小川君、借りて乗る時代でした。

そういえば無免許で捕まったわね。

XL125Sってのも。

当時はデュアルパーパスってのが流行になって。

トレールと言われたこの手のバイクが出回り始めた頃です。

GS400、スズキ。

ツインカムの名車ですね。

FXが出てくるまでは多分唯一のDOHCだったはずよ。

このバイクは二人乗りして、友達をケツに乗っけててコーナーで膨らんでしまい、川に落ちそうになったのを覚えています。

曲がりながらタイヤが半分道から落ちてた。

今でも時々思い出してブルッとします、嗚呼15才。

シャリー。

ホンダの50ccね。

当時はまだまだ原付はノーヘルで乗れた時代だったから幸せでしたわよ。

原付はDAX、マメタン、タクトやMB-5にも乗りました。

で、XJかな?

北海道にもこのバイクでは3回ほど行ったかしら。

常呂駅
津別峠

熱ダレしてエンジンが普通に止まってしまうのね、負荷をかけすぎると。

一度、峠を登ってて(津別峠)オフロード車みたいな走り方をしてたら完璧に停まってしまって焦りました。

何をやってもエンジンかからない。

焼き付いても怖いので、そこにバイクを止めて歩いて登ってたら、奇跡的にタクシーが通りがかって。

普段絶対に走らないような道…なんですが観光客がチャーターしたみたいで声をかけられて乗せてもらったことがあります。

うん、良い時代です。



「男は黙って空冷エンジンじゃ!!」


とか行ってた若いあんちゃんたちは本当に阿呆だと思いましたさ。

この相棒、後輩に貸していたら東京の駒沢公園で盗まれちゃいました。

もちろん出てきません。

世界で一本しかない貴重なマフラーを装着していたのに…ううう。


この頃は…CBXやFXが出てきてて。

世間は3ナイ運動やら校内暴力やらでバイクが大活躍してましたな。

CL400ってのはシャフトドライブでOHV、とても大きくてステキでした。

ちょこっとだけ乗りました。

CB650が1速でものすごい引っ張って加速をしたときに、よだれを垂らしそうな勢いで見ておりました。


「信号スタートしてローであんなところまで走って行った!!」


絶対に大型に乗ろうと決心した瞬間です。

この当時は大型免許は<落とすための試験>と言われ、合格率は超低くて。

私が受験したときも100人超えた受験生のうち合格者は4人でした。

そら飛び上がるほど嬉しかったですよ。

RZとかも手を出したりしたけど、限定解除して最初に乗ったのはFZR1000です。

写真は…見当たらないのですが、5バルブのエンジン。

速かったです。

V-MAXが隣に並ぶと、私のバイクを400と間違えてか(身体が大きいのでバイクが小さく見える)必ず威圧してこられました。

ゼロヨンダッシュで置き去りにする快感を覚えたのはこのバイクでした。

で、格好がよくて一目惚れしたCB1000。

このバイクは2台乗りました。

一台目はエンジンを割っちゃってオシャカになっちゃったんですね。

CB1000と

結論から書きますと、バイクはある程度速くなくてはダメ!です。

CB1000はかっこよくて大好きでしたし、思い出もたくさんありましたが、いかんせん遅い!

特徴も無くだらだら吹け上がるエンジンにタイヤはついてこない…だるい。

ブレーキやキャブやいろいろと手を出しましたが,とにかく遅い、重い。

ちょっとしたコーナーでは当時のNSR250に軽くぶち抜かれました。

意味は分かりますが、もうちょいなんとか頑張って欲しいぞ、と。

そんなときに出てきたのが<世界最速>ブラックバード。

先行予約で速攻買い換えました。

ブラックバード・キャブ

ガンメタのキャブ車。

ブラックバードi納車

そしてブルーのインジェクション車。

これも2台乗り継いだ…ってか衝動買いが過ぎる。

いわゆるオタクの買い方ですね。

そんでもって、またすぐに出てきた<もっと世界最速>車、ハヤブサ。



「これはアホみたいに食いつかんぞー、もうバイクを買い換えるのが飽きてきたぞー、しっかりしろ、自分!」


と自制していたのですが、試乗したらもうダメ。

いろんな不具合も含めて最高に惚れたバイクでした。

この子と添い遂げる!って決心しましたモノ。

本当に感覚の良いバイクです。

が、

ちょうど一年乗った頃のある朝、出かけようとキーを持って玄関に出ましたら姿を消していました。

盗まれちゃったんですね…はあぁぁ。
ハヤブ

ショックの日々を送りつつ、目先を変えてオフロードに手を出しました。
IMGP0951.jpg

XR600。

レーサーです。

保安部品をつけて(ゴム止め)車検を取って。

現代はセルスタートオンリーで、m宇賀志のようにデコンプとキックスタートの意味が分からない人ばかりですので全く盗まれません。

そもそもメインキーが無いので、いつでもキックをすればエンジンがかかって持って行けるのですが全く平気。

好きな人以外は見向きもしないバイクです。


しかし、名車。

こいつにはFCRがついていたので、とにかく速い!

信号での競争なら1000ccくらすより全然イケました。

フロントをポンポン跳ね上げて元気に走る,とても優秀なバイクでしたがちょっと怖かったです。

パワーの出方がすごすぎて。

NEC_0019.jpg

このBMWは撮影で使っただけ。

ギャラの代わりにくれと言ったら瞬時に断られました。

IMG_0989.jpg

まだまだスクーターもマジェとかキムコとかリードは3台、スティードやR&Pなどなど短期所有のモノも含めるとたくさんのバイクと関わってきました。

で、現在の翁バイクを手放したとして…欲しいと思うバイクが見当たらないんです。

それが一番の困りもの。

電子制御だらけの、余計なモノだけで作られた高価なおもちゃに見えてきて。

私が欲しいのは、長く乗りたいと思える鉄とガソリンで走る二輪車。


あ、うちの翁ってこと? とほほ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。